cliff

Top Page


このサイト内で使われた専門用語を優先的に取りあげています。理解不能な用語に出会ったら調べてみてください。

14/12/31更新
「便」
「撃」
「出す」
「打つ」
「ヘルメット」
「チョンボ棒」
「チータースティック」
「ドライフィッシング」
「スティッククリップ」
「マッチ」
など追加。

現在登録語数=168
CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 クライミング用語集

アイソレーション (コンペ)
リード、オンサイト競技の選手控え室。
リードのセミファイナル以降はオンサイトとなるのが一般的で、他選手のトライを見るのが許されないため、選手はこの部屋に全員隔離される。
順番が来ると一人ずつ腰に縄をつけられ、壁の前へと引きずられていく。

アクスル カムディバイスのカムローブが取り付けられた軸のこと。
キャメロットやドラゴンカムは2軸だが、それ以外のブランドは一軸。2軸をダブルアクスル構造というが、ずっとダブルアクセルと言ってた人がいた。

アーケ アルケとも言う。ホールドの持ち方の一種で、第一関節は伸ばし、第2関節を曲げて、指を固めて持つ方法。これはフランス語で、英語では「クリンプ」とか「クリンピング」。
関連→タンデュ

足限 (人工壁)
足限定。「手足」とも言う。手で使ったホールドや、マーキングされたホールドにしか、足を置いてはいけないように限定すること。自然の岩場は足自由である。

足ブラ 足を使わずに登ること。
足が使えない場合と、わざと使わない場合と、わざがない場合がある。
これ見よがしにやる場合もあるし、トレーニングとしてやる場合もある。
そういうムーヴが強いられる場合は「そこはキャンパスで」などとも言う。
足ブラに対して、「手ブラで登る」とは言わない。
関連→キャンパシング

アップ ウォーミング・アップのこと。
「アップであっぷあっぷ」と言われてもにこやかに対応したい。

アレ フランス語で、「行け−!」、つまり「ガンバ」の意味と考えていい。「アリ」とも聞こえる。
フランスで登っていると下から「アレ、アレ」と聞こえてくるが、「えっどれ?」と答えないようにしよう。

アレート =カンテ
結局はカンテと同意語だが、なんとなくこちらの方が上品な感じがする。
きめの細かい岩質で、角の取れたカンテは「アレート」と呼ぶのにふさわしい。
小川山に「ザ・カンテ」というルートがあるが、あれこそがアレートである。
英語では「コーナー」だが、凹角もこう呼ぶので、区別するため「アウトサイドコーナー」ともいう。
関連→カンテ、コーナー

RCCボルト RCC(Rock Climbing Club)が開発した、国産ボルト。コモドドラゴンに打たれていた
リングボルト同様、アンカー一体型のイクスパンションボルト。元々は手打ちのアルパイン用として作られたが、日本各地のフリーエリアにも数多く存在する。拡張システムが貧弱だが、アゴが効くので意外に信頼性が高い。
しかし違った意味で危ない面もあり、スラブに打たれたRCCに落ちて膝などぶつけようものなら目も当てられない。
写真:城ヶ崎で15年を経過したRCC。
関連→イクスパンションボルト

安山岩 火口から噴出したマグマが地表近くで冷やされて固まった岩。
有名どころは城ヶ崎だが、これは近くにある大室山の噴火によってできた。基本的に岩自体は固いが、節理が発達することが多く、岩場がまるごと崩壊するなんてことも珍しくない。
流紋岩や玄武岩も仲間のようだが、どこがどう違うのか正直よく分からない。



イクスパンション・アンカー 従来のボルト(ケミカル以外)は、全部コレ。
金属筒が穴の内部でイクスパンド(拡張)して、固定されるタイプのアンカーのこと。
リングボルトやRCCボルトもコレ。
ハンガータイプは、カットアンカー、オールアンカー、スタッドアンカー(グージョン)など。
最も施工が難しいのがカットアンカーで、よほど丁寧に打たないと十分にイクスパンドしない。完璧に設置されたカットアンカーはまれだと思ってた方がいい。
抜いてビックリ、チップの入っていないアンカーもあった。
関連→ケミカルアンカー

池田ステップ =「キョン」参照
伝説のクライマー、「池田功」氏により考案された足技。今で言う「キョン」の事だが、彼は1970年代後半にすでに使っていたと思われる。しかもタカトリで!
「実際にはキョンとは微妙に違う」とする意見もある。
関連→ガメラ・ステップ


ウィップラッシュ
現象
カラビナが衝撃荷重を受けたとき、そのゲートが瞬間的にあく現象のこと。
「カラビナを手にもってゲート反対側の部分を手の平に打ち付けるとカチッと音がするのがわかる。これがゲートが開いている証拠だ。」などとよく言うがゲートは開くためにあるのだから当然だ。
「ゲートが開いた瞬間に衝撃を受けるとカラビナが破断するかもしれない」などと脅されても、こればかりはどうすれば良いのだ。
ヌンチャクを全てロックビナにするわけにはいかないでしょ?つまり、こういうのは気にするのはやめようということだ。でも、ワイヤーゲートはこの現象が起こりにくいらしい。

ウェッジ 直訳すると「くさび」で、台形の金属片からなる一般的な形のヘッドを持つナッツの総称。
通常、ナッツと言えばこの形のものを指す。ボトミングし易いように正面と側面にテーパーが施され台形になっている。上から見ても台形断面になっているタイプは横向きにセットすることでフレアークラックに対しても密着度を高めることができる。

打つ ボルダー課題にトライすること。ルートでは普通使わない。
極端に難しい課題を完登するのに何度も何度も「打ち込む」ことが言葉の由来。
まあ、「出す」よりはいいかな。
でも「そろそろ打ちますか?」はやっぱり変だ。
関連→出す


エジプシャン =「キョン」
「Walk Lile An Egyptian」のPVでこういう恰好になってた。
他にも「ドロップ・ニー」などと呼ぶ。
「そこは、エジプシャンで。」などとは、こっ恥ずかしくてとても言えないし、「ドロップ・ニー」もプロレス技みたいなので、やっぱり「キョン」が良い。

エンデュランス 「ストレニュアス」と似ているが、「耐える」という意味合いが強い。
どちらかといえば筋持久力の必要なルートを指す。前腕がパンプアウトしそうになるのをこらえながら登っていくようなルートを形容するときに使う。
「ストレニュアス」は、クラックの時代に生まれた言葉、同じ意味合いをフェイスに使ったのが「エンデュランス」だと考えるとわかりやすいかも。
関連→ストレニュアス、レジスタンス


凹角 =コーナー
そのものずばり、上から見ると漢字の形通りの形状のこと。
鋭角なコーナーよりも、くぼみ状のコーナーを「凹角」と呼ぶとピッタリ来る。
カンテは凸角とは呼ばない。
関連→ダイヒードラル、コーナー

オブザベーション (コンペ) コンペでルートを下見すること。
オンサイト競技の前に、選手全員で6分間のルート下見を行う。コンペはこのオブザベーションにかかっているといっても過言ではないほど重要。できる限りこの6分間で、ムーヴを読み、ホールドの配置を記憶する。
コンペ創世記に選手だった怪力の持ち主、U沢氏はずっと「オリエンテーション」と言っていた。

オープンブック
=コーナー
本を半分開いて立てたような岩の形状のこと。なかなか粋な表現だ。
チンケなコーナーはこう呼ばない。やはり各側壁の幅5メートル以上の複数ピッチに渡るコーナークラックをイメージさせる言葉。
ヨセミテの「Folly The Good Book」などが典型。
関連→凹角、コーナー、ダイヒードラル


花崗岩 溶岩が地中で固まってできた岩。
小川山や瑞牆、ヨセミテが代表格。
岩の王様と評されるが、クラックやスラブを形成することが多いので、ジムクライマーにはグレードが辛いと嫌われる傾向がある。
日本には多いようで実はそんなに多くない。

ガストン =ギャストン
サイドプルの逆。縦ホールドを、観音開きのように親指を下にして持つこと。
「次の縦をガストンで」などと使う。
由来は、ご想像通り「ガストン・レビュファ(人名)」から来ている。彼はクラックを登るとき観音開きで登っていたらしく、その写真から広まったらしい。ガストン・レビュファともあろう人がジャミングを知らなかった・・のではなく、ジャミング技術自体がまだなかったらしい。
関連→サイドプル

カチ カチッとかかるホールド、エッジ、クリンプ、クリンパー。
人によってはガバだったり、ジブズだったりする。

ガチャ ギアのこと。カラビナやカムなどがガチャガチャと音を立てることから。
どちらかというと山岳会系岩ノボラーがよく用いる。「テンション下さい」「しょっぱい」同様、使うのがちょっと恥ずかしくなってしまう言葉である。

ガニー がに股で立ち込むムーヴ。インサイドエッジを使ったハイステップをこう呼ぶことが多い。それほど一般的な用語ではない。

カムローブ カムディバイスのカム歯のこと。
枚数が多ければ接地点も増え支持力や安定性は増すため、基本的には4カムが標準。3カムはスモールカムに採用され、カムヘッドをコンパクトにすることで浅いクラックや穴にセットできる利点がある。2枚タイプもあったがいつのまにやら消滅した。
材質は強度が高く耐食性にも優れた7000系のアルミ合金が一般的。堅牢で丈夫だが緻密な固い岩肌には馴染みにくいのが難点。エイリアンは柔らかめの6061合金が使われている。

ガメラステップ ガメラこと菊地敏之によって、考案された足技。
伝説の足技でこれをマスターしている人は数人しかいないと思われる。
とても口では説明できないが、簡単に言えば、瞬時に両足を目にも止まらぬ早さで、スライディングさせる足のダブル・デッドポイントである。
あまりにかっこ悪いので人前ではやりたくない技でもある。
どうしてもというなら、見せてあげてもいい。
関連→池田ステップ

ガルバニック腐食 異種金属接触腐食とも言う。「Rock&Snow」の「シークリフにご用心」という翻訳記事を書いてから知った。種類の異なる金属を接触させると、異なる電位だかイオンだかで腐食が進行するらしい。
ステンレスのアンカーに鉄のハンガーをつけたりすると、鉄の方が見事に錆びてくる。
これは電解溶液中でないと進行しないので、石灰岩で雨水や浸みだしがボルトを覆ったときに、この金属間で電子がグルグル回る現象が起こるらしい。アルミハンガー+ステンアンカーなんてのも二子とかではよく見られるパターンで、かなりやばい。開拓する人はケチらないでステン材質で統一したい。

カンテ
ドイツ語で「角」のこと(たぶん)。壁面の末端にある岩角をこう呼ぶ。
頂上の縁も角なので、そこをカンテと呼んでいた人がいたが、それは違う。
「カンテ」と呼ぶからには鋭角に尖っていてほしい。具体的には湯川の「流星カンテ」がカンテをカンテたらしめている。
関連→アレート、コーナー


キャンパシング Centralのボードクライミングジムによく見られる写真のようなボードで行うトレーニングのこと、またはそのような登り方のこと。「キャンパス」とも言う。ボードは「キャンパスボード」と呼ばれる。
第2関節がかかるくらいのエッジが7,8段並んでいるものが一般的。指だけでぶら下がって登ったり下りたりする。マニアックになるとダブルダイノ、指限定、片手などなど。
やりすぎると間違いなく腱を痛めるので注意。
最初に使われたのがドイツの大学で、それが名前の由来だそうだが、ちょっとウソくさい。
岩と雪163号に使い方などに関する詳しい記事がある。(私が書いた)
関連→足ブラ

凝灰岩 火山灰が固まってできた岩。砂岩に次いでかなり柔らかい部類に入る。でもそれはそうだ、だって灰からできているのだから。
日本には多い岩質で代表的な岩場に城山や幕岩、鳳来などがある。湯川(溶結凝灰岩)に終了点のボルトを打ったとき、あまりの柔らかさに愕然とした。

キョン ガキデカの「八丈島のキョン」が由来。Centralのボード
外来語だと思っている人が多いが、れっきとした国語である。
二子の開拓時に、群馬クライマーが生み出した言葉。
二子はこのムーヴが有効で、そのあと人工壁全盛時代が来て一気に広まった。
まだ、説明していなかったが、片方の膝を落とし込んで両側に足を突っ張る、いわばステミングの変形みたいな技である。今は当たり前だが、当時はそれはそれは画期的な技であった。
=「ドロップ・ニー」、「エジプシャン」、「池田ステップ」

グラウンドアップ 開拓(初登)のスタイルのひとつ。発音的には正しくないのかも知れないが「グランドアップ」でもいいでしょう。
いきなり地面から登り始めるスタイルのこと。通常、現代のフリークライミングのルートは、あらかじめそのラインを上から下降しながら下見したり、掃除したり、ボルトを設置したりするのが普通だが、未登の岩を、おもむろに下から登り始めてしまうという、理想の開拓スタイルである。
クラックならナチュプロが使えるので、クラック自体がきれいならそれほど困難は伴わないが、スラブやフェイスは登りながらボルトを打ったりもするわけで(当然手打ち)、それはもう大変な労力と精神力が要求されるわけである。当然、前傾壁には立ち込んでボルトを打つわけにはいかないので、グラウンドアップのオンサイト・フリーソロになる場合もある。
関連=トップダウン

クリンプ = 「カチ」参照
クリンピング = 「アーケ」参照

ケイブ
洞窟のこと。洞窟状のルーフやボルダーなどを指してこう呼ぶことが多い。
洞窟体験のことをケイビングと言うが、洞窟を登るのはケイビングとは言わない。

撃 (げき) ルートやボルダー課題を完登したときの回数を示す語。=回
「一撃した」(つまりオンサイトかフラッシュのこと)とか、「3撃で登った」などと使われる。
類語に「便」があるが、こちらはトライ回数を示すのに対し、「撃」は登れたときだけに使うので、この点が大きく違う。つまり、「2撃した」が正しく、「2撃目で登った」とは言わない。
少ないトライ回数で使われるのが前提となっているので、「5撃」以上になると使うのはちょっと恥ずかしい。
「便」と違って字面も響きも良く、昔から使われている言葉でもあるので、私は好んで使っている。

関連→便

ケミカルアンカー ヒルティ全ネジ12mm=ケミカルボルト、グルーインアンカー
グルー(接着剤)を使ってアンカーを岩に接着してしまうタイプのボルト。グルーは2液性のものを使うのが一般的。ヒルティ社のHIT、フランスのシカ、工業用アンプルなど。
アンカー(ボルト)は専用のグルーインタイプのもの(Petzlコリノックス、FIXEグルーインなど)の他、工業用全ネジ(写真)も使われる。
アンカーさえ腐らなければ、岩と一体化してしまうので半永久的と言ってもいいのだが、反面、撤去するのは大変な労力を伴う。
城ヶ崎のケミカル化も、将来交換が必要になったときはどうするのか、との心配もあったが、「その頃にはいい道具があるよ、大体崩れて無くなってるかも知れないし。」の一言で始まった。
関連→イクスパンション・アンカー

ゲレンデ 岩登りの練習場のこと。スキーのゲレンデと同じ意味合い。
練習場ということは、つまり本番があるわけで、それが「本チャン」なのである。言ってみれば、ゲレンデ利用者は練習をしに来ているわけで、そのルート自体は目的ではないのであって、そのルート自体を本番として捉えるクライマーといろいろもめ事が起こったりした。
代表的なゲレンデとして、関東周辺では「三つ峠」や「越沢バットレス」などをあげることができる。
ゲレンデには、「ガチャ」とか「しょっぱい」とかの言葉がよく似合う。


コ−ナー 一般的には「凹角」のこと、つまり、足を左右に開いて登ってください、と言わんばかりの形状を指す。しかし、逆に出っ張った角のこともこう呼ぶことが多いのでややこしい。有名どころではスミスロックに「コーナー・ナンバーワン」というルートがある(今は改名され「Chain Reaction」)。これは、いかにも「カンテ」な、鋭角な岩角を登るルートなのである。
関連→凹角、オープンブック、ダイヒードラル、カンテ、アレート

コリドー 廊下状になった狭い通路のことを指す。アメリカのトポによく出てくる言葉。

コリノックス (ギア) フランスPetzl社製のグルーインボルトの商品名。国内に設置されているグルーイン(ケミカル)ボルトとしては、スペインFIXE社製のものが多いが、ステンレスの純度と、その優雅なシェイプでボルト界のクイーンと呼ばれる。径は10mm。
驚くべきはそのお値段、なんと1本2500円以上。ボルト4本のルートですら1万円以上もかかるのだ。ある開拓クライマーが、ルートも印税方式にしてほしいと言った気持ちも分かる。親分はバチノックス。
関連→バチノックス

コルネ 石灰岩特有の背骨状にうねうねと伸びた形状のこと。
国内では二子山で顕著に見られる。「蛇の道は蛇」とか「ブロースト」は、まさにそれ自体がライン。以前はこの形状を「UNKO」と呼んでいた。形がなんとなく連想されるので、そう呼んだのだが、「そのUNKOを右手でわしづかみして・・」などという会話はほとんど変態のため、「コルネ」などと、こじゃれた名前で呼ばれるようになった。
ちなみに、「悪魔のエチュード」のように、つらら状に垂れ下がった巨大UNKOのことを、「スタラクタイト」または「トゥーファ」と呼ぶ。


サイドプル そのまんまの意味で、「横に引く」こと。主に縦ホールドのホールディングの方法。
通常右手だったら自分の体の方向(左方向)に引くのがサイドプル。この辺のホールドがうまく使えるようになるとクライマーらしい動きになってくる。
関連→ガストン

サイドランナー ボールドなトラッドルートを登るときなど、プロテクションがライン上にとれない場合、横の別ラインにとって、ランナーとすること。
例えば、クラックとクラックの間にあるフェイスを登りたいとして(そこにボルトがあれば別だが)、何らかの理由でそのライン上に専用のボルトを設置しなかった場合、左右のクラックにランナーをセットしてそのフェイスを登ったとき、そのランナーのことをこう呼ぶ。
これが行きすぎると、もはやトラッドと言うよりボルトとラインの限定を楽しむ別のスタイルのようにも思えてくる。
関連→、ランナー

砂岩 砂が固まってできた岩のこと。鷹取山や鋸山が代表例で、指で穴が開くような柔らかい岩質なので、当然ボルトやカムなどは設置しても意味を成さない。
しかし、インディアンクリークや、アラピリーズなど名だたる海外のクラシックエリアも硬質砂岩でその中味の違いたるや、ため息が出るほどである。ブローもそうか。

3点支持 両手両足4点のうち、3点をいつも岩に設置させることにより体勢を安定させながら登ること。
バランスクライミングの基本中の基本と言われているが、慎重に登ろうと思えば、いやでもこうなる。しかし、中には手と足が同時に動いてしまう人もいるので、そういう人のためにあるような言葉だ。
上達と同時に3点支持は忘れてもいい。というか、忘れないと上達しなくなってしまう。
カウンターバランスは2点支持、ランジは1点支持、ダブルダイノは支持無しである。

サンドバッグ 過少評価されたルートに取りついてひどい目にあうこと。
グレードを信じて取りついたものの実際にはそのグレーディングが適正でなく(辛く)、抜けることすらできなかったりすると「サンドバッギングされた」と言う。また、そういうルートのことを「サンドバッグルート」と言ったりもする。
語源は、そのルートに取りつくとボクシングのサンドバッグのようにボコボコにされるから。


JFA 日本フリークライミング協会。ジャフと間違えないように。
当初は、コンペ開催のために作られた団体だが、現在ではコンペ事業は完全に独立し、会費はコンペには一切使われていない。
主な活動内容としては、岩場環境整備、ユース育成、広報誌「フリーファン」の発行など。

シカ フランス製のグルー(接着剤)。元々は工業用だが、フランスではグルーインボルトに使われる。それよりも、何もない壁面に盛りつけてホールドを作ったり、石をはっつけたりすることに使われることも多い(ヨーロッパで昔)。このせいで悪名高いイメージがはびこっている。
日本では、欠けそうなホールドを固めるのによく使われる。

シークエンス ムーヴの手順のこと。または、ポイントとなる一連のムーヴを指す。
「あそこのシークエンスは、右のモノと左のクリンプで、エジプシャンを決めたら左のアレートをスラップして持ちとばすんだ。」などと使う。

地ジャン 地面からジャンプしてルートやボルダーに取り付くこと。
ボルダーにはけっこう当たり前にあるが、ルートでは珍しい。中には50cm以上ジャンプしてルーフのポケットをつかみ発進するルートとかもある。こういうルートはそのムーヴもグレードに含まれているため、よくやる取り付きの石積みは禁止である。

シット 落ちたときに大声で叫ぶ言葉。同類語に「FUC*」があるが、アメリカでは後者の方が一般的。
関連→メルドー、シャイセ

シットダウン・スタート ボルダー課題などを、腰を地面につけた状態から始めること。
ルーフや前傾壁では、課題の手数を増やして充実させるため、このような限定スタートを設定することがある。
中には、レイダウン・スタートなどといったものまである。これは寝ころんだ状態からスタートすること。一つの課題で、通常のスタートと、シットダウンと、レイダウンが設定されていることがあり、しかもそれぞれ別に名前とグレイドがつけられてしまった日には、もう訳がわからない。

ジブズ その昔、フランクリンクライミングから発売されていた極小ホールドの商品名。
ビス止めの足専用ホールドなのだが、けっこう持てるものもあり、細かいホールドのことを代名詞的にこう呼んでいたが、最近は死語になりつつあるようだ。

シーム 継ぎ目のこと。クラックが細くなって割れ目がなくなるとシームになる。クラック→リス→シームの順に細くなる。

シャイセ ドイツ語で「シット」の意。なぜか悔しいときはどこの国もこの言葉・・。
関連→シット、メルドー

ジャギング ユマ−リングのこと。ユマ−リングに使うアッセンダーの取ってがジャグ(次参照)なのでこう呼ばれる。カロリー消費にはジョギングより効果的。

ジャグ 「取っ手」のようにしっかりと持てるホールドのこと。ガバ。
ガバほどでかくなくても、指をしっかりと巻き込んで持てればこう呼ぶことが多い。
関連→バケット

ショート
フィックス
ビッグウォールのスピードアッセントで良く使われる方法。急いで登ることが目的な場合と、急がないとやばい場合に使う。
トップがビレイ点に到達後、残ったロープを全て巻き上げてフィックス、フォローがユマーリングをしている最中に、残ったロープを引きながら、ビレイなしで次のピッチを登り始める方法。ビレイなしとはいっても、ロープはアンカーに固定されているため、プロテクションを取りながら登ればある程度の安全は確保される。しかし、フォールすれば下でとぐろを巻いているロープは全て出てしまうわけだから、どうなるかは想像に難くない。


すだれ ロープが何本も並んで垂れ下がっている状態。
ルートとルートの感覚が狭く、トップロープ主体の岩場でよく見られる現象。
あまり見たくない光景であるが、講習会中はこうなりがち。(スミマセン)

スティック
クリップ
=棒クリップ
届かない位置にあるボルトに、木の枝やポールなどを使って、あらかじめヌンチャクやロープをかけておく行為のこと。
説明が長くなるので、詳しくは、1996年発行のFree Fun」によせた文章を読んで頂きたい。それにしても当時危惧していたことが現実となってしまって残念だ。
どころか、2014年現在、カムやナッツやフックまで対応可能なモノまでが、アメリカで製品化された。ふれこみは「危急時の安全装置」だそうなので、もはやここまでくればグルッと回って元に戻るのかもしれない。
関連→チョンボ棒、チータースティック、ドライフィッシング
ストレニュアス 全身持久力を要する、どちらかといえば有酸素系のルートを表現するときに使われる。
登りながら「ゼェゼェはぁはぁ」息を上げ、シェイクしまくりで登っていくガバの前傾ルートや、長くパンプするクラックなどのことを、「ストレニュアス」なルートと呼ぶことが多い。
以前は「奮闘的な」と直訳されていたが、なんだかピンと来ない。
関連→エンデュランス、レジスタンス

スプリッター 割れ目、つまりクラックのことだが、なんだかとても粋な表現である。
とはいっても、面一の壁面にスパッと切れこんだクラックを指すことが多く、コーナークラックやフレアーしたクラックはこうは呼ばない。そして、やはりこう呼ぶからには縁が鋭く、いかにも「割れました」って感じでないといけない。
そう考えると日本には該当するものがなかなか思い浮かばない。しいて言えば、ローリングストーンとか、サイコキネシスあたりが、そういっても恥ずかしくないクラックだろうか。

スポーツ
クライミング
個人的には好きな言葉でないが、「フリー」の中をふたつに分けた場合、片方が「トラディショナル」となるので、それの反対の意味合いで作られた言葉。
トップダウンで拓かれたボルトルートを安全に楽しく登ることだと思っておけば、大体間違いない。
反対→トラッド 関連→スポートクライミング

スポート
クライミング
「スポーツクライミング」のことだが、それをこう表記する場合もある。
確かに「スポート」と発音するのが正しいのだろうが、「スポーツフィッシング」を「スポートフィッシング」とは言わないように、別に「スポーツクライミング」でいいじゃんと思うのだが、一部ではこう呼ぶことに決まっているようだ。
関連→スポーツクライミング

スライダー (ギア) ナチュラルプロテクションの一種。
80年代、スモールカムが出現する前に、パラレルなシンクラックに有効なプロテクションとしてもてはやされた。とはいっても、私はほとんど使ったことがない。なぜなら、値段も高く、それでいてよく回収不能に陥っていたからである。
左右に径の異なるナッツのヘッドを並べ、それを上下逆方向にスライドさせることによってクラックにスタックさせてしまおうという、いかにも回収不能に陥りそうな構造。この流れをくんだものが現在のボールナッツ。
関連→ロックンローラー、ボールナッツ

スリーカム (ギア) ナチュラルプロテクションの一種。
国内発売時の商品名は「トリプル」だった。アメリカではTCU(Three Cum Unit)と呼ばれている。「メトリウス」がギアメーカーとして産声を上げた最初の製品がコレ。
私にとっては思い出深く、ジョシュアツリーで1987年、鈴木英貴氏より譲ってもらった。最初に使ったのはイクイノクスで、自分が使うより早く、そこにいたピーター・クロフトが「貸してくれ」というので貸してやったら目の前でオンサイトした。そのときに彼がつけたスリングは、記念にそのままにしてある。

スラップ 手ではたくこと。「ペタシ」と音がする。
ビンタよりはやさしいはたき方で、特にパーミング系のカンテを登っているときなどに使う。「ビンタマン」というルートがあるが、これはビンタのように岩をスラップする。
昔のコンペでは、ホールドのないベニヤ部分だろうが何だろうが、とにかく遠くにタッチした人が勝ちという、今では考えられないルールの時代があり、そのときは行き詰まると、最後の悪あがきで、1センチでも上にスラップしたものである。
関連→ペタシ

スワミベルト 腰巻きベルトのこと。現場などではよく使われるが、クライミングでも黎明期には使われていた。
伝説のクライマー、池田功がこれを愛用していた。このベルトで普通にロープにぶら下がっていた。かなり苦しかったと思われるが、我慢していたのかどうかは定かでない。彼は真っ赤なテープを毎回結んでスワミにしていたが、末端がダランと腰から垂れていてマフラーのようだった。


石灰岩 珊瑚や貝類など生物の殻や骨などが推積してできた、とんでもない岩。
あのアイガーも石灰岩でできているのだから大変な推積ぶりである。二子山や河又、備中あたりが有名どころ。奥多摩にもたくさんある。
フランス、スペイン、イタリア辺りはこればかりで、やたらチヤホヤされているが、所詮はセメントの原料である。

セッション ボルダー課題を、数人で入れかわり立ちかわりせめること。
誰かが成功するまで盛り上がり、「Yeah !」などと叫んじゃったりして、端から見てると恥ずかしい。
外でも中でも占領につながるので、周りに気遣いを忘れずに。
関連→B-Session

ゼロ (ギア) ワイルドカントリー社が誇るマイクロカム。最小サイズのレンジはなんと5.5mm。現存するカムでは世界最小。最小サイズはミニチュア模型のようで、最初に見たときは冗談かと思った。
しかし、その最小サイズの強度は3kNなので前進専用。実際にプロテクションとして使用できるのは#3あたりからだが、カムコレクターなら全セット欲しくなってしまう。


ダイノ 飛びつき。ランジのこと。

ダイヒードラル =コーナー
以前はコーナーのことを仰々しくこう呼んでいた。なんとなく響きが美しく、広大なコーナーを連想してしまう。「ダイヒードラル・コーナー」とも言う。ポロッとこういう言葉が口から出るような人がいると岩場は楽しくなる。
関連→コーナー、オープンブック、凹角

出す 「トライする」を意味する。「便」とセットで使われることが多い。トライするのに「便を出す」とは字面的にも使いたくない言葉である。
岩場で「そろそろ出しますか?」と聞かれたときは、しばらく意味が分からずポカンとした。ボルダーの場合は「打つ」とも言う。
ああなんか書いてるだけで歯が浮く。なんでこうなっちゃったの?
関連→便、打つ

ダブルダイノ 両手飛びつき。両手ランジのこと。
「トリプルダイノっていうのは無いんですか」と聞かれたことがあるが、ない。

タンデュ ホールドの持ち方の一種。ポケットを持つときのように、第一関節を曲げ、第2関節を伸ばして、引っかけるようにする方法。パキりやすいので注意。
これはフランス語で、英語では「オープンハンド」。
関連→アーケ


チキンウィング ワイドクラックの技のひとつ。
片腕の肘を折り曲げた状態でワイドクラックに差し入れ、肘を上方に向けて、掌を前、上腕三頭筋を後に突っ張ってスタックさせる。この形が鶏手羽先のようなのでこう呼ばれる。ポイントはなるべく親指を真下に向けること。推進力は得られないので逆腕のプッシングやヒールトーとの合わせ技で進んでいく。
アームロックや、ショルダーロックと呼ばれることもある。まるで寝技の解説のようだ。

チクタク 同じホールドで手順を入れ替えたいときに使う一連のシークエンスのこと。
例えば、ポケットを持っていて、それを逆手に持ち替えたい場合、ポケットでは指の入れ替えは難しい。そういうときは別のホールドを使って手順を組み替えポケットを持ち替える。
純粋なチクタクムーヴはそうそうあるものではなく、たいてい下から手順を逆にしたりクロスしたりすれば済んでしまうわけだが、それを狙って設定した人口壁やポケット系のルートでは、チクタクを使わないとすすめない場合がある。
コンペでオブザベーション能力を試すために、昔よく用いられた。でもセットする方も熟考が必要で、違う手順で越えられてしまいガッカリしたものだ。

チーター
スティック
チョンボ棒の正式名称。語源はcheat(あざむく、だます)から。
元々はエイドクライミングで生まれた道具で、長さ数メートルの棒(スティック)やポールからなる。伸縮自在のものまである。
エイドクライミングの最中、技術不足で行き詰まったさい、通常では届かない高い位置にある残置支点にロープをかけてしまう、そのための道具である。
エイドなんだから何でもありのはずだが、そこにも最低のモラルや節度というものがあって、やっぱりこういうものを使ってしまったら、それはそれで終わりなのである。とはいっても「長さ3フィート以下のものならOK」などと、変な条件をつけられたルートも実際にはあったようだ。
「エイド」でも反則と言われたこの道具が、「フリー」なのに堂々と使われている現在の状況をどう捉えればいいのだろうか。
まるで「フリー」の意味するところが「何を使っても自由」になってしまったかのようだ。本来の意味合いは「使わない、頼らない」であることは、フリークライマーを名乗る者なら誰でも知っているはずなのだが。
関連→チョンボ棒、スティッククリップ、ドライフィッシング

チームフリー クライミングクラブのことではない。
チームでフリークライミングすることである(ますますクラブみたいだ)。
マルチピッチのルートを登るときに、各ピッチをチームの誰かがレッドポイントすれば、「チームフリー」に成功したという。
元々はエル・キャピタンのフリールートで生まれた言葉で、ビッグウォールのフリーの場合、フォローはユマーリングする場合が多く、そのときは当然トップ一人しかそのピッチをフリーで登っていないわけだが、ルート全体を通して見たとき、パーティの誰かが各ピッチに成功すれば結果的に、そのパーティは「チームフリー」に成功したと言えるわけである。・・・何か同じ説明の繰り返しになってしまった。まあ、なんとなくわかってもらえたと思う。
でも、この言葉の持つ意味合いは最近変わりつつあるような気がする。

チャート 岩質の名称だが、なぜか和名がなく、チャートだけは昔から「チャート」と呼ばれている。チャートと言えば赤岩青巌峡がまず頭に受かぶのだが、今の時代はなんといってもその典型は御岳といった方がイメージがつかみやすいだろう。フリクションがなくカチは思いきりカチ持ちしないと持てない腹立たしい岩質である。
主成分はプランクトンや海綿だというから石灰岩よりもビックリである。

チューブ
チョック
(ギア) ナチュラル・ギアの一種。広すぎてカムなどのプロテクションが効かないワイドクラック用に開発された。
簡単に言ってしまえば足場の単管を30cmくらいに切ったものと思ってもらえればいい。オフウィドスなどに横向きに強引にスタックさせれば、ひっかかからないこともない。ので、プロテクションとして使えるのではないかとして生まれた。カミング効果を生むため、荷重される部分が中心からずれている。
使うのはいいとしても、お世話にはなりたくないものだ。

チョックストン これがチョックストーンアタック=チョックストーン。岩の狭間にはまりこんだ石のこと。
クラックの間に挟まった小石もそう。
これにスリングを巻くと立派なプロテクションとなる。
昔の人は、チョックストーンがなければ、わざと石をはさみこんでプロテクションとした。今のナッツの原型だ。
写真は、沖縄のチョックストーンアタック。これもチョックストーンなのか?
チョンボ棒 チータースティックとも呼ぶ。
普通では届かない遠い位置にあるボルトにヌンチャクをかけたり、ロープをクリップしたりすることを目的とした棒のこと。
「チョンボ」とは言っても、1本目のクリップに関しては、それを使うことを前提に拓かれたルートもあるので、そういう場合はチョンボにはならない。むしろ、それを使わないと危険な場合もある。
だが、そうではないルートにチョンボクリップして登り、それを完登とみなすのはチョンボである。
とはいっても、別に自分が納得していればいい訳であり、あとは個人のジャッジに依る。(記録として発表する場合を除く)
関連→チータースティック、スティッククリップ、ドライフィッシング


テイラス =talus 大小の岩塊が重なり合ってできたガリー状の斜面のこと。
日本で言うガリーは、岩の破片が積み重なっているだけで、上を歩こうものなら止めどなく崩れていってしまうものだが、これはイメージ的にもっとしっかりしている。
今から20年前の米国製教本「フリークライミング入門」には、クライミングのトレーニングとして、「テイラス・ランニング」がいいと書いてあった。無数の岩の上を飛び跳ねるようにして走るといいらしい。俊敏性が身につくらしい。でも、一度でもこければ大変なことになるので、私の周りに実践したものはいなかった。

デッドポイント ダイナミックムーヴの一種で、瞬間的な無重力状態を作り出し、手(や足)を次のホールドに出すこと。ランジとは違うので注意。
このように書くと、ヨガの達人にしかできないようなムーヴに聞こえるが、そんなに難しいことではない。誰でも反動を利用して、パッと手を瞬時に出すことはあると思うが、それも立派なデッドだ。
デッドなどという用語がなかった頃は「瞬間芸」と呼んでいた。
アクシオン・ディレクトを登ったギュリッヒが元祖マスター。片手では保持できないホールドすら保持できるようになると言う。

手で足 ハイステップなどで足がフットホールドに上げられないとき、手でその足を持って上げてしまうという荒技。身体の硬い人がよくやる恥ずかしいムーヴと思われがちだが、ワールドクラスの選手もごくまれに使ったりする。

手に足 手でホールドしている部分に足を上げて置くこと。マントルもそういうムーヴだが、マントルは「マントル」で「手に足」とは言わない。

テンション ロープを張ること。張って欲しいときのコール。
これが日本では、ぶら下がるという意味にまで拡大した。
このコールが使われる時は、だいたい切羽詰まった状態にあるので、コールの語調に本人の性格があらわれて面白い。
たまに「テンションください」と言う人がいるが、私はこの言い方が可笑しくてたまらない。思わず「あげない」と言いたくなってしまう。
私は個人的に、「HATTE」が好きだ。
「GAMBA」と共に世界共通語になってほしい。


トップダウン 「グラウンドアップ」の反対語。
上から降りつつ何かしらすることだが、開拓手法のひとつとしては、まず終了点を作って下降しながらラインを決め、ボルトを埋めたり掃除をしたりすることを指す。現在のルートはほとんどそうやって作られていると言っていい。
また別の意味として、ルートへの取りつき方を指す場合もある。
城ヶ崎やヴェルドンには上から降りて登り返すという、一般人からしたら「何をわざわざ」というルートがたくさんあり、そういうルートのことを、こう呼ぶこともある。
関連→グラウンドアップ

トポ 幻のヨセミテ・イエロー・トポガイドルートガイド図集のこと。トポガイドともいう。元々は「地形」とか「場所」を意味する。
海外の岩場には、一つの岩場につき大抵一冊のトポがある。いくつもの岩場がまとまったトポしかない日本とはえらい違いだ。最近は出版モノより電子モノが出回り始め、実際便利なので重宝されている。
ちなみに、私にコレクションの趣味はないが、唯一あげるとしたら、トポがそれだ。実際に訪れた岩場だけという限定つきだが、かなり集まった。
写真はプレミア物の通称「イエロートポガイド」。

トライカム (ギア) ナチュラルギアの一種。
「カム」といってもスプリングを内蔵したSLCDではない。一角が尖っている三角形のナッツ。通常のボトミングセットのほか、尖った一角を支点としてクラックに挟み込み、上側の力点となるもうひとつの頂点を引くとカミング効果で、それがクラック内でスタックするという、書いても絶対伝わらないだろう、まあ、口では説明できないギアである。氷ったクラックにも効くので冬壁では重宝するらしい。愛用者は意外に多い。

ドライフィッシング チョンボ棒を携えてルートに取り付き、途中で行き詰まったらそれを使って次のボルトにクリップ、そんなことを繰り返しながら登っていく行為。
もう何年も前の話になるが、二子山でこの光景を初めて見たときはショックを受けた。
何をしたいのか解らないニュースタイルなので、こう呼ばれる。
語源は、とある関西の達人が親子でクライミング中、登りながら竿を振り回す輩を指さして「あれ何やってるン?」と聞いてくる息子に、それが同じクライミングだとは恥ずかしくて言えず、苦し紛れに「あれはドライフィッシングや!」と答えたことから。
関連→チョンボ棒、チータースティック、スティッククリップ

トラッド 「トラディショナル・クライミング」のことで、スタイルのことを指しているが、そういうルート自体を指す場合もある。
「トラディショナル=伝統的」ルートというのは、つまり純粋な、そうであるべきスタイルで登られたルートという意味。
つまり、クライミングとは本来下から登るもの、だから初登もそのスタイルで行われた(グラウンドアップで拓かれた)ルートのことである。
プロテクションは基本的にナチュプロになるが、登りながらスタンスに立ち込んでボルトを打ったりすることもある。だから、トラッドルート=クラック or ナチュプロルートとは限らない。小川山のクラシックなボルトルート「ポケットマントル」や「カシオペア軌道」なども立派なトラッドである。
しかし、中には、オールナチュプロでも初登がトップダウンのピンクポイントなどというルートもあって、このようなルートをレッドポイントすることをヘッドポイントと言うわけで、まったくもってややこしく、厳密に言えばそれらのルートはトラッドとは言えないのだが、まあボルトを極力排除して岩を尊重したという意気込みを組んで、なんとなくトラッドに含めているのが普通である。
ジョシュアツリー辺りには、初登がフリーソロで行われた5.11以上のフェイスなどもざらにあり、それらもトラッドルートなのであるが、そのあとボルトが打ち足されてスポートルートに成り下がってしまう場合などもある。
反対→スポート・クライミング

トラミング 前傾壁などのプロテクションを回収するさい作業をしやすくするため、ビレイヤー側のロープと自分のビレイループをヌンチャクでつなぎ、壁から離れないようにすること。
トラムは路面電車やケーブルカーのことで、そこから来ている。
一般的には浸透していないので、ツウぶって使っても通じないことの方が多い。

ドロップ・ニー ニー・ドロップとは、似て非なる技である。=「キョン」参照


ナチュラル
プロテクション
ナチュプロ、ナチプロ、NP。カム・コレクション
元々は、自然を利用した中間支点のことを指していた。つまり、木とか、チョックストンとか、岩穴、岩角とか、そういったものにスリングを巻いたりして支点とすることをこう呼んだ。
今は、自然の形状を利用した回収可能なギアによるプロテクションのことを指す。つまり、カムとか、ナッツなどがそれ。
正式名称は「リムーバブル・プロテクション」または「チョック」だが、誰もそんな風に呼んでくれない。
登りながら岩を傷つけずにセットして、回収できればナチュプロと言える。エイドギアのスカイフックやカムフックもそうやって使えば立派なナチュプロ。
写真は、NPの代名詞「フレンズ」。


ハッキーサック お手玉のように弾まないボールを、手を使わないでリフティングしたり、輪になって行う現代の蹴毬(けまり)。
正式なオフィシャル・ルールもあるらしい。
80年代にアメリカの岩場詣でをした人は、間違いなくハッキーにかぶれてくる。
ウォームアップにいいのは確か。連続50回以上のリフティングができれば威張ってもいい。プロの技には目が点になる。

バキる 実はこれはクライマー肘動詞。主に指の腱を切ってしまうことを言う。実際に腱が断裂するときは、割り箸を折るような、「パキッ」とか「バシッ」と、音がすることからこう呼ばれる。
ここまで完全に腱が破断することはまれで、こうなると手術をしてつなぐしか手はない。
ほとんどの場合は、腱を伸ばすか、一部を破断する程度で、4〜7週間で完治する場合が多い。この場合も「パキっちゃった」などと使われている。
私は今までに2回「パキった」ことがあるが、両方とも2日連続で人工壁の同じ課題をやっている最中の事だった。来るときは突然来るので気をつけよう。

バケット バケットホールド。ガバのこと。バケツくらいしっかりかかるホールドという意味。
関連→ジャグ

ハーケン この言葉は世間でも何故か知れ渡っている。「ハーケン打ちながら登るんでしょ。」と今までに何度言われたことか。ハーケンクロイツという言葉もあるし、きっと独語で「カギ」とかそういう意味なんじゃないだろうか。
関連→ピトン

派生ライン ラインはルートのこと。
ルートの途中から別ルートが伸びている場合、そのルートを指す。
途中でオリジナルに合流する場合も「派生ライン」と言えなくもない。
「バリエーション」とも言う。
安易なルート開拓でよく生まれるが、普通はより難しいライン取りを追求した結果、時代と共に生まれていったものが多く、いいものもあれば、なくても良かったのもある。
オリジナルよりグレイドが高くなるのが普通。まれに逆の場合もあるがそれは派生ラインとしては無意味だと思う。
派生ラインが入り乱れてわけのわからなくなってしまった岩場も多い。派生ラインの開拓には、センスと節操が問われる。

バスター Bastard !
シット、メルドー、シャイセ、などと同義語。

パッシブ
プロテクション
Passive Protection。
クラックに挟み込んで使うチョック類のうち、メカニカルな構造を持つカム以外のものを総称してこう呼ぶ。代表的なものはシンプルな金属片をクラック内に引っかけてプロテクションとするナッツ類。中にはスプリングを利用したメカニカルな機構を持つボールナッツなどもあり、どこまでをパッシブと呼ぶかは大変微妙。
ビッグブロにいたってはメーカーがパッシブではないと認めている。ということはカム以外の「アクティブプロテクション」というカテゴリーが必要か?まあ、そんな分類、どうでもいいか。

パチノックス (ギア) フランスPetzl社製のグルーインボルトの商品名で、コリノックスの巨大版。世界で最も効果なボルトのひとつで、一本4500円以上もする。ボルト界のキングオブキングである。
JFAがリボルトで設置していたこともあると思うが、よほどの柔らかい岩質でないと過剰整備となってもったいない。
径は14mmもあり、穴自体も大きいので、2本打たれていれば、そのままロープを通して結び替えロワーダウンOK。そのため、スコーミッシュなどでは終了点として使われている。

関連→コリノックス

パーミング パームは手の平。手の平全体でペタッと摩擦をきかせるようにして外傾ホールドなどをとらえる方法。
関連→ペタシ

ハンドスタック ワイドを登るさいのテクニックのひとつで、リーヴィテーションとも言う。
それぞれの手を組み合わせてスタッキングさせること。言わば両手でひとつのジャミングをする技。
フィストでもスカスカの場合、フィストとハンドを組み合わせたり、フィストをダブルで組んでみたりする。もっとも簡単なのはハンドとハンドで、これは慣れればすぐにできる。問題は両手がスタックさせた次の一手をどうやって出すかで、決めること自体よりそっちが核心となる。
関連→リーヴィテーション


ビヴィ bivy(bivi) ビバークの略称。壁の中で寝る場合によく使われる言葉。3泊すれば3bivyと言う。世界最速クライマー、ハンス・フローリンのBMWのナンバーは「NOBIVYS」だった。
関連→ビバーク

ビッグ
ウォール
一般的に、一日では登り切れないスケールの壁のことを言う。イメージ的にはさらに岩主体の壁。ヨセミテやパタゴニア、バフィン島、カラコルムの壁などがそう呼ぶにふさわしい。日本にはない。

ビーセッション (コンペ) B-SessionB-PUMPのB-session
2001年に始まり、いつしかなくなったボルダーコンペシリーズ戦の総称。
コンペごとにルールがころころ変わって大変面白かった。
その後、シニアクラスが「G-Session」として予定されたが実現されず残念。

ピトン ハーケンのことを英語で言うとこうなる。全く同じ物を指しているが、ハーケンというとなんとなく軟鉄製、ピトンというとクロモリ鋼、というイメージがあるのは偏見だろうか。
関連→ハーケン

ピトンスカー =ピンスカー。ピトンの打ち抜きを繰り返してできた穴。日本は打ったら打ちっ放しのことが多いのでお目にかからないが、ヨセミテには、リスがフィンガージャムできるまでに広がったものも多い。
岩にピトンを残さない習慣が、結果的に岩に大きな変化を与えてしまったのは皮肉なことだ。
結果的にはチッピングと大差ない。おかげで花崗岩でポケットムーヴが楽しめたりする。

ビバーク bivouac フランス語だと思うが、元々は不時露営のこと。寝るつもりではなかった場所に、または寝てはいけないようなところに、ツェルトなどの簡易テントを張ってやむを得ず一泊するという意味合いが強い。
だからビッグウォールや冬山は、本来そんな所で寝ること自体が普通じゃないので、計画的だろうが10時間熟睡しようが、「ビバーク」である。道の駅で寝るのも車中泊以外は「ビバーク」ということになる。
関連→ビヴィ

ビーム
チョック
(ギア) =チューブチョック参照
ビュークス
ボルト
(ギア) フランス、ビュークスに設置されていたことからそう呼ばれるグルーインボルトの一種。その粗野で荒々しい風貌は、上品なコリノックスとは比べものにならず、同じフランス製とは思えない。とはいっても、ビュークス詣でをした90年代のクライマーなら誰もが大変お世話になっていて、岩からちょこんとのぞいた丸い顔にホッとするのである。
材質は鉄で、分厚い亜鉛メッキが施されている。その亜鉛が食いつくされるまでは海辺のエリアでも数十年使えるという優れもの。国内では城山正面壁に多数設置されている。
写真のは表面に腐食はは見られるものの実質まだまだOKと思われる。

便 (びん) ルートにトライする回数を示す語。=回。主にリードで使われ、「これから3便目」とか「50便で登った」などと表現される。
元々は二子開拓全盛期、鉄道員の某クライマーがトライを行うさいに、職業柄、「便を出す(電車を出発させる)」と洒落で言ったのが始まり。
トライ回数を「**便」、トライすることを「出す」と、ローカルの仲間内で使っている分にはなんとも微笑ましい光景であった。
しかし、それは時を経て多種多様に進化拡散した。ハナから何回も何十回もトライすることを前提とした意味合いを強く持つので、「今日は5便出す」とか、あげくの果ては「ヌン掛け便」「ムーヴ解明便」「回収便」などと、ここに書くのもおぞましいほど、カッコ悪い用語を形成するための語句として使われている。生みの親もさぞや悲しんでいることだろう。
私にとって、クライミング界から消滅してほしい言葉ナンバーワン。
関連→出す、撃

ピン ピトンやボルトなど、岩に残置されたプロテクションのこと。どちらかというと本チャン用語で、「次のピッチはノーピンだ」などと使われる。フリールートで、「3ピン目が核心だな」などと言ってしまうと素性がバレてしまう。

ピンク
ポイント
ギアをあらかじめプリセットした状態で登るスタイル。「レッドポイント」がボルトルートでの「完登」として使われるのに対し、「ピンクポイント」はナチュプロのルートで使われる言葉。
ボルトルートでヌンチャクをプリセットしようがしまいが「レッドポイント」は「レッドポイント」である。(ヌンチャクを全てかけながら登れば「マスタースタイル」とも呼ばれる)
クラックの場合はギアをセットしながら登るのが本来のスタイルなので、それが「レッドポイント」であり「マスタースタイル」なのである。それに劣るスタイルとして「プリプロ」の「ピンクポイント」があるわけだ。
「ヨーヨースタイル」いわゆる「ロワーダウン」での完登も、ギアを登りながらセットするうえ、ハングドッグしないことが前提となっているので、ピンクポイントより実ははるかに価値がある。
「ホワイトポイント」なんていう言葉もあって、それはトップロープによる完登を指す。
関連→プリプロ

ピンスカー =ピトンスカー参照

プアプロ =プア・プロテクション。プロテクションが効かせづらい、または効いていないルートのこと。
プロテクションの数が足りなかったり、セットが下手だったりしてそうなっても、こうは呼ばないので注意。
クラックとフェイスとのミックスで、セットする場所が限られてしまうようなルートでよく使う言葉。

フォール 通常、落ちることを意味するが、滝のこともこう呼ぶ。
よって「ヨセミテフォール」とは、ヨセミテで落ちることではない。

フットカム ワイドクラックで使う足技。
つま先を伸ばした状態でワイドクラックに差し入れ、踵を支点につま先の上側をカミングさせて引っ掛ける。と書いてもわかりにくいので、ルーフのワイドに逆さまになって両足を差し入れれば自然にこうなるので、ぜひやってみよう。
この状態で両手を離すと蝙蝠よろしく逆さまにぶら下がることができる。意外に簡単。

フリー化 元もとエイド(人工登攀)のルートをフリーで登ること。
「正面壁ダイレクトルートをフリー化した」というように使われる。
最近のように、開拓するに当たっていきなりフリーで登る場合は使うべくもないが、昔、ゲレンデのA1ルートをフリー化することが流行った。
逆に、フリーラインがエイド化されたことは過去に例がない(なりかけたことは何度かある)が、ハングドッグはある意味、エイド化みたいなもんである。

プリプロ =プリ・プロテクション。プロテクションを事前にセットしてしまうという姑息な手段のこと。
といってもヌンチャクをあらかじめ掛けておくのは一般的にはそう呼ばず、ナチュラル・ギアをプリセットすることをこう呼ぶことが多い。その状態でレッドポイントすれば、それは「ピンクポイント」と呼ばれるわけだ。
関連→ピンクポイント

フレア 主にクラックに対して用いられる形容で、中から外に向かって拓いている形状を指す。
有名どころでは、「カサブランカ」、無名どころでは「バンザイジャム」が典型である。

フレンチフリー テンションをまじえてムーヴを作りながらルートをトレースすること。また、ハングドッグなどの手段を経てそのルートをレッドポイントするスタイルを指す。
初期には「ヌンチャクをつかむ」=「フレンチフリー」という捉え方もあった。
ハングドッグを反則とみなしていた純粋主義者たちが、こういう言葉でフランス人のスタイルを非難したわけだが、結果的に、このスタイルが世界最難ルート、世界最強クライマーを生み出した。皮肉なことだ。
でも、かっこいい言葉とは言えないので、堂々と使わないように注意しよう。

プロジェクト まだ初登されていない開拓途中のルート、またはトライ中のルートのこと。
人のプロジェクトを勝手に登ってしまうのは御法度という暗黙のルールがある。
アメリカでは1本目のボルトに赤テープを巻いたりして、プロジェクトであることを示している。日本ではこのような明示がない場合も多いが、プロジェクトと思われるルートには取りつかない方がいい。
というのは、マナー的なこともあるが、プロジェクトにはまだ整備されていない部分もあり、安全面でも注意が要るからだ。
トポには「P」「Prj」と表示される。
ルート設定者が、初登の権利を一般に公開したプロジェクトのことを「公開プロジェクト」または「オープン・プロジェクト」という。また、人のプロジェクトを登ってしまう奴のことを「プロジェクト荒らし」と呼ぶ。私も若かりしころ呼ばれたことがあった。
最近では、個人個人がトライ中のルートのこともこう呼ぶ傾向がある。


ヘアライン =ヘアライン・クラック。
昔、シンクラックのことをこう呼ぶのが流行った。近くに寄らないとわからないほど細いクラックみたいな意味合いが強い。レトロだが格調高い響きがある。

ベースジャンプ BASEジャンプ。Bはブリッジ、Aはアンテナ、SはSummit、E は忘れた。つまりそういう高いところからパラシュートを背負って飛び降りるレジャーのこと。
日本ではかなり珍しいが、ヨーロッパには週末ベースジャンパーがたくさんいる。
94年にエル・キャップを登ったとき、毎朝上から人が降ってきて驚いた。多い日には10人以上。一度に二人が振ってきたこともあった。自分の高さより下でパラシュートを開くから、数十メートル横を人間が自由落下していく。初めて見たときには鳥肌ものだった。
ちなみに現在はエルキャップのジャンプは禁止されている。

ペタシ =パーミング。三峰にこういう名前の課題(初段)がある。
マラ岩にも「ペタシマン」というルートがある。
どちらも登っているときに「ペタシ」と音がする。
関連→スラップ

ペータ ルートに関する情報のこと。
特に核心部のムーヴやシークエンスを指す場合が多い。海外の難解なルートでムーヴに悩んでいると、下から「ベータが欲しいか?」などと聞いてくることがある。なんかちょっとむかつくが、うなずいちゃったりする。
関連→ベータフラッシュ

ペータフラッシュ 日本で使われている「フラッシング」とか「フラッシュ」を正確に言うとこうなる。
人が登っているのを見たりして、そのルートに関する情報を得たうえで、ルートを一撃すること。これに対して初見で一撃することを「オンサイト」と言うわけだが、正確には「オンサイトフラッシュ」となる。
登っているときに下から「次は右のガバ、足をボルト左5cmのエッジに置いて・・」などと指示されながら一撃しても、それはベータフラッシュになるわけだが、こういうのはリモコンフラッシュとか、チョークのマーキングを追うだけのルートはティックマークフラッシュとか言うとか言わないとか。
関連→ベータ

ヘッ電 ヘッドランプのこと。ヘッランではない。ヘッド電気とは言わないのに、こう呼ばれているのは私の回りだけではあるまい。

ヘッドポイント 2010年頃から使われるようになった用語。
イギリスのピーク・ディストリクトなどで行われている彼の地伝統のボールドなルートを、スタイルを問わずにレッドポイントすることを指す。つまり、トップロープのリハーサルやら、トップダウンでのプロテクションのチェックやら、なんでもありで、最終的にリードで登ることを言う。
トラッドなら御法度と言われたこのようなスタイルを積極的に使うことで最難トラッドは生まれていくわけだが、フランスがレッドポイントタクティクス(フレンチフリー)を世の批判を受けつつも導入し、最難レベルを引き上げた80年代後半に似ている。新たな領域と倫理のどちらを優先するのか。
しかし、レッド、ピンク、ホワイト?と色シリーズだったのが、ここにきてなんで「ヘッド」なのかは謎。

ヘルメット 頭部を保護するためにかぶる丈夫な帽子のこと。
クライミングにおける頭部の危険とは、主に落石と墜落による頭部打撃である。
これらを防ぐためには、何時でもどこでもコレをかぶるに越したことはないと考える人は当然いるし、やたらにヘルメット装着を推奨する人や団体もいる。
しかし、バイク運転や工事現場など法やルールで縛られているならまだしも、クライミングにおけるヘルメット着用の有無は個々に選択の自由がある。
「落石を受けたがヘルメットのお陰で無事だった」とよく言う人がいるが、「かぶっていたから落石が当たるところにいた」のであり、「頭が下になっても大丈夫なようにかぶる」のではなく、「かぶる前に、もっとするべきことがある」のではないか。
そんな現場を何度も見てきた私は、ロイヤル・ロビンス大先生のヘルメットに対する次の見解を深くかみしめるのである。
「もっとも恐いのは、ヘルメットをかぶらないことではなく、ヘルメットをかぶって自分が安全になったと思い込むことである」


ボトミング 「下に向けて引っかける」という意味。
ナッツを下が狭くなったクラックに上から落とし込んで引っかけたり、ハンドジャムやフィストジャムをチョックストーンのように決める場合「ボトミングで決める」と表現する。

ボルダーX 橋本マッキーが開発した液体チョーク。今では一般的だが発売当時、それはそれは画期的な発明だった。レジンフリーとかいろいろバリエーションが増えた。

ボ−ルド 大胆なクライミングのこと。
大胆といっても、露出してるとか、飛びつくとかではなく、危険に対して大胆な事をさす。イギリスで行われているハードグリッド的なのがコレである。
ボールドなルートとは、プロテクションの悪い極めて危険なルート、つまり、デシマルグレードなら、後に「R」とか「X」がもれなくついてくるルート。
ボルトルートでランナウトすることはボールドとは言わず、プアプロやフリーソロをそう呼ぶのが一般的。
個人的には、前傾壁やクラックのソロより、スラブのソロがボールドである。80年代、堀越隆正による「バイシクル・ダイク」や、保科雅則の「ポケットマントル」のオンサイトソロはグレードこそ高くないが、まさにボールドである。

ボルトホール ボルトを抜いた穴のこと。あちこちの岩場で見かけるが、多くは、ボルトの打ち損じ、ボルト打ちの練習跡、打ったはいいけどあとから抜かれた、などの理由により存在する。
写真のように、ルートの取り付きに2つ並んでいる穴は、どこかの輩がセルフビレイ用にと打ったものを、実際にはそんなものまったく必要ないので、結局ほかの輩によって撤去された跡。(写真はマラ岩の超有名ルートの取り付きにあったもの)
現在は、ボルト打ちの練習を実際の岩場でやるなんていうのは論外だが、昔のボルトは手打ちだったのでジャンピングの使い方を練習したわけだが、でもやっぱり、岩場でやる必要はなかった。

ボ−ルナッツ (ギア)スライダーやロックンローラーの進化した形の、アクティブなパッシブプロテクション。ボールをつぶしたような皿状金属片が本体ナッツ部分に逆くさび止めとなって引っ掛かる構造。
私は白髪鬼で初めて使用した。そのときは落ちなかったが、ご想像通り、衝撃荷重がかかると回収は大変。
展示会でトランゴの社長にあったとき、そのことについて聞いてみた。
「食い込んだらどうやって回収するんですか?」
社長「食い込んだら回収できません」
だって・・・

関連→スライダー、ロックンローラー

本チャン 本田君のことではない。ゲレンデで練習を積んだクライマーにとっての「本番」の意味である。
つまり、山岳地帯の岩壁、例えば穂高や剣、谷川岳あたりの岩壁を意味する。
しかし、どこまでがゲレンデで、どこからが本チャンなのかは、私にもいまだにわからない。
頂上を目的とするその岩壁を本チャンというなら三つ峠だってそうだと言えるし、穂高屏風岩なんか山頂にはまず行かないし。まあ、意識の問題ということか。


マッチ ムーヴの最中に、同じホールドに両手を添えた状態を指す言葉。
「そこにマッチ」というのは、「片手で持っているそのホールドにもう片方の手も添える」ことを意味する。
これを、ずっと「待って」と勘違いしていた人がいて、「片手でもって、もう片手を(待つ)と思っていた」と聞いて、なるほど!と思った。

マルチピッチ 2ピッチ以上連続するルートのこと。
この言葉は、いったいいつ頃から使われだしたのだろうか?
私が始めた頃は、ロングルートと呼んでいた。
反)シングルピッチ、ショートルート

マンバ 最新マンバ(ギア) スリング部分を通すための専用穴がカラビナにある極めて特殊な、DMM製クイックドローの商品名。
写真は「ダブルマンバ」。スリング部が痛んだら交換不可という大胆な構造。自分でスリングを結ぶしかないが、そうすると、かなり格好悪い。
R&S#15の裏表紙、ロストアローの広告には、もっと特殊なヌンチャク(パーマネントドロー)が見える。盗難防止のためのハンガー付きヌンチャク。加えて、壁につけられた人工ホールドにびっくり。今思うと、ロストアローも大胆な写真を使っていたものだ。


メルドー 「シット」「くそっ」のフランス語。落ちたときに発する言葉。
フランスかぶれが使いそうなものだが、意外に見たことがない。
フランス人から「フランス語で知ってる言葉は」と聞かれ、この単語を答えたらイヤな顔をされたことがある。
関連→シット、シャイセ


モチベーション 略してモチ。直訳は「動機づけ」だが、「やる気」を意味する。
今でこそ、スポーツ界で一般的に使われる言葉だが、クライミング界がこの言葉を取り入れるのは早かった。
ひとつひとつ考えて少しずつ進んだ先人は、楽しいことばかりではなかったからだろう。

モノ 1本指しか入らないポケットホールドのこと。ワン・フィンガー・ポケット。

モレーン アプローチの地形を説明するときに使われる言葉で、ガレ沢などに土砂や岩塊が推積されたところ。
元々は氷河によってできる地形なので、国内にはそうそうあるわけはないのだが、規模が大きなガレ場やガレ沢をこう表現することが多い。アルペンムード漂うワード。



ラップボルト トップダウン方式によって埋設されたボルトのこと。
そのボルトを打つに当たり、どのような手法で行われたかを示すときに、こう呼んでしまえば、「ぶら下がって、あらかじめ設置したボルトなんだな」と分かりやすい。
それに対して、グランドアップで打たれたボルトの呼称はないので、「そのボルトは立ち込んで打たれた」などと半ば意味不明に言うしかなく、なかなか理解してもらえない。
関連→トップダウン、ラップルート

ラップルート トップダウン方式によって拓かれたルートのこと。
ラップ(=ラペル、上から下降)しながらボルトを埋めて作られたルートという意味。反対語は「トラッドルート」
関連→、ラップボルト、トラッド

ランナー =ランニングビレイ
リードクライミングの最中にセットする中間支点のこと。
ボルトにクリップしたドローや、カムなどNP類も含め、途中に支点を構築したものすべての総称。
どちらかというと古い言葉で往年のクライマーがよく用いる。
スリングで伸ばした長目のプロテクションを指すイメージが強く、活用例としては「ランナーを伸ばす」が代表格。
関連→、サイドランナー

ランニングビレイ =ランナー参照

リス 岩の継ぎ目のこと。
指の入らないクラックをこう呼ぶこともある。
シームと近いが、私的にはリスの方がちょっと太いような気がする。
リスにはハーケンという言葉がよく似合う。

リーチー リーチを要求されるルートのこと。
私はけっこう好き。特に海外でデカイ奴が苦労しているルートを、いろいろ工夫して解決できると気分がいい。

リハーサル ルートをレッドポイントするに当たり、そのルートのムーヴやシークエンスを練習すること。
ボルダリングではトラバース課題などを除いては、この言葉は使われないように、あくまでもルートの部分部分を徹底的に、ムーヴ解明し研究し記憶し自動化する意味合いで使われる。
クライミングをひとつの演技としてまとめあげるような言葉なので、私はどちらかというと、かっこ悪い言葉だと思う。

リーヴィテーション =ハンドスタック
リーヴィテーションとか、リーヴィッテーションとか、レヴィテーションとか、レヴィタシオンとか、どれが正しいか知らないがいろんな発音がある。
ワイドの達人、ランディ・リーヴィットが編み出したとされる技で、ジャミングを組み合わせて両手でスタッキングさせること。ハンド、フィスト、逆手、順手、手首でクロスさせる、させないのいろんなバリエーションがある。
考案者名がそのまま技のネーミングになるのは、日本で言えば「池田ステップ」が代表的。
関連→ハンドスタック

リンクカム (ギア) オメガパシフィック社製の、特殊な構造を持つカミングディバイス。 
独特な構造のカムローブを採用していて、適合レンジが従来製品の2倍ある。トリガーを引くに連れ、カムローブが三つに分離しながら形を変えて、サイズが途中で「変身」するからである。
最初に触ったときは驚いた。と同時に、「ついにここまで来たか」と思った。
当初は、そのあまりのメカニカルな構造に引き気味だったが、グレッグ・ロウの設計考案によると知り興味が沸いた。実際使ってみると、これがまた予想以上に使える代物で、ますます驚いてしまった。
カムローブの溝には「かえし」細工が施されている。これはエイリアンにも採用されていて、岩肌への馴染みが良く、噛むように効く。
さらに、オフセットカムとしての機能をあわせ持っているのも素晴らしく、フレアクラックにも良く効く。
ただ、フォール時にカムヘッドに回転や捻りの力が加わると損傷する可能性があり、実際に何個も壊れているらしい。
メカニカルな分、雑な取り扱いはできずデリケートなセッティングが要求されるのは事実。


礫岩 れきがん。その典型は三つ峠、特に大根おろしのフェースなどがそのお手本。
大小のレキが岩肌から飛び出していて、まるで人工壁のような雰囲気をかもし出す岩質。
アメリカ、ユタ州にあるメイプルキャニオンが親分で、バスケットボールサイズのレキがボコボコと飛び出す様は異様。

レジスタンス 無酸素系のムーヴが数手続き、息もできず苦しくなって前腕が焼き付くようなルートを表現するときに使う。
前傾フェイスでボルダームーヴが10手くらい続いたり、思わずうめき声が出てしまうようなルートがそう。
関連→エンデュランス、ストレニュアス

レトロトラッド トラッドではないラインを、あえてトラッド的スタイルで登ること。
既成のボルトルートを、ボルト無視のオールNPで登ったりすることを指す。
元々はそういうスタイルで登れるのに開拓者がボルトを打ってしまったルートを、トラッドラインに回帰させるという意味合いが強い。
米国では昔からあてつけのように行われていたが、2010年以降、ヨーロッパのボルト大国でもこの動きが見られ、面白くなってきた。
関連→レトロボルト

レトロボルト レトロトラッドの反対語。もともとなかったところにボルトを増やしたり、オールNPのルートにボルトを埋めてスポートルートに変えてしまったりすること。
有名どころでは、城ヶ崎シーサイドのフラッシュバックや、ヨセミテ、クッキーのCookie Monsterなど。
プアプロのトラッドで登ったのに、人気がなく廃れてしまうことを恐れた初登者がやってしまう場合が多い。初登者がやったり、よっぽどの理由があるなら別だが、基本的にはもちろん御法度である。
関連→レトロトラッド


ロックンローラー (ギア) ナチュプロギア、メカニカルナッツの一種で「スライダー」が進化したもの。
ナッツの片側に回転するローラーがあり、トリガーを引くと、それが上下にスライドする機構になっている。
クラックに押し込めば、そのローラーがナッツの手前でくさび止めになりスタックするという、やっぱり文章で書くと全然わからないしくみ。
それほど普及せず、私も使ったことがない。売れなかったのはネーミングに依るところ大と思うのは私だけだろうか。
これがさらに進化したのが、現在のボールナッツである。
関連→スライダー、ボールナッツ

ロデオ・クリップ クリップの仕方にもいろいろあれど、最もテクニカルなクリップ。といっても滅多に使わない。
ロープをダブルで持ちループにした状態でグルグルまわして、カラビナのゲートにヒットさせゲートインさせてしまう技。もちろん下から届かないヌンチャクに行う。
たまに得意げにやっている人をみかけるが(私もふくめ)、これは決まると気持ちいいのでやみつきになったりする。
実際には技というほど難しいものではなく、ちょっとコツさえつかめば誰にでもできる。ただ、当然ヌンチャクが空中に垂れていて、ゲートがそれなりの方向を向いていないとできない。
失敗するとヌンチャクを岩にたたきつけることになるので、人のヌンチャクでバシバシやると怒られるから注意。
スティッククリップが認められていないルートでも、これでクリップするなら許してあげたくなる。
数年前までのリードコンペのルールには、「最終ホールドをつかまなくても、それより手前から終了ヌンチャクにクリップすれば完登とみなす」という変なルールがあった。このルールがバカげていることをアピールするために、数メートル手前から、ロデオクリップしてやろうと企んだことがあったが、そんな余裕があるほど終了点直下はあまくなく、企画倒れに終わった。


ワイヤー ナッツのこと。ナッツにはワイヤーがつきものだから、こう呼ぶこともある。
NPに精通したトラッドクライマーが使う言葉で、さりげなく口から出るとイナセな感じがする。

ワンデイ 通常一日で登り切れないロングルートを一日で登ること。
「ワンデイアッセント」が正式。
24時間以内で取付から終了点まで登れば「ワンデイ」なのだが、その定義はこだわり具合により微妙に異なる。壁の取り付きから終了まででワンデイとする人と、fromキャンプtoキャンプ(fromカーtoカー)でワンデイとする人もいる。
ワンピッチのルートを一日で完登しても「ワンデイで登った」とは言わない。