cliff

Top Page
About Us

Topics TOP
■Topics(2010-14)
Topics(2008-9)
Topics(2007)
Topics(2006)
Topics('04-'05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS

  • アレックス、次はメキシコの石灰岩

    アレックス・オノルドが2014年1月中旬、メキシコ、エル・ポルテロ・チコの、El Sendero Luminoso (5.12d 15ピッチ 500m) をフリーソロした。

    エル・ポルテロ・チコは石灰岩からなるビッグウォールクラスの巨大岩壁で、アメリカのカート・スミスが20年ほど前に開拓を始めた。

    石灰岩といっても傾斜はそれほど強くなく、その分、デリケートなフェイスクライミングとなるので、フリーソロに向いた壁とはとうてい言い難い。
    今回のルートは5.12のピッチがほとんどをしめ(15ピッチ中11ピッチ)、最高グレードは5.12d。パーティによっては二日間を要するが、彼の所要時間はわずか3時間だった。
    オノルドは、これに先立ちシダー・ライトをパートナーに同ルートを4回登り、クリーニングとリハーサルを行っている。

    彼が数年前にハーフドームのレギュラーや、ザイオン、ムーンライドバットレスのソロを行っているが、難度と長さの両面から考えると、それらをはるかに凌ぐ大胆な記録と言えるだろう。

  • サラテのロープソロ、スピード記録更新

    Cheyne Lempe(22) が2013年11月11日、がエル・キャピタンのサラテ(5.9 C2 35ピッチ)を20時間6分でロープソロした。
    サラテのワンデイソロは1992年にスティーブ・シュナイダーによって初めて成された。そのときの記録は21時間44分だった。

    今回、実に21年ぶりに記録が更新されたことになるが、ノーズがあれだけ記録更新されながら、サラテは何で?というのが正直な感想だ。

  • フリーによるヨセミテ、トリプルクラウン

    トミー・コールドウェルとアレックス・オノルドが2012年5月19日に、マウント・ワトキンスの「サウス・フェイス」、エル・キャピタンの「フリーライダー」、ハーフドームの「ノースウェストフェイス・レギュラー」の3本をオールフリーにより、21時間15分でリンクした。

    これらのルートは、それぞれがアメリカのルートグレードでY級が与えられていて、どの1本を登るにも通常は2日以上を要する。その三つの壁の継続は「トリプル・クラウン」と呼ばれていて、今までに成功したクライマーは数えるほどしかいない。初めてワンデイ(24時間以内)で成功したのは、 ディーン・ポッターとティミー・オニール(2001年)で、そのときも大ニュースになったが、10年以上の時を経て、時代はついにオールフリーという条件を付け加えるまでになった。
    マウント・ワトキンスのサウス・フェイス
    二人は5月18日の午後4時45分にマウント・ワトキンスからスタートした。「サウス・フェイス」は19ピッチのルートで、大部分は5.10+以下で構成されるとはいえ、2ピッチの5.13aと、3ピッチの5.12を含み、しかも核心のひとつは大ランジのボルダームーヴからなる。これをノーフォールでこなした二人は2時間40分で頂上へと抜け、まず一つ目のビッグウォールを首尾良く完登した。
    頂上から一時間歩いてトゥオルミ・メドウズ近くの車道に出たあと、ベッカ(トミーの妻)が二人を車に乗せて渓谷内へと引き返した。

    二本目のエル・キャピタン、フリーライダー(5.12d/5.13a、 37ピッチ)は、午後10時45分にスタート。夜を通して登り続け、翌朝の5時ちょうどに頂上に抜けた(所要6時間15分)。コールドウェルは核心のテフロンコーナーで2度落ち、5.11のピッチでもスリップしたが、その都度登り直し、各ピッチを完全なフリーで登った。オノルドにいたっては全行程を通じて落ちることはなかったというから凄い!

    こう文章でサラッと書いてしまうと、何でもないようなことに思えるかも知れないが、フリーライダーだけを完登すること自体(もちろんフリーで)、普通のクライマーには夢のまた夢なのだ。それを、真夜中にヘッドランプの灯りだけを頼りに登ってしまうって、驚きを通り越して呆れるというか、もはや理解できない。

    エル・キャピタンをイーストレッジから下降したあと、次はラストとなるハーフドームへと移動。ミラーレイク・トレイルからデス・スラブのアプローチを経由して、午前9時にノースウェストフェイス・レギュラー(5.12、24ピッチ)に取り付いた。そして5時間をかけて3本目のビッグウォールを登り切り、午後2時にこの壮大な継続を完遂した。

    この中では比較的簡単な( と言ってもちっとも簡単でないが )、ハーフドームに5時間もかけている( といっても通常2日かかるのだが )ことから、二人ともかなり疲労していただろうことが想像できる。

    トポ上のピッチ数でカウントすると、実に合計80ピッチ!
    その大部分はサイマルクライミング(同時登攀)で行われ、難しいピッチのみスタカットに切り替えて、各自が全ピッチをフリーで登り切ったそうだ。

    (私はマウント・ワトキンスはまだ登ったことがない。なんだかやってみたくなってきた!)

  • アレックス・オノルドのフリーソロ
    The Phoenix

    アレックス・オノルドがヨセミテで、5.13クラスのクラックを2本、フリーソロした。
    これらは過去に例がない。あのディーン・ポッターも手を出さなかったルートである。

    まず、2011年6月13日に、The Phoenix (5.13a) をフリーソロした。
    カスケードクリーク沿いの壁に切れ込んだこのクラックは高差約40m。
    特筆すべきはそのロケーションで、このルートは地面にあるのではなく、高差300メートルほどの壁の上部に位置している。壁の上から(近くまで車で行ける)2ピッチ、ラッペルして取りつくので、場所を特定するのがまず最初の核心となる。もちろん、そんなロケーションにある13台のクラックをソロで登るなんていう発想を持った人間は今まで現れなかった。

    The Phoenixは、持久的要素が高いだけでなく、フィンガーからタイトハンドの極めてテクニカルなジャミングが続く。核心は中間にあるフィンガーサイズの水平クラック。ここは下向きクラックなのでパッシブプロテクションを受けつけず、初登者のレイ・ジャーディンはここにプロテクションを取るため世界初のカムとなる「フレンズ」を発明したと言われている。

    オノルドは二日間をリハーサルに費やしたあと、わずか8分間でこのフリーソロを完遂した。

    そして、次は2011年9月下旬、ついに、Cosmic Debris (5.13b)をフリーソロした。
    これは、チャペルウォールの上部に位置する約120度に前傾した高差15mほどのフィンガークラック。核心部は最後にあり、はじき出されそうな効きの悪いフィンガージャムを要求される。
    しかし、このクラックもオノルドによれば「バチ効き」だったらしく不安はなかったようだ。
    これは彼がヨセミテで行ったフリーソロの中で、最高グレードに当たる。

    また、オノルドはグレーシャーポイント最上部にあるルーフクラック、Heaven(5.12d)も初見でフリーソロした。
    メイソン・アールのトライを見てから行ったので、オンサイトソロではないものの、このルートの下は900mに渡って切れ落ちたスラブ帯で、それを初見でソロするとは、もはや彼のフリーソロは今までの常識では考えられない領域に突入した。
    2005年にディーン・ポッターもソロしているが、さすがのポッターもリハーサル後に行っている。

  • ノーズのスピード記録更新?

     2010年11月6日、ディーン・ポッターとショーン・レアリーが、ノーズの最短記録を更新した。
    とはいっても、記録は2時間36分45秒で、それまでのユージ/ハンスの記録を20秒縮めたに過ぎない。
    もちろん凄いことは凄いのだが、20秒と言ったら完全に誤差の範囲内。
    大体、ハンスだって終了点の木にタッチすると同時にストップウォッチ押してる訳でもないので、30秒以内の差だったらタイ記録とみなしていいだろう。

    でも、ディーン・ポッターがこれで満足するわけはない。再度トライして誰からも文句のつけられない記録をたたき出してくることは間違いないだろう。
    実際、ポッターは「これは単なる始まりにすぎない」とコメントしている。

    ここでもキーパーソンとして登場してきたのが、この男、ショーン・レアリーだ。
    先のアレックス・オノルドとのエル・キャピタン3本リンクや、レオ・ホールディングのフリーライダー/ハーフドームリンクのパートナーでもある。
    ベースジャンプはするし、レオ・ホールディングのアスガルド・プロジェクトにも参加している。
    ヨセミテ在住だが、どうやらメディア嫌いらしく、今まで素性が明かされることがなかったようだが、知られざる凄いクライマー世界ランキング一位であることは間違いない。

    その彼とポッターが組むのだから、近々、またひとつ次元の越えた記録が生まれるかもしれない。

  • 次はエルキャップを3本継続

     アレックス・オノルドが、ノーズとハーフドームのワンデイソロリンクをやってから、わずか8日後、今度はショーン・レアリーをパートナーに、エル・キャピタンのノーズ、サラテ、ラーキング・フィア(いずれもグレードY)の3本を一日で継続した。

     過去にハンス・フローリンらが、やはり一日に3本継続した記録はあるけど、ノーズとラーキングは同じとしても、もう一本がウェストフェイスで、ちょっと迫力不足の感があった。しかし、今回はサラテである。ノーズとサラテのワイデイリンクだって世界で数人しか成功していないに、それにラーキングとなると、合計85ピッチ、登攀距離は2500mにもなるのだ!

    二人は午後8時にノーズからスタート。4時間15分で片付けたあと、次のサラテを約6時間で登り、だめ押しのラーキングに取りかかったのは翌日の正午。これを7時間半で登り切り、トータル23時間半。2本までは分からないでもないけど、ここまでやられると理解不能。いったいどんな体力してるんでしょう。

     ただ不明なのは下降路。毎回一般的なイーグルレッジを降りるとは思えないけど。かといってハンスのようにラーキングに下降用フィックスを張ることもしなさそうだし。パートナーがショーン・レアリーってことはベースジャンプ?いや、それもないでしょう。ちょっと気になる。


    右からノーズ、サラテ、ラーキング
    (クリックで拡大)

  • またこの男、とんでもない記録

     アレックス・オノルドが2010年6月22日、ハーフドームとエル・キャピタンのノーズをソロで継続し、それまでの最短記録を大幅に短縮した。なんとハーフドームを2時間9分、ノーズを5時間49分で、しかも「ソロ」で継続したのである!

     といってもこれがどれだけ凄いことなのか、ルート内容やスタイルについて詳しくないとピンと来ないと思うので、順を追って説明しよう。


    エル・キャピタンの頂上から見たハーフドーム。遠い…
    (クリックで拡大)

     まず「ハーフドーム」だが、これは「レギュラーノースウェストフェイス」のことを指す。これは23ピッチでオールフリーで行けば最高グレード5.12a/b辺りだが、フリーラインはオリジナルから外れる部分があるので、エイド(C1)で登るのが普通。一般的なパーティの所要時間は二日。荷揚げなどに手間取れば三日かかることもある。

     で、オノルドはコレを「ソロ」で登っているわけだが、「ソロ」といってもいろいろある。ひとつはロープを使って単独のビレイシステムを使って登る「ロープソロ」、もうひとつはロープを使わない「ロープレスのソロ」で、その中に「フリーソロ」と、エイドを使う「エイドソロ」がある。「ソロ」=「フリーソロ」と思う人が多いようだが実際にはこのようにいろいろと違いがあるわけだ。

     ハーフドームのような壁を「ソロ」で登る人は多いが、その99%は「ロープソロ」である。しかもエイドを駆使するのが普通である。「ロープソロ」のやり方にはいろいろあるが、ロープの末端をビレイ点に固定して、特殊なギア(サイレントパートナーやソロイスト)をずらしながら登る方法が一般的で、これだと一人で各ピッチをリード、下降、ユマーリングしながら登ることになるので、二人で登るよりはるかに時間がかかる。

     だからひと昔前は「レギュラーのソロワンデイ」なんて言ったら、それは大変な記録だったのだ。しかし、その概念をぶち破ったのがディーン・ポッターだった。彼はわずか数時間でこのルートをソロし、それまでのソロ最短記録を桁違いに更新した。ロープは持っていったがほとんど使わずに登ったのである。ポッターがロープを背負って、ものすごい高度感のコーナークラックをフリーソロする写真を見たことがある人も多いと思う。(これを見てほとんどの人が、ポッターは「フリーソロ」したと思ったようだが、実際にはロープも使っているし、エイド、つまりカムやハンガーをつかむA0も使っている。)このように「ソロはチームよりも時間がかかる」という常識は覆されたのだ。

     そしてオノルドは、2008年、ついにレギュラーを史上初の「フリーソロ」で登って見せた。たかだか12a/bというなかれ。登ってみれば分かる。地上500mでの核心ピッチは指の入らないコーナークラックと、スラブ(!)である。

     所要時間はわずかに2時間50分。ソロ最短記録を更新したことはいうまでもない。もちろん、それは同時に「フリーソロ最短記録」でもある。
     
     ちょっとややこしくなってきたので、スタイルについてまとめてみよう。
    「ソロ」と「チーム」、「フリー」と「何でもあり」、「ロープあり」と「ロープなし」これらの要素の組み合わせで、8通りのスタイルができあがる。ありえないのは「ロープなし」+「チーム」+「何でもあり」くらいで、他の7種類には以下のようにスタイルとしての意味がある。
     
    (1) 「ロープあり」「チーム」「何でもあり」= ビッグウォールの一般的なスタイル
    (2) 「ロープあり」「チーム」「フリー」= 「チームフリー」もしくは個人の「フリー」
    (3) 「ロープあり」「ソロ」「何でもあり」=  「ソロ」または「ロープソロ」(ビッグウォールの一般的なソロ・スタイル)
    (4) 「ロープあり」「ソロ」「フリー」=  「フリーでのロープソロ」(2007年にカナダのステファン・ペロンがフリーライダー(*1)をこのスタイルで登った)
    (5) 「ロープなし」「チーム」「フリー」=  「デュアルソロ」(上下に連なってそれぞれフリーソロすること。チームである意味はないが、まあ一人じゃさみしいから数人でやろうよってこと。ナットクラッカーを5分くらいでデュアルソロするシーンがどこかのDVDにあった) 
    (6) 「ロープなし」「ソロ」「何でもあり」= 「ロープレスのソロ」 
    (7) 「ロープなし」「ソロ」「フリー」= 「フリーソロ」
     
     説明が長くなってしまったが、今回のオノルドがレギュラーで取ったスタイルは(6)のスタイルである(と思う)。どのメディアにもこの部分がはっきり書かれていないのだが、昨年フリーソロを成し遂げたとはいえ、今回の目的はスピードである。最後の12のスラブはハンガーをつかんで駆け上ったと推測する。

     さて、次にノーズである。これはエル・キャピタンのみならずヨセミテの象徴のようなルートでなので、知っている人は多いだろう。標高差約1000メートル。31ピッチ。平均所要時間は三日。オールフリーとなると、5.13+から5.14-のピッチが2ピッチ出てくるため、現在のところ全ピッチをRPしたのは二人だけ(リン・ヒルとトミー・カルドウェル)である。

     平山ユージとハンス・フローリンが最短記録をたたき出したのも記憶に新しい。彼らは2008年に、ノーズをわずか2時間37分で登って見せたが、この記録がどんなに凄いかわかるだろうか。早いと言われるパーティがシックルレッジ(4ピッチ目)に上がるころ、彼らはもう頂上(31ピッチ目)にいるのだ!

     さて、そしてノーズのソロワンデイだが、これを最初に果たしたのはスティーヴ・シュナイダーだった(1989年)。そのときはまるまる24時間近くかかっていたような気がする。そして、それを半分以下に短縮したのがハンスやポッターで、そのときにレギュラーとノーズのソロワンデイ継続(スタイルは上記(3)と(6)と(7)の混合)も初めて成されたのだった。
     さらにポッターは、(2)のスタイルでレギュラーとフリーライダーのワンデイ継続も行っている(2001年9月、ビレイヤーはスコット・ストウ)。

     そして、今回のオノルドによるノーズスピードソロだが、これはソロ最短記録であることはいうまでもない。彼はハーフドーム同様多くのピッチを(6)または(7)のスタイルで登っているが、しっかり60mロープも携行している。さすがに振り子トラバースのセクションをロープレスで通過することはしなかった。キングスウィング自体はフリー化されていない(オールフリーで登る場合はここを通らない)ので、ここでロープを使うのは当然として、2ピッチ目と6ピッチ目の振り子部分もロープを使ったようで、これを知った私は(オノルドも人間だったんだ)と思いちょっと安心した。

     この振り子部分はフリー化されているが、両方ともスラブムーヴで、11cと12a。特に7ピッチ目の12aの方は、私もトライしたことがあるがダウンクライムぎみにツルツルのフェイスをトラバースするピッチで、ちょっとでもヌメるとムーヴをこなすことすらできないほど微妙なのである。

     他にロープを使って(3)のスタイルで抜けたのは、グレートルーフだけということなのだが、ということはスモールナッツやHB等を使うC1ピッチのグロワリング・スポット(フリーなら12d)や、チェンジングコーナーズ(フリーなら14a)は(6)のスタイルで越えたということになり、これも私の想像の範囲を越えてしまう大胆な登り方である。いったいどうやって登っているだろうか。たえず二つのプロテクションにセルフをとりながら進んでいくような方法だろうか。興味深いところだ。

     ちなみに、オノルドはこの春、ノーズの最短記録を破ろうと、スイスのウエリ・ステックと組んで何度かリハーサルを行ったようだ。結果的には4時間くらいでは登ったようだが、2時間半に到達するのは無理と判断したようでトライは中断された。ウエリ・ステックといえば、アルプス三大北壁のスピード記録を樹立したり、エルキャップのゴールデン・ゲイト(*2)をほとんどオンサイト(11cのピッチが濡れていてフォールしたが、他の12-13台はすべてオンサイトした)するなど、アルパイン、フリーの分野問わず優れた才能を発揮するスーパークライマーだ。そのゴールデンコンビですらあきらめたというのだから、いかにユージ達の記録が凄いかということになるのだが、それはさておき、そのように何日かおきに何度もノーズを登ったことで各ピッチの各ムーヴ、各プロテクションまでがすべて頭に入っていたのは間違いなく、そのようなリハーサルがあってこそこの最短ソロも成し得たのだろう。

     ハーフドームの取りつきからノーズの終了点まで合計54ピッチ。オノルドが要した時間は移動も含めてわずか11時間だった。これは、各ルートのソロ最短、ハーフドームとノーズリンク最短の記録更新はいうまでもなく、チームによるリンク最短記録までも更新したことになる。

    *1 エル・キャピタン、サラテの派生ルート。最高グレード12d/13a。34ピッチ
    *2 サラテのエル・キャップ・スパイアーから派生する。最高グレード13a。41ピッチ

    データソースはここ。写真はここに載ってる。

→ Back