cliff

Top Page
About Us

Topics TOP
■Topics(2008-9)
Topics(2007)
Topics(2006)
Topics('04-'05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS (2008-9)

  • 春のヨセミテ、やっぱり暴れたアレックス・オノルド
    (09/8/13)


    サラテのヘッドウォールにいるアレックス・オノルド
    ラーキング・フィアから目撃した

    ちょっと古くなってしまったが、やっぱりこの人、アレックス・オノルドのヨセミテでの動きが異常。

    まず5月27日、ショーン・リアリーをパートナーに、サラテ(VI 5.13c)を8時間半で全ピッチ、レッドポイント。それまでのフリーでの最速タイム(トミー・コールドウェルやユージによる16-17時間)を大きく更新した。
    二人は、そのままハーフドームのレギュラーにフリーワンデイ継続の予定だったが悪天に阻まれ、サラテだけで切り上げたということ。

    「エル・キャピタンとハーフドームのフリーワンデイ継続」は、数年前にディーン・ポッターが「フリーライダー+レギュラー」で実現したが、サラテとのリンクは未だ誰もやっていない。できるとしたら、やっぱりこの3人、オノルドかトミーかユージだろう。

    要所までのラップタイムがすごい。まあ全部で8時間半なのだから当然なのだが、「フリーブラスト1時間」って何ですか?エイド混じりなら分からないでもないけど、ちゃんとにフリーで登って1時間って、全ピッチ、フリーでコンテってこと?
    さらにアルコーブまで3時間というのもこれまた異常。ここまで19ピッチ。フリーだと手前のモンスターオフウィドスだけで30分以上はかかるはずなのに、いったいどんな登り方してるんだ?

     またオノルドとリアリーは6月24日、サラテとノーズの継続(これはフリーにこだわらずエイドを交えて)を行った。サラテは4時間55分で登り最速記録を更新、そのあと焼け付くような暑さの中、ノーズを7時間で登った。
    サラテとノーズのワンデイ継続は、けっこう昔にピータークロフトらによって成されているが、その記録を大幅に短縮した。二人の狙いはさらにハーフドームへのワンデイ継続だったが、猛暑による疲労がひどく断念したらしい。
    しかし、オノルドのパートナーのショーン・リアリーって最近名前をよく聞くようになったけど、これまたとんでもないクライマーのようだ。レオ・ホールディングが「フリーライダー+レギュラー」のフリー継続をしたときのパートナーも彼だったような。しかも下降はベースジャンプしているはず。
    こういうクライマーがポンポン出てくるアメリカってやっぱり層が厚い。
  • ディーン・ポッター、ロストラムのAlien(5.12b)フィニッシュをベースソロ
    (08/11/28)

    ロストラムの頂上から。
    高差300メートルくらい。

    これまた、ちょっと前の話。
    今度はディーン・ポッターがヨセミテ、ロストラムのNorth Face(5.11c/8p)からAlien(5.12b)につなげるラインを、ロープレスのフリーで登った。とはいっても、ベースジャンプ用のパラシュートを背負って登る「ベースソロ」で、完全な「フリーソロ」ではない。これはディーン・ポッターがアイガー北壁のDeep Blue Sea (5.12c:7b+/ 300m)をソロしたときにも採用した方法で、重量わずか2.5kgのパラシュートの出現が、そんなニュージャンルのソロクライミングを可能にした。

    ヨセミテでベースジャンプが違法でなかったころ、「それならパラシュートを背負ってエル・キャピタンをソロすればいい」と、冗談で言っていたことが、半ば現実になりつつある。とんでもない時代になったものだ。

    そうは言っても、落ちたとしてパラシュートが機能するのは最終ピッチのAlienでだけだろう。そこまではそんなに前傾しているわけでないし、5ピッチ目には大テラスもあるわけで、パラシュートは役に立たない。まあ、本人は以前にNorth Faceをフリーソロしているから、そんな不安はなかったのだろうけど。

    ヨセミテでは現在ベースジャンプは完全御法度だが、それを背負ってソロすることは違法ではないということ。でも落ちてそれを使ったら、お縄ということになるんでしょうね。

    こうなると、エル・キャピタンのベースソロも目前かも。やるならグレード的には難しいけどサラテってことになるだろうか。コーナーが多くて露出感のないフリーライダーやノーズは無理でしょう。でも、どっちにしてもヘッドウォールまではパラシュート役立たずだから、結局はほとんどフリーソロってことになるのかな。
    などと、考えているだけでも、なかなか面白くさせてくれる記録でした。
  • アレックス・オノルド、ハーフドームのレギュラーをフリーソロ
    (08/11/5)


    ちょっと古くなってしまったけど、すごい記録なので。

     アメリカのアレックス・オノルド(23)が9月6日、ハーフドームのレギュラー・ノースウェスト・フェイス(VI 5.12a, 23 ピッチ)をフリーソロした。
     このルートはハーフドーム北西壁の左側を頂上まで直線的に貫いている超有名ルート。クライマーにとっては、ハーフドームの代名詞的なルートなのだが、実のところオールフリーでは滅多に登られていない。なぜなら4p目と10p目に完全なブランクがあり、ここはボルトラダーを使ってエイドで登るのが一般的だからだ。

     ここをフリーで登るには、両ピッチとも左に迂回したバリエーションをたどるのだが、これがライン的に分かりにくく、岩も安定しているとは言い難い。しかも4-6p目のバリエーションには、12aの短いフェイスピッチが現れる。さらに17-20p目の「The Zig Zags」と呼ばれるセクションは、11+の微妙なフィンガーチップのレイバックムーヴが出てきて、フーバーはここを12bとグレーディングしているほど。さらにだめ押しに、次のピッチ(22p目)は、12aのスラブだったりして、よっぽどのクライマーでない限り、オールフリーで登ろうなどとは思わないのである。

     ここを、オノルドはフリーソロで登ってしまったのだ。もちろん、これがフリーソロされたのは初めてのこと。緊急時に必要になるロープやハーネスもいっさい持っていかなかった。
     ディーン・ポッターがソロしている写真などが、ちまたに氾濫していたので、ポッターはとっくにフリーソロしていると思いこんでいる人が多いようだが、彼がやったのはロープソロで、いくつかの核心ピッチではロープを使っている(Zig Zags部分はフリーソロしたようだが)。
    さすがのポッターも、最後のスラブ(5.11+か、トポによっては12b)をロープレスで登る気にはならなかったようだ。ここは私もフリーでフォローしたことがある(ユージの)が、まあ、小川山のスラブほどではないものの、手足4点のうち、いつどれが不意に外れてもおかしくないような微妙なムーヴの連続で(しかも足下は500メートルの空間)、これをフリーソロするというのは、もう完全に別の世界に行っちゃってるとしか思えない。 

     本人に間近で会ったことはないけど、写真を見る限りは、切れてるような感じはまったくなく、爽やかな好青年的な印象。ザイオンのムーンライト・バットレス(5.12d, 9ピッチ)を初めてフリーソロしたときも、「各ムーヴのジャミングがしっかり決まっているから不安はなかった」というようなコメントをしていたけど、今回のはムーンライトより技術的は簡単とはいえ、リスクははるかに高かったと思われる。

     ちょっと想像できないけど、このまま行けば、いつかそう遠くない未来に、フリーライダーもそうやっても登られる時代が来るのだろうか。来るのだろうね…。
     

→ Back