cliff

Top Page
About Us

Topics TOP
■Topics(2007)
Topics(2006)
Topics('04-'05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS 2007

  • 瑞牆十一面岩末端壁に新ルート
    (07/8/9)

    泣きっ面 (5.12c R) NP 

     この火曜日(8/7)、瑞牆十一面岩末端壁に新ルートを拓いた。
    拓いたとはいっても、オールNPなのでボルト類はいっさい打っていない。

     「T&T」のクラックを抜けたあと、左の前傾フェイスに出てそのまま直上するラインで、フェイスムーヴが主体になる。
    以前よりトップロープで試登されたことはあったが、リードされたのは初めて。

     当初は「T&T」の左のクラックからつなげることを目論んでいたが、クラックに入るまでのフェイスが難しく、またプロテクションの問題もあるのでこのラインはプロジェクトとし、とりあえず今回は「T&T」から上部を登ってみた。
    試登はトップロープで行ったので、せめてプロテクションはオールNPにした。
     どっちにしても、この地の伝統を考えると、このきれいな前傾フェイスにボルトなんぞとても埋める気になれない。

     トップロープで登りながら、ポケットや脆そうなフレークにカム類を突っ込んでみたら、なんとか形だけは効いているように見えたので、同日夕方にリードして完成。
     フェイス部分のプロテクションは、割れそうなフレークにナッツ、上からフレークに突っ込んだエイリアン、最初のポッケに青キャメ、次のポッケに紫エイリアン(これはボトミング)、最後のフレークに緑〜赤キャメ。
     体重をかけてないからわからないが、どれも本当に大丈夫なのかというシロモノであった。
     抜け口は掃除不十分のうえ岩も風化しているので要注意。ここで落ちると下のフレークがエキスパンドして外れるんじゃないかと思い恐ろしかった。
     終了点は灌木に残置スリング+ビナあり。

     むやみに「ぜひやってください」と言えるルートでもないが、せっかく登ったから誰かにリピートしてもらいたい。でもトップロープでトライしたあとの「ヘッドポイント」狙いをオススメします。

     グレードは、UK方式でつけたいところだったが、それもよくわからないので、「5.12c R」とした。トップロープではそこまでのグレードは感じなかったが、リードしたら予想以上に張ったのでこうしてみた。

     2007/8/7完成。掃除とトップロープでの試登を含め3回目。すべてのプロテクションは登りながらセットした。ルート名はとりあえず仮名。

  • ダイノ・コンテストで世界新記録
    (07/8/1)


    イギリスとドイツで行われたダイノコンテストで世界新記録が相次いで生まれた。
    「ダイノコンテスト」、つまりは「ランジ大会」で、日本でもB-Sessionとかジムコンペなどで余興的に行われてきたが、この国際大会もいつのまにやら始まっていて、ちゃんとしたルールもあるようだ。

    まず、アメリカのSkyler Weekesが7月14日に2.625mを飛んで、それまでの世界記録2.6mをやぶった。しかし、そのわずか8日後、ドイツのPeter Wurthがそれを15cmも上回る2.775mを樹立し、世界記録を大幅に飛躍させた。

    ルールは、2個のガバから左斜め45度の方向に飛べるだけ飛ぶというもの。壁の傾斜は110度に決められている。踏み切り足はたくさん並んでいて、好きなポジションから飛べるようになっているようだ。
    飛び先ももちろんガバで、このホールドを少しずつ遠くにずらしていって競う。(ホールドの形状まで決まっているかどうかは知らないけど、きっといい加減なのでは…)

    単純にでかい人が有利かと思いきや、斜めに飛ぶので一概にそうも言えないような気がする。
    でもこのドイツ人はかなり巨人っぽい。

    また公認記録ではないが、その彼はコンテスト終了後に2.8mにも成功したらしい。
    踏み切ったあと、ブラインドで右足をスタートホールドに上げてさらに蹴りこんでいる。見事!(これは反則?)
    そういえば、B-Sessionの初年度にこういう課題がT-Wall大会で出てきた。(できたのはダイノマン、丸木フトシ一人だけだった)

    まあ、スピード競技同様、コンペのためのコンペって感じだけど、見ている方も単純に面白い。
    日本でも来年あたりから、このルールに乗っ取ったランジ大会が各地で繰り広げられそうだ。

    動画↓(http://www.tmms-verlag.de/より)
    http://www.tmms-verlag.de/downloads/boulder_highjump2.wmv

  • Michael Reardon 行方不明
    (07/7/20)

    本人が表紙の雑誌
    アメリカのフリーソロイスト、マイケル・リアドンが先週の金曜日から行方不明になっている。
    どうやら、アイルランドのシークリフでクライミング中に高波にさらわれた模様。
    それもフリーソロ中ではなく、基部のテラスにいたところを飲み込まれたようだ。
    日曜日まで大がかりな捜索が行われたが、いまだ不明のままということ。

    マイケル・リアドンは、数年前から雑誌にもよく登場するようになったフリーソロイストで、ここ最近の記録は正気の沙汰とは思えないものが多かった

    特に圧巻なのは、2005年に行われたニードルズのロマンティック・ウォリアー(X、5.12b)のオンサイト・フリーソロである。普通のフリーソロでも凄いが「オンサイト」であるところが尋常でない(彼の地のグレードの辛さとルートの性格を知っている人なら身震いすることでしょう)。
    このルートは高差約300メートル、グレードは、10a、7、11a、12a、12a、8、12b、11d、9 と特別高くはないものの、不確実なクラックやフリクションに頼るムーヴが続く。実際このソロ以前、同ルートがノーフォールで登られたのは一度か二度しかないということであった。
     とりわけ、12の3ピッチは難しく、後戻りのできないシーケンシャルなムーヴや、フィンガーチップでのキャンパスムーヴ、デリケートなパーミングを使うムーヴなどが要求される。このような花崗岩特有の不確実なルートがソロされること自体が極めてまれな例だが、オンサイトとなれば驚異的としかいいようがない。
     過去には高難度のソロとして、アレックス・フーバーによる、ドロミテのハッセ・ブランドラー(18ピッチ、5.12a)や、コミュニスト(5.14a)のフリーソロがあるが、これらはリハーサル後に行われたもので、私が思うにはリアドンの方が上を行く。

    また彼はジョシュアツリーなどで日常的にソロを行っていて、それらの写真をカタログなどで見ることができた。彼がソロしたルートを登ったことがあっただけに、これも衝撃的だった

    あまり知られていないが数年前に行われたジョシュアツリーのマラソン・ソロがまた凄かった。
    彼は、19時間で280本以上のルートをフリーソロしたのである。 それまでにも何回か「マイル・デイ」と称して垂直移動距離1マイルにも渡る100本以上のフリーソロを一日で行ってきたが、そのときは目標を2マイル(3.2km)に設定してのチャレンジだった。
    ダウンクライムも1本として数え、中には同じルートを2回登ったものもあるが、251本の異なるルートのフリーソロの中には、ムーンビーム・クラック(5.13a)や、ワツシ(5.12c)のオンサイト・ソロも含まれていた。
    彼は夜11時から登り始め、翌日の夕方5時半にこのマラソンクライミングを終えた。実に4分に一本の割合でフリーソロし続けた計算になる。

    アメリカには名だたるフリーソロイストが多い。古くはジョン・バーカー、デレック・ハーシーに始まり、ピータークロフト、ダン・オスマン、最近ではティミー・オニールやディーン・ポッター。しかし、その誰よりも個人的にはもっとも評価が高く、今後の活動から目が離せなくなっていただけに残念でならない。

    ニュースソース(「Climbing.com」)
    本人のブログ→Michael Reardon(「Climbing.com」)
    本人のHP→Michael Reardon

    でもまだ行方不明。あれだけのことをしてきた人だからそんなに簡単に、と思う。
    (スイスのエリー・シェブユーみたいに、どこかにひょっこり姿を現すことを望みます)

  • JFAクライマーズ・フェィスティバル2007(07/6/27)

    7/28-29の二日間、廻り目平(小川山)で、第3回JFAクライマーズ・フェィスティバルが開催されます。JFAの存在を多くのクライマーに知ってもらうと共に、川上村との親交、小川山のクライミングフィールドとしての存続、保護が目的です。
    目玉はフリーマーケットと各種無料講習会。私は大岩あき子さんと共にリードグループ(場合によってはクラック)を担当します。初中級者対象で誰でも参加できます。
    ざっと以下のような内容ですが、詳細はJFAのサイトをご覧下さい。

    ・フリーマーケット(協賛各社/個人)

    会場:林道下の広場(旧ステージ前広場)
    7月28日(土) 15:00〜19:30
    7月29日(日) 〜16:00

    ・講習会(JFA会員、川上村民対象)

    7月28日(土)12:30-17:00
    7月29日(日) 9:00-14:00

    ビギナーグループ 各日程 15名
    ボルダーセッショングループ 各日程 20名
    リードグループ(クラック) 各日程 10名
    川上村グループ 人数制限なし(川上村民であれば会員である必要はありません)
    視覚障碍者グループ 制限なし(目の不自由な方であれば会員である必要はありません)

    ※ 申込は現地で先着順となります。
    ※ 講習料は無料ですが、別途保険料として500円を徴収いたします。
    ※ ビギナー、ボルダー、リードの3グループはJFA会員対象ですが、当日入会も可です。
  • 廻り目平にライブカメラ
    (07/4/13)


    廻り目平(小川山)にライブカメラが設置された。(といっても知らなかったのは自分だけ?)
    WEATHERNEWSのピンポイント予報ページ ←このページの左上の写真をクリック

    おそらく金峰山荘に設置されているのだろうが、兄岩の上部と弟岩、左奥にはサイコロ岩も見える。
    雨が降っているかどうかまではわからないが、小川山の天気は「行ってみないとわからない」で有名だから、けっこう役に立つかも。
    「マガジン」や「ウォーリーを探せ」なら、トライ中のクライマーを確認できそうだ。早送りになるからけっこう面白そう。

    (気がついたらこのページは更新するのが一年ぶりになってた…)

    4/19追記

    どうやらライブカメラの角度とズーミングを変えてるようで、日によってはサイコロ岩だけだったり、父岩も写ったりしています。

→Back
→Top Page