cliff

Top Page
About Us

Topics TOP
Topics(2007)
■Topics(2006)
Topics('04-'05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS (2006)

  • 「日本の登山家が愛したルート50」
    (06/4/21)


    日本の登山家が愛したルート50

    「岳人」に長期連載されていた「マイ・フェイバリット・ルート」がまとめられ単行本になった。
    各ジャンルのクライマー、登山家?が自分の好みの一本を取り上げて、そのルートの印象、歴史、ガイドから自分のクライミング観、人生観まで語っている。
    連載中に何回か読んだことはあるけど、こうしてまとめられると、これがまたとても面白い。50ルート分の短編集なので、ちょっと時間が空いたときなどに読めるのがいいが、面白いので結局集中して読んでしまう。
    ジャンルは、フリーのショートルート、マルチルート、アルパイン、冬季、沢、山スキーなど多岐に渡っている。
    特筆すべきは、フリー関連のルート17本のうち実に9本が奥秩父(小川山、瑞牆、不動沢)から、さらに3本が秩父(二子山、三峰)から選出されていることだ。
    かといって人選が偏っているわけではなし、この地域がいかにクライマーにとって貴重であるかがわかる。恐るべし秩父。

    特にトキオ、とその母ちゃん、兼原慶太、黒田誠、各氏の項が興味深かった。

    私も登場している。なぜかトップバッター。扉の写真は20年ほど前のもので、写真ではわからないが豹柄タイツを履いている。

    ぜひ読んでみていただきたい。お薦めです。
    でも、「登山家」って言葉なんとかならないかな・・。

    岳人編集部編
    4/15発行

  • 城ヶ崎に2本の新ルート誕生
    (06/1/12)


    この年始、城ヶ崎の門脇崎とアストロドームに1本ずつ新ルートを追加した。

    秘奥義 (5.13b) NP

     2006年 1月3日に初登。門脇崎もずがねのスクラップ(5.11b)からスカラップ(5.13a)に派生する斜上クラック。スカラップを登ったときに目をつけたもので、オリジナル部分は4メートルと短いながらも、ハードなムーヴとジャミングが連続する。

     パッと見は簡単そうなクラックだったが、実際取り付いてみると、クラックはすべて下向きでジャミングを決めづらく、さらに足元はルーフなんで足の処理に困り、しかも出だしが細くて指入らず、おまけにすべりやすいスローパーを使うムーヴなんぞも出てきて、なかなかに内容が濃いものとなった。

     プロテクションはすべてカム。ここのエリアはわけのわからないボルトで辺りが埋め尽くされてしまっているが、このラインだけは完全にオールナチュラルで登ることができる。
     使用ギアは、緑、黄、赤エイリアンと、紫〜青キャメでほぼワンセット。終了点は灌木からスリングでとる(残置スリングもある)。
     スタイル的には、すべてのカムをセットしながら登り、途中で落ちた場合はそこまでのギアを残すやり方(昔でいうロワーダウン+引き抜き方式)で登った。
    (試登を入れて3日間8回目)


    炎のメリーゴーランド (5.13b/c) NP + B*2
    :炎のメリーゴーランド、:マリオネット


     2006年 1月6日に初登。これまた既成ルートの延長バージョンなのだが、アストロドームでは最高のラインではないかと密かに思っている。
     写真の青ラインがマリオネット(5.12a)で、その終了点まで登る緑ラインが吉田和正によるメリーゴーランド(5.12c/d)。そして、ここからさらに10メートル延長し、顕著なテラスまで伸ばしたのが今回の新ルートである。

     メリーゴーランド自体、オールナチュプロの渋いルートで、これ自体登った人は数える程度しかいないと思うが、知る人ぞ知る隠れた☆☆☆ルートである(私は個人的に☆*5をあげたい)。昨年これを登ったときに上部も行けそうな気がしたので、今回終了点を作ってボルト2本を追加し、トライしてみることにした。
     実際やってみると岩も固く、圧倒的なルーフにもうまい具合にホールドがあって、豪快なムーヴを持つルートに仕上がった。しかも最後のリップを這い上がると腰をおろせるテラスが待っているところが最高!

     プリプロはせず、「自力でカムセット、落ちたらそこまで残置」スタイルで登った。この課程で、メリーゴーランドをマスタースタイルで登ることとなったがこれは初かもね?(13b/cというグレードは自力セットを前提にしたものです)

     プロテクションは、メリゴ部分、緑エイリアンから青キャメまで、オリジナルに入ってボルト2本と黄キャメ。出だしは流れを考えないと上部でロープが動かなくなるので注意。また、終了点からロワーダウンすると恐ろしく鋭角なリップにロープが擦れるので、スリングでリップ下まで伸ばして降りたあと、もう一度登り直して回収するなどの必要がある。
    (ボルト設置など入れて2日間4回目)

→Back
→Top Page