cliff

Top Page
About Us

Topics TOP
Topics(2007)
Topics(2006)
■Topics('04-'05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS 2004-2005

  • Tommy Caldwell Frees Nose and Freerider in a Day
    (05/11/16)

     ヨセミテ、エル・キャピタンで、トミー・カルドウェルがもの凄いことをやってのけた。「ノーズ」と「フリー・ライダー」を、オールフリーでワンデイ継続したのだ。
     これにはぶったまげてしまった。最近のヨセミテでは何が起ころうと、ちょっとやそっとのことでは驚かなくなっていた私だが、こればっかりは目を疑った。

     まず、ノーズのフリーだけだって大記録なのだ。確かに、リン・ヒルによってフリー化されたのは今から12年も前の話で、しかも翌年、やはり彼女により、ワンデイ・フリーも成されているのだが、その後は多くのトップクライマーの挑戦を拒み続けてきた。
     なぜかというと、核心の2ピッチ、グレートルーフとチェンジングコーナーは、ピトンスカーがあまりに細すぎ、指が入らないのである。両方とも実際に指を入れてみたからよくわかるのだが、本当に小指の先くらいしか入らないのだ。だから、ヒルのように小柄な体格(158cmくらいだったと思う)でないと登るのは難しいと言われていた。
     その後、98年にスコット・バーク(男性だが小柄)が、200数日という膨大な時間をかけ、各ピッチを切れ切れにフリーで登っているが、核心ピッチはトップロープによるもので完全なフリーとは言えなかった。
     
    がノーズ、がフリーライダー

     順を追って説明すると、トミーはまずこのノーズ・フリーに10月中旬に成功。そのときは4日をかけて妻のベス・ロデンと「チームフリー」のスタイルで登った。
     核心のひとつである「グレートルーフ」は、ロデンが2回目のトライで登り、キャンプ6の上にある最大の核心「チェンジングコーナー」は、トミーがリードし3回目にレッドポイントした。彼はグレートルーフを13c、チェンジングコーナーを14aに感じている。(リン・ヒルによるオリジナルのグレードは両方とも13b)

     これはまあ、特に驚きもしなかった。確かに太い指で(しかも片方の人差し指がない)よく登ったなと感心したが、トミーともあろうものが、なぜ今までやらなかったのかが不思議なくらいの話だった。むしろ何で4日もかけたのか?という疑問の方が大きかった。

     その理由はすぐにわかった。トミーはそのわずか二日後、ノーズのワンデイフリーにトライ。12時間弱という驚異的なタイムで成功したのである。つまり、最初のチームフリーは、単なるリハーサルにすぎなかったのだ。4日間をかけて徹底的にムーヴを探り効率的なシーケンスを体に覚え込ませたのだろう。
     彼はロデンにビレイを任せ、チェンジングコーナーで一度落ちたものの、全ピッチを一人でレッドポイントした。 ワンデイフリーはリンヒルに次いで2度目の記録だが、所要時間は大幅に短縮された。(リンヒルは確か21時間くらいだったと思う)

     しかし、これすら彼のアップにすぎなかった。
    全ては、その2週間後に行われた、ノーズ・フリーライダー、ワンデイ継続のためだったのだ。
    私はこの記録を読んだとき、しばしボー然としてしまった。いくらなんでもそんなことができるのか?まさか、最初からこれを狙っていたとは、恐るべしトミー・・・。

     「ノーズ・フリーライダー・リンク」の所要時間は23時間23分。
     10月30日、深夜1時にノーズからスタート。ロデンをビレイヤーに11時間で頂上に抜けた。(やはりこのときもチェンジングコーナーで2回フォールしている)
     イーストレッジを走り終えてエル・キャピタンの取り付きに戻ったのが午後1時。
     ビレイヤーをクリス・マクナマラに変えて、次はフリーライダー。暗闇の28ピッチ目(12b)で2度落ち、疲労困憊になりながらもなんとかそのピッチをレッドポイント、そのあとは落ちることなく11時間後の翌日0時26分に頂上に抜けた。

     もちろん、エル・キャピタンの2本のルートが一日でフリー継続されたのはこれが初めて。(もちろんイーストバットレスは含めない)
     それは登攀距離1800メートル、全65ピッチ、13cと14aが1ピッチずつ、さらに9ピッチの5.12。その残りはほとんど5.10から11のクラックとスラブから成るクライミングである。

     古くからヨセミテでは驚異的な継続が行われてきた。ノーズとハーフドームのワンデイ継続に始まり、それにマウント・ワトキンスや、センチネルが加わった。ピーター・クロフトらによるサラテとノーズの継続や、ハンス・フローリンによるエル・キャピタンの3本のワンデイ継続(ノーズ/ラーキング・フィア/ウェスト・フェイス)にも驚いた。
     ディーン・ポッターやフローリンは、ノーズとハーフドームのワンデイ継続に「ソロ」という条件を加え、そしてついにポッターはフリーライダーとハーフドームの「フリー」ワンデイに成功、新たな領域へと突入した。
     そして今回またとんでもない記録が生まれた。当然時代の流れから行けばそうなるのはわかっていたが、それはあまりにも唐突に成し遂げられた。
    ヨセミテの歴史の大いなる1ページを飾る驚嘆すべき記録だ。

     次はとなると当然、ノーズとサラテのオールフリー・ワンデイリンクだが、こんなことが行われた日にはもう・・・

  • 登山技術全書「フリークライミング」発売
    (05/5/25)


    登山技術全書(7)フリークライミング

     山と渓谷社から、技術本「フリークライミング」が、近々発売されます。
     これは全12冊からなるヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書シリーズのひとつ。他にも「縦走登山」、「バックカントリースキー&スノーボード」、「アルパインクライミング」などが刊行予定ですが、まずこの「フリークライミング」がシリーズの先頭をきって先行発売され、今週末にも店頭に並ぶ予定です。
     北山真、杉野保、新井裕己の3名からなる共著で、それぞれが得意分野を担当していて、この類の本にしては、なかなかに濃い内容になっています。(自画自賛)
     私の担当は、「クラック編」「マルチピッチ編」「ボルダリング編」の3章。自分で言うのも何ですが、写真とイラストも豊富で(この3章はオールカラー)、かなりわかりやすく、しかも深い内容になっていると思います。
     ハードコア人体実験中の新井裕己は当然のことながら、「トレーニング編」「コンディショニング・ケア編」を担当。相変わらず字数がすごい。ご想像どおり今までの技術本にはなかった内容でこれは必見です。
     北山さんのタッチもいつになく硬派で、「入門書」というより、まさに「技術本」と呼ぶのがピッタリ。
     これは買っとかないとね。
    (でもこの表紙はいったい・・)

    フリークライミング
    ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書(7)
    著者: 北山真 /杉野保 /新井裕己
    出版社:山と渓谷社
    ISBN:4635043274
    サイズ:B5判 / 165p
    発行年月:2005年06月
    本体価格:1,800円 (税込:1,890円)
  • JFAクライマーズフェスティバル2005終了
    (05/5/17)
 5月14-15日、川上村(小川山)でJFAクライマーズフェスティバルが開催された。
 土曜日に文化センターで行われた催しには、告知が徹底していなかった割には、昨年にも増して多くの入場者が訪れた。昨年のメーカー出店バーゲンの異常価格が噂に噂を読んでいたからか?(今年は異常価格は見受けられませんでしたね。残念?)
 PNFの加藤勝行先生と、ハードコア人体実験室の新井裕己氏の上達法講演にも、用意した資料がなくなってしまうほど多くの人が集まった。内容的には各回1時間半では足りないほどで、いかに多くのクライマーがボディケアやトレーニングに関心を持っているかがうかがえた。(次からはもう少し内容を絞った方がいいですかね)
 小山田大のトークショーは、グランピアンズやクレシアノ、ブローのボルダリング成果から、野立岩の最難課題と続き、最後は今年の目標、アクシオン・ディレクトで締めくくられた。締めの質問コーナーでは、みなさん遠慮して質問が出ない中、ユージからの質問をきっかけに、いつしか二人の熱い対談へと化していった。
 翌日のトップクライマーによる無料講習会イベントは、朝から断続的に降り続いた雨のため、残念ながら10時に中止が決定。廻り目平でのイベントは昨年に引き続き、またしても中途半端に終わってしまったが、こればかりは仕方がない。(雨にもかかわらず集まってくれた方々には感謝です)
 なにはともあれ今回のイベント、川上村村長が、クライマーに対する理解をよりいっそう深めてくれただけでも、やって良かったと言えるのではないだろうか。

関連サイト
JFA
小川山だより
写真をクリックすると拡大します
オープンと同時にこの人だかり 告知が徹底してなかった割りにはこんな感じ ためになる展示その1
ためになる展示その2 立派な壁が出現 sagaホールドのブース
新井ユーキのトレーニング理論熱弁中 加藤先生、腰の施術中、骨盤のアジャストモビライゼーション? あーあ、雨・・
  • 第一回アイスクライミング・ジャパンカップ、下川町で開催
    (05/2/26)

    2月19-20日、北海道下川町で日本山岳協会/下川町主催による、第一回アイスクライミング・ジャパンカップが開催された。
    リザルトはこちら(pdf)
    以下は選手として出場した私の日記。ヤマタケに負けじと詳細なレポートをと思ったが、写真もそんなにないので軽めに報告を。
    19日予選
    予選2本目の尾田選手

    3本のルートを全てTRのフラッシングでトライする。ベルトコンベア方式で6分登りの6分休憩。
    セッターは韓国から召喚されたアイスクライマー2名。
    フラッシュ競技なので最初にデモンストレーションをセッターが行ったのだけど、実働セッター、チェ・ウォン・イル氏は男子女子あわせて5本のルートを続けて登るのに疲れはて、男子3本目のハードなやつは上まで行けずじまい。セッターは大体当日は極限まで疲れてるものなんで気持ちはよくわかる。でも上のフッキングポイントがわからないぞと思っていたら、そこは口で説明。なかなかにテキトーでよい。

    1本目:
    氷だけ。セッターは小柄なのでちびっ子ムーヴの連続。写真はないけどバウンダリーが狭くバランスの悪いムーヴが続く。最後は両膝デッドのハイステップ。
    2本目:
    前傾氷から、ボードと氷のミックスのコーナーを抜け最後はスローパーエッジにフッキング。なかなかにそそられるルート。滑り出しそうなピックがたまりません。
    3本目:
    待ってました。メインウォール135度の前傾アイスを途中に垂れた丸太を経由して登り、最後はボードのパワー系。

    私の場合、このコンペに備えて氷を登ったのは二日間だけ(八つと湯川に行った。平日の秘密練習だったのに両方とも知り合いにあってしまい「何やってんの」と言われた)だったので、氷のセクションは不安だらけだったが、実際にアックスを打ち込むことは少なく、フッキングポイントができているので慎重にいけば2本目までは首尾良く完登できた。
    予選3本目の揺れる丸太
    問題の3本目は丸太をキャンパで突破し、丸太の上に腰を入れてけっこうレストできたつもりが、リップの打ち込みポイントで前腕が怒濤のパンプ。フリーのディフィカルトではこうなると指が持たないで落ちるところが、アイスの場合は指先は永遠にガバなので最後の最後まで頑張れてしまうところが面白い。でも結局、木製パネルから不十分な打ち込みのアックスが外れて落ちた。
    これを完登したのは層雲峡コンペの覇者、鳴海クンと、石井さん。二人とも道内のクライマーで、さすがキャリアを感じる。3本全完登は層雲峡2位の石井さんだけ。凄い持久力だ。
    私は2本完登プラス3本目の高度で予選2位通過。
    2本完登した人のうち9名が決勝に進出。茂垣ケイタ、尾田さん(私のアイスの師匠)と本州組は3名残った。

    女子は出場者5名とさみしい限りであったが、本州代表石原さんがトップで通過。アイスクライミングオンサイトの榊原佑子も茂垣コーチのアドバイスのもと3位で決勝に進んだ。

    そのあとスピード競技がトーナメント方式で行われ、さすがの順応力を見せた茂垣ケイタが圧勝した。このオトコ、何をやらせても凄い。

    20日決勝
    決勝1本目
    宿舎の朝は猛吹雪でどうなることかと思ったが会場はそうでもなく、むしろ昨日より気温が高く(といってもマイナス3度くらい)、絶好の決勝日和となった。
    決勝は2本のオンサイトで、やはりベルトコンベア方式で制限時間は7分。
    アイスの場合は予選順位がそのまま出走順となるので(フリーのコンペではルートもボルダーも順位と出走順は逆。最初の方が氷のピックポイントの条件がいいからか?)、自分の出番は早かった。
    1本目:
    飯山ケンジのセットかと思うほどグニャグニャのラインで、氷を登って下りてケイブの下でレストして、また氷登ってボードに入ってトラバースして・・って感じ。途中でアックスをアンダーで使うムーヴが出てきてあせった。(話には聞いていたがこれはやったことないぞ。大体こんなことしてホールドよく壊れないな)と感心しつつ、そこも無事突破。1分おきにコールされる残り時間と残りのラインを調整しつつ慎重に進むが、計算外の事態が。あと1秒のコールを聞きつつ、(ぴったり)と思いつつ赤いホールドにアックスを添えたら、会場から「あーあ」の声が。えっなんで、と思ったら、ガーン、終了点はひとつ左の木製ボードだった。木製ボードにアックスを2本刺して終了というのは昨日もあったのに、完全に赤い目立つホールドが終了点だと思いこんでいた。オブザベの初歩的ミスだけど、女子ルートと共用なので余計気づかなかった。フリーだといかにも終了点なんでその思いこみも行けなかった。ケイタもまったく同じ思いこみをして、やはり赤ホールドで時間切れとなってしまった。
    完登は鳴海クンと石井さんの2名のみ。

    決勝2本目の鳴海玄希

    2本目:
    ケイブ状氷壁から、つり下がる丸太2本を渡ってボードへ抜ける。ボードはリップ上を狭すぎのトラバース。
    1本目の悔しさをバネに全力で行く。第一丸太までは昨日と同様。問題はここから第2丸太に乗り移りリップに行くまで。
    この丸太がまたけっこう揺れるもんだから移るときに変に力が入ってしまう。その揺れにあわせてアックスキャンパと抱き付きで氷のセクションをなんとか越えたが、またまた激しいパンプ。
    狭いトラバース2手目でもうアックスすら握れない状態になり、それでも苦し紛れにシェイクしまくりもかなわず、そこまで。
    これを完登したのは22歳の鳴海クンだけ。彼は9ヶ月間、カナダでミックス修行を行いM10/11も登ったという実力者。ムーヴは非常に参考になった。なるほど、ああやって登るのかと感心。最後の最後まで打ち込みもパワフルなのはさすがである。両完登の彼が文句なしの優勝となった。

    女子は男子の前に終わってしまったので見ることはできなかったが、予選順位そのまま石原さんが優勝。彼女は以前うちのアドバンスコースの受講生でもあったが今シーズンはアイス/ミックスの面白さにはまったようでその実力をいかんなく発揮した。
    左から、2位 石井昭彦、優勝 鳴海玄希、3位 杉野 左から、2位 森宗るみ子、優勝 石原幸江、3位 榊原佑子

    しかし、過去100戦ほど、いろんなコンペに出場したけど、選手に対する待遇はベスト5に入るほど良かった。終了後の、マイナス10度のアイスキャンドル・ジンギスカンは忘れられない。
    (セッターもスタッフも大変だったと思いますが、来年もまた開催してほしいものです。)

    最後に私の使ったギアの紹介。
    スポンサーがMAMMUTなので、その代理店(ハミックス)で取り扱うブランドを使うことにした。アックスはSimondのコヨーテ・ライト、クランポン一体型ブーツはKaylandのIce Compである。
    コヨーテは今回のコンペでも、BDのフュージョンと人気を2分しており、使っている人が多かった。私も他のはフュージョンしか触ったことがないので(20年前にカジタのピッケルとハミングバードのアイスハンマーでやったことがあるけど・・)、なんとも比較のしようがないのだが、コヨーテはとにかく使いやすいアックスなのではないかと思う。とにかく軽いしフックしたときの安定感は抜群だし、アックスランジはやみつきになりそうである。
    Ice Compは足入れが良くこれもすぐに気に入った。昨年のワールドチャンプも履いているようだし評価は高いようである。ほかのを履いたことがないのでなんとも言えないが不満な点はない。でもさすがに保温性は劣るのでコンペかショートピッチのアイス/ミックス用である。(コンペ後、吹雪のなか層雲峡の「銀河の滝」を登ったのだが凍傷になるかと思った。)
    しかし、アイスギアってクライマーのギアごころをくすぐるものがあるな。ギア好きの多いアイスクライマーの気持ちがちょっとわかった。
    ハミックスのHP
  • TOPICSというより私の記録。

    1/2 城ヶ崎
     アストロドームのVENUE (5.13d)をRPしたのだが、これは小山田大に次ぐ第2登に当たるのだろうか?ボルト6本の短いルート(上部にロングバージョンのプロジェクトが続いているがこれは未登)で、ルーフを抜けてアーチの真ん中あたりまでトラバースしたところで終了。全てのボルトにはプロジェクトにトライしていたときのヌンチャクが残置されていて、その大部分が腐食してゲートが開かない状態になっている。
    2本目から核心のムーヴが続きけっこう得意系だたのだが、手順を変更したり浸み出しがあったりで3日を要した。拭いても拭いても浸みだしてくるので、しまいには頭に来てタオルをそのホールドに押し込んでおいたのだがそれが効をそうした。ビデオのダイちゃんのムーヴとはかなり違っていた。
     12月下旬にはユージのサムライ(5.13b/c)も登ったが、これもかなり面白かった。城ヶ崎らしからぬムーヴがいくつか出てきて新鮮。真新しいヌンチャクがかかっていたのでトライ中の人がいるようだ。今後人気ルートになりそうな予感。なめくじクラブ(5.11c)も名前の割にはいい。これは実際には12aってところか。
     マリオネット(5.12a)も最近人気が出てきたようで、登ったという話を良く聞く。OBG効果のようで私は大変嬉しい。でもアストロドームへのアプローチは不法侵入しないように気を付けましょう。

    1/7 大堂海岸
     彫刻海岸から奥に入ったエリアにある、トポによると「公開プロジェクト」になっているルーフクラックをオンサイト初登したのだが、グレードが「公開・・」にはあまりにもな11cであった。ひょっとしたら設定者は左壁へのステミングを限定しようとしていたのだろうか?でもその限定はいくらなんでも不自然すぎる。確かに限定すれば13台になったかもしれない。そっちでやってみれば良かったかな。でもここまで来て限定というのもなあ。
    (追記:後にこれはやはり限定設定であったことが判明しました。というわけで今回は「公開プロジェクトを限定解除で登った」ことになります。限定バージョンはそのまま公開プロです。)
    ルート名はサーカスの象(5.11c)。
     帰れずエリアのモンゴサンタマリアを、1P目(5.11b/c)と2P目(5.11b/c)をリンクして登ってみた。ピッチの切れ目には立派なテラスがあるのでリンクする意味はたいしてないが、いちいちフォローしてもらわなくてすむから。
    しかし、2P目のシンクラックはプロテクションが悪くて驚いた。下から見たらフィンガーロックバチバチに見えたのに、しっかり閉じていて怒濤のレイバックになってしまった。なんとかオンサイトしたが2P目は11dくらいあるだろう。つなげて登っても途中にテラスがあるから何だけど、ロープが重いから12aという感じかな。

    1/11 日向神
     北山真、飯山ケンジの黒岩(新エリア)開拓につきあい、そのおこぼれを頂戴して2本初登した。
    総合レジャー施設(5.12b)と、紐付きボルダーU(5.12c)でどちらも北山の設定によるものをオンサイト初登させてもらった。命名も北山。どちらもルート名がその特徴を言い表している。
    北山は、末端で待ったん(5.11c)を開拓初登。飯山は2年前のプロジェクト、ゆびつめニャン(5.13c)を指に深い傷を負いながら完成させた。これは見た目、内容とも三ツ星。遠いけどまたやりに行きたい。
  • 加藤先生によるボディケア講習会、大阪CRUXで開催
    (04/12/23)

    Rock&Snow誌に「クライミング障害を防ぐ」を好評連載中の加藤勝行さんが、PNFなど最新のコンディショニング知識でクライミング障害に対処する方法を講習・実演します。故障している人も防ぎたい人も、指導者の方もも必見です。Q&Aコーナーではケガや故障、コンディション作り等に関してさまざまな疑問にお答えする予定。

    日時 2005/1/30(日)午後5時〜午後8時
    場所 CRUX 大阪店 大阪府吹田市広芝町16-9
     (地下鉄御堂筋線江坂駅 下車徒歩5分)06-6310-6105
    主催 JFA 日本フリークライミング協会 安全委員会
    協力 CRUX 大阪店
    定員 50名
    申込 先着順 参加希望者は当日会場にお越しください。事前予約も可能です。
    定員に達ししだい受付は終了します。出来るだけ、事前予約をご利用ください。
    事前予約:2005/1/25まで受付します。
    事前予約
    受付先
    下記メールまたはFAXにて。(開催場所:CRUX大阪店でも可能です)1/25締切
    e-mail : japan_fca@yahoo.co.jp
    事前予約
    方法
    件名を「1/30 関西講習参加希望」として、 
    参加希望者のお名前 フリガナ JFA会員の方は会員番号をご連絡ください。
    参加費は当日会場にてお支払いいただきます。
    FAX : 020-4623-0200
    なお、FAXの場合は受付完了の通知は行えませんが、ご了承ください
    (メールの場合は、お送り頂いた発信元のアドレスに返信します)。
    事前予約の割引:事前予約の場合は、参加費を500円割引させていただきます。
    キャンセルの場合は、必ずご一報いただけるようお願いいたします。
    参加費 参加費は当日会場にてお支払いただきます。
    事前予約(早期:05/1/25迄に予約) 当日参加
    JFA会員  \500- \1000-
    一般(JFA会員以外) \1000- \1500-
    お問合せ先 開催場所についての一般的なことがらはCRUX 大阪店 06-6310-6105
    本講習内容(その他)について お問合せは
    JFA 日本フリークライミング協会 japan_fca@yahoo.co.jpまたはFAX:020-4623-0200 
    電話による照会には対応しておりません。
    本講習について 担当者連絡先は
    JFA 安全委員会 小日向 tel:0426-69-5330 info@e7a.jp (勤務先 セブンエー内) 
  • 「我々はいかに石にかじりついてきたか」by ガメラ
    (04/11/19)


    我々はいかに「石」にかじりついてきたか
    ―日本フリークライミング小史


     刊行されたのは3ヶ月も前だが、出ていることすら知らない人が多いのでちょっと紹介してみることにした。
    ガメラが肩を怪我してクライミングできないうっぷんを活字にぶつけていたことは知っていたが、こういう本ができあがるとは思わなかった。
    副題に「日本フリークライミング小史」とあるように、フリークライミングらしきものが日本で行われるようになってから現在に至るまでの約30年間を、著者の体験をもとに綴っている。自分の身の回りに起こったことを書いている部分が目立つので、「日本」というよりは自身のクライミング史という感じだ。
    でもまあ、ガメラ同様その真っ直中にいた私にとっては、ここに語られるエピソードやガメラの心情は手に取るようにわかるので、かなり面白い。しかし、今時のクライマーに取ってこんな話は面白いのだろうか?とも正直思ってしまう。
    ガメラの言い訳だらけの文章がやたら気になるのが難点だが、フリークライミングがどのような紆余曲折を経て、現在のような形に落ちついたのかが読みとれるのはいい。
    あいかわらずの毒舌も冴えまくり、私もかなりの弱みを握られているクチなので、(どこに何書かれているかわからない)とヒヤヒヤしながら読んでいたが、若かりし頃のひょう柄タイツの写真が載るまでに留まっていた。(これは貴重。カラーだともっとすごい。)
    悪舌すぎて気分を害する人もいるかも知れないけど、現在のフリークライミングの「良くない」とされる部分の本質がまだわからない人にはぜひ読んでもらいたいと思う。
    どちらかというと歴史本というより暴露本なのかも。
    フリークライミングに的を絞っているので「岩に」じゃなくて「石に」のところがいい。
    でもこれ一般の書店だとちゃんとに山岳図書のコーナーに置かれるのだろうか?
  • フーバー・ブラザーズ、ゾディアックをアンダー2時間、最速記録更新
    (04/7/21)


     6月17日、アレックス&トーマスの世界最強兄弟が、またまたやってくれた。ついにゾディアックを2時間を切るタイムで登って見せた。記録は、1時間51分34秒で、昨秋記録した自らの最速タイムを40分も短縮した。
     興味深いのは、彼らはこの記録を出そうとして出したこと。大体フリークライミングに重きを置いている連中は、こういう早登り記録に興味を持たないものだが、この兄弟は違った。大幅な記録更新を狙うため、スピードアップのためのリハーサルを行ったのである。各ピッチを2回ずつ登り、最も効率のいいムーヴを研究したのだそうだ。この辺が徹底していて実にドイツ人らしくていい。
    この記録は5回目のトライということで、ということは4回もリハーサルしたということになるからますます驚いてしまう。ショートルートじゃあるまいし。
    この1時間50分という記録、通常パーティなら2pを登り切るのに要する時間だ。この間に通常3日を要するこのルートを頂上に抜けているというのだからもう想像がつかない。
    ちなみに、弟のアレックスは、4月にオーストリアで、ザ・コミュニスト(5.14a)をフリーソロしたらしい。
  • 小川山屋根岩5峰に、ニュールート「爆熱拳」(5.13b)誕生
    (04/5/20)


    5/6に小川山屋根岩5峰のプロジェクトが、杉野保によって初登された。
    数年前にボルトを打ったはいいものの、核心部のホールドが細かすぎてムーヴができず、ほったらかしにしてあったもの。
    GW開けのパリパリの乾燥日に、思い出したように(本当に存在を忘れていた)やってみると、意外にもあっさりとムーヴができ、その日のうちにレッドポイントして完成した。登れるときというのはあっけないものです。
    ルートは「イリス」の終了点のテラスからスタートする、傾斜95度、ボルト4本の10メートルほどのフェイス。
    また杉野(他人のように書いてるけど私)は、同じく5峰の「指よ皮よ」(5.13a)をオンサイトした。
  • JFAクライマーズフェスティバル2004 in 小川山開催
    (04/4/25)

    「クライマーのクライマーのためのお祭り」が、5月22日、23日の2日間、フリークライミングの発祥地、長野県川上村で開催されることになりました。
    私も、一日目は、「クライミング上達法研究会(質疑応答形式)」で一部屋担当し、「討論会」にも出席予定、
    二日目は、ミドルクラス以上の「ボルダー・グループ」を、室井トキオ、大西良治と共に担当する予定です。
    もちろん全て無料で、誰でも参加できます。
    みなさん、この2日間は絶対に予定を空けておいて下さい。小川山(川上村)に集合です。

    5月22日 川上村文化センター
    ●平山ユージトークショー
    ●研究会 (クライミング上達法、故障とケア、など)
    ●討論会 (グレーディングについて考える、岩場のアクセス問題、など)
    ●フリーマーケット (クライマー達による出店)
    ●クライミングギアバーゲン (各メーカー、ショップのバーゲン品大放出)
    ●体験クライミング (主に川上村住人を対象とした人工壁の体験クライミング)

    5月23日 廻り目平の岩場
    ●ビギナー、ボルダー、ルート、アルパインなど好みのグループに参加して、プロクライマーとのセッション、デモ、講習会。
    ●クライマーの体力測定会
    ●セルフレスキュー講習会、など
            
    最新情報はJFAのHP
  • 「NOSE クライミングジム」、「MAX」がリニューアルオープンして誕生(04/2/11)

     2/1、神奈川県津久井にクライミングジム「NOSE(ノーズ)」がオープンした。
    このジムは、元々「クライミングジムMAX」として営業していたが、経営者の柴田氏(柴田晃一君のお父上)が都合により手放すこととなったもので、経営者が変わり、リニューアルオープンとなったわけだ。
    ジムは約一月の改装期間を経て、小綺麗で明るいジムへと変身した。ボルダーは全面改装され、デザインはシンプルだが115度と135度の傾斜を持つハイボールが奥に2面、100度のボルダーも入り口付近に新設された。
    ルートの方は基本的なデザインは元のまま。しかし壁は一面真っ白に塗られてかなり明るい雰囲気になった。
    もちろん、ホールドもニューシェイプが大量投入され(MAXオリジナルホールドも健在)、ルートセットも一新した。(私もルートセッターとして携わりました。)
    でも、まだまだホールドもルートも少なく、近隣ジムと比較すると物足りない部分もあると感じるが、やる気のあるスタッフが何人もいるので、日々進歩していくのは間違いない。これからが楽しみなジムである。
    HP→NOSE クライミングジム

    写真は私。こんなにでかい
    写真になったのは初めてだ。
    奥から見たルート壁。
    ふたつの前傾壁をつなぐブリッジカンテが目玉。
    ボルダー115&135。
    うーんシンプル、通好みかな。
     入り口から見るの図。
→Back
→Top Page