cliff

Top Page
About Us

Topics TOP
Topics(2007)
Topics(2006)
Topics('04-'05)
■Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 Topics (2003年以前)

  • 第3回クライマーのための身体故障講習会開催
    (03/12/16)

    日本フリークライミング協会安全委員会主催による、「第3回クライマーのための身体故障講習会」が1/24に開催される。テーマはフリークライマーのためのボディケア(仕組み・ケガ・故障・予防・対処等)で、対象部位は「膝」。
    講師は自身クライマーでもあるJFA顧問整形外科医、前之園多幸さん。
    特別ゲストとして、数年前膝を大きく故障した経験を持つ飯山健治が、自らの治療体験を語る予定。
    詳しくはこちら
  • Fly(5.14d)のフリーソロ !?
    (03/11/24)


    クリス・シャーマが、ラムニーのFly(5.14d)にわずか一日で成功した。おそらくこグレイドに一日で成功したのは世界でもこれが初めて。
    最初のトライでは、2本目のボルトにスティッククリップした状態ではあったものの、なんと核心のムーヴはフラッシュしたという。(でも、このルートはボルト2本の短いルート)。このルート、初登はデイブ・グラハムだから、グレイド的にも信頼性がある。
     で、また、今度はさらに驚いたことに、このルートがその後、フリーソロされた。まあ、短いルートなんでボルダーとして捉えられなくもなく、これをフリーソロといっていいものかわからないが、ルートのボルダー化に成功したと言えばいいか。 傾斜は違うけど、小川山の「転がる大根」みたいなものだ。(このボルト2本のルートも、ボルダー化された。ついでにハンガーも撤去されてしまい、これは賛否両論あった。)
    やったのは、やっぱりこの人、ジェイソン・キール。
    ハイボール好きで、今までに、ヨセミテのアフターッドナイトV10(これはTR課題だった)や、バターミルクのEvilution V12?(見た感じ15mはあった)なども登っている。

     でもね。これらのトライの際には、7枚ものクラッシュパッドが使われたりしているわけで、こうなってくると、逆にロープの方が、シンプルなんじゃないかって思ったりもする。元々ボルダーとかソロって、シンプルで気持ちいいからやってたのに、マットをそんなに持っていくとなるとかえって大変じゃないのかと思う。いや。もちろん、やってることは凄いんだけど。
    となると、いずれ、スタントとかで使うエアマットを使って、普通のルートもボルダー化されていく時代が来るのだろうか。
    でも、そうなるとハングドッグできないから、順番とか早く回ってきていいかも。
  • ハード・ラック・トゥー・ミー(5.14a/b)が、千葉隆により第3登。
    (03/11/12)

    11月9日、千葉隆が、見晴岩のハード・ラック・トゥー・ミー(5.14a/b)の第3登に成功した。
    千葉は、知る人ぞ知る、ハードルート・キラー。小川山のまたたび(5.14a)や、城山のリキッドフィンガー(5.14a)、リキッドルーム(5.14b)などを登っている。
    それでいて、うちのスクールのNP講習会なんぞを、受けにきたこともあったりする。
    今回のハードラックは、お盆くらいからトライを開始し、土日の休みを何度か利用して「通い」で登ったというからさらに驚き。成功した日は積雪10p以上あり、小雪舞う中カイロで指を温めながら登ったということ。
    通算41回目のトライでRP。
    彼はかたぎの週末クライマー。ものすごいモチベーションだ。
    ハード・ラックは、吉田和正によって登られた北海道で2本目の14。第2登は小山田大。
  • フーバー兄弟、ついにエル・キャピタン、ゾディアックをフリー可。
    (03/10/14)
    10月13日、アレックス・フーバーとトーマス・フーバーが、エル・キャピタンのゾディアック(VI, 5.8, A3)のフリー可に成功した。ユージのエルニーニョ直前に飛び込んだ急なニュースではある。しかし、これは凄すぎ、なので忙しいけど取り上げよう。
    ゾディアックはエル・キャピタン南東壁にある16ピッチのエイドライン。グレイサークルと呼ばれる特徴的な部分(直径100mの灰色円状模様)を貫いて上に伸びているので見た目にもわかりやすい。
    また南東壁にあることで高差も少なく、傾斜がある分荷揚げも楽、ということでビッグウォール初心者に人気があるクラシックルートである。
    といってもである。もちろん登ったことのある人ならわかると思うが、これをフリーで登るなんていうのはまあ普通の人なら「不可能」の一言で片付けるか、まあせいぜい50年先のことと考えられていた。
    それが、オールフリー、しかも下からワンプッシュで、チームフリーで登られたのだ。
    (各ピッチは事前にRPに成功していたが、あらためて通しで登った。「チームフリー」とはどちらか片方がリードし、もう一人がやはりフリーでフォロー、それを交互に行いながら登る方法。)
    フーバー兄弟は、9月中旬からゾディアックの試登を開始。壁の真ん中にポーターレッジを残置して、約一ヶ月もの間、リハーサルを繰り返した。
    グレードなどについての細かいことはまだ不明だが、核心は「ニップル」周辺で、ここだけでも 13c,13d,14a と続くらしい。
    まあ、ほとんど12,13クラスであることは間違いないだろう。
    しかし、これがフリー可されたのなら、まだまだエルキャップの他ルートも可能性あるんだろうなと新鮮な驚き。
    まさにエル・キャピタンのクライミングは新たなステージに突入したと言える。
    Zodiacのトポ
  • 平山ユージ、エル・キャピタンのゴールデンゲイト、ワンプッシュRPに成功。
    (03/10/6)

    エルニーニョのトライを目前にして調子の上向いてきた平山ユージが10/4から5日にかけて、またひとつ大きな成功をおさめた。
    そう「今日のYoNaPa」を見た人はご存じ、ゴールデンゲイト(5.13b/Y:41ピッチ)の第2登である。
    これはフーバー兄弟によって3年前に拓かれたエルキャピタン5本目のフリールート。
    サラテとハートルートと数ピッチのオリジナルをつなげたラインで、南西壁をフリーで抜けるためにフーバー兄弟が何日もの試登を重ねて見つけ出した、弱点をついた見事なラインである。(実際登ってみると本当に良くみつけたなーって感じだった)
    最高グレイドは13bで、他にもテクニカルな13aが2ピッチ出てくるうえプロテクションも良いとは言えないため、第2登は今まで記録されていなかった。(トライしてた人はけっこういたらしい)
    ユージは、13aの最初の核心でフォールしたが、すぐさま次のトライでRP。同様に最大の核心A5トラバースも
    2回目のトライでRP。その下の13aはオンサイトに成功した。
    (しかし、A5だったピッチをフリーで登る時がくるとは、考えるとすごいことだ。)
    フーバー兄弟は、各ピッチをどちらか一人がリードして、もう一人がフォローするという「チーム・フリー」というスタイルで初登を行っているので、実質これが個人による初のフリーアッセントということになる。
    もちろん地面からのワンプッシュという意味でも、これが初めて。
    なおこの記録は早くも「Climbing」で取り上げられた。→ここのHot Flashesにあるよ
  • 平山ユージ、センチネルの新ルート2本のオンサイトに成功
    (03/9/26)
    引き続き絶好調の平山ユージは、センチネルに昨年拓かれたばかりの新ルート2本をオンサイトした。
    まず、9月19日に The Psychedelic Wall Free(5.12c/11ピッチ)に成功、そしてその5日後には、センチネル最難の The Uncertainly Principle (5.13a/13ピッチ) をオンサイトした。
     特にあとのルートは、核心のピッチ(5.13a)に至るまでに、4ピッチの連続する 5.12をこなさなければならない。しかも核心はわかりにくいフェイスムーヴ、さらにその上には 11aのオフウィドスが待ち受けるというとんでもないルート。(オフウィドスの5.11がどんなに難しいか知ってる人は知ってるよね。)
    まさにクライミング能力の全てを要求されるルートである。(いやー、いいもの見せてもらいましたよ。)
     しかも、その翌日にはトレーニングと次回ゴールデンゲイトのための荷揚げをかね、エル・キャピタンのフリーライダー(5.13a/35ピッチ)を13時間半で登るという離れ業をやってのけた。(つきあう方も大変である・・。ああ疲れた。)

    写真は、全然関係ないけど、ランニング・スイッチバック・ダブルダイノを決めるどこかの兄ちゃん。うーん、アメリカン。
    ちなみに下にいるのは、トミー・カルドウェル。飯山ケンジ撮影。
  • 平山ユージ・杉野保、ハーフドーム・レギュラー・フリーバリエーションをワンデイ
    (03/9/26)

    9月15日に平山ユージと杉野保が、ハーフドーム・レギュラー・ノースウェストフェイスのフリーバリエーション(5.12b/23ピッチ)を、バレーフロアからのアプローチと下降も含めて、15時間50分のワンデイアッセントに成功した。(クライミング時間は10時間ジャスト)
     レギュラールートのフリーラインは、グレードこそ高くないもののラインがわかりづらくコンディションもいいとはいえない。実際トポから正しいフリーラインを読みとるのは極めて困難で、脆い岩、草付きとともにほとんど日本の本ちゃん状態であった。
    時間短縮のため易しい部分はコンテで登り(二人ともこのラインは初めてだったのでオンサイト・コンテは緊張しまくり・・。)、核心はユージがリードし、杉野がフォローした。
    フリーバリエーションがアプローチを含めたワンデイで登られたのは、日本人では初めて。
  • イカー・プーがエル・ニーニョを第3登
    (03/8/11)

    6月はじめ、スペインのイカー・プーが、エル・キャピタンのエル・ニーニョを第3登した。アクシオン・ディレクトも登っているこの兄ちゃん、ビッグウォールでもその実力を発揮した。
    「エル・ニーニョ」とは、ユージがこの秋にオンサイトを狙ってるので知っている人も多いと思うけど、元々はノース・アメリカン・ウォールのフリー化ラインで30ピッチ、5.13cのルート。
    初登は、アレックス&トーマスのフーバー・ブラザーズ。第2登はその直後、イギリスのレオ・ホールディングとパッチ・ハモンドが、ほとんどオンサイトで成功。チョークやマーキングがまだついていたので、かなり有利だったことは確かだが、それにしても、さすがグリッドストーンで鍛えられたクライマーは違う。
    そして今回の再登であるが、全ピッチ、イカー・プーが登ったとなれば(たぶんそうだ)、初の個人による完全フリーアッセントということになる。
     で、その最中に大事件が起きてしまった。26ピッチ目のホールドが欠け、グレードが12dから、なんと13d/14aに上がってしまったらしいのだ。イカー・プーはそのピッチもRPした模様だが、ただでさえ難しいエル・ニーニョに新たな核心が追加されてしまった。
     そのあと、ローカルのスティーヴ・シュナイダーも成功し、そのさいにもう少し易しいバリエーションライン(エイドのオリジナル)をみつけたという噂もあるが、どちらにしても、ユージのオンサイトトライは、ますます興味深く、刺激的なものになった。

     別の話ではなるが、驚いたことに、アレックス&トーマス・フーバーは、ゾディアックの完全フリー可を9月に目論んでいるらしい。すでにムーヴは全て解決済みで、あとはつなげるだけという段階に来ているようだ。
    ゾディアックは以前からフリー化の可能性が指摘されていたが、ブランクセクションが多いため無理と見る人も多かった。最高グレイドは、5.14a程度ということ。
    ここ最近、エル・キャップのフリー可の動きは激しい。
    秋のエル・キャップは凄いことになりそうだ。
  • フーバー兄弟が、ヨセミテ/エル・キャピタン、ゾディアックの最速記録を更新
    (03/7/16)


     6月15日、アレックス・フーバーとトーマス・フーバーが、エル・キャピタンのゾディアック(VI, 5.8, A3)を2時間31分20秒で登り、最速記録を更新した。
    まあ、早ければいいってもんではないのだけど、この記録はちょっと驚異的なので取り上げてみた。
    ゾディアックといったら、確かに今やビッグウォール入門ルートになってしまっているが、それでも普通早くて2日遅いパーティだと5日はかかる。全長600メートル、16ピッチと短い(エルキャップの中では)が、エイドが主体なのでそうそうスピードは上げられないはずで、それまでの最短は5時間57分だった。
    なんでこんなに早いかというと、やっぱりショートフィックス使いまくりだったらしい。しかも本当か?と思ってしまうのだが、ルートの8割方をフリーで登ったということだ。しかもどうせプロテクションはほとんどとっていないはず。
    しかし、どうやらこの二人、6月に3度ゾディアックを登ったらしい。1回目が4時間6分、2回目が3時間6分と、いきなり2時間半で登ったわけではないらしいので、少しホッとした。
    ちなみにアレックスは、地元オーストリアで8b(5.13d)のルートをフリーソロした。しかも核心はランジだって・・。
  • アキト、シャモニのワールドチャンピオンシップ、ボルダーで8位!
    (03/7/14)


     先週末に行われたシャモニの大会で松島アキトやってくれました。8位です。同じチームマムートとして嬉しい限りです。彼の実力からしたら当然かもしれないけど、ワールドカップで実力を出すのは難しいからね。あと数戦出る予定のようなので次が楽しみです。
    女子の尾川智子は、股関節の怪我をおしての18位は立派なのではないでしょうか。行く前の北海道B-Sessionではびっこ引いてたからね。
    ちなみに男子優勝は、イタリアのクリスチャン・コーレ。この人、職業はクライミング・プロではなく警官。
  • ガメラによる「Basic Free Climbing」出版される


    ベーシック・フリークライミング
    (03/7/9)

     東京新聞出版局(「岳人」の発行元)から、菊地ガメラ敏之著「Basic Free Climbing」が発売された。
    (ノーズのワンデイ仲間だし、いちおう高校の先輩でもあるから、ちょっと宣伝しておこう。)
     いわゆるHowTo本だが、とっつきにくいとされるクライミングの世界に、いかに足を踏み入れレベルアップしていくか、そして、ジムから外岩へのデビューまでをの仕方などを筋道立てて解説している。
    ガメラらしからぬムーヴ解説はなかなか目新しく、肩を怪我してクライミングしてないと思ったら、こんなこと考えてたんだと納得。
    しかし、秘技ガメラステップの解説はない。
     それにしても、使われてる写真が古いな−。
    私の写真も数枚使われているが、両方とも15年前のだ。しかも1枚はひょう柄タイツを履いている。コンペの写真なんて、こりゃいったいいつのだ?そういった意味でも私はかなり楽しめた。
    表紙は二子を登る大王。
    7/11初版 1700円
  • 第2回クライマーのための身体故障講習会開催
    (03/6/27)

    日本フリークライミング協会安全委員会主催による、「第2回クライマーのための身体故障講習会」が7/12に開催される。テーマはフリークライマーのためのボディケア(仕組み・ケガ・故障・予防・対処等)で、対象部位は前回に続き、指/手/肩。
    講師は自身クライマーでもあるJFA顧問整形外科医、前之園多幸さん。
    詳しくはこちら
  • 千葉に新ジム、[i.c.e. Sport Climbing] 誕生(03/6/12)

    千葉市に新しいクライミングジムが誕生した。オープンは6/9(火)で、すでに営業開始している。
    オーナーは、なんとクリフ・クライミングスクールの講習生の大内さん!
    高さは6メートルほどだが、広々としたオープンスペースに大小様々の壁が設置されている。特徴はありとあらゆる形状を持った壁。施工は人工壁職人集団「アートモリ」による。
    ボルダーは形状多彩な10面が横に連なり、ルートも4面、複雑なハリボテのつけられたルーフ状もある。
    i.c.e.は「i:intellectual、c:cool、e:exciting」の略で、アイスクライミングの練習壁はないので注意。
    駐車場は20台位は可能。WEBサイトなどは準備中。
    アクセスはこちら

    i.c.e. Sport Climbing
    〒264-0023
    千葉市若葉区貝塚町1118-1
    連絡先:043-232-1920
  • 平山ユージ帰国
    (03/6/2)

    約一月のヨセミテ滞在から平山ユージが帰国した。
    今回は秋のエル・ニーニョに向けてのトレーニングを目的としたツアーであったが、その一環でエル・キャップのラーキング・フィアにトライ。結果惜しくも全22ピッチ中、7ピッチ目のわずか2メートル(13cのスラブ)を残してフリー第2登はならず。しかし、これだけの短期間で、2ピッチ目の13c(やはりスラブ)をRPし、12c以下のピッチはすべてオンサイト、最終的に7ピッチ目以外はすべて完登、というのは驚異的である。
    また、ユージは「遊びで」ラーキングのスピードアッセントにもトライ。今までの記録を1時間23分上回る3時間4分54秒という大記録をたたき出した。
    (しかし、これではスピード専門にやってるやつらはたまらんな・・。)
    時間のかかるエイドのセクションをフリーで登ることにより時間を大幅に短縮、やはりこれからはスピードもフリーの能力に大きく左右される時代になっていくのだろう。
    以上短信。
  • 松島アキトが鳳来のメタフォース第2登に成功
    (03/5/13)

    5月GW期間中、松島アキトが鳳来鬼石の小山田大により初登されたメタフォース(5.14c)を第2登した。
    延べ9日間のトライで成功。
    また、ツアーメンバーの小澤信太、渡辺数馬の高校生ペアは揃ってガンジャ(5.13d)に成功した。
  • 平山ユージが二子山のプロジェクトについに成功
    (03/3/19)

     3月19日、平山ユージが15年越しの二子のプロジェクトをついに完成させた。
    全長33メートルで、ノースマウンテンから入って派生後の22〜3mがオリジナルライン。
    5.12+のアプローチを経てからの核心部は、ボルダーグレイドでV11/12、最後に再びV8/9で終了。
    2月に入ってから1テンの状態が続いてはいたものの、核心部は極端に難しく、核心だけをやっても成功確率は3回に一回という厳しいもの。ユージは「やるたびに難しく感じる」と語っていた。
    そして、ついに今年11日目のトライで成功。
    グレードはフレンチの 9a もしくは 9a/a+ 。つまり14d/15a。ここまでくると体感できないので換算も良くわからない。城山のロジカルプログレと並ぶか、それ以上の日本最難には間違いない。
    しかし、ついに日本にも15aの時代が来たか・・。
→Back
→Top Page