cliff

Top Page
About Us

■Topics TOP
Topics('10-14)
Topics('08-09)
Topics('07)
Topics('06)
Topics('04-05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS

  • 「解説!」ドーンウォール

    トミー・コールドウェルとケビン・ジョージソンが2015年1月、エル・キャピタン、ドーンウォールの完全フリー化に成功した。

    世界中のWEBメディアやフェイスブックなどのSNSを通じて、彼らの19日間の激登が刻々とリアルタイムで伝えられたこともあり、その一般社会における注目度は予想以上だった。
    ニューヨークタイムズは速報を乗せ、オバマ大統領がホワイトハウスから祝福のメッセージを贈った。
    米国のクライミング雑誌「Rock&Ice」は全108ページのうち、実に半分に当たる54ページをドーンウォール関連の記事で埋めた。

    あくまで個人的な見解だが、このドーンウォールの完全フリー化は近代ヨセミテ史上、圧倒的にナンバーワンの記録だと思っている。

    では参考までに、それに次ぐ「ヨセミテ近代30年、ベスト6」を年代順にあげてみよう。

    1.リン・ヒルによるノーズのフリー化と翌年のワンデイフリー(1993年)

    2.平山ユージによるフリー・サラテ、レッジ・トゥ・レッジ、ワンデイ(2002年)

    3.トミー・コールドウェルによるノーズとフリーライダーのオールフリー・ワンデイリンク(2005年)

    4.アレックス・オノルドによるハーフドーム・レギュラールートのフリーソロ(2008年)

    5.2時間半を切ったノーズのスピードアッセント(2012年)

    6.アレックス・オノルドとトミー・コールドウェルによるトリプルクラウン、オールフリー・ワンデイリンク(2012年)


    このように、記録だけをこのように箇条書きにすると「ふーん」と思うかもしれないが、これらの記録を正しく解釈し消化できる人は少ないのではないだろうか。

    ではまず、ドーンウォールについて語る前に、これらについて簡単な解説を加えたいと思う。事細かに書くとそれだけでページが埋まってしまうので、キーワードとなる単語の意味から各記録の全体像を把握してほしい。

    ・「フリー化」

    それまでエイドで登られていたルートをあらためてフリーで登り直すこと。エル・キャピタンにあるほとんどのルートはエイドで初登されている。もっとも簡単なイーストバットレス(5.10b、13ピッチ。[注]これをエル・キャピタンに含めるか否かは人による)もそう。
    有名なノーズやサラテをただ登るのと、フリーで登るのは雲泥の差があるので、この2本に関してはフリーで登る場合、「フリー」を前後につけて、「ノーズ・フリー」とか「フリー・サラテ」などと呼ぶ。
    なおサラテのバリエーションである「フリーライダー」や、平山ユージがオンサイトトライしたことで有名な「エル・ニーニョ」は、フリーで登ることが前提となっているので、それをフリーで登って「フリー・エル・ニーニョ」と呼ぶことはないし、フリーライダーをエイドで登って、それを「登った」というのは厳密にはおかしい。

    ・「ワンデイ」

    文字通り一日24時間以内に登ること。「ワンデイフリー」は「しかもオールフリーで」ということ。

    ・「レッジ・トゥ・レッジ」

    平山ユージのDVDタイトルにも使われたので覚えている人は多いと思う。「スタンス・トゥ・スタンス」とも言い、マルチピッチにおいて両手の離せるレッジを各ピッチの始点/終点とするという意味である。
    通常のマルチピッチはいやでもそうなることが多いのだが、巨大な岩壁の場合、60メートル登ってもそのようなキリのいいレッジが現れないこともあり、フリー化されたルートでも「片手でガバを保持してクリップ終了」という中途半端感の否めないピッチもあるのが事実。
    ユージは、そのようなサラテのピッチを80メートルロープを使うことで前後ピッチとつなげ、よりスッキリとした形で登ったのである。

    ・「リンク」

    別ルートと継続して登ること。昔で言う「継続登攀」。「ワンデイリンク」は一日で継続することなので、3の記録は合計約65ピッチを24時間かけずにフリーで登ったということを意味する。

    ・「スピードアッセント」

    文字通り早く登ることだが、ここでのポイントはオールフリーではないという点で、ここを勘違いしている人が多い。ノーズはオリジナルラインとフリーラインは同一ではなく、スピード記録を狙う場合はオリジナルラインを登るのが一般的。
    とにかく早ければ何でもありで、易しいクラックはランナウトしたフリーで駆け上がり、ボルトラダーはドローをつかみ、ロープにぶら下ってトラバースし、難しいクラックはカムをつかんで引き付ける。フリーにこだわらずにその時々で早い方法を採用し登っていくのである。

    次はルートについて。

    ・「ノーズ」

    言わずと知れたエル・キャピタンの看板。
    世界で最も有名なビッグウォールルート。全長約1000m、31ピッチ。
    フリーの場合、5.14a前後のピッチが2カ所あり、どちらも超トリッキーなムーヴなので、オールフリーに成功したのはいまだ4人だけ。
    シーズン中は大混雑するが、ほとんどのパーティが、3日から4日を費やし、5.11台はおろか10台もエイドで登る。

    ・「サラテ」

    エル・キャピタンの看板その2。
    トッド・スキナーらによりノーズより早くフリー化された。35ピッチをレッジ・トゥ・レッジで登ったときの最高グレードは5.13台後半となる。

    ・「フリーライダー」

    サラテの核心となるヘッドウォールを左に巻いたバリエーション。
    最高グレード5.12d。
    エルキャップ、フリーとしてはもっとも数多くの再登が見られる。(イーストバットレスやウェストフェイスは除く)

    ・「ハーフドーム・レギュラールート」

    ハーフドーム北西壁の一般ルート。
    25ピッチ、最高グレード5.12b。
    最終ピッチ手前に出てくるスラブフェイスは5.12a。
    2015年6月にルート中盤の巨大フレークが大崩壊を起こした。数週間後にボルトラダーによるエイドの迂回ピッチで再生された。再フリー化が待たれる。

    ・「トリプルクラウン」

    これはルート名ではなく、エル・キャピタン、ハーフドーム北西壁、マウント・ワトキンス南壁、以上みっつのビッグウォールの総称。
    それぞれがグレードYを与えられ、合計すると80ピッチにもなる。

     それでは、これらのワードを理解したうえで、もう一度先の記録を読み返して頂きたい。どれもが、いかにすごい記録かが分かってもらえると思う。



    で、ここからがやっと本題なのだが、そのどれよりも優れた記録が、このドーンウォールのフリー化なのである。
     では何がそんなにすごいのだろうか。

    1.比類なき難しさ

    ひとつはこれにつきる。
    それまでエル・キャピタンの最難フリールートと言われていたマジック・マッシュルームやノーズにも、5.14-クラスは数ピッチ出てくるが、それらが足下にも及ばない圧倒的難度で他を突き放した。
    5.14+の2ピッチを筆頭に、14台が実に計7ピッチ、13台が12ピッチ、12台が7ピッチと、もはや12台はイージーピッチと見なされるかのごとく、それまでエル・キャピタンにあったフリールートが、すべて可愛く見えてしまうほどなのだ。

    2.コンディションのつかみにくさ

    花崗岩、しかも氷河に磨かれたヨセミテのそれはフリクションに乏しく、ホールド皆無なブランクセクションだらけ。
    そんな垂壁前後の壁に引かれた5.14+のフェイスピッチと言えば、それはつまり、マイクロエッジに爪先を引っ掛け、マーキングなしでは見えない結晶に数ミリ違わずソールを押しつけ、親指を巧みに使ったサムキャッチと呼ばれる特殊なテクニックを使い、デリケート極まりないムーヴの連続になることは想像がつく。
    当然、気温や湿度、皮膚の状態など、クライミング能力以外のコンディションに左右される部分がとても多くなる。彼らが最終的に選んだ季節は真冬。ケビンが苦しめられたトラバースピッチ(5.14+)のトライは、さらに気温の下がった夜間に行われた。

    3.ワンプッシュの困難さ

    壁の中で連続19日間である。エル・キャピタンを我が庭のように縦横無尽に登り尽くしてきたトミーにとっても、それだけの日数を費やさざるを得ない理由があった。
    この点もやはりクライミング能力だけではどうしようもない、強靱な肉体と精神力を兼ね備えることが要求される。

    4.モチベーションの維持

    トミーが生涯を捧げる目標と設定して実に8年。ときに強力なパートナーの協力を得、ときにはたった一人で、「不可能」と誰もが思っていたこの壁の岩肌を徹底的に調べ上げ、ムーヴを解き明かし、破線だったラインを地道につなげていった。そうなる保証があった訳でもないのに、あきらめることはなく、いくつもの障壁は8年の歳月を経て徐々に足下になった。
    そして、すべてのムーヴは実線となって地面から頂上までを貫いた。

    5.リピートの困難さ

    果たしてこれを第2登するクライマーは現れるのだろうか。
    再登と言えども、ヨセミテに住んで人生のすべてをこのルートに注ぐ覚悟が要るのは間違いない。
    ワンプッシュどころか、全ピッチを個別に登る者すら今後二度と現れない。
    そんな気がする。



    そして、私がもうひとつこの記録に特別な価値があると思ったのが、彼らが世界最難のマルチピッチに決着をつけるに当たり、独自の「成功の定義」を掲げ、それにこだわったことである。

    ひと口に「ドーンウォールをフリーで登った」と言っても、ビッグウォールの場合、そこには様々なスタイルや取り決め、そして、妥協点が複雑に絡み合う。

     トミーとケビンが掲げた「成功の定義」とは以下の8点。

    1.ワンプッシュ
    2.レッジ・トゥ・レッジ
    3.各人が全ピッチフリー
    4.各ピッチを下から順番に登る
    5.ふたりの進行をあわせる必要はなし
    6.プロテクションは登りながらセット、落ちた地点までは残置
    7.フィックスロープの設置は容認
    8.物資供給、荷揚げのサポートを受ける

    では最後に、これら彼らのこだわりと妥協点について簡単な解説を加えていきたい。


    1「ワンプッシュ」

    一度取りついたら地面に降りることなく登り続け、頂上に抜ける。
    壁の中で何泊しようが、地面に降りて連続性が閉ざされることを良しとしない、シンプルなスタイルを貫いた。

    2「レッジ・トゥ・レッジ」

    これは先ほど説明したとおり、両手が離せる点から点をつないでピッチと定義するというこだわり。

    3「ふたりとも全ピッチフリー」

    フリー化と言うからには当然なのだが、ビッグウォールフリーには「チームフリー」というスタイルもある。それはチーム内の誰かが各ピッチをフリーで登ればチーム全体としてはフリー化に成功したとする考え方だ。
    彼らはそれを容認せず、リード、フォローを問わずロープがないと仮定したときに、各人が各ピッチをフリーで通過できたか否かという点にこだわった。

    つまり、各ピッチを一人がリード(レッドポイント)し、それをもう一人がフリーでフォローする。リードで落ちた場合は交替し、どちらかが完登するまでそれを繰り返す。ふたりともリードする必要はないが、フォローで落ちた場合もピッチの始点まで戻り、ノーテンで後続できるまでやり直した。
    ただ、P14、P15の各ピッチ(5.14+)は、核心なうえトラバースという性格上、ふたりともリードした。また極度に困難な横っ飛びランジを含む P16(5.14c)だけはケビンひとりが登り、トミーはバリエーションとなるループピッチ(5.14a)を経由、例外的にそれぞれが別ルートから同じビレイ点へと到達した。

    4「各ピッチを下から順番に登る」

    これも当然と言えば当然なのだが、困難なマルチフリーの場合は、連続性を無視し各ピッチをランダムにRPして結果的に全ピッチの穴埋めができればOKとする場合もある。それを良しとしないということ。ワンプッシュ同様に連続性に対するこだわりである。

    5「ふたりの進行をあわせる必要はなし」

    ここからは妥協点となる。
    ふたりが揃って進んで行くにも、花崗岩の極限的グレードが連続するとあって仕方なしと認めた部分。核心のトラバースピッチはトミーが先に成功し数ピッチ先行、あとからケビンが追いついて、つじつまを合わせる形となった。

    6「プロテクションは登りながらセット、落ちた地点までは残置」

    登りながらギアをセットするが、途中で落ちた場合はそこまでのギアの残置を認め、以降その地点まではピンクポイントスタイルとする。過去にはギアのプリセットを積極的に用いたフリー化もあったが、今回はクライミング本来のスタイルを貫いた。

    7「フィックスロープの設置は容認」

    固定ロープを各ピッチの行き来や非常事態に備えて設置する。これは次に示す条件からも絶対必要と認めた。

    8「物資供給、荷揚げのサポートを受ける」

    食料や水、必要な装備の供給や荷揚げ、不要物の処理は、第三者のサポートチームが行う。19日間という長期戦で、これらを自らまかなうことは事実上不可能と言っていい。私がこの記録に触れて最初に感じた疑問点はこれだったが、そうであることを知ってむしろ安堵したほど現段階では当然なことであった。


    これら、彼らの掲げた定義や条件を踏まえたうえで、もう一度記録を読み返してみてほしい。

    トミーとケビンの奇跡的とも言える最強コラボが、自らのプロジェクトに決着をつけるためだけでなく、自分たちの人生を消耗しながらも、新たな地平に踏み出すために成し遂げたこの登攀は、成功のひと文字では表せない彼らのこだわりを知ってますます、暁光のような強い輝きを放つのである。


→Top Page