cliff

Top Page
About Us

■Topics TOP
Topics('10-14)
Topics('08-09)
Topics('07)
Topics('06)
Topics('04-05)
Topics('03以前)
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 TOPICS

・アレックス・オノルドとトミー・コールドウェル
 ノーズの「2時間切り」を達成


 2018年6月6日、究極の課題「ノーズ、2時間切り」がついに成し遂げられた。タイムは1時間58分7秒。

 主役の一人は、アレックス・オノルド。昨年6月、同じくエルキャピタンのフリーライダーをフリーソロして世界を震撼させた。6年前に記録したノーズ最速のレコードホルダーでもあったが、ジム・レイノルズらが昨年、頭ひとつ抜きん出たため、そのタイトル奪還と、夢の記録の実現を狙っていた。

 そして今回、そのパートナーとして名のりを上げたのが「ミスター・エルキャップフリー」トミー・コールドウェルだ。ドーンウォールを始め、エルキャピタンをもっとも数多く「フリー」で登っているクライマーだ。ヨセミテに居を構え、エルキャピタンの壁面を誰よりも知り尽くしている。

 この二人と言えば、2014年2月、ペアを組んでパタゴニアの「フィッツ・トラバース」に、史上初めて成功したことも記憶に新しい。言うならば、現在考えられる最強の組み合わせであることは間違いない。
 二人はまず5月30日、2時間10分15秒の記録をたたき出す。レイノルズたちのタイムを、いとも簡単に9分30秒も上回ってみせたのだ。このニュースは世界を駆け巡ったが、当の本人たちにとってはひとつのステップ、ウォーミングアップにしか過ぎなかった。5日後には、さらに8分以上短縮する2時間1分50秒をマーク。
 そして誰もが、彼らの本当の目的は2時間切りだと気づいたのもつかの間、その翌々日に、この歴史的大記録が生まれたのである。

 ただ、そうは言っても、エルキャピタンを見たことがない人には、何がどれだけ凄いのか実感がまったく沸かないことだろう。2時間で登れるのなら、10倍の時間をかけて20時間くらいあれば登れるのではないかと考えてしまう人も多いと思う。自分の周りにもそう思っていた人がいた。
 しかし、実際にはワンデイで登ることすら、並外れた実力と経験が必要で、生半可な気持ちでできることではない。世界中のクライマーがそれをひとつの勲章と見なすほど、価値のある行為なのである。

 2時間で31ピッチということは、平均30mのワンピッチを、二人あわせて4分弱で登っている計算になる。しかも、キングスウィング始め、テンショントラバースが必要になるピッチが数カ所あり、複雑なロープワークを強いられ、余計に時間がかかる。
 そして何より、休むことなく一定のペースで全ピッチ登り続けるには、オリンピックアスリート並みの心肺機能が必要になることは言うまでもない。一般クライマーを例に取れば、2時間で3ピッチ登れたら、それは順調な方だと言えばわかりやすいかもしれない。

 では、なぜこんなに早く登れるのだろうか。不思議に感じる人も多いと思うので、簡単な解説を加えたい。
 まず、勘違いしている人が多いのだが、彼らは全ピッチをフリーで登っているわけではない。フリー全盛の現在、ノーズと言えば最高グレード5.14aのピッチを持つ世界最難クラスのビッグウォールフリールートという印象が強くなっているが、スピードを狙う場合はスタイルは二の次になる。とにかく各ピッチ、各ムーヴで早い方法を選択する。5.10台のハンドクラックならフリーで駆け上がった方が早いわけだし、微妙なムーヴの続く5.12以上のピッチとなれば、残置スリングをつかんだり、セットしたカムをつかんで身体を引き上げた方が早い。
 そもそもフリーラインは、フリー化できないボルトラダーやテンショントラバースを迂回しているので、オリジナルのトレースが前提となるスピード登攀では、そのボルトラダーをエイドで登るのは当然のこととなっている。

 要はフリーで素早く登れる部分が多ければ、それだけ時短につながるのは明らか。エルキャピタンをフリーで登らせたら右に出るものはないコールドウェルとオノルドにとって、かなりのアドバンテージになる。

 そして彼らは、一般的に言うところのビレイをほとんどしていない。31ピッチと言っても、各ピッチをリード&フォローしているわけではないのだ。サイマルクライミングとショートフィックスという、たえず二人が同時に動く手法で登っている。
 前者は、いわゆる同時登攀のこと。プロテクションを間に挟みつつ二人同時に登る方法で、主に易しいピッチで用いられる。人間アンカーとなった後続が登りながらビレイの役目をするわけだ。
 後者は、ビレイ点に到達したトップがロープを固定し、後続がそれをユマーリング中、余ったロープを使いビレイなしで次のピッチを登り始める方法。ビレイなしと言ってもロープはアンカーに固定されているので、プロテクションを取りながら登れば、ある程度の安全は確保される。主にノーズの上半分でこの手法が取られるが、大変なリスクを伴うこのリードはオノルドが担当した。

 ちなみに、二人が携えたギアは、カム10個、ドロー15本に、フリービナ20個とアッセンダー1組。ドローやビナが多いのは残置支点を極力有効に使って時間を節約するためだ。

 さらにルート中間にある、ノーズの象徴とも言える長大なテンショントラバース「キングスウィング」前後では、二人ならではの利点を生かした手法が取られている。これはトップがノープロテクションでロープを伸ばしたあと、セカンドがそのロープを直接スウィングに使う方法で、極めて効率がいい。極端に言えば、フリーソロがもっとも早いはずのところを、このセクションだけは二人でなければ不可能な超時短システムを採用しているのである。
 
こういった様々な手法は当然のことながら、それ相応のリスクを伴う。コールドウェルは実際、3回目の試登中に易しいセクションで足を滑らせ、30メートルもの大フォールを経験している。これらをより安全に行うギアやシステムも考案されているが、彼らはスピードと安全を天秤にかけつつ、リスク覚悟でその瀬戸際から1分1秒を獲得してきたのである。

 そして、今シーズンだけで10回以上ノーズを登り、まるでショートルートのリハーサルのように、全ピッチの主要ムーヴとプロテクション、ロープワークをひとつの流れにまとめあげたのだ。
 
 オノルドとコールドウェル、この奇跡的なペアにかかれば更なる時間短縮も可能なように思える。二人は記録が破られるのを待ち望んでいるのかもしれない。しかし、彼らに再挑戦のきっかけを与える人間は、果たして今後、現れるのだろうか。


・ノーズのスピード記録更新!

アメリカのブラッド・ゴーブライトとジム・レイノルズが2017年10月21日、エル・キャピタン、ノーズのスピード記録を塗り替えた。
それまでの最速記録を一気に約4分も短縮し、そのタイムは、2時間19分44秒。
二人はこれに先立ち、記録樹立に向けたトライを11回ほど行っており、自己最速記録を、2時間34分、2時間29分と徐々に短縮していった。

ノーズが初めてワンデイで登られたのは1975年、ジム・ブリッドウェル、ジョン・ロング、ビリー・ウェストベイの3人により、約17時間で登られた。
その後、年を追うごとに記録は短縮され、1991年にはピーター・クロフトとデイヴ・シュルツにより、初めて5時間を切るまでになった。
その当時、これが限界とまで言われたこの記録だが、2008年には平山ユージとハンス・フローリンにより、その半分近くの2時間37分にまで短縮。
さらに2年後、ディーン・ポッターとショーン・リアリーが20秒を短縮したが、ノーズ最速のタイトルを長年に渡り保持し続けたフローリンは、それを奪還すべくアレックス・オノルドと手を組み、2012年に2時間23分46秒と一気に13分も記録を更新した。

この記録をさらに上回るとしたら、やはりそれまでのタイトルを保持していた、オノルドとフローリン以外は考えられないだろう。特にミスター「ノーズ」のフローリンが黙って見ているはずはない。早ければ来シーズンにもタイトル奪還のパフォーマンスが見られるかも知れない。

以下は、PlanetMountain.com に載ったジム・レイノルズのインタビュー記事で、私の疑問が解けたもろもろのこと。

?ギアはどれだけ持って行くのか?
カム8個、ドロー11個、フリービナ14個だけだそうだ。まあ、でもこれは確かに少ないがこんなものだろう。通常のコースタイムで、しかもある程度エイドを交えて登るならカムを20個以上携えて行くのが普通だが、スピードの場合はサイマルクライミングやショートフィックスで登るので、とにかくギアを節約するため残置支点を有効に活用する。だからフリービナだけはやたらに多い。

?ルートは混んでないのか?
夏は混んでなかったらしいが、秋になって徐々に気温が下がってくると大混雑するのは毎年のこと。やっぱりその度に5,6パーティ抜いて登ったらしい。自分もワンデイで5回登っているが、毎回そのくらい抜いていた。多いときで7,8パーティ。だからこれはもはやしょうがないことなのだろう。スピード記録狙ってるからといって、その日にノーズを貸し切れるわけでもないし。
ただ作戦としてはやっぱり早朝に登ったらしい。ビバーグしてるパーティがまだ登り始める前に抜き去ってしまうのがやっぱりベストだ。早朝5頃にスタートすれば、頂上には8時に着いてしまうのだから。

?ジム・レイノルズ?
YOSARのメンバーだった。やっぱりヨセミテに住んでないと出せない記録だ。

以下が過去の歴代記録。
女子の記録保持者だったクイン・ブレットは、10月初旬にノーズスピードにトライ中、テキサスフレークからブーツフレークへのピッチで30メートル以上の大墜落を喫し、YOSARのヘリで救助された。胸椎破裂骨折と脊髄損傷を負う大怪我を負った。
スピードではショートフィックスを多用するので、場合によってはフリーソロに近い状態で登ることになる。特にブーツフレークは次に控えているキングスウィングを効率的に行うために、あえてノープロで登ることが多く、一歩間違えれば大事故につながるのは間違いない。

The Nose Speed
Women
2014/10 - 5:02 Mayan Smith-Gobat & Libby Sauter
2013/ 9 - 5:39 Mayan Smith-Gobat & Libby Sauter 
2012/ 9 - 7:26 Mayan Smith-Gobat & Chantel Astorga
2012/ 6 - 10:19 Jes Meiris & Quinn Brett
2011/ 9 - 10:40 Libby Sauter & Chantel Astorga
2004 - 12:15 Heidi Wirtz & Vera Schulte-Pelkum

Men

2017/10 - 2:19:44 Brad Gobright & Jim Reynolds
2012/ 6 - 2:23:46 Hans Florine & Alex Honnold
2010/11 - 2:36:45 Dean Potter & Sean Leary
2008/10 - 2:37:05 Hans Florine & Yuji Hirayama
2008/10 - 2:43:33.Hans Florine & Yuji Hirayama
2007/10 - 2:45:45 Thomas Huber & Alexander Huber
2002/ 9- 2:48:55 Hans Florine & Yuji Hirayama
2001 - 3:24:20 Dean Potter & Timmy O’Neill
1992 - 4:22 Hans Florine & Peter Croft
1991 - 4:48 Peter Croft & Dave Schultz
1991 - 6:01 Hans Florine & Andres Puhvel
1990 - 6:40 Peter Croft &Dave Schultz
1990 - 8:11 Hans Florine & Steve Schneider
1986 - 10:05 John Bachar & Peter Croft
1975 - 17:45 Jim Bridwell, John Long, Billy Westbay, first repeat in a day
1960 - 7 days, Royal Robbins, Joe Fitschen, Chuck Pratt e Tom Frost, first repeat
1958 - 47 days, Warren Harding, Wayne Merry e George Whitmore, first ascent


・「解説!」ドーンウォール

トミー・コールドウェルとケビン・ジョージソンが2015年1月、エル・キャピタン、ドーンウォールの完全フリー化に成功した。

世界中のWEBメディアやフェイスブックなどのSNSを通じて、彼らの19日間の激登が刻々とリアルタイムで伝えられたこともあり、その一般社会における注目度は予想以上だった。
ニューヨークタイムズは速報を乗せ、オバマ大統領がホワイトハウスから祝福のメッセージを贈った。
米国のクライミング雑誌「Rock&Ice」は全108ページのうち、実に半分に当たる54ページをドーンウォール関連の記事で埋めた。

あくまで個人的な見解だが、このドーンウォールの完全フリー化は近代ヨセミテ史上、圧倒的にナンバーワンの記録だと思っている。

では参考までに、それに次ぐ「ヨセミテ近代30年、ベスト6」を年代順にあげてみよう。

1.リン・ヒルによるノーズのフリー化と翌年のワンデイフリー(1993年)

2.平山ユージによるフリー・サラテ、レッジ・トゥ・レッジ、ワンデイ(2002年)

3.トミー・コールドウェルによるノーズとフリーライダーのオールフリー・ワンデイリンク(2005年)

4.アレックス・オノルドによるハーフドーム・レギュラールートのフリーソロ(2008年)

5.2時間半を切ったノーズのスピードアッセント(2012年)

6.アレックス・オノルドとトミー・コールドウェルによるトリプルクラウン、オールフリー・ワンデイリンク(2012年)


このように、記録だけをこのように箇条書きにすると「ふーん」と思うかもしれないが、これらの記録を正しく解釈し消化できる人は少ないのではないだろうか。

ではまず、ドーンウォールについて語る前に、これらについて簡単な解説を加えたいと思う。事細かに書くとそれだけでページが埋まってしまうので、キーワードとなる単語の意味から各記録の全体像を把握してほしい。

・「フリー化」

それまでエイドで登られていたルートをあらためてフリーで登り直すこと。エル・キャピタンにあるほとんどのルートはエイドで初登されている。もっとも簡単なイーストバットレス(5.10b、13ピッチ。[注]これをエル・キャピタンに含めるか否かは人による)もそう。
有名なノーズやサラテをただ登るのと、フリーで登るのは雲泥の差があるので、この2本に関してはフリーで登る場合、「フリー」を前後につけて、「ノーズ・フリー」とか「フリー・サラテ」などと呼ぶ。
なおサラテのバリエーションである「フリーライダー」や、平山ユージがオンサイトトライしたことで有名な「エル・ニーニョ」は、フリーで登ることが前提となっているので、それをフリーで登って「フリー・エル・ニーニョ」と呼ぶことはないし、フリーライダーをエイドで登って、それを「登った」というのは厳密にはおかしい。

・「ワンデイ」

文字通り一日24時間以内に登ること。「ワンデイフリー」は「しかもオールフリーで」ということ。

・「レッジ・トゥ・レッジ」

平山ユージのDVDタイトルにも使われたので覚えている人は多いと思う。「スタンス・トゥ・スタンス」とも言い、マルチピッチにおいて両手の離せるレッジを各ピッチの始点/終点とするという意味である。
通常のマルチピッチはいやでもそうなることが多いのだが、巨大な岩壁の場合、60メートル登ってもそのようなキリのいいレッジが現れないこともあり、フリー化されたルートでも「片手でガバを保持してクリップ終了」という中途半端感の否めないピッチもあるのが事実。
ユージは、そのようなサラテのピッチを80メートルロープを使うことで前後ピッチとつなげ、よりスッキリとした形で登ったのである。

・「リンク」

別ルートと継続して登ること。昔で言う「継続登攀」。「ワンデイリンク」は一日で継続することなので、3の記録は合計約65ピッチを24時間かけずにフリーで登ったということを意味する。

・「スピードアッセント」

文字通り早く登ることだが、ここでのポイントはオールフリーではないという点で、ここを勘違いしている人が多い。ノーズはオリジナルラインとフリーラインは同一ではなく、スピード記録を狙う場合はオリジナルラインを登るのが一般的。
とにかく早ければ何でもありで、易しいクラックはランナウトしたフリーで駆け上がり、ボルトラダーはドローをつかみ、ロープにぶら下ってトラバースし、難しいクラックはカムをつかんで引き付ける。フリーにこだわらずにその時々で早い方法を採用し登っていくのである。

次はルートについて。

・「ノーズ」

言わずと知れたエル・キャピタンの看板。
世界で最も有名なビッグウォールルート。全長約1000m、31ピッチ。
フリーの場合、5.14a前後のピッチが2カ所あり、どちらも超トリッキーなムーヴなので、オールフリーに成功したのはいまだ4人だけ。
シーズン中は大混雑するが、ほとんどのパーティが、3日から4日を費やし、5.11台はおろか10台もエイドで登る。

・「サラテ」

エル・キャピタンの看板その2。
トッド・スキナーらによりノーズより早くフリー化された。35ピッチをレッジ・トゥ・レッジで登ったときの最高グレードは5.13台後半となる。

・「フリーライダー」

サラテの核心となるヘッドウォールを左に巻いたバリエーション。
最高グレード5.12d。
エルキャップ、フリーとしてはもっとも数多くの再登が見られる。(イーストバットレスやウェストフェイスは除く)

・「ハーフドーム・レギュラールート」

ハーフドーム北西壁の一般ルート。
25ピッチ、最高グレード5.12b。
最終ピッチ手前に出てくるスラブフェイスは5.12a。
2015年6月にルート中盤の巨大フレークが大崩壊を起こした。数週間後にボルトラダーによるエイドの迂回ピッチで再生された。再フリー化が待たれる。

・「トリプルクラウン」

これはルート名ではなく、エル・キャピタン、ハーフドーム北西壁、マウント・ワトキンス南壁、以上みっつのビッグウォールの総称。
それぞれがグレードYを与えられ、合計すると80ピッチにもなる。

 それでは、これらのワードを理解したうえで、もう一度先の記録を読み返して頂きたい。どれもが、いかにすごい記録かが分かってもらえると思う。



で、ここからがやっと本題なのだが、そのどれよりも優れた記録が、このドーンウォールのフリー化なのである。
 では何がそんなにすごいのだろうか。

1.比類なき難しさ

ひとつはこれにつきる。
それまでエル・キャピタンの最難フリールートと言われていたマジック・マッシュルームやノーズにも、5.14-クラスは数ピッチ出てくるが、それらが足下にも及ばない圧倒的難度で他を突き放した。
5.14+の2ピッチを筆頭に、14台が実に計7ピッチ、13台が12ピッチ、12台が7ピッチと、もはや12台はイージーピッチと見なされるかのごとく、それまでエル・キャピタンにあったフリールートが、すべて可愛く見えてしまうほどなのだ。

2.コンディションのつかみにくさ

花崗岩、しかも氷河に磨かれたヨセミテのそれはフリクションに乏しく、ホールド皆無なブランクセクションだらけ。
そんな垂壁前後の壁に引かれた5.14+のフェイスピッチと言えば、それはつまり、マイクロエッジに爪先を引っ掛け、マーキングなしでは見えない結晶に数ミリ違わずソールを押しつけ、親指を巧みに使ったサムキャッチと呼ばれる特殊なテクニックを使い、デリケート極まりないムーヴの連続になることは想像がつく。
当然、気温や湿度、皮膚の状態など、クライミング能力以外のコンディションに左右される部分がとても多くなる。彼らが最終的に選んだ季節は真冬。ケビンが苦しめられたトラバースピッチ(5.14+)のトライは、さらに気温の下がった夜間に行われた。

3.ワンプッシュの困難さ

壁の中で連続19日間である。エル・キャピタンを我が庭のように縦横無尽に登り尽くしてきたトミーにとっても、それだけの日数を費やさざるを得ない理由があった。
この点もやはりクライミング能力だけではどうしようもない、強靱な肉体と精神力を兼ね備えることが要求される。

4.モチベーションの維持

トミーが生涯を捧げる目標と設定して実に8年。ときに強力なパートナーの協力を得、ときにはたった一人で、「不可能」と誰もが思っていたこの壁の岩肌を徹底的に調べ上げ、ムーヴを解き明かし、破線だったラインを地道につなげていった。そうなる保証があった訳でもないのに、あきらめることはなく、いくつもの障壁は8年の歳月を経て徐々に足下になった。
そして、すべてのムーヴは実線となって地面から頂上までを貫いた。

5.リピートの困難さ

果たしてこれを第2登するクライマーは現れるのだろうか。
再登と言えども、ヨセミテに住んで人生のすべてをこのルートに注ぐ覚悟が要るのは間違いない。
ワンプッシュどころか、全ピッチを個別に登る者すら今後二度と現れない。
そんな気がする。



そして、私がもうひとつこの記録に特別な価値があると思ったのが、彼らが世界最難のマルチピッチに決着をつけるに当たり、独自の「成功の定義」を掲げ、それにこだわったことである。

ひと口に「ドーンウォールをフリーで登った」と言っても、ビッグウォールの場合、そこには様々なスタイルや取り決め、そして、妥協点が複雑に絡み合う。

 トミーとケビンが掲げた「成功の定義」とは以下の8点。

1.ワンプッシュ
2.レッジ・トゥ・レッジ
3.各人が全ピッチフリー
4.各ピッチを下から順番に登る
5.ふたりの進行をあわせる必要はなし
6.プロテクションは登りながらセット、落ちた地点までは残置
7.フィックスロープの設置は容認
8.物資供給、荷揚げのサポートを受ける

では最後に、これら彼らのこだわりと妥協点について簡単な解説を加えていきたい。


1「ワンプッシュ」

一度取りついたら地面に降りることなく登り続け、頂上に抜ける。
壁の中で何泊しようが、地面に降りて連続性が閉ざされることを良しとしない、シンプルなスタイルを貫いた。

2「レッジ・トゥ・レッジ」

これは先ほど説明したとおり、両手が離せる点から点をつないでピッチと定義するというこだわり。

3「ふたりとも全ピッチフリー」

フリー化と言うからには当然なのだが、ビッグウォールフリーには「チームフリー」というスタイルもある。それはチーム内の誰かが各ピッチをフリーで登ればチーム全体としてはフリー化に成功したとする考え方だ。
彼らはそれを容認せず、リード、フォローを問わずロープがないと仮定したときに、各人が各ピッチをフリーで通過できたか否かという点にこだわった。

つまり、各ピッチを一人がリード(レッドポイント)し、それをもう一人がフリーでフォローする。リードで落ちた場合は交替し、どちらかが完登するまでそれを繰り返す。ふたりともリードする必要はないが、フォローで落ちた場合もピッチの始点まで戻り、ノーテンで後続できるまでやり直した。
ただ、P14、P15の各ピッチ(5.14+)は、核心なうえトラバースという性格上、ふたりともリードした。また極度に困難な横っ飛びランジを含む P16(5.14c)だけはケビンひとりが登り、トミーはバリエーションとなるループピッチ(5.14a)を経由、例外的にそれぞれが別ルートから同じビレイ点へと到達した。

4「各ピッチを下から順番に登る」

これも当然と言えば当然なのだが、困難なマルチフリーの場合は、連続性を無視し各ピッチをランダムにRPして結果的に全ピッチの穴埋めができればOKとする場合もある。それを良しとしないということ。ワンプッシュ同様に連続性に対するこだわりである。

5「ふたりの進行をあわせる必要はなし」

ここからは妥協点となる。
ふたりが揃って進んで行くにも、花崗岩の極限的グレードが連続するとあって仕方なしと認めた部分。核心のトラバースピッチはトミーが先に成功し数ピッチ先行、あとからケビンが追いついて、つじつまを合わせる形となった。

6「プロテクションは登りながらセット、落ちた地点までは残置」

登りながらギアをセットするが、途中で落ちた場合はそこまでのギアの残置を認め、以降その地点まではピンクポイントスタイルとする。過去にはギアのプリセットを積極的に用いたフリー化もあったが、今回はクライミング本来のスタイルを貫いた。

7「フィックスロープの設置は容認」

固定ロープを各ピッチの行き来や非常事態に備えて設置する。これは次に示す条件からも絶対必要と認めた。

8「物資供給、荷揚げのサポートを受ける」

食料や水、必要な装備の供給や荷揚げ、不要物の処理は、第三者のサポートチームが行う。19日間という長期戦で、これらを自らまかなうことは事実上不可能と言っていい。私がこの記録に触れて最初に感じた疑問点はこれだったが、そうであることを知ってむしろ安堵したほど現段階では当然なことであった。


これら、彼らの掲げた定義や条件を踏まえたうえで、もう一度記録を読み返してみてほしい。

トミーとケビンの奇跡的とも言える最強コラボが、自らのプロジェクトに決着をつけるためだけでなく、自分たちの人生を消耗しながらも、新たな地平に踏み出すために成し遂げたこの登攀は、成功のひと文字では表せない彼らのこだわりを知ってますます、暁光のような強い輝きを放つのである。
→Top Page