cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 千晶のたまにっき

10/12/ 1 〜 意外とすぐ来たたまにっき 「傷」 〜

「杉野さんはさ〜、こんな傷、なんでもないんだろうね〜」
と、先生の親戚から送られてきた大量の「ネギ」のお裾分けに、近所の母友のおうちへ伺って、お茶してたら言われた。
しかし、まったくもって違うのである。
母友は指先を包丁で切ったらしい。「痛くて〜」と言っている。
私だって、包丁で指先をちょっとでも切ろうものなら、痛くって何をするのも気になって仕方がない。
だがしかし・・・、確かに・・・と思う部分もある。

当たり前だが、クライミングは相当指先を酷使するスポーツだ。
クライミングの経験の無い人に
「フリークライミングって、あの指先だけで登るヤツでしょう?」
と言われるのは、よくあることだが
「そんなことないですよ〜、全身使って登るんですよ」と答えながらも、
「あながち間違ってないかも・・」とも心の隅で思ったりもする。

登ってる最中に、ものすごい極小ホールドで引きつけて耐えてる自分の指先をふと見下ろし
「よくこんなので耐えてるな〜」と、自分でビックリすることもある。
指皮は減ってヒリヒリになるし、切れちゃったり裂けちゃったり剥けちゃったり、怪我は絶えない。
母親には、「あんたの膝は男子小学生の膝だね」と、青あざだらけのむき出しの足を見て言われたものだ。
クラックに至っては、フィンガークラックにねじ込んで体を引き上げた指先はズルズルに剥けるし、ハンドジャムをし続けた手の甲はベロベロだ。
それをテーピングで押さえ込み、見なっかたふりをして壁と格闘する。
痛さよりも、傷のせいで指先が使えなくなったり、流血してぬめってしまったり、そちらの方を心配してしまう。
なんていうと、ものすごく激しいクライミングのようだが、クライマーなら誰にでも当たり前で日常的な出来事だろう。

そして、一日のクライミングが終わり、帰り道や車の中でテーピングを剥がす。
これがめちゃくちゃ痛かったりする。
で、もう何も触りたくないくらいあちこち痛い。ギアの整理も苦痛。
しかし、ふと思う。
「でもなんで?さっきまで登ってたじゃん。この指で」

翌日、主婦業にとりかかると、皿を洗うのも風呂掃除も洗濯干しも、何もかも指先が嫌がってる。
手首や肘を痛めてるときなど、料理中に「フライパン持つのもこんなに痛いなんて、とても登れない!」などよく思う。
だがしかし、登れちゃうのである。
もちろん本当にダメなときもあるが、ごまかしつつも登れちゃったりする。

最近先生は、背中や肩が痛いとよく言っている。
その背中を見たら、明らかに左右非対称におかしな形になっている。
整体師に言わせれば、「こんな人初めて見ました」だったり、「こんな体でよく頑張ってるね」という体の状態らしい。
しかしだ、その数日前には、二子で元気に「勝手にリンクシリーズ第?弾13b」とやらを登ってるわけだ。
そして、先生が言うには「登ってると痛くないんだよね」らしい。

前々から思ってはいたけど、明らかに登ってる最中に「怪しい脳内物質」出してるなと思う。
完全に「クライミング中毒」だ。

私は今、最近流行?の「逆流性食道炎」&「胃炎」を患っている。
先日甲府幕岩へ家族で行った時に体調が悪く、現地駐車場で吐きまくってから岩場に行った。
ろくに食べられずヘロヘロなんだけど、なぜか登り出すと気持ち悪さがどこかにいってしまう。
しかも丸一日暗くなるまで結構登った。
ん〜やはり何か怪しいもの出しちゃってるな、と思うのである。

周りのクライマー達の中にも「たまには少しくらい休んだらいいのに。休みも大事だよ」と声を掛けたくなる、
骨折や捻挫してたり「あっちが痛いこっちが痛い」と言いながら登り続けている人が何人もいる。
だけど、一様にクライミングから離れられず、不安なのかほんの一時休むこともできないようだ。
私にはそこまでの「中毒症状」はないが、登っていると傷んだ体が気にならなくなってしまうことはあるようだ。

怪しい物質出して超ランナウトするクライマー

クライミングは、他のスポーツと少し違う部分で、精神的なものがかなり影響するスポーツだ。
それは「身の危険」を回避しつつ、持てるパワーを最大限に引き出さなければならないというところ。
反復練習して筋トレして、ものすごく登るためのトレーニングして鍛えても、ジムクライミングとは違って、それがそのまま岩場でのクライミングの成果に繋がらない部分が結構あるように思う。
それをそのままクライミングの成果に繋げられる人は少数なのではないかと、多くのクライマーを見てきて思うのである。

そこの間には何があるのだろう。
鍛え上げた事実はもちろん自信となってクライミングに影響し、その自信と強い力を持っていることで危険を回避できることはある。
しかし、それだけではない、それを出し切れる違った意味の「力」が必要なようだ。
それが「怪しい物質?」なのかな。「アドレナリン?」「火事場のバカ力?」「ものすごく高いモチベーション?」。

でもそれって、あんまりしょっちゅう出しちゃまずいんじゃないのかな?
生き物として出し切っちゃいけないパワーを出しすぎている感の強いスポーツなだけに、思っている以上に体へのダメージも大きいだろう。
指先の傷が気にならないっていうくらいならいいけれど・・・。

クライミングには「中毒性」があるようなので、あまりにも入り込んでしまったせいで、大切なものが犠牲になったりしないように気をつけたい。
それは自分の体だったり、人間関係だったり・・・。
その辺は適当ではなく適度に対処して、何が大切なのか、何がしたいのか、どうなりたいのかを見極めたい。

いやしかし・・・
なりふり構わず欲求の赴くままに突き進んでも、それはそれで道は開けるのかな?
なんて私も未だに葛藤していますが。

日々の隙間を見つけてほんの数時間ジムに行けば、娘が言う。
「6時に帰りたい!」
理由は「ちびまる子ちゃんとサザエさん」をテレビで見たいからだ。
母のモチベーションと娘のささやかな希望を天秤にかけて、母は今日も平和な葛藤をする。
なんとか「まるちゃん」だけは勘弁してもらって、30分延長で交渉成立となった。
そして、終了後、「サザエさん」のために母子は駅まで猛ダッシュ!!
結局、大切なものって後にならないとわからないんだろうな〜。

10/11/19 〜流行〜

娘が肩越しに一言つぶやいた・・・。
「富士山行きたいな〜」
私はそのつぶやきにビックリして振り向いた!
何故かと言えば、最近流行の「渋滞富士登山」の映像をテレビなどで見ては「あ〜やだやだ」と一人でよくつぶやいていたからである。
娘もそれは散々聞いているはず。

私は、学生時代からあちこちの山に出かけていったが、未だ「富士山」は登頂したことがない。
しかし、15年くらい前の春に夫婦で富士山に行ったことがある。
何故かというと、先生が吉田大沢を頂上からスノーボードで滑りたいと言ったからである。
「じゃあ雪の無い所まで付き合うよ」ということで、私はスニーカーにほぼ空身という、いい加減な装備で同行したのだ。
確か八合目くらいで雪が出てきたので「じゃあここで」と別れて、先生は頂上へ。
私はのんびり下山したり、途中で「ボケーッ」としたり。
トランシーバーを各自が持っていたので「今から滑りま〜す」の声を聞いて、私はそこからものすごい勢いで富士山を駆け下りた。
なんせ滑り出したらあっという間だから。
ほとんど人にも会わず、のんびりとした富士山だった。

最近はちょっとした富士山ブームのようだ。
それをかなり身近でも感じる事が多い。
つい先日、娘が通っていた幼稚園の役員仲間(年中さんの一年間役員をしてました)が集まって食事をする機会があった。
久しぶりに集まった母達の中の一人に「杉野さ〜〜ん会いたかったのよ〜」と、
ものすごい勢いで、目を輝かせて津波のように話し始めた母友がいた。
この夏に「富士山登頂」を果たしてきたらしい。
それはそれは感動したらしく「人生観が変わった」と言っていた。
私は半ば冗談交じりで「頂上でもしかして泣いた?」と聞いたら
「泣いた泣いたよ〜」と返ってきたので、これまた驚いた。
それはそれは素晴らしい経験になったらしく、聞いているこちらも嬉しくなるほどで、心底「良かったね」と思った。
「来年も絶対に行く!!」と話していた。
ガイドさん付きで登ったそうで、そのガイドさんの事を調べていたら、うちのHPにたどり着いたらしく、そんなこともあり私に感動の報告をしてくれたのだった。(あとで分かったが、そのガイドはK2最年少登頂記録を持ち、元マムート社員でもある青木クンだった!)
私がクライミングを長い事しているということを、母友達はほとんど知らず、話題にも上がらないので、そんなところからのつながりに驚いたらしい。

そして数日後、うちで呑気に「笑っていいとも」をテレビで見ていたら、V6の坂本君が「富士山登ったんですよ」と話している。
そして夜、娘とニュースを見ていたら番組内の特集で「毎年40年間富士登山を続けている保育園」というのをやっていた。
そのどれもが「登山道は大渋滞」なのである。
しかし娘はそんなこと関係なく「富士山行きたいな〜」と誰に言うでもなくつぶやいたので、母はビックリしながらも「じゃ、来年行く?」と思わず言ってしまった。
状況に関係なく、何か引き込まれるものを感じたのだろうか。
「え〜マジで」と「渋滞富士山」にゾッとしながらも、意外とこんな感じで流行りものの波に意志に反して乗っかって行くことになっちゃうもの??と感じたのだ。
そばにいた先生まで「じゃ、行く?」とこれまた驚いた発言をした(たぶん行かないと思いますが)。

流行りものに吸い込まれるのには人それぞれに理由があるのだろう。
意外な事がきっかけとなってその世界に入ることもあり、さらに流行っていくこともあるのかな?と感じた。
考えてみれば、娘を連れて山にはよく行くが、ほとんどの場合我が家の目的地は「岩場」なわけで、山には行ってるがピークにたどり着く事ができない我が娘なのだ。
娘にしてみれば「こんなに山に行ってるのに」となんとも中途半端な思い出がどんどん積み重なってるのかも知れないな、なんて思う。

私は学生時代、中央線を利用して大学に通っていた。
通学途中のある日、空を見上げると快晴。
「いい天気だな〜」と思ったら、降りるべき駅を通り過ぎ、終点「高尾駅」まで行ってしまった。
そしてそのまま教科書持って高尾山を登りに行ってしまった。
その頃の高尾山は歩いてる人もちらほら、のんびり空気が漂っていた。
今のようなハイキングブームがやって来るとは夢にも思わなかった。
しかし、聞くところによると、最近の高尾山の頂上は頂上に立つ隙間が無いほど混んでるらしい。

そんなこんないろいろ思う私も、来年の夏は富士登山の渋滞の波にしっかりはまってるかもしれない。
その頃にはブームが去っていることをただただ祈るばかりである。


10/5/17 またまたお久しぶりの「たまにっき」 〜カッコよさとは〜

先日小川山に撮影の仕事に行った時、古くからの友人が「たまにっき書きなよ〜」というので、「一ヶ月に一回くらい書いてんじゃん」と言ったら、「あんたの一ヶ月は半年かよ」とまあ相変わらずそんな毒づいた言葉がポン!!と出るもんだと妙に感心した。
変わらず絶好調な彼女に安心した。

そこで会った数人の友人達とは、過去にいろんな場所でいろんなクライミングをしたり一緒に仕事をしたり、私の決して短いとは言えないクライミング人生にガッツりといろんな意味で記憶を残してくれている。

ぐるぐるぐるいろんな事を思い出す。まるで連想ゲームの様に。
それぞれのクライマーの自分のクライミングに対する個人的なこだわりや、思い入れや取り組み方。
そこにはあんまりカッコよくは見えない「カッコよさ」があった気がする。
私が言うのもなんだが、最近「カッコいいクライマー」ってあんまり見ないな〜なんて思う。
私が個人的に思う「かっこいいクライマー」は決して高グレードが登れるとか、そんな数字的な判断ではない。
重要なのは結果には現れにくい「自分のクライミングスタイルへのこだわり」や「取り組み方へのこだわり」。
数多くのクライマー達と接したり一緒に登ってきたりしてきたこどで、私が思う「カッコイイ」クライマー像が少しずつできあがってきたのだと思う。
そんなことを頭の中でなんとなくボヤ〜んと考えているとき小川山に撮影の仕事に行った。
そこには「たまにっきねた」がごろごろころがっていた。

数本の撮影ルートの中に「流れ星」が入っていた。
GWに下見と準備と真剣トライのためにその「流れ星12c」に先生と行ってきた。
当然登るのは私ではないが「流れ星」は、そのルートを見たこともなかった私にとって長いこと遠い世界のあこがれになってるルートだった(実際遠いのだが)。
そんなこともあってニードルズの「Pyromania」の時のように相変わらず私は今までずっと妄想し続けてきた。
汗だくでたどりついて見上げた「流れ星」は、私の妄想を裏切ることなく「こんな壁がこんなとこにあったんだ〜」となんだか初めて見つけちゃった岩場に出会って感動した時のように、素晴らしく綺麗なラインを持ったルートだった。

先生は当然オンサイトを狙っていた。が、非常に惜しい状態で逃してしまった。
結果的にはハングドック無しのワンロワーダウン、取り付きまで降り、ほとんど休みなしの2度目のトライでレッドポイント。大まかに言えば2回目のトライで登れたということになる。

もしこれがフォールした核心部のムーブを散々ハングドックして、そのまま終了点まで登ってからの2度目のレッドポイントだったら・・・。
結果としては2度目に登れたことに変わりはないのだが、ここには多くの違いがあるだろう。
ここがこだわる重要なポイントなんだと思う。
この登り方はクラックならではだとは思うが、そこはあまり掘り下げないでおく。
他人が作った価値観や目標を基準にするのではなく自分に妥協しない姿勢。
そこにこだわったことが、結果自分の実力として蓄積されていくのだろう。
しかしここにこだわるクライマーというのは、今は少ないのかなと思う。
まあ実際先生がそこにそんなにこだわったかどうかは私は聞いてもいないので勝手な想像なんですがね。

実際先生はオンサイトを逃したことをかなり悔しがってはいた。けれど、自分の完登スタイルにはある程度は満足していたようなので、それなりのこのルートに対するこだわりはあったのだろう。
ちなみに、私は先生をいちクライマーとしてクライミング界の中で常に客観的に見るように、影響受けすぎて考え方が偏らないようにかなり気をつけている。
それなりにクライミング界に多少なりとも影響を与えているけれど、私は私なりのクライミング感を持っていたいと思っているので、身内である先生を特に持ち上げてるわけではありません・・・(一応ね)。

そんなこんなで予定通り撮影前には、先生の中での「気になっていたルートリスト」から「流れ星」が一本減り、撮影も順調に済んだ。
そんな帰り道、カメラマンと3人で下山してきたら目の前にボルダー帰りのクライマーが、背負っている大きなマットの上に「デッキブラシ」の様な目を引く大きさのブラシを突き出して歩いていた。
そんな後ろ姿を見ながら、ボルダーマットも人工壁も無かった頃からクライミングをしている私は色々なことを思い出した。
クライミングジムの走りだった「ドラゴンウォール」(知ってる人いるかな)、今のような分厚いマットは無く、家に余ってる布団が数個置いてあって、それを移動して使い、ほんの気持だけ安全だったかな、とか。
シューズ、チョークと布きれ一枚だけ持って、ひとり難しいボルダーを巡る渋いクライマーっていたな、とか。
道具はどんどん進化して良くなり便利になり、そして安全になり、当然それによってさらに難しい挑戦ができ、レベルも上がった。
でも、何かクライミングのすごく大事な部分とか安易に走ってはいけない部分とかをどこかに置いてきちゃってる気がする。
今の恵まれた状況の中にあって、結果として登れたことは同じでも、はたから見るとアホらしく見えそうな事に個人的にこだわってほしい。ちょっとバカらしいくらいにカッコつけてほしい、なんて思う。
誰に対しても同じ状態で用意されてるステージに、自分なりにこだわれたらそこには数字の上では同じ結果でも、自身の中に残る満足度と身に付く本物の自信は全く違う物になるだろう。
向き合い方によってはこっちの想像力をかき立てられるし、想像することであこがれたり楽しんだりしたいと思うのである。
それはそんなたいそうなことではなく、クライマーそれぞれが自分なりのレベルに応じた向き合い方で充分だと思う。
課題に対しての向き合い方やこちら側の想像力次第で、楽しみ方や満足度はかなり違ってくる。

巨大ブラシや大量のボルダーマット、ボルトルートなどで最近頻繁に見かけるスティッククリップ棒、使うなとは言えるほど私自身ができたクライマーなわけではないので言わないが、せめてそこに「格好悪いなあ」という気持が見え隠れしててほしいなと思う。
私ももちろん岩場で、下部の壁がボロくてボルトが打てず一本目がスティッククリップしないと危ないという場合は、そこら辺に落ちている枝などでプリクリップする事はあるが、そのための道具を使ったことは今のところは無い、と思う・・・(無理して登ってホールド欠けてグランドして、さらに転がり落ちた事はあるのでそれはどうかと思うが)
岩場にたまに行くと、スティックを腰にぶら下げて登ってるクライマーを見る。
何がしたいのだろう???と頭に?が浮かぶ。
道具類は進化して便利になり、より安全にクライミングが行われるようになっていくと思う。
それらを受け入れる時は、さらに自分がレベルアップしていく時でありたい。

これはクライミングにだけに言えることではないが、持ち物が増えれば増えるほど自分の本当の実力とかけ離れていき、物に振り回され工夫がなくなり、知識と応用力が発揮できなくなるのではないかと思う。
そこら辺の妥協点やこだわりかたにセンスの良さやカッコよさが表れる。

ん〜何が言いたいのかわからなくなってきた。
今回の撮影で今シーズン初めて小川山に行き、選りすぐりのルートを巡った。
一番印象的だったのは・・・。
クライマーとして真の実力をためしてやろうと無言で存在している素晴らしいルート達はゴールデンウィークにも関わらず、誰も足を運ばないのか静まり返っていた。しかしその下の方にいくつもある「大きな石」の回りには順番待ちをしてる人達がたくさんいたということ。

私は今回のハードなルートに接してみて、未だ自分を「クライマー」と言うにはなんだか恥ずかしくて言いにくいなと思ってしまうのである。

「たまにっき」のハードリーダーと言い、オールラウンドクライマーを目指してるらしいそこのキミ!、プロテクションのとれない恐ろしいオフィズスに「見えないとこにボルト打っちゃえばいいじゃないですか〜」とか言ってたけどそういう事じゃないでしょ。
冗談半分とはいえ「それいただき!!」と、なんともわかりやすい「たとえ」だなと思ったのでした。
彼には若者代表として是非頑張っていただきたい!!


10/3/26 お久しぶりのたまにっき〜クライミングと日常

少し前に新聞を読んでいたら、こんな漫画が載っていた。
温泉旅行に行った夫婦の、帰りの電車での会話。

妻 「明日からはまた日常に戻らないといけないのね〜」
と少々残念そう。しかし、
「今日の夕飯どうしよう。冷蔵庫には何があったっけ」「そうだ!トイレットペーパーきれてた。帰りに買っていかなくちゃ!」と、ひとりブツブツ。
夫 「もうすっかり日常に戻ってるね・・・」

記憶は定かではないけれど、確かこんな感じだったと思う。
こんな事は世の母親や主婦にとってはごく当たり前のことなんだけど、妙に私の「ツボ」に入り笑ってしまった。
クライミングという遊びが、かなり非日常的な部分を多く含んでいると感じるから尚更今の私には「どんぴしゃ」な気がしたのだろう。

そんな非日常とは、壁の中で目の前のクラックと格闘したり、プロテクション選びに格闘している時だ。
ものすごい集中力で、いかにこの中途半端なサイズのクラックにシンハンドを決めるか、クライミングを知らない人から見たら「意味分かんない」格闘だろう。
だけど、その一手以外のことは一切頭に浮かばない。
冷蔵庫の中身を心配することは、まず無い。
大切な娘の事さえ浮かんでこない。
それくらい必死な瞬間が、何度も訪れる。
そんな時も充実感を味わいつつ、終われば日常に戻っていくわけだけど、母としてはクライミングと日常を天秤にかけて葛藤することも多く、「私はこれでよし!」と、なかなかいつも複雑な気持ちを吹っ切って、クライミングに出かけて行けるわけではない。
彼女には彼女の大切な日常があるわけだから。

当たり前の日常が続いていくことが、とても大切なことだとはわかっているが、人間とはなかなか難しい生き物で「生きることの実感」だったり「刺激」だったり、人によって千差万別だが、エネルギーを注げる「何か」を求めるところがあるらしい。
最近は特に、いろんな人を見たり、いろんな話を聞いたりして、そんなことを感じることが多い。
野生動物のように日々生き続け、命をつなげるだけでは何かが足りなく、もしただ生き続けるならそこに「必死」という目的が必要なのかなと思ったりする。
「必死になる何か」は、人それぞれ方向が様々だから、何がいいのかはわからないけれど。
場合によっては、あらぬ方向にいってしまう人もいるだろう。

ディーン・ポッターの様に、いつも限界に居続けることで、自分自身の存在を確認し、限界に追い込まれてはじめて「その先が見えた」なんていう、それはそれは大変な人もいる。
とんでもない目にあって「日常の大切さ」を身をもって知る場合もある。

私はクライミング帰りには大抵、早くも「岩場に戻りたい〜」と思う。
先日、城ヶ崎にある「マーズ」を第2登した佐藤祐介君が、雑誌に書いていたように、岩場からの帰り道「30分前までの世界とのギャップが埋められない。早く戻りたい。すぐにでもあの場に身を置くべきだ」と記した気持が、「まさしくそんな感じ!」と共感できた(とはいっても一緒にするにはあまりにレベルが違うので申し訳ないのだけど・・・)。
日常にいるときにも「あの場に身を置きたい」と思う瞬間がよくおとずれる。
岩場から離れる時間が長いと尚更、過去のあちこちでのクライミングが頭の中をよぎったり、ある瞬間五感で感じたり、その時の匂いや空気や必死な自分を思い出し、切ない気持と共に、すぐにでも戻りたくなる。
などというとちょっとカッコいいが、実際の所は…。
今の状況だと私の場合多くは、さっきの漫画と全く同じで、帰りの電車や車の中で、ふと気付けば、頭の中を巡ってるのは、
「冷蔵庫にはあれとあれがあったな。明日の朝ご飯はなんとかなる」だったり、
「あ!しまった!上履き洗ってない!!」と思い出して慌て、月曜の朝には娘がうちを出るギリギリまで、一晩では到底乾かない上履きをドライヤーで乾かすという、クライミングとはひと味違う追い込まれた状態になったりするのである。
これぞ「日常!」

しばらくは、極端に違うふたつの世界を行ったり来たりするのだろう。
どっぷり両方知ってるってのも、なかなかいいものなんだろうな。

…で、結局何を言いたかったのは自分でもよくわからない…

10/2/4 たまにっき2010突入!!(とっくに突入してますが)

「お買い得」ってなんだろうか・・・と考えてみた。
世の中あちこちセールだし。

自分にとって、とても必要なものが、手軽に安く手に入ったら「お買い得」かな。
たいして必要でもない物を、手軽で安いからといって手に入れても、それは自分にとってはいらない物だ。
あまり自分の生き方にプラスにはならない。
自分にとって必要かどうか、そこが重要なポイントだろう。
その「お買い得」という言葉が「クライミング用語??」になってると感じる事がある。
私はたぶん使ったことはないと思う。
クライミングのルートに関して「お買い得」は、全くもって何の意味があるのかさっぱり不明だが、わりとよく耳にする。
日常の買い物で「お買い得」はたいていの場合嬉しいことだけれど、私が思うにクライミングに関しては断然「お買い損」がいいことのような気がする。
こんな事を書きつつも、実はこだわってるのは自分自身なのかとも思えてくるが。

「お買い得の11a」「お買い得の12a」「お買い得の13a」。
お買い得の14aって果たしてあるのか?
その辺までくるとお買い得は通用しないと思うが。
もしトポに「14a(お買い得)」って書いてあったら、顔が引きつりそうだ。
それでやる気は出るのだろうか?嫌〜な目安だろう。内容はもしかしたら素晴らしいかもしれないのに。

「お買い得」とは、「付いてるグレードに対してそれよりも登りやすい、易しめ、」なんて意味を含んでいるのだろうが、だとしたらそのルートは明日にはグレードダウンしてるかもしれない。
グレードだけを自分の実力の基準にするなら尚更「お買い得」では納得いかないと思える。
登ったことのない、現状の自分の実力より高めのグレードがついたルートを、もし自分が登れたら、普通は「これは易しめなんじゃないか?」と思ってしまいそうなものだが。
逆にもしかしたら辛目のグレードが付いていたおかげで、ど必死でもオンサイトできちゃったりするってこともある(ってことは私がグレードに左右されてるってことか?)
どんなグレードにしろ、取り付いたルートに対して出た結果が、そのままそのルートに対しての自分の実力なわけだ。
グレードが辛いとか甘いとか、そこがこだわる重要なポイントではなく、現状を受け入れて次に進むしかないだろう。
それくらいグレードには主観的な部分も含まれる。
「お買い得」も、ものすごく主観的だ。
ある人にとっては「お買い得」でも、ある人にとっては「お買い損」かもしれない。
所詮と言ったら言い過ぎかもしれないが、やはりグレードとは「目安」なのだろう。
もちろん、世界の限界グレードあたりになったら、相当な吟味をしてグレーディングされるのは当たり前だ。
そこにたどり着くまでには、多くの経験をふまえているわけだから。

トポにはよく、おすすめ★マークが書いてあるが、グレード以外の情報はそれだけでもう充分だろう。
それさえ不必要ではないかと思えるくらい、トポに書かれた余計な情報に疑問を感じる。
これも受け取る側のクライミングの経験量や、こだわっているスタイルによって違いが出てくる。
★が無くても素晴らしいルートはたくさんあった。
何はともあれ自分でルートを見て登って、それから判断するのが望ましいと思う。
登ってみたら、とんでもない目に遭っちゃったり?なんだかラインがわからなかったり?恐ろしく貧弱な下降点だったり?はたまたなかったり?
そんなこともいろいろあるとは思うけれど、それはそれで自分の体に刻み込まれる結構重要な体験になる。
そしてそれがルートを見る目として養われ、多くの場面で役に立つようになるような気がする。

グレードをレベルアップの一つの手段とするのはよくわかる。
私も、それが目標の一部であったこともある。
というか、体験したことのない世界を体験してみたい、ってことかな。
でもグレードの数字そのものがハッキリとした目標だったことはとても少なかったと思う。
過去に登ったルートの数も数えたこと無いし(これに関しては、反省した方がよいくらい記憶を失っていくのですが…)
それよりも、パートナー(ほとんどは先生)の登ってる、難しそうなルートがとにかく面白そうに見えるのである。
早くもっと上手くなって力も付けて、とにかくそのルートがやってみたいのだ。
思い返してみれば、ずーっとそんな風に思いながら登り続けて来た気がする。
とにかく面白そうで楽しそうで羨ましいのだ。
面白かったところ、難しかったところ、初登者の気持に一緒に寄り添ってみたり、そんなことを分かち合うのも楽しい。
なんて言うと美しい話に聞こえるが、実際、私と先生ではレベルに違いがありすぎて、ほとんどの場合相手にされないので、ひとり喜びをかみしめてみるわけですが。
それこそ他人を基準にせず、自分の世界で楽しむ力がすっかり付いてしっまたというのでしょうか・・・。

「お買い得」はあんまり聞きたくない格好悪い「嫌いな言葉」の一つ。
たぶん、自分で自分のしていることを受け入れるのには「覚悟」がいるのだろう。
そうしなければ、他人の基準が自分の基準になってしまう。
まあ、そんなこと言いながら格好良く登れればいいんだけど、グレードに関係なく、目の前の登れないルートにいつもど必死になってるのですが・・・。
しかもそのルートのグレードが易しかったりすることも多々あるのが現状。
でもそれをクリアしていかない限り、その先の自分にはなれない。

ジムでルートを作ったときなどによく言われる。
「千晶さん、これグレード辛いよ〜」
それに対して私の返事は
「その日、アタシ調子良かったんじゃない?」
そんな適当なこと言って、みんなを怒らせている。

09/12/1 気になること

大抵のことは、なるべく客観的に見たり考えたりするように気をつけている。
そうしないと、私は独りよがりになったり、表からしか物事を見られなくなってしまいがちだから。
多くのことには、いい場合も悪い場合も「裏」があると思っていたい。
クライミングなんて事を日常的にしていると、自分でもなんで面白いのかよくわからないくらい、ちょっと変わった遊びであるだけに、なおさら気をつけないと、物の見方が偏ってしまいがちになる。
偏ることが悪いわけではないが、まわりが見えなくなるのはよくないだろう。

夏に、小川山お殿様岩の「イムジン河」を登りに行った。
クラックルートの中でもかなり人気の高いルートだ。
初めて行ったわけではなかったが、その日は驚いた。
登り始めたら、ルート上のあちこちに「マーキング」の跡。
固形チョークの角で線を引いたように、真っ白な長い横線がルートの最後までたくさん残されていた。
私はたまたま初見ではなく、自分のムーブがある程度は決まっていたからまだ良かったけれど、それでもとにかくその激しい「マーキング」が登っていると目に付くのだ。
自分が使おうと思っていたスタンスがわからなくなるほど嫌でも目に飛び込んでくる。
その「マーキング」が、ホールドを指しているのか(ジャミングの場所)プロテクションの位置なのか、それとも両方なのかはわからないが、酷すぎる。
これをもし、オンサイト狙いでトライしに来た人はどう思うだろう。
せっかくのオールナチュラルの素晴らしいクラックルートが台無しに見えた。
見た目も悪いし、登っても視界の邪魔になるだろう。
驚くほどの私物化に思えた。
私はブラシでこすって消してみたが、くっきりとした線がぼやけて広がるだけで、花崗岩の溝に入りこんだチョーク跡はなかなか消えない。
バカバカしくなってくる。あそこまで、目印を付けるのなら、いっそのことジムのようにカラーテープでも貼ったらいいと思う。終わったら剥がせば跡も残らない。

ただ、こう書きながらも、もしかしたらその行為には何か私には想像しきれない大きな理由があるのかもしれない、などとも考える。
それくらい、あらゆる事に対していろんな方向からの想像力を持って、クライミングという行為に関わりたいと思う。
もしこれが自分本位な行為だとしたら、次にトライしに来る人に対しての想像力の欠如だろう。
オンサイトは価値のあるクライミングのひとつのスタイルではあるが、それ以前にオンサイトできた本人が一番満足のいく形でルートが存在してることが大切だと感じる。

先日、一年に一度行くかどうかとういくらい滅多に行かない秩父の「二子山」に行って来た。
ナチュプロのルートのように緊張感のあるクライミングとはまた違い、壁の中で体を思い切り使う楽しいクライミングだった。
しかし、祠エリアから東岳に移動して、これまたビックリ。
奇妙に整地された取り付き。
スノコに丸太に石垣・・・
変わってしまっった姿にビックリした。
なんだかどこかの工事現場のように見えてしまったのは私だけだろうか?

クライミングという遊びは、私にとっては自分の娯楽のために自然の中にお邪魔させてもらってるという意識が強い。
大好きな遊びではあるが、自分のものでもない自然を相手にして、常に少しもどかしいような気持を伴って登っている。
岩場を開拓したり、ルートを作ったりする上での法律や、損得や、常識的なルールとかがどうかというのではなく、もっと感覚的な部分で自然を相手にしてる、特にほめられた行為ではないという意識。
自然の中で人間が多少なりとも手を加え関わってる「不自然な遊び」という感覚がある。
なので、クライミングエリアに手が加わっていればいるほど、居心地の悪さを感じる。
とは言っても、20数年クライミングをし続けてきて、いわゆる「開拓された岩場」で私も散々登り、楽しんできた。
だからこそ、妥協点は最低限であってほしいと思う。

なるべく自分の実力でなんとかするという姿勢が大事だろう。
自分に居心地良く合わせてしまうのではなく、自分が合わせるという姿勢。
クライミングは自己責任を問われる部分の多い遊びだ。
自然をなるべく傷つけないということは当然大切な事だ。
しかし何より、なるべくありのままの姿の中で自分がパフォーマンスできる事の方が断然カッコイイし、満足感を得ることができる気がする。
ありとあらゆることがセッティングされた中で、グレードという成果をあげても、楽しむ事はできるだろうが、どこか自分の中で「登らせてもらった感」が常に残る。
それがよくないというわけではなく、それはそれで楽しみ、ただそれはそれなりというだけ。
その辺での自分からの歩み寄りみたいなことに、魅力や満足感を感じることが多い。

自分が岩場でクライミングする事で、喜ぶ人や、助かる人がいるわけではない。
だからなんだか少々もどかしい気持を持ちつつ、自分のしていることを常に客観的にながめながら、それでもやっぱり楽しいから「登らせてください」というスタンスで自然と関わりながらクライミングをしたいと思う。

いろいろ考えながら書いているうちに、自分が何言ってんだかよくわかんなくなっちゃいました。スミマセ〜ン!!

09/11/5

アメリカ、ニードルズツアーで調子に乗った私は、「クリフ・ヨセミテツアー」の一部、9月のシルバーウィークに混ぜてもらっちゃおうかな〜などと思い、子供の学校のこと、家のことなどなど考え出したらきりがない現実は「ぽーんと」そこらに放り投げて、キャンセル覚悟でサンフランシスコ往復のチケットを取ってしまった。
「行けるかも」と考えてるだけで、単純な私は日々の生活が俄然楽しくなる。
大抵の面倒くさい事や気になることは、ほぼどうでも良くなり難なくこなせるようになる。
我ながらホントに単純だとは思うが、まあ人生意外とそんなもんかも。

しかし、だんだんその日が近づいてくるにつれ、当然真面目にいろんな段取りを組まなくてはならなくなる。
私は今現在、自分の事だけ調整して「ぽん」と出かけられる立場ではない。
嫁、妻、母、あとちょっと仕事、などいろいろある。
うちの場合、お父さんも留守がちなので、回りの人の力を借り、子供とも相談し納得してもらい、やっと出発する事ができる。
いろいろ考え出したら、たった一週間と少しとはいえ、母だけ出かけるのはなかなか厳しいのが現実だ。
ここで挫ける母も多いだろう。
しかし、とりあえず現実は棚の上のそのまた奥の方に置いといて・・・ここら辺が、私の子供の頃からの癖で、まずやりたいことを決めてしまうのだ。
で、現実を目の前にしてあたふたするのだ。
これを一般的に人は「無計画」というのだろう。

だんだん出発の日が近づいてきた「ヤバイ、誰にも話せない」
無計画な割には小心者だ。
「お母さんさあ、一週間くらいまたアメリカ行きたいんだけどいいかなー」と私。
即答
「三日間ならいいけど、それ以上はダメ!」と娘。
あっさりアウト。
聞いてみたら、やっぱり少し寂しかったらしい。

長い人生考えてみたら、たった一週間、母親が出かけてたなんて事、忘れてしまうくらいの些細なことに思える。
そんなことくらいで、自分のやりたいことあきらめちゃうの?とも思う。
もちろん、ダメといわれても出かけることもできる。
でも、その一言がその時の母子には結構重い。

結局私は、その一言であきらめた。
たまにはあきらめなきゃならないことだってあるさ。なんてその時は思えた。
が、アメリカ行きを中止したことを先生に言葉に出して伝えた途端、涙がこみ上げてきた。
自分の言葉を、自分で声に出して聞いた途端「ホントに行かないんだ」と急に現実的になったのだ。
チケットを取ってしまってから今まで、どうしようかな、なんて考えつつも、なんとなく勝手に行く気になっていたのだろう。
自分でもこんなにガックリするとは思わなかったから、驚いた。

そしてシルバーウィーク。私は日本。
二日間、友人と小川山に行った。
そのうちの一日は、激混みのキャンプ場から遠く離れ、誰もいない静かな「烏帽子本峰」に行った。
開拓以来、あまり人は入っていないようで、ルートにはチョーク跡は全くなく、人が取り付いてる感じも無かった。
静かな最高のお天気の中、ショートルート数本、マルチ数本、楽しんだ。11台(12aが1ピッチ)が中心なので極端に難しくもなく、人が取り付いてる感じがあまりないからルートファインディングも楽しく、充実した一日となった。
終了点からの眺めは最高で、降りるのがもったいなくて、しばらく岩峰の上をウロウロしたりして眼下に広がる景色を楽しんだ。
人気エリアがひしめいてるキャンプ場回りの岩峰達がずーっと下の方にたくさん見える。
大勢でワイワイ登るのも時には楽しいが、やはり私はこんな風に静かに自分のクライミングに集中できる場所がなんとも落ち着くし、居心地がいい。
他のクライマーの話声や、ルートに対する感想やムーブ解説、それらが全く耳に入ってこない静寂の中でのクライミングは、なんとも贅沢な時間だと感じる。

帰ってから先生のヨセミテ定期メールを見ると「激暑」らしい。
かなりすごいらしい。
結構、辛いらしい。
それを知って「まあ日本もよかったかも」なんて自分を少々納得させてみたりした。
今の私には、日本にまだまだクライミングを楽しめる環境はたくさんあるのだし。
「場所を変えなくても、羽ばたくことはできる」なんて、どっかで聞いた言葉を思い出す。
そういえば、決してクライマーとして恵まれた環境にはいないけれど、ポリシーをもって自分のクライミングをし続け、成果も出している先生は頑張ってるな〜なんてことも、思い出した。

結婚するまで、子供が産まれるまで、私は自分のしたいことの多くを優先して生きてきた。それはひとえに寛大な両親のおかげだ。
目の前のやりたいことを、先々のことまではあまり考えず、わりと無計画に追ってきた。
実際、自分を縛るものは生活の中にあまりなく、かなり恵まれていたと思ってる。
それが、結婚したことでがらっと変わった。
これが人生最大の無計画?だったかも知れない。
嫁に行った先は、岩場からは遠〜く離れた海のそば。
最近、建設ラッシュのジムは未だ我が家の近くには一つも立ち上がらない。
先生の実家に引っ越してみれば、これまたビックリまわりに親戚盛りだくさん。
あんまり複雑で、つながりがさっぱり不明な私は「家系図書いて」と頼んだりしてみた。

今は思う。
実際の毎日は、関わる人が多い分だけ、煩わしいこと面倒くさいこと、たくさんある。
だけど、自由にしてきた私に足りなかった「何か」を、
気が付かなかった「人が繋がっていくということ」を、今の生活は私に教えてくれた。
やっと、なんとなく先に繋がっている自分が見えてきた気がする。
今していることがいずれ自分に返ってくるのだろうと、いろんな場面で感じるようになってきた。
たった8年しか生きていない娘に「生きるとは?」と教わる事も多々ある。

すぐに動ける身軽さや、目先の欲求を押し通せる強さも、時には羨ましく思えるし、それがその先の「何か」に繋がるかもしれないが、長いこと自由にしてきた私には、子育てをしながら生活のベースを築いていくという、オーソドックスでありながら大切なことが、人生を考えるきっかけとして必要だったのではないかと思える。

な〜んて言っておきながら「やっぱりもっともっと自由に登りたいし、やりたい事どんどんやらなきゃ!」「なんだか理不尽〜!!」とか言って「ポーンと」現状を放り投げて引っ越しちゃうかもしれないけれど・・・。
だって、何だかんだ言っても、ヨセミテも行きたかったし、グランドイリュージョンもすっごい見たかったんだよー。
まっ!それも人生か!!

海外編〜やっとこさ最終章(6/29の話)

「ROMANTIC」の緊張溢れるクライミングの詳細は、9/5発売の「Rock&Snow」の記事と、あとはみなさんの今までのクライミング経験を生かしてできるかぎりの想像力を駆使して思い浮かべてみて下さい。

今回は、取り付いてる間中、私たちもマイケル・リアドンの動きと精神状態をありとあらゆる場面で想像しつつ
常に引きつった笑いを浮かべながら登り続けた。
私は四六時中「絶対ガセ、ありえない」とつぶやき続けたのだった。
そう考えると、彼のおかげで体と頭の2倍楽しめた感じ。
「ここでちょっと休んだのかな?でもどうやって?」「え?マジ?ここでこれ?」とか
「次のピッチ入るとき、ヤバイな〜、とか思ったかな」「でも降りるのもヤバイよな〜」とかね。
いや、でもリアドンはこういうタイプではないか…。
経験の幅広さによって、こういうタイプのクライミングは想像ができたりできなかったりするものではないかと思う。
私のように誇大妄想し過ぎるのもどうかと思うけど…。

どうなることやらと思いつつ動き始めた「ROMANTIC」は
取り付きまでもなかなか楽しませてもらえるクライミングだった。
まずは、5.9の30メートルくらいあるクラックのフリーソロからスタート(しかもアプローチシューズ)。
取りつきまで下降するための、その下降路にたどりつくために、まずこれを登らなければならないのだ。
私はそういうことは見慣れてるので驚きもせず
「あ〜こういう感じで始まるのね〜」なんて心で思いながらスタートした。
こんな事は先生にとって日常当たり前なので、記事に載ることもないからオマケで。

登った後の数回のラペルは「ひょえ〜」と声が出ちゃう60メートルの空中懸垂も含み、
今まで目にすることのできなかった谷底からそそり立つ岩峰の末端へと、どんどん高度を下げて入り込んでいく。
シーンと静まり返った、全く人の気配の無い谷に向かうにつれ、「来ちゃったな」という緊張感がだんだん出てきた。
ブッシュ混じりのスラブをクライムダウンし、やっと「ROMANTIC」に会えた。
一目瞭然のスッキリとしたラインだ。

オンサイトを狙ってる先生は、私には想像できないほどの緊張感と高揚感を今まさに感じてるんだろうな
などと思った。面白いものでクライミングは、誰にも何にも勝つわけでも負けるわけでもないのに
自分で自分にプレッシャーをかけるのだ。
しかも、どんなに奮闘しても、辛い場面、恐ろしい場面を必死でやり過ごしても、
見てるのはパートナーだけだ。誰に頼まれたわけでもないし、ましてや仕事でもないし、賞状もらえるわけでもない。
だけど、気付けば壁の中で必死になってる。
よっぽど好きじゃなきゃやんないよな〜、と思う。
そう考えると、リアドンのオンサイトフリーソロは、命がけの究極の趣味だと思えてくる。
もちろん、達成した後には、賞賛が得られるのだけれど。
でも本人は別に賞賛してもらうためにやってるわけではないだろう。

私の個人的な考えとしての余談になるが、私にとってクライミングは人生の「おまけ」なんじゃないかと思っている。
一部仕事でもあるけれど、もとは好きで始めた趣味なので。
「オマケ」は子供のお菓子などについてる子供にとっては重要な存在だ。
本体はさしておいしくもないお菓子なんだけど、オマケの存在は子供にとってものすごく魅力的だ。
基本はその本体なんだけど、そのオマケがあることでさらに充実したものとなる。
日々淡々と生活を安定して続け、何よりこの先社会に出ていく娘を責任もって育てていくことが、
私にとってはとても重要な事だけど、そこにオマケが重要なスパイスとなって生活を楽しいものにしてくれてるのだと感じる。
子供の親は、つまんないオマケのついてないおいしいお菓子を買わせたいけど、子供にはオマケあってこそのお菓子なのだ。
スーパーのお菓子売場で泣いて訴える子供もいるだろう。
たぶん、私の両親も特に私にクライミングはしてほしくないだろう。
年中、青あざ、傷だらけで、もっとフツーに生活したら?と思ってるかもしれない。
だけど私には、なんの役にも立たないそのオマケが非常に重要な存在なので、
予定していたクライミングに行けなくなったりすると、本気でこっそり泣いたりする。
クライミングを美化する気はさらさらなく、人生において特にやらなくてもいいことだと思ってるけれど…・。

さて、本題に戻ります。
先生の本気トライに、とりあえず迷惑かけないように、なおかつ色々なものを吸収しつつ各ピッチを登り続ける。
いろんな場面が出てきて、それらをその都度クリアしていくのはなんとも刺激的だ。
「ROMANTIC」は各ピッチがとても特徴があるので、毎回ビレイポイントにつく度に「お〜次はこれか〜」と気持が引き締まる。
ドライブの時に遠くに見たあの「巨大な影」を持つ前傾壁が頭上にそびえるピッチでは、その時の威圧的な私の想像とは全く違うものの恐怖と戦うことになった。
絶対落ちられないスラブのクライムダウン。
グレードも低いので登るのは比較的簡単なんだけど、下りるのって意外と難しい。
しかも、落ちたらたぶん吹っ飛ぶプロテクション。
フォローなのでなおさら青くなる。眼下の谷に向かっていったいどこまで落ちるんだろうか…。
などど考えながら、ほぼ「くつ頼み」で降りていく。

難しいピッチは、ホントにクラックが細く、クラックというより「線」?
私の指でさえ受け付けないのだから、先生の太い指では到底入らなかっただろう。
しかもプロテクションとっちゃったら、指はどこに?の連続だった。
究極の選択?そう考えるとフリーソロはどこでも使える?いやいや違う違う、それとは違う。全然違う。
何もお膳立てされず、何も使わず、誰とも争わず、ひたすら壁に体をなじませる。
落ちたらおしまい。究極のクライミング。

フリーソロは別として、こういうクライミングには、クライミングの技術、持久力、体力、瞬時の判断力、精神力、何もかもが必要だけれど、それプラス、こういうクライミングをし続ける事でしか身に付かない、あらゆる場面において自分の持ってる全てを出し切れる精神の持久力みたいなものが必要だと感じる。
一体自分には、この中の何かひとつでも身に付いてることがあるのだろうかと情けなくもなる。
「ROMANTIC」の9ピッチを終え、全てをオンサイトした先生はとても満足そうで充実した顔をしていた。
アプローチさえ不明だった事に始まり、今回は「やりきった感」がさらに強かったのではないかと思う。

そこから、登ったり降りたり後3ピッチほど「針山」のピークを2つ通り、ニードルズで一番高い場所に立つことができた。これで5つ全ての岩峰の頂上に立った。
そこは、今まで経験したことのない見事に綺麗な岩塔の頂上で、記念に持って帰る石ころひとつ見つけることができない。
景色は360度、私たち以外、草ひとつ生えてない。風も気持ちよく吹いている。空がとても近く感じる。
なんていうんだろう、宙に浮いているような場所だった。
私はそのど真ん中に大の字で寝転がり、大好きな「テルーの唄」を歌った。
クライミングしてて良かった〜と思えた最高の瞬間だった。
私でさえこんなに満足してるんだから、先生は表現できないほどの充実感をかみしめていたことだろう。
私をパートナーにしてくれた先生にホントに感謝だ。

「Rock&Snow」の記事の中に「多くのクライマーが一生体験することのない…」という一文があるが、
私はこの言葉が大好きで、すごく大事で、なんだか涙がこみ上げてくる。
オンサイトフリーソロはまさしく一生経験しないとなと、さすがに私もフツーに受け止められるが、
そんな言葉を実感する体験を過去に何度か私はしてきた。
それは私の場合ではあるのだろうけれど、その言葉の重さを感じながら葛藤しながらも今までクライミングを続けてきた。
クライマーでありながら、一生体験することのないクライミングがあるんだ、ということが悲しいようなせつないような気持になる。
それでも、自分なりのスタイルと楽しみ方でこれからもクライミングを続けていくのだろうと思う。
今回もそんなことを何度も感じた。
またまたいろいろ「思い知った」のである。
この体験のほんの一部でもいいから、今後の自分のクライミングに取り入れられたらいいなと思う。
傍目にはわからないけど、自分の中での小さな手応えとしてでも感じたいと思う。
10年前ニードルズを訪れたときは、その時の自分とはかけ離れた場所に感じたけれど、
今回少し自分に近づいてくれた気がした。

その後先生が下降して、しばらく一人で頂上にいたら急に風が強くなり寒くなってきて、
あんなに感動してたのに「頼む、早く降ろさせて〜」となりました。
どんなに感動してても、やっぱり自然の力には逆らえない。
今日は最終日。
全ての荷物を持って約2時間、いつもの急登ガレ場付きのアプローチを、それぞれ満ち足りた気持で歩き、
今回のツアーをさらに楽しくしてくれた美しく静かな景色と空気を全身で味わいながら今回のツアーを終えた。

いつのことやら海外編〜その3 (6/28頃の話)

ちょっと最近につなげて…
帰国から1ヶ月余りが過ぎた頃のこと。
娘の同級生が昨日から「お泊まり会」と称して泊まりにきている。
どこに連れて行くよりも、こんな事がものすごく楽しいらしい。
「親より友達」という年齢になってきたのだろう。順調な成長が伺える。
その二人に朝から振り回される。昼間は買い物に連れ出し、おやつに白玉こねらせ、
手垢たっぷり練り混んだ「ねんど」ならぬ「白玉」をおいしそうに食べ始めれば、
私はそこら中に散らばった白い固まりを拾い集め、掃除する。
子供たちはリカちゃんファミリーを着せ替えながら、いろんな場面設定を次から次へと考え出し、
驚くほどの想像力と集中力を発揮しながら遊んでいる。
人間どんなときも集中力と想像力は必要で、その集中力をもってした事が本当の身になっていくのだろう。
余談だけど、「集中力」というタイトルが気に入って買った本が私の本棚に並んでいる。

キッチンがきれいになったと思えば、次は夕食のハンバーグをこね始める。
子供はとにかく「こねる」のが好きだ。
私はよく、少しでもかかりの良い所はないかと、ホールドをこねくり回している。
しかし、持っても持ってもスローパーがガバになることはない。
いつもよりだいぶ賑やかな夕食が終わり、友達を家まで送り届け、ハア〜と一息ついたところに
先生が、「ほれ」と「ROMANNTIC」が表紙にドドーンと写っている「Rock&Ice」を私の目の前に差し出した。
そこに引かれたラインを見ながら、その時その時の一瞬に集中していたひと月前を思い出す。
先生は、あの時と今もつながってずっとクライマーなんだなあ、とか思いながら
私は頭を切り換えてクライマーに戻る。
先生、子供、私、それぞれがやるべき事をこなしながら生活は回っている。
夜になり、やっと自分のことでもするかと、たまった日記を書き出せば「お母さ〜ん眠れないよ〜」
こうして日々が過ぎるのである。
単身で出掛けるということが、どれほど贅沢な時間かと思い知る。

6/27 レスト日。
少々足が筋肉痛だが、行きも帰りも同じだけ上り下りするアプローチのせいか、
それほどの負担にはならないようだ。
今日は、未だお目にかかっていない「ROMANTIC」を見に行こう、ってことで少々ドライブして、
全く逆側から壁を見に行くことにした。
毎日のアプローチからも、3つの岩塔のピークに立っても、ROMANTICは見えないのだ。
妄想癖がある私としては、どうしても誇大妄想をしてしまいドキドキする。

ダートを12キロほどものすごい勢いで高度を下げながら下り、東側の道路に出て北上する。
ビックリするような暑さだ。息を吸えば熱風が口の中に入る。
こちらからのアプローチもあるらしいが、ものすごい急登だし、とても歩ける気温ではない。
取り付きで私は倒れるだろう。この時点でこちらからのアプローチは却下。
しばらく車で走ると、かなり遠くのかなり高い場所にニードルズの岩峰群が見えてきた。
「針の山」たちがかっこいい。
さっそく双眼鏡で覗く。
先生にはROMANTICのラインがハッキリ見えたようだ。
私はそれよりも、ノーズのグレートルーフを思わせる大きなルーフがものすごく気になった。
そのルーフが作る巨大な影が壁の中に広がっている。
「どんな場所なんだろう」と想像しながら勝手に威圧感を感じていた。
まさか2日後に、自分がそこをトラバースすることになるとは予想もしていなかったが。
まっ、後から考えれば知らなかった方が良かった恐怖をその後味わうわけだが…。



翌日は「ATLANTIS」の向かいにあるマルチの一本「SPOOK BOOK」を登った。
グレードの高いルートではないが、10台のルートの中では「ベストオブ10+」とトポに記されている。
確かにスッキリとした綺麗なラインだ。
しかしいきなりやられた感じ。
もう今まで嫌と言うほど「グレードは目安だ」と体にたたき込まれて、
こんな場所の10台のルートが気軽に登れるとは全くもって思っていないが、
1ピッチ目10bで早くもガツンとくらわされた。
すごい微妙な難しいスラブ。私はリードしたわけではないが、
プロテクションは外傾して膨らんだ唯一のノブに、ナッツのワイヤーを引っかけただけ。
呆れた貧弱なプロテクションに思わず鼻で「フッ」と笑ってしまった。
先生に言わせると、イギリスはこんなもんじゃないらしい。ってどんなもんだよ!
なんとか落ちなかったものの、体感はムーブだけを取り上げても「11c」といったところ。
逆にリードしていた方が集中力が高いので、受け止め方は違っていたかもしれない。
リードしてる方がランナウトも気にならなかったりするものだ。
それくらい集中して、確実に動くからだ。

私には良くあることだが、狙ってるルートの場合、一番最初にリードした時が最も集中していて
良いクライミングができることが多い。
OSできず2回目になると、よく友人に達に言われるのが「さっきと全然ムーヴ違うよ」なのである。
その場合はなんとかして、格好悪いムーブとかでなんとか乗り切るのだが。
失敗してる姿も格好よく見えるくらい頑張ってやりきれるのが格好いいなと思ってるので、
それはそれでまたいいのだけど。
たいていの場合壁の中では本能で動いてるので、集中力が切れるらしい。
トップロープで登ると、よほどムーヴの確認でもしてない限り、怪しい動きになる。
とまあ私があんまり頭使っていない話はどうでもよい。

ベストオブというだけあって、ビレイしながら鼻歌を歌い続けるほど、
今日は上昇気流もお休みらしく、気持ちよく壁の中で過ごし、今日で3つ目のピークに立つことができた。
しかし、これまた「ROMANTIC」は姿を現さない。ここのピークからは見えない方向にルートがあるらしい。

翌日今回のメインである「ROMANTIC」に取り付くので、下降後、アプローチの確認をしに場所を移動する。
3パターンのアプローチがあるらしい。
2時間弱いつものアプローチを歩いた後、どこから行ってもさらに取り付きまでは遠いことに変わりはないのだが、今回は一番効率よく、さらにクライマー冥利につきるアプローチを選択した。

そして向かえた本番!
アプローチにしろルートのハードさにしろ、私がそれに付き合えるのか?と、
長いこと先生とビッグウォールは登っていないし、
ここ10年は私とではなく逞しい他のクライマー達と登っているのでかなり気後れしていた。
ギアの準備しながら「どうもホントにアタシと行くらしい…」などと思った。
しかし、そこら辺は結構いい加減なので「あとはその場で考えよう」と私の気持は安易にころっと変わったのでした。

取り付きまでで充分アドベンチャラスだった。なんせ下降路も予想でしかないので
「このまま行っちゃっていいのかなあ〜」「ここ、降りちゃっていいのかな〜」
などと思いながら、ど迫力の空中懸垂などもしながら取り付きに向かった。

余談になるが、自分より経験の浅い他人を連れて登りに行けるというのは
それなりの余裕がないとなかなかできないだろう。
これは、20年以上クライミングをしてきて、たくさんの人と登ってきて常々感じてきたことだ。
無責任には言えないのだが、ある程度登れるようになったきたら、
同じくらいのレベルの人、又は自分より経験の浅い人と登りに行くといいだろう。
当然、上手い人、経験豊富な人と行く事で得る物はとても多いし安心だし
実力以上のクライミングができるのは当たり前だ。
だけど自分が誰かを連れて行くというのは、
その人のクライマーとしての本当の実力が発揮できることにつながると感じる。
エリア選び、アプローチ、ルートの選択、全てのことを自分で判断するというのは、
そのままそれが自分のクライミングのスタイルで実力ということになるだろう。
私も何人もの友人達に、たぶん迷惑もかけながらお世話になりながら今まできた。
スクールをやってきてこんなこというのも何だけれど、講習会という環境にも鍛えられてきたと思ってる。
私にとって先生は、知り合ったときからベテランだったのでたくさんのことを一緒に登ることで学んできたし影響も受けた。ありがたいと心底思ってる。
しかし、最初の頃に気がついた。いつもくっついて登っていたら、私の場合は自立しないかな〜と。
それはそれで決していけないことではないのでけど、私は私のクライミングがしたかった。
自分なりのクライミング環境を作りたかった。
そんなこと言ってるから、未だに先生と登ると「あ〜情けない。とても自分をクライマーとは言えません」なんだけど。

なので、いろんな人たちといろんな場所で登る機会を得て、今に至ってる。
追い込まれることも多々ある。その都度自分のできる全てで解決し、何かが自分の物になっていく。
クライミングはあまり上達してないかもしれないけれど、いろんな手応えをその都度感じることができる。
今は子供がいることもあり、先生と一緒に登る機会はそれほど多くはないが、
他に一緒に登ってくれる友人が何人もいるおかげで、私なりのクライミングライフを送る事ができている。
レベルが高いベテランと登り続ければ、安心だし、確かに今の自分より少し上の自分を経験できるし、レベルが上がるのも早いだろう。
それを、上手く使いつつ、平行して自分の素の実力で楽しめるクライミング環境を確立してもらいたいなと思う。
それが、長くクライミングを続ける大切なポイントになる気がする。
そして、自分はどんなクライミングをしたいのかか見えてくるのではないかと思う。
良い意味でいろんな事を体験し「思い知る」のである。

などと語ってしまいましたが、こんな私を連れていく先生には、それなりの覚悟とプレッシャーがあるんだろうな、と思うのである。
なんてったてOSを狙ってる相当真剣なトライになるわけだから。
ヤバイのはアタシか???

長くなったので、この辺で。

(Romantic Warriorへのトライの模様は、9/6発売Rock&SnowのOBG海外編にて!)


たまにっき海外編〜なんとかその2 (6/27ころの話)

時差ボケとひどい頭痛のせいで、毎晩寝てんだか寝てないんだかわからないまま朝を迎える。
だけど子供が産まれてからは、毎日次から次へと現れては去ってゆく雑用に、こちらの体調や自分の用事に関係なく追われるので、体調イマイチだったり、クライミング前に準備万端じゃなくても、その状況をそれなりに受け入れ「まあ、仕方ない」と、それなりに行動して、それなりにやれることをやるようになった。
完璧な状態を求めてたら、なかなか先に進めないから。
それは、何人かの親しい母友達から教わった。
私がクライミングをしてるということに全然興味もなく、さして話題にもならない人間関係で教わることや発見は非常に多い。

取りあえず、生活の手はずを整えるために、車で1マイルほど走ったとこににある「ポンデロッサロッヂ」に行ってみた。必要最小限の物はなんとか売ってる店とカフェとロッヂ。
「シャワーはある?」と聞いたら苦笑いで「近くの川にでも入れ」と返された。
ってなわけで、私はとても人には見せられない姿でアウトドアシャンプーを繰り返す毎日となった。

クライミング2日目は、超有名カンテ「Scirocco2ピッチ」&超有名ルート「Pyromania]に行く。
その有名カンテは、それこそ見事なカンテ!これぞカンテ!
でっかい壁のホントに端っこのカンテを登るルートで、その向こうはパックリ下が切れていて壮大な景色が広がっている。
取り付きが、これまた見事なチョックストーンで、なかなか洒落た場所だ。
今日もまた、ものすごい上昇気流で、気温はさほど低くはないのだろうけど、じっとしてると体温を奪われる。
2ピッチ目の12aは、ビレイしながら見ていても「しばらくプロテクションとってないよな〜」なんて思っていたが、いざフォローしてみてビックリ。
自分への「なんとかなる」「なんとかする」というある程度の自信がなければ、突っ込めないだろう。
私はかなりたくさんの12というグレードがついたルートを登っているが、グレード自体はさほど高いわけではなくても、こんなルートを登ってみればグレードというものが、いかに「目安」であるかがわかる。

同じ12aでも、その内容、クライマー側に必要ないろいろな種類の実力、発揮するものしなければならないもの、それらのレベルは幅広く様々だと感じる。
いろいろなタイプのクライミングをすればするほど、クライミングはジャンル分けができない遊びだと感じる。
同じ一本のルートでも、登る側が自分のスタイルを決め満足できればそれでいいわけで
「こうやって登らなければいけない」は存在しない。自分がよければいいのだ。
他人がつけた目安であるグレード。それを「12が何本登れた」という数で一喜一憂することに私はあまり意味を感じない。
ただ、その時の自分にとってギリギリ難しいそのルートが登れたか登れないか、とシンプルな話だ。
10cの絶対落ちてはいけない50メートルのワイドクラック、15メートルと短い12aのボルト2メートル間隔のルート。登ったときにどちらに充実感を感じるか。
それは人それぞれで、どちらもそれなりに楽しいということだ。
ありがたいことに、私は今までそれらのどちらのクライミングもたくさん経験することができた。
なのでいつも、目の前の登りたいルートにとにかく集中して楽しむことができるようになったのだろう。
それは、一手課題のボルダーでも同じ。

話はそれるけれど、出産後に私のクライミングは振り出しに戻った。
人工壁の5.9を登ってもパンプした。まあ産後だから仕方ない、と、つい最近まで人にも自分にも言っていたが、
子供はもう8歳。いつまで産後なんだよ!と自分につっこんでる。
出産後、たまにクライミングしてるとよく言われた。「復帰ですか?」
確かに復帰なんだけど、体が振り出しに戻っていても、登っていないルートはたくさんあるわけだし、
散々登った易しいグレードであっても、すでに登ったルートでも充分楽しくクライミングができた。
「グレードダウンしちゃって辛くないですか?」
という質問も受けたけれど、それは私には全くなかった。
今の状態になるまで、体を必死に戻したわけでもなく、許される時間内でのたまのクライミングもどっぷり楽しんできた。
もちろん、常に登りには行きたいから、行けないときは少々自宅でトレーニングとは呼べない程度のトレーニングはしたけれど。
というわけで、色々な事情で自分の時間を思うように持てず、クライミングの調子が上がったり下がったり忙しい場合は、それに振り回されず、取りあえず目の前の事を楽しむ習慣をつけることで、それら全てが次につながっていくのだと感じる。
そんなこと言ってるから、上達しないってって声が聞こえてくるが・・・。
しかし、上達することが目標ではなく、私には何がしたいのかが重要なのだと思ってる。

超有名ルート「Pyromania」は、1ピッチのショートルートだが、取り付きから「取り付けない」、しかも最初のプロテクションは一体どこで?ってほどのハードルートだったが、歩いて上に回れるというところが、ニードルズらしからぬ、写真集から想像していたイメージとは少々違った。私はは誇大妄想に走りすぎるらしい。
しかし、取り付くには約2時間のアプローチが必要なのは日々のこと。

だけど、見事に綺麗なフェース。だから、ツルツル。
ひたすら、足無しでアンダークラックに耐える。
ポジティブなホールドはほとんど無いので、クライミングを知らない人が見たら、登ってる姿が不思議に思えるだろう。
それこそ、クライマーならではのテクニックを駆使できる舞台といった感じ。
ルートの詳しい話は、いずれ先生から報告があると思うので、全く役に立たない私の話は、聞き流して下さい。

ほぼニードルズとは関係ない話で、今回は終了。
では、またいずれ・・・。

海外編とりあえずその1 (6/25ころの話)

アメリカから帰国して、余韻を味わう間もなく、いつものありふれた毎日を取り戻す作業に追われる。
隠しようのない余韻は、真っ黒な顔と腕。
少し落ち着いたので、今回のツアーの「あれやこれや」を思い出しつつ綴ってみようと思う。

母であり主婦であるという立場から、出発前の事もちょっと。
なかなか幼い子を持つ母が、数日とはいえ家を空けるのは、かなりの覚悟と勇気と決断力がいる。
それと、そこまでしても行きたいとう「モチベーション」も必要かも。
娘は学校があるので、その予定の確認やら、行ってる間の娘の1日の行動予定を
表にしてみたり、毎日の持ち物やら習い事やらを書き記した一覧を作り貼ったりする。
そして、私の実家、嫁ぎ先の親戚、母友達、いろんな人の力を借りて、私は出発に至った。
本当にありがたいと思う。
いろんな人間関係、クライマーではない人たちとのいろんな日々のつき合いがあるおかげで、
私は彼らを信頼し出掛けることができるのだと思う。
幸せな状態だとあらためて実感。
そうやって、なんとかいける準備は整えて、やっと自分の準備。
こちらは少々拍子抜け。
いつもは二人分の大荷物の準備で、だいたい途中で投げ出したくなるのだが、
自分一人分とはこんなにも少ない?大きなダッフルバッグにはまだまだ隙間が。
こんな感じで出発した。

今回訪れた「ニードルズ」は、10年ほど前にほんの半日寄ったことが
(ちょっと寄れるような場所ではないのだけど)ある。
「ロックス・アラウンド・ザ・ワールド」という写真集の表紙で、
シュテファン・グロヴァッツが登っていたり、雑誌の写真などでも良く目にしていた。
あの頃はまだ、個人のフリークライマーを取り上げた写真集は珍しかったので、私の中に深く残っている。
そんなニードルズの私が持っていた長い間の印象は
「私ごときのレベルで向き合える岩場ではない」というものだった。
結果、実際そうでしたが・・・。

とにかく壁が黄色い!というのが強烈な印象。
ここだけは、どんな写真をみても「ニードルズ」と当てられる。
なんだか常に気になる、怖い物見たさ的な感じで、ずーっと心の中にとどまっていて、
もう一度行ってみたいところだった。
今回、夫でもある先生が同行ということで実現できた。
私は心強いが、なんせ体力不足を実感してるので、パートナーとして務まるかな?
というプレッシャーは少々あったが。

普段、比較的規則正しく生活してるおかげ?で時差ボケがものすごく、
サンフランシスコから車で走っている途中、何度も目を開けながら寝た。
センターラインに吸い込まれそうになりながら「もう限界、代わって」と運転を交代してもう。
あとはほとんど意識朦朧だった。
全日空は、各座席にモニターがあるので、フライト中はかなりいろいろ楽しめる。
で、私も身軽だし、私を振り回す存在が今回はいないので、いろいろ楽しんでしまい、
一睡もせずサンフランシスコに降り立ってしまった。これが敗因。

二日目、今日は目的地まで走って、今日からクライミング。
相変わらず私は意識朦朧。そのまま長いワインディングロードをどんどん標高を上げながら走っていくうちに、
私は少々高山病らしき状態?(なったことないけど)
とにかくヘロヘロで、標高2000メートルくらいのキャンプ場に到着。
生活の場を整えて、いざ「ニードルズ」へ。今回の私の核心は「アプローチ」。
距離と時間も長いけれど、以前来たときは、今のような素晴らしいアプローチシューズは無いので、
まだスニーカーだった。アプローチの中にガレ場があるのだけど、そのトラバースでビビッたことを良くおぼえていた。
しかし、このアプローチは最高だった。
もちろん長いことには変わりないしガレ場ももれなく毎日付いてくるが、
遠くにはシェラ山脈が見え、とにかく気持ちいい。
二日目くらいには高度順応したのか、楽になったし、毎日歩いても決して苦ではない。
私はもともとアプローチの近い岩場があまり好きではないので、
今回のような、いろんな事全部引っくるめたクライミングはとても楽しい。

先生と二人だけで海外クライミングに出掛けたのは、10年ぶりくらいなので、
地図を見て岩場を探して、迷って、ルートを探して、そんなこんなが懐かしく感じる。
昔はそんな行き当たりばったりツアーばかりで、散々ダートを走っても岩場にたどり着けないなんて事も良くあった。

1時間半歩き、そこではじめてドドドーンとビッグウォールなみのニードルズとご対面。
アプローチ中は、全く岩場が見えないってのが、これまたなんだかカッコイイ。
谷底から吹き上げる上昇気流がものすごく、圧倒される感じ。
「ここパタゴニア?」とか思う。(行ったことないけど)
しかも、自分たち以外に誰もいず、シーンとしている。なんとも荘厳な印象だ。
正直見るだけでも、そこに行って空気を感じるだけでも、気持が透明になる感じ。

ここで余談。
私はヨセミテにも何度か行っているが、初めてヨセミテを訪れた時の印象より、
ニードルズの方が強烈な印象として残っている。
もちろん、壁の大きさ、エリアの広大さはものすごいと思ったし、エルキャップ
のでかさには「これ登るの?」と自分がクライミングしに来たこと忘れそうなくらいではあった。
しかし、何より衝撃だったのは「え〜こんな観光地だったの?」ってこと。
これは相当ショックだった。
壁の中にいる時は、確かに圧倒的な印象を何度も受けたが、
下の道路にはグリーンドラゴンが観光客が…。スーパーあって病院あって郵便局あって…。
ヨセミテに行くもっともっと以前に「ABOVE THE YOSEMITE」という写真集を見て、
私はヨセミテを知り、いろんな想像と妄想に走っていた。
すごい所なんだろうな〜、そう簡単には行かれないんだろうな〜、などと。
なわけで、カルチャーショックを受けたのだ。
話はまた、後半の「ROMANTIC WARRIOR」の時に残しておくけれど、
ニードルズはそんな私の、花崗岩のビッグウォールの印象そのものだった。

話は戻るけれど、初日、ヘロヘロのまま、3時に「ATLANTIS」4ピッチに取り付く。
というか、取り付いた先生についていく、って感じですが。
風でロープは舞い上がり、チョークバックは壁中にいる間中ひっくり返ってしまってるので、
あっという間にチョークバッグは空っぽ。
上昇気流の効果もあって、さらに何かが迫ってくる感じがある。
60メートルロープが、余裕で必要な長さのピッチも多いので、スケールが大きい。
綺麗な花崗岩というのは、見た目には格好いいのだが、
要するにスタンスは無いし、ホールドは少なくクラックが多いということなのだ。
標高も高いこともあり、呼吸困難に陥りそうな状態で、私は後を追う。
花崗岩のクラックの特徴でもあるのだろうが、レイバック体勢で足がないいうムーブが多く、とにかく息が上がる。
その体勢で、クラックをのぞき、プロテクションを選び、登り続けるには、
何が必要って「体力」と「かなりの筋持久力」。
わかってはいたが、思い知る。
そんな初日で、私は早くも自分が次に何をすればいいかが見えてくる。
無理して来たからには、自分なりの何かを得て帰りたいと思う。
頂上は大パノラマで、クライマー冥利に尽きる眺めだった。しかもこの景色貸し切り。

下降して、またまた1時間半かけて帰る。このアプローチの手強いところは、
行きも帰りも同じだけ登ったり下ったり、時間がかかるというところ。
でも、膝が笑ってるカクカクした足で、帰りもまた充実感を味わいつつ、
夕暮れの山並みを見ながら各自のペースで、いろんな事を思いつつ歩くのは静かないい気持ちになれる。
頑張った先生は、さらに充実した気持を味わっているのだろう。

キャンプ場に戻ったのは、9時近かった。それから夕食。
汗かいたけど、遠い街まで降りないとシャワーは無いので「ちょとべたつく〜」とか思いながらシュラフにもぐる。

次回に続く・・・かも


09/6/24

故障2号より「肘関節水たまり」その後の経過報告です。
肘にたまった水を抜いてから、一ヶ月と少しが過ぎました。
現在、まだ多少痛みはあるものの激痛はなくなりました。
しかし、痛めた方の手をついたり、かたい瓶の蓋などを開けるのは痛く、
懸垂は痛みを感じるのでやっていません。
その間に、腹筋でも割っとっこうと思っていたのですが、
元々筋肉の付きにくい私の腹筋は、全く割れませんでした。

クライミングに関しては、ランジやデッドポイントは怖くてできませんが、
普通に登る事に関してはそれほど問題無くなりました。
やはり、クライミングって足使いが重要だとあらためて実感。
懸垂一回が痛いのに、足を使えば登っても大丈夫とは、なかなかありがたい話です。

故障1号の先生も、すっかり回復し、全く病院の先生の言うことを聞かずに、
早々と回復してしまったため、先生は不機嫌そうに
「もう大丈夫みたいですね」
と言ったらしいです。

先日、久ぶりに生岩を続けて触れる機会がありました。
久しぶりのアプローチでは、体力不足のため、
骨折者に追いつけないという、なんとも呆れた状態でした。
お殿様岩に行き、スーパーイムジンの終了点で振り向いた景色は、
なんとも静かで清々しく美しく、吸い込まれそうな飛び込みたいような、緑広がる贅沢な眺めでした。
壁の中にいるのは、とても落ち着きます。

クライミングを始めて20年。
娘が産まれるまでは、自由に登り歩いていましたが、
今とはクライミングの楽しみ方がずいぶん変わった気がします。
妊娠と同時にクライミングを止めてしまった友達を何人も知っていますが、
自分もそうだろうと思っていました。高齢出産だし、散々好きな事してきたし・・・。
しかし意外だったのは「自分が思っているよりクライミングが好きだった」ということでした。
当然、家族が増えれば、時間の制約もあるわけで、
小さい子供がいればなおさら自分の思ったとおりに行動できることなんて皆無に近いわけで・・・。

娘が2歳の頃だったかな、セントラルに大荷物と娘を連れて電車に乗り、
やっとこさたどり着き(すでに疲れてる)さあ登ろうとボルダーに取り付けば、
壁と私の間に娘は入り込み「登るな!!」と全身で訴えかけられ、
なんと一手も登れず帰宅したこともありました。

今となっては、全てのことが人生勉強だと思えるので、苦労話をするつもりはないけれど、
そんなこんな中、細々とクライミングを続けてきました。
最近思うことは、クライミングに対する関わり方、楽しみ方が上手くなったな、ということです。
人間、複雑なもんで、時間があってもなかなか有効に使えなかったり、
いつでも自由に登りに行けるとなかなかモチベーションが上がらなかったり、
なんとなく岩場行ってなんとなく登って一日過ごしちゃったり。
うちの先生は、常にモチベーションが高いので、
こんな話は意味不明だと思うし、私だけ?などとも思うのですが。

ここ数年、クライミングに行く計画がある時は、前々から天気予報を見ながら、
テレビの予報士さんに向かって喋りまくり、もし前日に「雨予報」なんて出ちゃった日には、
子供のように本当に泣いたりする有様。
(ちなみにうちの子供は、私より大人なのでそんなことでは泣きませんが)

今は、毎回のクライミングに行くときに、
何かしらの具体的な目的と目標を持つようになりました。
もちろん、高い目標を持つわけでもないし、素晴らしい成果を期待しているわけでも無いですが、
何かに集中してクライミングを楽しむようになりました。
知り合いのクライマーなどをみていると、
クライミングは数登れる環境ももちろん大切だけれど、たとえそれができなくても、
モチベーションが高いということが、いかに成果につながるかと感じるのです。
そこら辺がクライミングの面白いところだと、つくづく思います。
クラックなどは特にですが、痛かったり?辛かったり?怖かったり?
それでも止められない!どんだけ私達「M」なんでしょうかね??

明日から一週間と少し、アメリカに行くことになりました。
先生の話によると、今回のツアーの核心は「毎日1時間半のアプローチ」にありそうです。
最近すっかりほどよくのってしまった脂肪を落として、今回こそ腹筋を浮き上がらせてきたいと思います。
いや、クライミングしに行くんですけどね。


09/5/22

皆さんご存じの通り、先生はただいまカカト骨折中です。
やってしまったのは5月GWの前々日!
当然、直後は歩くのもままならないわけで、GWは自宅療養となりました。
スクールに同行予定だった家族も、当然のことながら予定にポカンと穴が空いてしまったわけです。
パンパンに詰め込んだ着替え他大荷物を、うなだれながら一つ一つタンスに戻していきました。

あれから3週間、先生は7割方回復し、いまでは2本足で歩けるまでになりました。
自宅療養中(といっても10日間程度でしたが)は、
元祖マグロの先生にとっては、ジッとしているのにも限度というものがありまして、
ならば上半身を鍛えてやろうとなるわけです。
現在はホームジムは撤去して無いため、居間に取り付けてある「ロックリングス」が大活躍しました。

それを横目で見ていると、ついつい私も体を動かしたくなるわけで、
「これやってみな、あれやってみな」に、ついつい付き合ってしまったのでした…。

私は、元々、体の各部所が非力なのに、
普段全くやらない「脇をしめての腕立て」&「ロックリングスの小さいホールドに片手でぶら下がる」
(実際はぶら下がれないので、なるべく片手に加重できるように体重計を乗りながら意識してやってみた)
なんてことをやってみたわけですが、つくづく非力だなあ〜、とあらためて実感。

そして二日後のこと。
夜中に左肘が痛くて眠れなくなってしまったのです!
で、朝、肘見てビックリ!!なんと肘は大きく腫れて、水がたまってました…。

病院に行き、針というより棒みたいな注射針を刺して水を抜いてもらいました。
(血の混じった赤い液体がたっぷり注射器に入っていました。)
あまりの急な展開に自分でもビックリして、考えてみました。
やはり一昨日のトレーニング(というほどの事はしていないが)で、
関節にかなりの負担がかかったことが原因ではないかと思われます。
もちろん、若い頃など、かなりハードな運動はしていたけれど、
膝にも肘にも水をためた経験は一度もない。
元々、少し弱っていたのかもしれないけれど、それにしてもこんなに急に…。

それで皆さんに忠告しておきたいことがあります。
先生とは元々持っている基本的な体の出来上がり方とパワーが違います。
強くなりたいと思うあまり、普段やらないようなトレーニングは、
たとえ単純で簡単そうな動きでも、関節&筋肉などに想像以上の負担がかかるということを、
頭に入れて徐々に負荷ををかけるようにしてください。
みなさんも、先生に言われて、ついやってしまわないように。

水がたまってから 10日ほど経ちましたが、まだ痛みが残ってます。懸垂はまだできません。
数日前、ぶら下がるのは痛くないな、と思ったので、暇を見つけては「足あげ腹筋」をしたら、
その夜から少々痛みがぶり返し、ヤバイ!と中止。
やはり、ぶら下がるのは、引きつけなくても肘への負担が大きいようです。
夫婦で、テーブル上下に手や足を置き、日に何度もアイシングをするため、
製氷器での氷作りが間に合わない日々です。

先日、娘の学校で家庭訪問がありました。
担任の先生の、我が家にやってきた第一声は
「お父さんもお母さんも怪我されてるそうですが大丈夫ですか?」

娘は学校で
「うちのお父さんとお母さんは、クライミングの先生なんだけど、二人とも今怪我してるんだ」
と言ったそうです。
先生に我が家の様子はどう伝わったのでしょうか…。

ってなわけで、先生が骨折したことがきっかけとなり、
私は更に登りに行かれなくなり、参ったな〜と思う今日この頃なのでした。



09/4/11 名栗河又 晴れ

こんなにカラカラの河又を経験したことはかつて無い気がする。
快晴でちょっと暑いくらいだったけれど、
目標ルートをRPするならこんな日を有効に使わない手はない、といった状態。
生徒さん達にとっても、クライミングにあてる大切な一日になって欲しいと思う。

河又には、前回がいつだったかも良くおぼえてないくらい、たまにしか来ないのだけれど、
目に付いたルートからどんどん取り付きたくなるくらい、
カラカラの壁が誘ってる気がした。

石灰岩で前傾壁の、こんなボルトルートは、ガンガン体を使えるスポーツ感覚で、
これまた面白い。
生徒さん達もそれぞれ、石灰岩特有のピンチホールドに力を吸い取られたり、
ツルツルに磨かれたフットホールドに「つるりん!!」と立ち込みを拒まれたりしながら、
格闘しつつ頑張っていた。

トップロープでトライしてみてからリードしてみたり、
トップロープでとにかく落ちずに登る事を目標にしたりと、
それぞれ楽しんでるようにみえた。

それぞれの人がその日の目標に向かって、やりきって一日を終了した時は、
必ず次の目標にそれがつながる。
そして、その日頑張った分が、次への力となる。
クライミングの良いところの一つは、
頑張った分がそのまま実際のパワーとして身に付くところだろう。

こんな会話もあった。
トップロープで一度トライしたルートを、その後何回かリードして、陽も落ちて来た頃
「もう一回リードしてみますか?」
「どうしようかな、でももう全然ダメそうです」
「トップロープがよければもう一度はりますからどちらでもいいですよ」
と話をしていて、
「帰りに、後一回やっとけば良かったって思いを残すのもよくないから、
抜けられなくてもリードしてみたら?」と声をかけたら
「やってみます」ってことになった。

結果、最後のホールド触ってドカ落ちしたけれど、
出し切った感じの、その日一番いいクライミングに思えた。
完登はできなかったけれど、ビレイしてた私がなんだか満足していた。
たぶん、その生徒さんは、早くまた次のトライがしたくてたまらないんじゃないか?
と思ったのだけど、どうだったのかな?
私はそんなことがよくあって、日常に戻った時に、衝動を沈めるのが大変だ。

みんなが登ってるのを見ていると自分も登りたくなる、
そんな風に前向きに刺激を与えられる関係で一日を過ごせると楽しいだろう。
そんな刺激は、登ってるルートやグレードには関係なく、
その人から出てる「やる気のオーラ」みたいなものから受けとれる。
何も難しいルートでなくていいし、登れなくて落ちちゃったっていい。
そんな風に仲間と一日を終えたいな、と思う。

この日は、こんな事を感じられた一日でした。


 3月2日(月) 晴れ

 昨日とうって変わり、今日は気持の良い晴天。
今日はファミリーでクラック講習。
北風が強いという予報だったけれど、途中半袖でのクライミングもできるほど、
気持ちの良い、わりと穏やかな一日でした。
 ファミリーに来たのは何年ぶりだろうか・・・と思いながら久しぶりに岩場をぐるっと眺めてみる。
潮がとても引いていることもあり、海に向かってずいぶん広く感じられた。
こんなに引いてるファミリーを私は見たことがない。
昨日行った隣のおたつにも、楽々歩いて行かれる。
今日初めて、うちのスクールに来た方もいたので、一緒に行ってルートや岩場の紹介なんかをする。
 経験の長い生徒さん達は、易しいクラックや、トップロープで登れているルートなどをリードしていく。
「頼もしいな」と思いながら、見守る。自分でギアをあれこれ選び、
ルートを見上げながらいろんな事を考えて、ちょっと不安なことやわからないことは
保さんに質問しながらも、それらをどんどん吸収して自分のものにしていく。
易しいルートとはいえ、それなりに緊張しながら登っていく姿を見ていると、
クライマーとしての「安定した実力」みたいなものが身に付いている感じがして、
とても嬉しい気持になる。こうやって、用意されたルートをただ登るのではなく、
自分からアプローチしてクライミングを楽しむようになっていくのだろう。
みんなのやる気を見て、あらためて私も見習わねばと思った。
 初めてジャミングを教わり、とまどいながらもクラックと格闘する今日初めての生徒さんも参加していた。。
 いろんなルートで友達とムーブを相談しながら、トップロープで楽しむ生徒さん。
それぞれみんなが、自分の実力や楽しみ方でクライミングと関わっている姿は、なんとも微笑ましい。
 私も久しぶりにいろんな人たちと、たくさんクライミングの話しができて、
すっかりスクールを楽しんでる側になっていた。
 今更なんだけれど、ファミリーのクラックはどれも自然な形とはいえ、
良くできたルートだなあ、なんて思った。
決して高グレードではないのに、ルートの内容は変化に富んでる。
「新人クラック」なんてスパッと切れた綺麗なルーフクラックなのに、10a?b?
ありがたい気持さえわいてきてしまいました。
登ってる講習生を見ながら、一人ブツブツ「かっこいいな〜」とつぶやいていた。
 今日は、爽やかな一日、これまた薄暗くなるまで、たっぷりと楽しみました。
久しぶりのスクール、講習生と一緒に私も半分遊ばせてもらいました。
また、顔を出す事があったら、皆さんよろしくお願いします。    


3月1日(日) 雨のち曇り

 今日は、前日の天気予報がいつのまにか変わってしまい、
明け方から雨が降り、お昼まで降るという予報・・・。
「参ったな〜」と思う中、保さんの判断でおたつ磯へ。
着いたときはかなり濡れていたけれと、それでもなんとか乾いてるホールドを追いながら登る。
易しいルートでも、フットホールドもよ〜く見るし、ムーブも慎重になるし、いいのかも。
なんて、かなり無理な前向き姿勢か?と思いながらもみんなで苦笑いしつつ楽しんだ。
 このエリアにはボルトはもちろん、終了点も一つもない。
こんな時良く思うのは、ちょっとくらい濡れてても、
ボルト以外でプロテクションがとれれば登ることは可能だし結構おもしろいということ。
これは保さんのクライミングを見ていて良く思う。
 以前私は、ビチョビチョのクラックをリードしてて(当然テンションするけど)登れなくても、
ルートとプロテクション選びに格闘する事が結構面白いな〜
なんて思い、なんで??と自問自答。
やっぱりそれはボルトに導かれがちなボルトオンリーのフェースルートと違って、
岩の「形」「ライン」とシンプルに向き合って格闘できるからかな・・・
などと思ったり、やっぱり私も「M」?とか思ったり。
 グレードなんてもちろん易しいルートだし、しかもそれを「どテンション」で登るわけで、
なんの成果もないのだけれど、やってると結構これが面白い。
ま、それを一緒に笑って付き合ってくれるビレイヤーの存在も重要ですが。 
 クライミングは、自分のルートへの関わり方の幅が広ければ広いほど、
楽しみ方も増していくし、登る対象もグンと増えると思う、今日この頃。
 などと考えてるうちに、おたつ磯もどんどん乾いていき、
しかも潮がものすごく引いていたため、かなり海側のルートまで楽しむことができました。
そんなこんな中、いつものスクールと同じ様に陽が落ちるまで
たっぷりと岩場を満喫できた一日となりました。

Back