cliff

Top Page
About Us

■英国クライミングの現状
昔のスクール日記
今日のYoNaPa」バックナンバー
ある晴れたJ山でのこと
最近気に入らないこと
シージング
ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ
ボルト打ち替え人夫顛末記
アクセス・ファンドにみる思想と行動



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 英国クライミングの現状


「登山研修 vol24 2009」より
 2008年5月10日から8日間「インターナショナル・クライミング・ミート2008」が、英国ウェールズで開催され、日本山岳協会からの派遣という形で、飯山健治と私の2名が参加した。

 わずか10日間にも満たない短い滞在ではあったが、普段日本人が滅多に訪れることのないウェールズの岩場を効率よくまわれ、なおかつ現地に詳しく技術的にも優れた案内役のホストクライマーとパートナーを組むことにより、濃密で刺激的なクライミングを体験することができた。

 そこで見て感じた英国クライミングの現状とクライミングに対する思想、そして我が国のクライミングに鑑みて感じたことを述べてみたい。


1.「インターナショナル・クライミング・ミート」とは

 BMC(英国山岳評議会)の主催による世界最大規模のクライマーズミーティング。1996年に始まり今回で十回目となった。主立った趣旨は「世界各国からクライマーを招集し共に登ることでお互いの技術交換を行い、ひいては各国山岳協会との繋がりを密にしUIAAの基盤をより強固なものにする」というもの。

 日本からの参加は、2007年のウィンターミーティング(スコットランドで開催され馬目弘仁、横山勝丘各氏が参加した)に続き2回目となり、夏のミーティング参加は今回が初めてとなった。

 参加者は24ヶ国から男女合わせて46名。欧州全土、特に東欧諸国からの参加が多く、遠方ではアメリカ、南アフリカなど。東アジアからの参加は日本のみであった。参加クライマーの層は男性が8割、女性が2割。年齢的にも16歳から50歳以上までと幅広い。

 ミーティングの拠点は、マンチェスター空港から陸路2時間ほどのウェールズ北東部にある「プラス・ワイ・ブレニン」と呼ばれる宿泊施設を持つ山岳センター。山岳やアウトドア活動全般のイベント、講習会などを行うための施設でBMCによって作られた。宿泊施設や食堂、バーのほか、人工壁はもちろん、ミニスキー場、カヤック練習プールまで備えた文句のつけようがない立派な施設であった。

 ノースウェールズには、ランベリスやクロッギーに代表される山岳地域の岩場と、有名なゴガースを始めとしたシークリフが数多く点在している。岩質も、日本では目にすることの少ない流紋岩や硅岩、粘板岩(スレート)から石灰岩まで幅広い。拠点がここに取られたのもこういったバラエティーに富んだクライミングを体験するにはこの上ない立地だからであろう。

 今回はそのうち、山岳地域の岩場5カ所とシークリフ3カ所の岩場で、クライミング(主に複数ピッチからなるトラディショナルクライミング)を行った。


2.英国のクライミング

 英国のクライミングを一言で表現するなら「トラディショナル・クライミング」である。

「トラディショナル」つまり「伝統的な倫理」が底辺にあり、これ抜きで英国のクライミングは語ることができない。

 ではこの「トラディショナル」という言葉の意味するところは何だろうか。一般的には、チョックに代表されるナチュラル・プロテクション(用語的には「リムーバブル・プロテクション」が正しいが便宜的にこう呼ばせていただく。以下「NP])のみを用いるクライミングと捉えられがちであるが、厳密には「残置支点に依拠することなくグラウンドアップで登ること」という意味合いの方が正しい。ボルトやピトンなどの岩を傷つける支点は設置せず、あくまでも岩にダメージを与えずに回収可能なNPなどのプロテクションのみを用いながら、なおかつロープを使った下見なども排除した、純粋な本来あるべき原初的方法で登るという意味である。

 しかし、高難度ルートに関しては、オールNPではあっても初登がトップロープでの試登後に行われたたものも多く、厳密に言えばそれらのルートは「トラディショナル」とは言えないのだが、初登者がどのような信念を持ってことにあたり安易にボルトを埋めることなく岩とのフェアな関係を崩さずにルートとして完成させていったか、という意気込みを組んで「トラディショナル」の一部に含めているのが普通である。

 ボルトに代表される残置プロテクションによって安全が保証されたスポーツクライミング(フランスやスペインの石灰岩に代表されるような)とはこの点が大きく異なっている。このように英国のクライミングは、肉体面のみならず精神面に大きく左右される冒険的要素の強いクライミングであると言える。

 実際、英国で最も有名な岩場と言える、グリッドストーン(粗粒砂岩)から成るスタニッジも訪れてみたが、週末に千人ものクライマーが押し寄せるというその広大なエリアには人工的な支点が一本もなかった。つまりすべてのルートがNPに依るものであった。節理が途切れNPがセットできなくなればランナウトし、フェイスやカンテならほとんどフリーソロで登るようなルートも多かった。

 また、ミーティング初日に、もっとも一般的なエリアということでランベリスのグローシャンというエリアに案内され、E3(5.11a相当)までのルートを6ピッチほど登ったが、ボルトなどの人工的支点はやはり一本も見あたらなかった。クラックならまだしも、どう見ても普通のフェイスなのに支点は残置されていない。日本だったら当たり前のようにボルトが並んでいるだろうに。

 ノースウェールズの山岳地域の岩場は、日本には珍しい流紋岩から成るところが多い。きれいに割れたクラックこそ少ないが、細かい節理や穴が多いうえホールドもフレーク状になっていることがあり、確かにそれらが様々なプロテクションを受け付ける。カムよりもナッツとの相性が良い。8mmほどの細いダイニーマ製スリングを薄いフレークに巻き込んでプロテクションとするのも当たり前で、ナッツのワイヤーをちょっとしたノブに引っかけたりもする。結果、ロープの蛇行も大きくなるのでダブルロープの使用が一般的となる。知ってはいたつもりだったが、残置支点を排除しようとするその徹底した姿勢にはあらためて感心させられた。 

 こういったシリアスな度合いをもグレードに含めようと、英国のグレーディングシステムは一種独特であり複雑である。「E5,6c」や「E8,7a」などといったように、Eで始まる形容詞グレード(ExtremeのEで主にシリアス度を表す)とテクニカルグレード(基準は違うがフランスのグレードと同様)の併記で示す。Eグレードにはプロテクションの悪さ、つまり危険度も加味されていて、テクニカルグレードが低めにもかかわらずEグレードが高めについていれば、それは相当危険なルートであるといった想像を持つことができる。

 また、危険度の少ないスポーツルート(ボルトルート)には最初からフレンチグレード(F7bのように)を付ける傾向もありますます混乱しそうだが、トラディショナル=英国グレード、スポーツ=フレンチグレードと考えてしまえば単純に理解しやすい。


3.残置支点に対する考え方

 英国のクライミングを表現する上で、もうひとつ的確な言葉を選ぶとしたら「限定」ではないかと思う。登るラインやホールドの限定ではない。取るべくスタイルや安全確保支点を「限定」することを指す。 

 「トラディショナル」と言えば聞こえはいいが、先に書いたようにトップロープでの試登を前提としたルートも多いのも事実で、それらは「トラディショナル」というよりも、むしろボルトなどの残置支点を「限定」したルートと言える。

 その壁のそのラインを登ろうと考えたとき、プロテクションがとれそうもなかったらどうするか。熟考することなく安易にボルトに手を出してしまっては、山懐に飛び込んで自然と対峙するクライミングという行為の本質を考えたとき、それはあまりに安直すぎる。

 岩を傷つけない回収可能なプロテクションの可能性を探り、ラインを吟味し、時にランナウトも辞さない。ボルトを打つという行為によって岩を強引にこちら側に近づけるのではなく、自分たちができうる限りの手段をつくして岩に歩み寄る。岩とフェアに対峙する姿勢がそこにはある。

 ミーティング二日目、ウェールズ最高峰スノードンの頂上直下にある岩場、クロッギーを訪れた。高差180mの岩壁は見た目に穂高滝谷を連想させた。ただひとつ大きく違うのは、この立派な岩壁にもただのひとつも残置支点がないという事実であった。

 ここではグレート・ウォール(E4 6a)というクラシックを登った。ライン取りは難しくランナウトも半端でない。日本にあれば、(5.11b/c R)といったところだが、これが順番待ちになるほど一般的というのだから驚いた。各ピッチのビレイ点にも残置支点はなく、かといって節理もないのでNPも使えず、こういうのに慣れている自分でさえ困ってしまうほどだった。しかし岩をよく観察すれば、わずかではあるがダイニーマを掛ける突起があったり、スリングを回せる隙間がみつかった。結果的に残置支点は必要なかった。

 石ひとつ動かさず自然を自然なまま登り、人の入った痕跡を残さない。そういう意味でもそれはとても素晴らしいことだと思う。こういった思想はひとつのスタイルでもあり、また「限定」することは、このクライミングという行為をより冒険的で奥の深いものに仕立てようとする試みなのである。

 英国では、こういった初期の開拓者が持っていた倫理基準はぶれることなく存続し、現在まで受け継がれている。英国全土において残置支点は認められるものではなく、NPを使用することが標準となっている。
 例外はスポーツクライミングのために開拓された石灰岩の岩場や一部のスレートだけで、こういった「クライミングジム化」した場所に限っては、ボルトの使用が認められている。英国の、面白くなおかつ感心すべき点は、このように岩場ごとにボルトを認めるか否かがはっきりしていることでもある。


4.クライミングをどう捉えるか

 英国がトラディショナルの本場であることは充分承知していたし、自分たちもその手のクライミングには精通していたつもりだった。しかし、ウェールズで行われているクライミングは想像をはるかに凌ぐものであった。

 大きく言えることは、英国のクライマーたちはどんなに短いルートであれ、それをひとつの「冒険」として捉え、徹底的にスタイルにこだわってきたということである。プロテクションに乏しいこれらのルートで落ちることは許されない。かといってボルトを埋め岩を傷つけるわけでもなく、しかもグラウンドアップで登ろうとした。

 ならばこの地でのクライミングが無謀で危険なのかといえば、そうではない。「冒険的」なのだ。自分の追うべきリスクと向き合い、可能な限りそのリスクを軽減しつつ、なおかつそれに立ち向かっていく。そして結果がどうあろうと責任は自分にある。この国には「冒険」が息づいている。

 過去から現在に至るまで、英国からは世界に名を馳せたクライマーが続々と誕生してきた。古くはジョー・ブラウン、ドン・ウィランスに始まり、ロン・フォーセット、ジョニー・ドウズ、ジェリー・モファット、ベン・ムーン、ジョン・ダン、レオ・ホールディング。そして最近では、デイブ・マクロード、スティーヴ・マクルーア、そしてジェイムズ・ピアスン。ざっと数え上げただけでも紙面を埋め尽くす勢いである。

 肉体的にも精神的にも強力な彼らトップクライマーたちが、日本と比較してもけして恵まれているとは言えない岩資源と環境の中から生まれてきたのは、このような土壌で育まれた妥協を許さない冒険的クライミングがベースにあったからだと言えなくはないだろうか。

 英国でのクライミングを体験してもうひとつ感心したのは、それらの伝統が各岩場でしっかりと継承され、なおかつトラディショナルエリアとスポーツエリアの住み分けがきっちりと成されていることだった。ある時期、安易な方向にすべての岩場が傾き残置支点ばかりになってしまった日本とはここが根本的に大きく違う。少ない岩場とそこで培われた伝統的な手法、そしてその結果として生み出された冒険的なルートの数々。それらの中にある精神性を後世に残していこうとする姿勢がうかがえた。


5.日本の現状に照らして

 もうひとつ私が英国で羨ましく思ったことは、英国のクライマーは誰もが自国のクライミングとその伝統に誇りを持っていたことである。逆に言えば、そうでなければ世界規模のミーティングなど開催できるわけもなかろう。

 それに対して我が国はどうだと言うつもりはないが、残置支点に関して言えば、もはや手の施しようのなくなってしまった、言わば食い荒らされてしまったかのような岩場が悲しい姿をさらけ出しているのが現状だ。石灰岩など岩質の性格上(チョック類を受け付けず、前傾壁主体であるがため)ボルトによる高難度スポーツルートのエリアとするに相応しい岩場はあるとしても、元々トラディショナルクライミングが主体であったクラシックなエリアにも、クライミング界の裾野拡大と大衆化、安全という名の間違った大義名分のもとに数多くのボルトが埋め込まれてしまった。

 しかし日本においては、それは何も今に始まったことではない。穂高や谷川岳の岩場が無節操なボルトラダーに埋まった「W級A1」の時代からすでに始まっていたのだ。時代は人工登攀からフリーへ。しかし支点に対する方向性はグルッと360度回って、また元に戻ってしまった。

 自分で考え、登って降りてくる、そんな当たり前のクライミング経験すらできなくなってしまった過剰整備されたルートの数々。再登するクライマーから思考能力を奪い去る、公園の遊具のようなルートが乱開拓される昨今の現状。もはやクライミングジムと自然の岩場の区別すらないかのごとく。もちろんそれが全てではなく、むしろごく一部であることをここに明記しておくが、ひとつ言えることは一人一人のクライマーが気づいてほしいということだ。自分は何のために登っているのか。誰のためにルートを拓こうとしているのか。打たれたボルトは抜くことはできても傷ついた岩は元には戻らない。今後私たち指導者にせめてものできることは、本質を伝えていくことだと思う。

 それでも幸いなことに、日本にもまだ将来に渡って冒険的クライミングの実践できる地が少なからず残っている。それらのルートは例え何年後になっても初登者と同じ体験と感動を得ることができるだろう。

 トラディショナルクライミングが頂点だとも思わないが、それを基盤にした英国のクライミングが世界を索引しているのも事実。将来日本で世界規模のミーティングが行われ、せめてひとつでも日本から世界に持ち帰ってもらえるものがみつかるように、今後の日本のクライミングの行く末をしっかり見届けていきたいと思っている。

以上
Back