cliff

Top Page
About Us

英国クライミングの現状
昔のスクール日記
今日のYoNaPa」バックナンバー
ある晴れたJ山でのこと
最近気に入らないこと
シージング
ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ
ボルト打ち替え人夫顛末記
アクセス・ファンドにみる思想と行動



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 最近気に入らないこと

1996年春の[Free Fun]より
 スティック・クリップ− 1本目のボルトが遠い場合などに、木の棒などを利用して、地面から1本目にロープをあらかじめかけてしまうこと。
 もう、こんな説明は不要なくらい、最近は誰でも知っているし、どこの岩場でも当たり前のように行われている行為だ。

 しかし、最近どうもこれが、安全のためという大義名分のもと、安直に使われている気がしてならない。
 僕がこの方法を最初に使ったのはいつだったか覚えてないが、壁の下部が脆いためボルトが打てず、1本目のボルトが高くなってしまったルートでだった。こういう理由がある場合や、鳳来の一部のルートのように、はなからそういう設定でルートを拓いた場合はスティッククリップするのは構わないと思う。
 だが、2年前くらいから、どうもこの、ちょこざいな方法が目に付くようになってきた。

 例えばシーサイド。ここにフェイスルートが開拓されたのは、まだ8〜9年前の話だが、当時はボルトを必要最小限しか使わないという考え方が主流だったし、いきなり1本目にスティッククリップをするという発想もなかった。

 ”いきなり”と言ったのはある手続きを行えば、1本目(に限らないが)にプリクリップする行為は許される場合があるからだ。その手続とは「地面から登って、x本目まで普通にクリップし、そこから地面までクライムダウンすること」である。これができれば、次からそのルートにトライするとき、x本目までのプリクリップが許される。
 このルールは、その時代にクライミングをやっていた人にとっては当たり前のことだったが、最近始めた人や人工壁から始めた人は知らないかもしれない。

 シーサイドのみんながこの手続きのあと、プリクリップをしているのなら僕は何も言わないのだが、そうではないと思われるケースが見受けられる。
 シーサイドの「虎の穴」、いまや13の入門ルートとして人気が高いが、ほとんどの人が2本目にプリクリップして登るのはどういうわけだろう。数手登って1本目にクリップし、最初の核心である右手のダイノをこなしてからでないと2本目にはクリップできないのに。おまけに取り付きには石が積み上げられていて、労せずして最初のホールドに手が届くようになっている。当然のことながらヌンチャクは全部垂れている。

 このルートの初登者は保科雅則。彼は一手目のホールドに下から飛びついて取り付き、全てのヌンチャクをセットしながら(もちろん1本目にもスティッククリップせず)登った。今では聞くことのなくなった「マスタースタイル」で初登したわけだ。13aというグレイディングもこのスタイルを基にしてつけられた。

 完登とは、初登と同じスタイルかそれよりも優れたスタイルで登ることが前提となっているならば、厳密に言えば「虎の穴」は、マスタースタイルで登らなければ完登とはみなされないことになる。しかし、実際はそこまでこだわる人もいないだろうし、所詮は自己満足の遊びなのだから自分が納得できれば良いわけだ。
 ただ、2本目にプリクリップをして登り、それを完登としているのならば、口をはさみたくなるのは僕だけではないだろう。

 基本的に城ヶ崎のルートはすべて、地面からクリップ(スティッククリップ)せずに初登されている。唯一の例外は「エアーダンス」で、これだけは岩質が良くなかったことを理由に1本目が高い位置に打たれた。初登者の堀洋紀は、すぐ左のクラックを少し登ったところからあらかじめロープをかけて登っている。スティッククリップが許されるのはこのルートくらいのものであろう。

 しかし、初登時のそんなスタイルなんか知ってるわけないというのももっともで、今後は記録の発表時だけでなく、トポにも、初登時のスタイルやプリクリップの必要性を明記するべきだろう。アメリカのトポはこの辺はかなりしっかりしていて、各ルートの説明文の中に必要なことが書いてある。

 同じシーサイドの「パン2」、これも今や1本目スティックは当たり前になっているが、これなんか初登時、そのボルトはなかったことを知っている人は少ないだろう。今は6本あるボルトは実は2本しかなかったのである。それは現在の3本目と6本目のところにあり、それ以外はフレンズを、城ヶ崎特有のサルの腰かけホールドに入れたりして、プロテクションとしていたのだ。そのスタイルでいて初登時のグレイドは12a(今はなぜか12b)だった。これで結構な人数の再登者があった。

 さらに「アイロンヘッド」。これもスティックやってる人が多いルートだが、これにいたっては初登時、ボルトは1本(現在のラストボルト)だけだった。さすがにこれだと再登者が出ないので、すぐにボルトが今の数だけ打たれたが。
 なんだか、昔の人は偉かった調になってきたが、そういうことが言いたいのではない。
 プリクリップをしてしまったら、それはもはや反則以外の何ものでもない時代があった。それを知っておいてほしいのだ。

 当時のパン2の1本目(今の3本目)に長い棒を使ってクリップして登り完登としたらどうだろう。誰もが白い目を向けたに違いない。

 「安全じゃなければフリーじゃない」と言わんばかりに、「こんな所で怪我をしたら馬鹿みたいだから」といった冒険心排除のスポーツ化がもたらした、これも時代の流れなのだろうか。だったら最初からトップロープで登ればいい。安易なスティッククリップとトップロープはルートに対する姿勢や意識の点で大差ない。
 シーサイドに限らず、日本がクリーンクライミングの影響を受けていた頃に拓かれたルートには、1本目にクリップするまで落ちてはいけないルートがたくさんある。そこまで落ちないでたどり着き、無理そうだったらクライムダウンする。そのようにルートは拓かれ、そのルートに自分が取り付く資格があるか決定する予備試験の段階となる。
 スティッククリップは、その課程を安易に排除するだけでなく、ルートの持つ面白さや初登者の主張も無視することになる。

 スミスロックの「Darkness At Noon」。ここまで登ってこれないやつは取り付くなという高さに1本目がある。それこそ、このルートの醍醐味のひとつだった。しかし、それさえスティックされてしまうようになったアメリカは今やスティッククリップ天国で、いろいろな種類のそのための道具が売られている。伸び縮み自在のクリップ棒をザック横につけてるクライマーの多いこと多いこと。ひどい奴は登りながらそれを使ってハングドッグしている。いったい奴は何をしたいのだろうか。エイドクライミングか、いやエイドですら反則だ。
 ジョン・バーカーはジョシュア・ツリーの終了点を抜くのに忙しいのか音沙汰ないし、もうモラルの低下は留まるところを知らない。

 今、僕が最も恐れていることは、それが日本でも出回り始めるんじゃないかということ。頼むから、どこの輸入代理店もそんなものを輸入しないでほしい。
 自作のそんな道具を誇らしげに岩場に持ってくる人が現れないことを望む。
 僕らがやってきたフリークライミングは、もっとかっこいい行為ではるはずなんだ。

 「おめー、そんなことまでして登りたいのかよ!」
 こういうセリフが聞こえなくなった。

Back