cliff

Top Page
About Ush

英国クライミングの現状
昔のスクール日記
今日のYoNaPa」バックナンバー
ある晴れたJ山でのこと
最近気に入らないこと
シージング
ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ
ボルト打ち替え人夫顛末記
アクセス・ファンドにみる思想と行動



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 シージング

1992年夏の[Free Fun]より

 最近、死語になったクライミング用語の一つに、「シージング」があります。
 この言葉、今初めて聞いたと言う人も多いのではないでしょうか。元々は、難しいルート(主にクラック)を登る際に、落ちてはロアーダウンを繰り返し、最高到達地点にロープを残す、いわゆる「ヨーヨー・スタイル」のことなのですが、一般的には2日以上に渡るヨーヨーの事をさす場合が多かったようです。あのころはまた、「ロアーダウン何回で初登」とかいうフレーズをよく耳にしました。今ではまず聞かれません。

 これらのスタイルは、最高到達地点にロープを残すわけで(クラックの場合の話。フェイスの時は今の用に引き抜いたりもした)、一見軟弱に見られたりするのですが、実はハングドッグをしないことを前提にしているスタイルなのです。

 フェイスでのボルトクライミング全盛の時代に、何をいまさらそんなことをと思うでしょうが、あの頃の、つまりシージングという言葉が使われていた頃のフリー・クライミングについての考え方には、なかなか魅力的な一面があります。

 当時、ロープとは墜落をしたときと、下降の時のために使われていました。今は、プラス、ハングドッグのために使われます。本来、フリー・クライミングでは、ロープとは「無いもの」と仮定して使われてきたのです。ボルトもナッツも普通の人にはできないフリーソロの擬似体験のための、「あるんだけど無いもの」だったのです。

 つまり、墜落をしたときに初めて、これらの道具は機能を発揮し、その目的を達成するものでした。落ちた後、仕事を終えたそれらのギアは、「本来は無いもの」に戻るわけで、そのクライマーはとっとと下までロアーダウンしなければなりませんでした。

 リハーサル用のボルトの存在なんて論外だったのです。

 もし、落ちても怪我をしない救済手段が他に考えられたら、例えば20メートルのフォールもokの衝撃吸収マットを岩場の下にしきつめるとかできたら、クライミングはどういう方向に進んで行ったのでしょうか。当然口ープは使わないのだからハングドックはできません。核心が最後にあってリハーサルしたくたって、いちいち下から登って行かなけれはならない。一度落ちたらもう終わり。今で言うポルダリングの延長、誰でも気軽にフリーソロができる世界です。それでもフランス人たちはやはり限界を上げるためにハングドッグのためだけのロープを使うのでしょうか。この場合、それは「反則」と非難されてもなんの不思議もありません。

 シージングの時代、フリー・クライミングとはこういうものでした。クラックだろうがフェイスだろうが、一度ロープにテンションをかけてしまったら、その次のホールドに触るのはおろか、そこに留まって上を観察することさえ後ろめたい様な行為に思えました。次のホールドのかかり具合を確かめたいのをグッと堪えて、取り付きまで降りました。 誰にせめられるわけでも無いのですが、その当時、それがフリーのルールだったのです。

 ハングドッグとリハーサル無しでは5.14は登れないことは分かっていますし、過去はどうあれ、こういう自分だって、今は合理的でかつ実に楽しいこのヨーロッパスタイルにどっぷりとつかり、思いっきりハングドッグしているわけですから、それを否定するわけではありません。ただ、合理さを追求すると、フリークライミングの本質を見失うことになりやすく、またあらゆる矛盾が生じてくるということを心に留めておきたいものです。

 面白ければそれでいいと言ってしまえばそれまでですが、この協会だってフリー・・・協会であるわけです。たまにはフリーのフリーたる所依について考えてみるのもいいと思います。
Back