cliff

Top Page
About Us

英国クライミングの現状
昔のスクール日記
今日のYoNaPa」バックナンバー
ある晴れたJ山でのこと
最近気に入らないこと
シージング
ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ
ボルト打ち替え人夫顛末記
アクセス・ファンドにみる思想と行動



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ

1995年春の[Free Fun]より
せっかくクライマーと人から呼はれるようになった読者のみなさん、どうせなら、もっともっと高い所まで登ってみたいと思いませんか。50メートル、百メートルなんてケチなこと言わないで、いっそのこと千メートルといきましょう。

そうエル・キャピタンです。ヨセミテの。言わずとしれたビッグ・ウォールのメッカ、ハードなエイドラインの宝庫‥。こんなイメージのこの巨大な花崗岩が、最近、フリークライマーの一つの目標になっています。トッド・スキナーのサラテ、リン・ヒルのノーズの完全フリー化は有名ですが、昨年夏には、やはりリン・ヒルによってノーズのワンデイ・フリー、また完全フリー化は叶わなかったものの、スティーヴ・シュナイダーのエクスキャリバーや、ラーキング・フィア、カート・スミスのミュアなど、フリー化は目前と思われるルートもかなり増えてきました。

30ピッチ以上も続くフリールート。青空に向かって延々と続くクラックシステム。しかも12が4ピッチ、13が2ピッチあるなんて、想像しただけで指先が痛くなって、いや、心がときめいてしまいます。

私は「Climbing」誌のリン・ヒルの記録を仕事で訳していたら、どうしてもこの「ノーズ」をフリーでやってみたくてたまらなくなってしまいました。

というわけで1994年9月、私は杉野千晶とともにヨセミテを訪れ、できるかぎりフリーでという取り決めのもと、ノーズにトライしてきました。

以下は、そのクライミングの報告と、同じ試みをしようという人へのアドバイスです。
nose

1P 5.10d 傾斜はないが、ピンスカーの穴登り。いきなりタンデュとは楽しい。
ギアのセットは慣れてないと、とまどうかも。
2P 5.11d クラックからクラックへ移るスラブの2ムーヴが核心。はっきり言ってぬめっていると悪い。エイドの場合は振り子。
3P 5.10c ピンスカーとシンクラック
4P 5.11c フェイスを右上。今時のムーヴだ。なめないほうがいいよ。
5P 4th ホールバックを背負って登ろう。
6P 5.9 朝4時半に、ヘッ電で5.9を登ったのは始めての経験だった。
7P 5.12a 12aのトラパースがフリーラインだが、へッ電じゃダメだ。振子で隣のクラックヘ移る。ああ早くもオールフリー挫折。
8P 5.10d さらに右のクラックにトラパース。途中ボルト3本あり恐くないが、ビレイ点はボルト1本のハンギングビレイでしぴれる。(当然ナチュラルでバックアップ要)
さあ、有名なストーヴレッグクラックの始まりだ。このあたり50mいっぱいが続く。
9P 5.10a ウルトラ快適なフレーク登りからハンドクラック。ああ気持ちいい。岩登りやってて良かった。しかし終了点間際オフウィドスになり、やめたくなった。
10P 5.9 あんまり同じサイズのクラックが続くので、どんなんだか忘れた。
11P 5.10b フィストでも足りない太いやつ。フレンズ4番でもギリギリ。キャメロットのでかいのがあるといいだろう。
12P 5.10a コーナーのフィストなんで登りにくい。ドルトタワーにとびでる。
13P 5.9 一度クライムダウンして右のクラックを登り返す。フリーでやるなら当然ロアーダウンで降りちゃダメ。なるべく、ノープロに近いほうがユマールは楽。
14P 5.9 完べきなフィスト。フレンズ4番を、ずらしながら登ろう。
15P 5.6 ここからの4ピッチはフリーバ−ジョンの場合、左に12aのトラパース(岩雪の表紙にもなったジャーディン・トラパースってやつだ。う−ん古い。)をして、11cのクラックを登り、19P目につなげるのだが、ノーズならではのキング・スウィングがやりたかったので、ここはオリジナルラインをたどることにした。
16P 5.8 快適なマンモステラスで一泊後、このピッチにとりかかる。しかし、5.8だからといって口笛をふきながらというわけにはいかないのだ。口笛どころか念仏をとなえたくなる。ノープロのチムニーってやつだ。
プラスチック・クライマーは、ここで敗退ということもありうるので心してかかるように。
17P 5.10c
A1
ボルトラダーのエイドから、ブーツ・フレークに入り、フリーに切り換える。
なかなかストレニなハンドジャムでいい。
18P 5.9 さあ、お楽しみのキング・スウィングだ。地上500メートルを思い切り走ろう。ここで苦労したという話をよく聞くが、あなたがフリークライマーなら問題ない。岩場で回収の時とかに振り子するのと変わらない。私の場合は正規のラインを通り越して一本先のクラックまで降ってしまった。
19P 5.10b フインガージャム。細いボルト1本をナッツで補強してハンギング・ビレイ。
荷上げのときなど気持ちよくない。もう少し伸ばせば少しはいいビレイ点があった。
このあたり、ラインを外れてピカピカのペッツェルがフェイスにぽんぽんと打たれていた。フリー用の近道か?
ビレイ点がナチュラルでプロテクションがボルト、何か変だぞ。
しかし、クラックが美しい。これがヨセミテってものだよなあ。ああ幸せ。しかし核心はこの先のコーナークラック、指が入らずもうド必死のオンサイト。あぷない
20P 5.10d 核心はレイバック。そしてその先のクライムダウンも10c。トラバースも長いのでここは荷上げをうまくやらないと苦労する。
21P 5.11a キャンプ4までのフェイス。浅いコーナーのステミングが微妙で楽しい。テラス手前は悪臭を放ちクラックに手をつっこむのがイヤになる。気をつけないとウンコがつくので注意。
22P 5.9 ランナウトのフェイス。ハミングしながら登ろう。
23P 5.13b さあ、いよいよやってきましたグレ−トルーフ。まあいけるとこまでいってみよう。  しかし、な、長い。11+のルーフまでのレイバックでもう十分だ。ルーフに触らず早くもテンション。
ルーフにはところどころリンヒルのチョークがついている(10日前に彼女はフリーワンデイに成功した。)けどこのアンダークリング、指が入らないぞ。こりゃダメだ。すぐにエイダーを出す。しかし、こんなポロポロのスリングをプロテクションにするのだろうか・・。でもこのピッチはおもしろそう。
24P 5.11b パンケーキ・フレーク。うーん、美しいフレークだ。しかもそのあとのフィンガーのコーナーも見事。ここは慎重にプロテクションをセットしてオンサイト。でも辛かった。
25P 5.10d このピッチも危うく落ちかけた。ほとんど閉じているコ〜ナー。背中やかかとを使う登り方をしないといけない。キャンプ5で寝る。
26P 5.12c/d なんと翌朝は雨。どっちにしろこのグレイドは無理だ。エイドでいく。しかし、それでも悪かった。RP(レッドポイントじゃない。アール・ピー)の連打。ああ、2セット 持ってきて良かっだ。
27P 5.10c フレアーコーナー。ここも雨のためエイド。
28P 5.8 雨はやんだが、ぬめった状態でランナウト。スケアリー。しかもクラックがアンモニア臭いし。
29P 5.11a ここからは壁が張り出しているので濡れていない。コーナーにはいったダブルクラックは見事。快適にオンサイト。
30P 5.13b リンヒルが変態ムーヴで克服したのがこのピッチだ。どんなムーヴかというと文章で表現するのは長くなるのでやめておく。
ここも手も足もでず、エイドにたよる。ここまできてこのグレイドを登るためには、地上で14を何本も登りこんでおく必要があるだろう。
31P 5.10d アンダーでルーフを趣え、シンハンドへ続く。10+とは言っても全く気が抜けない。はがれかけた冷蔵庫大の岩がスリングで落ちないように、しばってある所がビレイ点。なんてファンキーなんでしょ。 
32P 5.10d シンサイズのレイバック。ヘッドウォールがすぐそこだ。
33P 5.10b こんな所までよくクラックが続いてくれたもんだ。シンハンドで結構悪い。
34P 5.12c ヘッドウォールのフェイス。今の状況で12cはとても無理。ピカピカのボルトをエイドする。フリーラインは少し外れるのだが面白そうだ。しかしボルトラダーのあぶみかけかえほどくだらないものはない。最後がこれでちょっと残念。
  • シーズン:
    フリーでやるなら涼しい時期(5〜6/9〜10月)がいい。ただ上と下では気温差が激しいので注意。混雑は覚悟したほうがいい。
  • 所用日数:
    4ピッチFIXの後、2泊3日が標準。これで一日10ピッチ。全てのピッチのRPを狙うなら、それなりのリハーサルが事前に必要だろう。
    私達の場合はフィックスせずに、4P日のシックルレッジであえてもう1泊した。これはフィックスした他パーティとの行動時間をずらすため。この作戦は効をそうし、順番待ちも、あおられることも全くなかった。
  • ビヴァーグ地:
    マンモステラスとキャンプ5がフラットで快適。キャンプ4と6は、かなり臭い。 
注意:
これらの情報は、1994年当時のものです。現在は各ピッチのグレードも見直され、かなり変更が見られます。また、ビレイ点も整備されたピッチが多く、ボランティアクライマーによる大規模な清掃も行われたので、現在はビヴァーグ地もそれほど汚れていません。
また、ウンコは現在持ち帰らなければいけないことになっています。投げ捨ては御法度です。


Back