cliff

Top Page
About Us

英国クライミングの現状
昔のスクール日記
今日のYoNaPa」バックナンバー
ある晴れたJ山でのこと
最近気に入らないこと
シージング
ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ
ボルト打ち替え人夫顛末記
アクセス・ファンドにみる思想と行動



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 ある晴れたJ山でのこと

1995年冬の[Free Fun]より

 12月某日、私はスクールの仕事で伊豆にあるJ山を訪れた。最近、人工壁出身のクライマー達が外に出始めたのを機に、その外ならではの高度感、開放感をさらに体験してもらうため、マルチピッチのルートをやりに行ったのだ。

 今シーズンのJ山は仕事で4回目だが、今日は快晴のわりにはすいていて10人位しかいない。いつもならたいてい一人は知り合いがいるものだが、今日はゼロ。ギアやかっこうから、山や的な雰囲気を漂わせている人が多いのはいつものことだが、今日はやけにそれが濃い。

 さて予定ではまず6pのエキスカーションを登るつもりだったが、ちょうど1パーティ取り付いていて最初のピッチのフォローをビレイしようとしているところだった。しかしどうもリードした方が初心者だったようで下の人に怒鳴られている。

「何もたもたやってんだ!セカンドのビレイなんだからエイトカンなんか使う必要ないだろ!」

 うーん。たぶんグリップビレイで十分だと言いたかったんだろうけど、あるなら使えばいいのに・・・。と思いつつ、じゃあバトルランナーを先に登るか、と取り付きを見ると、あっ、またいた。立木をアンカーにしてリードのビレイをしているオヤジが。

 またその木が取り付きからけっこう離れているもんだから、1本目のボルトでロープはみごとに折れ曲がっている。クライマーはすでに終了点近くにいたからいいが、これもし1本目の上で落ちたらどうなるか見当つかないのだろうか。トップロープのビレイならまだしもリードの木ビレイはまずいでしょ。

 でもこれ結構見るんだよね。特にこことM岩で。以前注意したこともあったんだけど「うちはずっとこれだから。」ときたもんだ。だいたいうちってなんなんだよ。それ以来、よほど危なそうなルートじゃない限りもう放って置くことにしているのだが、しかし、今日のは木に巻いてるスリングが胸くらいの位置にある上、ATCを使っているのにただのグリップビレイになっているというよくあるパターンで、わざわざやりにくくセットしなければそうはならないというような状況だったのである。一度痛い目にあわなければわからないんだろうけど、こういう人達って落ちるようなルートに取り付かないから怪我しないんだよな。まあとにかく人に迷惑かけてるわけじゃないからいいか・・・。

 トホホな気分になりながらバトルランナーを登り出す。生徒もけっこう調子良くあっと言う間に4p終了、同ルートの下降に移る。
 エキスカーションの二人組はまだ2ピッチ目にいた。先ほどの初心者の方が今度はフォローできないらしい。2p目は10aだが少し傾斜が強いのだ。

「何やってんだ。早く上がってこい!」「全然上がれません。」「じゃあ、アブミを使ってこい!」「次のボルトに届きません。」「あたりまえだ、フリーのルートなんだからな。」

 言ってることがわけわからんが、どっちにしても、フリーで登れるくらいの実力つけてから連れていけばいいのに。それよりなんで最初から人工のルートを登らなかったんだろうか。フリールートをエイド化よりはいいんじゃないか。

 まだやってる。
「じゃあ、ゴボウで上がってこい。」「・・・・・・。」
 どのロープをゴボウするんだ。メインロープしかないよな?途中で力つきたらどうすんだ。

 はてしないトホホ気分に襲われつつもさらに下降を続けると、今度は下から同じルートを登ってくる人がいる。ビレイは女性で、メット姿にザックを背負い腰にはユマール、アブミなどがぶらさがりなんだか大変そうだ。彼女は2p目のフォローを始めたが、3、4メートル登ったところでロープにぶら下がりパタッと動かなくなってしまった。上の男がいろいろ指示する。「アブミ使え!」「ユマール使え!」しかし女性は使い方がわからずオロオロするばかり。取り付きで見上げている人達も「なんだかかわいそう」とつぶやいている。結局、それ以上登るのをあきらめ男は下りてきたが「上からの景色を君に見せてあげられないで残念だ。」ときたあと「登れなかったのは君のせいじゃない。」とか言っていた。そりゃそうだ。ギアの使い方くらい教えてから登れっつうのまったく。

 さらに驚いたことに彼女はラッペルの仕方さえも知らなかったのだ。いったい上まで上がっちゃったらどうやって降ろすつもりだったんだろうか。きっと彼女はもう2度とクライミングはしないだろう。

 今日はずいぶんいろんな人が・・・と思いつつ取り付きに戻ると、で、でた。今度はアイゼン手袋のパーティだ。いやーっ、久しぶりに見たな、アイゼン手袋。しかも学生風の男女ペアだ。なんかうれしいね。でも、コレって岩傷つけるから「フリークライミングルート図集」にも載ってるここではやめてほしいよな。峠か越沢でやってくれ。でも待てよ。よく見てみるとあれ手袋してない。どころかチョークバッグぶら下げて手のひら白いぞ。おいおい、何の練習なんだよもう。

 右隣では、またさっきの立ち木アンカーリードビレイおやじがまた違うルートをビレイしてて、今度は一本目ロープ直角。ああ、これで2本目クリップする前に落ちると間違いなくグラウンドかビッタンだぞ。
 もういい、周り見るのやめた昼飯にしよう、と思ったら、今度は仲間の山岳会おやじがくわえ煙草で人のロープまたいで歩いていく。そのオヤジ、自分のパートナーをビレイしている時も足下に自分のロープが束になってるのに平気でくわえ煙草だ。灰が落ちたらどうするんだろうと思って、

私「今、灰落ちましたよ。」
おやじ「えっ?」
私「灰がロープの中に落ちましたよ。ロープとけちゃいますよ。」
おやじはロープに目を向けることもせず、
「燃えちゃったかな。ははははは」
私「・・・・・」

 こういうおやじはきっと死にたいのだろう。私はこう思うことにした。
以前、ある山岳会の人が誇らしげにこう言っていたのを思い出した。
「うちにはびっこひいてる奴多いです。」
よほど冒険的な登攀をやってる人が多いのかとこの時は思ったが、どうもそうではないようだ。

 さて、気を取り直して次のルートにかかろう。
が、しかし、さらに私はもう一人大きな勘違いをしている人を発見してしまったのだ。まさにリードを始めようとしている若い男性。なんかロープの結び目がたれていると思ったら、ビレイループにロープを結んでいる。ロックビナをかいしてビレイループにロープつけリードしている人は見たことあるが、これは初めて見た。トップロープならいいけどリードは大事故につながる可能性もあるからこれは一言注意しといた方がいいだろう。

「それ結ぶ位置まずいよ。」
「えっそうなんですか?僕たち自己流なんで・・・。」聞けば大学のサークルで始めたという。「ちゃんとウェストとレッグループの両方通さないと・・・」「でもここに結ぶようにお店で説明受けましたよ。」
 ええっ、そんなばかな。

 ひょっとしたら自分が間違っているのか? 思わず翌日輸入元に確認までとってしまったが、そういう使い方はしないように説明書に記載されているという。売る方に問題があったということか。

 さて、長々とJ山で遭遇した人々について書いてしまったが、なんか最近こういう人達よく見るのは私だけなのだろうか? 
 他にもこの日トップロープをロアーダウン用残置ビナにかけっぱなしにしている人とかもいたりしてその当人達には全く悪気がないから余計たちが悪い。

 最低限必要な安全知識、ルール、マナー、モラルとかどこ行っちゃったんでしょうか。どうして最近こうなってきちゃったんだろう。どうやらこの辺、協会として取り組んで行かなければならない時期にきているような気がします。手遅れにならないうちに。

Back