cliff

Top Page
About Us

英国クライミングの現状
昔のスクール日記
今日のYoNaPa」バックナンバー
ある晴れたJ山でのこと
最近気に入らないこと
シージング
ザ・ロング・ロング・フリーのすすめ
ボルト打ち替え人夫顛末記
アクセス・ファンドにみる思想と行動



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 アクセス・ファンドにみる思想と行動



[Free Fun]30号より

 「Access Fund」− アメリカのクライミング雑誌やトポを見ていると必ずと言っていいいほど目に入るこの文字。山をバックに柵が半開きになったマークと共に、と言えば思い出す人も多いかも知れない。間違っても投資信託の広告ではない。
 そのままなら「立ち入り基金」、つまりは山や岩場へ立ち入ることで生じる諸問題解決のための基金である。クライミング先進国であるアメリカには、こんな基金が10年も前から存在する。
 今回の鳳来問題を期に、名前は聞いたことがあっても中身は意外に知られていないこの「アクセス・ファンド」を参考資料として紹介したい。

1.アクセス・ファンドとは?

「クライミングエリアの開放と維持、及び環境保持に取り組む、全国規模の非営利団体」
「環境保持」とは自然環境のみならず、クライミングの環境も指している。例えばアンカーの整備なども活動内容に含まれている。専従スタッフはいるものの営利は目的としていない。

2.歴史

・ アクセス・ファンドは、アメリカン・アルパイン・クラブ(以下AAC)によって1989年に設立された。岩場への立ち入り問題解決のためには、資金の介入が不可欠(土地の買収などを行うため)として、AAC内のアクセス問題委員会が判断。当初の目的は基金の積み立て、維持と、問題解決のための分配であった。
・ 基金の呼びかけと宣伝活動を行い、私有地、公有地を問わずクライマーの立ち入りに関する問題が増加しつつあることを説明した。これらの活動は、土地の買収のみならずローカルのクライミング団体への資金援助、より自然を尊重したトレイルの開拓、メジャーエリアのボランティアによる清掃、簡易トイレの設置、という形でも発展していった。
・ 1990年に専任スタッフ2人を雇い入れ、12月にAACと分離、国内のクライミング関連問題解決のため専門組織として独立する。
・ 問題解決の資金調達のため、アウトドア産業界、法人組織、小売店、会員に資金援助を呼びかけ、現在、産業界から75以上、200以上のジム、小売店、10000人以上の会員が賛同し、基金を行っている。
・ 1998年、アクセス・ファンドは国内(周辺)約100カ所のエリアの開放維持、閉鎖
解除のための活動、クライマーが与える環境破壊の軽減、地主との交渉を行ってい
る。また、機関誌「Vertical Times」、「Rock&Ice」、「Climbing」に活動内容を公
  表している。
・ 現在も、アクセスに関する問題解決に当たっては最前線で活動を行っている。
  全国に、各地方を代表するまとめ役を配置、本部はボウルダーに置き、9人の専従
  スタッフを持つ。


3.スタッフ

 組織の健全な運営の監査を行い、方策の制定と監督を行うためのボランティアの役員会に名を連ねているのは24人。クライミング社会に通じている者ばかりで、クライミング資源の獲得、そのための行動、その後の発展、法律問題、会員確保など、役割分担が成されている。会長はマイケル・ケネディ。副会長が、フィル・パワーズ。他に有名どころでは、Conrad Anker 、Mia Axon、Scott Cosgrove、Russ Clune、Chris McNamaraなどが名を連ねている。一年に2回集会があり、任期は3年、毎年秋に選任される。
 経営管理、事務処理などを行う専従スタッフは、別に9人。ニュー・リヴァー・ゴージの開拓で有名な Rick Thompson も含まれている。
 また、アメリカ国内を40エリアに分けて、各地区にまとめ役を配置している。


4.活動内容

・ アクセス・ファンドはパートナーシップを最も大事なものと考えている。地主、土地の管理者、環境保護団体、クライミンググループ、アウトドア関連ビジネス、ガイドサービスなどの団体、組織と協力体制を持ち、エリアの保護、獲得を行っている。
・ リクリエーションとしてのクライミングエリアを有する公有地での管理プランの準備。国や地方職員に対し管理策の制定をサポートする。クライマー側の代表として、環境に与える悪影響を極力排除しながら、クライマーの利益の可能性を探る。また土地の管理者と協力して、トレイルの管理(開拓)、駐車場の確保、ゴミ箱・トイレの設置、看板の設置などを行う。
・ 原野の保護と野生動物の生息地確保は、今後最も課題になると思われる。そのために多くの環境保護団体と協力体制を取っている。(野生保護、森林保護団体、国立公園事務局、シェラクラブなど) 問題となりやすいのは、支点問題、野生動物の保護、環境破壊など。
・ 協力体制を取るアウトドアメーカーは75以上にのぼり、エリアの開放と環境保全に力を貸している。(寄付金やギアの提供、自己責任に基づいた行動の呼びかけ、自然保護政策の支援など)
・ 200以上のクライミングジム及び販売店のスポンサードにより、年間500を越えるクライミング関連のイベントを行う。
・ 著名なクライマーと協力し、イベントやスライドショーなどを催し基金をつのるとともに、組織の基盤固めを行う。(Royal Robbins, Conrad Anker, Lynn Hill, Greg Child, Randy Leavittなど)


5.アクセス・ファンドの一般方針

・ 自然環境や地主(土地の管理者)、他のクライマーやそのエリアのユーザーに与える悪影響は最小限にしようとクライマーへの呼びかけを行う。
・ 地主との協力体制を一番に掲げ、地主との話し合いを持ち、相互合意に基づいたクライミングを行う上での取り決めを策定する。
・ 地元クライマーと地主の協議により、アンカーの設置も含めた規則を定める。それまでは、自主規制(岩と同色のハンガーを使うなど)と啓蒙活動が必要。規則はその土地の歴史的、考古学的意味、環境資源的見地も考慮に入れなければならない。また、原野や、指定エリアでのパワードリル使用に関する規則も尊重する。
・ ボルトの撤去や移動は、岩資源に与える影響は大きく、クライマー間の同意が得られるまでは行うべきではない。チッピングやグルーイングに関しては受け入れられない。
・ クライミングには、イクスパンションボルトやピトンなどの固定アンカーは必要であり、ながらくそれは正当な物として認められてきた。クライマーはそれらの正しい設置、交換、撤去の方法を学ぶ必要がある。設置に関しては合理的な手法で行い、岩資源への影響を最小限に抑える。ボルトはその場所の習慣にあわせて岩とカモフラージュされたものを用い(同色のハンガーを使うなど)、目立たないようにする。また、ナチュラルプロテクションが安全に設置できるのであれば、ボルトの設置は控える。
・ アクセス問題解決の近道は、地方のクライミング組織とアクセス・ファンドが一体となって取り組むことである。地方団体がない場合は、アクセス・ファンドが直ちに組織作りの手助けを行う。
・ 責任を持ってクライミングを行おう。そして、クライマーだけでなく、地主や土地の管理者、クライマー以外の使用者にも敬意を払おう。閉鎖地区や私有地には侵入せず、何かアクセス問題に関して疑問点があればアクセスファンドか地方のクライミング組織に聞いて欲しい。


6.寄付金

活動内容に賛同し募金を行う場合は次のように一応寄付金の基準額が決められている。
個人メンバー
 ビレイヤー   $30
 リーダー    $50
 初登者     $100
 ガイド     $250
 学生/バム   $20
また、企業、小売店、ジム、ガイドなどからは別枠で寄付金を募っており、
DIAMOND PARTNERS($20,000以上)として、ブラックダイアモンド、ノースフェイス、REI
Climbing、Rock&Iceなどが並び、以下、寄付金$500まで75以上の団体が名を連ねる。


7.最近の成果

1998年
1998年は著しい成長を遂げた年であった。会員は8500人まで増え、アメリカのクライミングをサポートするのに使われた費用は総額50万ドル以上に達した。
 トレイルの建造、ダメージを受けた環境の修復、クライマーの啓蒙活動などに使われ た費用は8万5千ドルにおよび、これにはキャンプ4問題のヨセミテ国立公園当局を 相手取っての訴訟費用、シティ・オブ・ロックスのツインシスターエリアの開放、フエコタンクスの開放運動のための費用なども含まれている。

1999年
会員は、10000人を突破。シェルフロードのカクタス・クリフが初めてクライマーに開放され、コネチカットのレジッド・マウンテンはクライマーが所有し管理することになった。
日本版アクセス・ファンドの可能性

 かいつまんで紹介してきたが、これだけでも大分アクセス・ファンドを理解していただけたかと思う。
 ここには書かなかったが、アクセス・ファンドは、他にも、ファルコンなど野生動物の保護とクライミングの共存、ネイティヴアメリカンにとって神聖とされる場所でのクライミング、USフォレスト・サービスの管理する原野(ウィルダネス)における固定アンカーの問題、などおよそ考えられる諸問題解決についてすべて明確な指針を示している。
 しかし、今回鳳来で問題となったような糞尿処理の問題についてはどこにも記述がなかった。
 あまりにも一般常識で対処できることだからなのだろうが、大体アメリカではそんなことが問題になることもないのだろう。トポには糞尿処理に関してのガイドラインが細かに書かれているし、みなそれを神経質なくらいに守っている。
 糞尿問題に関しては、この号で多く語られるだろうから、ここでは今後各エリアで問題になる可能性の高い「ボルト設置」に関して一言。
 岩場に打たれるボルトは、クライマー以外の人にとっては岩に打ち付けられたただの怪しい「異物」にすぎない。とはいってもクライマーにはやはり必要な物でもあり、だったら目立たなくするのがクライマー側にできるせめてもの「ミニマムインパクト」である。アクセス・ファンドもこの点ははっきりと「カモフラージュすべきである」と述べているし、実際アメリカには、色が同じすぎてどこにボルトがあるのか下からではまったく分からないエリアも多い。(いい意味で)
 それに比べて日本はどうだろうか。
 小川山を例にあげれば、ご親切に各ルートのハンガーの色を変えてあるサイコロ岩、数も過剰だからただでさえ目に付くというのに、紫や赤(だったかな?)のハンガーを見たときはため息が出た。いったいこのボルトを打った人は、日本にはクライマーしかいないとでも思っているのだろうか。
 そして、フェニックスの大岩に最近打たれたボルトラダー。10数年前に(20かも)ナチュラルで登られたラインにこれまたよく目立つピカピカのハンガーが並んでいる。大体、ここはそれ以外のラインも一般の人の目にふれるからと、ボルト設置は遠慮していた所だ。真意はわからないが、自分が登るためにわざわざ打ったとは思えない。
 人のために作るルートほど駄作はない。
 話がそれてしまった。
 開拓にはライセンス制度が必要と半ば冗談で語ったことがあるが、せめてアクセス・ファンドのように明確なボルティングの指針は必要であると思う。
オピニオン・リーダーたるメディアのない現在の日本では、その役割は、JFAが担っていくべきだろう。それは同時に、日本版アクセスファンドをめざす道でもある。
 アメリカが10年かかってやってきたことを真似するのはすぐには無理であるし、寄付金を募る機構になるなら分離独立するべきであろう。非力ながら現在できることは、鳳来問題にのみならず、岩場の環境保全、支点整備にJFAの予算を有効に役立てていくことだ。そして今JFAとして、あらゆるアクセス問題に関しての確固とした方策を持つことが求められている。
Back