cliff

Top Page
About Us


スクール TOP
コース
スケジュール
料金・お申込み
予約フォーム
Photo Album
・タイ・プラナンツアー
黒潮パワー
一息ついて
Yosemite夏合宿
見えてきたもの
挟まり月間
夏来たりて唸る上腕
オーストラリア・ツアー
短くもしつこく
大堂海岸ツアー



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 タイ・プラナン ツアー(YFクラブ主催)

同じシークリフとは言っても、何もかも違う 南国の岩場に今年もやってきた。 波に備えて、きばってみても アンダマンの海原は不思議なほど穏やか。
砂浜が下がったか、満潮時は居場所がなくなったり ライレイに通じるトレイルが新設されていたり 来る度にちょっとずつ変わっていくが、 密林の大蛇のようなコルネや
地面に突き刺さりそうなやつや 窓になってる丸い穴にも 張り付く人々の姿はいつも変わらない。 気をつけた甲斐あって、全員お腹を壊すことなく
徐々に調子を上げていくメンバーたち。 それぞれが、それぞれの課題をクリアし 刻まれていった。 そして中日はレスト日という名の
もっとも疲れる日。 洞窟をくぐってプラナンビーチに回り込むと、 大ルーフの下はちょうど満潮で、 海上ボルダーをするには絶好の
タイミング ここに来たら一度は登りたいルートや 巨大な壁の長い一本や その苦戦した一手に
後半の疲れも心地よく 自己最高を更新していく たくましいメンバーたち。 ボルトのチタン化は着々と進行し
ますます発展を遂げるリゾートクライミングだが、 さらなる大資本が入り、トンサイのバンガローは見納めか。 開拓進行中の新たなエリアは巨大ルーフで、 テナガザルの唸り声が辺りに響く。
知らないことを知る前に変わっていく それを確かめにまた来よう。