cliff

Top Page
About Us


スクール TOP
コース
スケジュール
料金・お申込み
予約フォーム
Photo Album
・タイ・プラナンツアー
↓2013年
潮に染まる
瞬く間に
ヨセミテツアー
騒めく山々
息吹く山々
オーストラリア・ツアー
岩肌吸着月間
三宅島ツアー
粉舞う季節
タイ・プラナンツアー
光る岩肌
↓2012年
厳冬期仕様
萌えて燃える
シーズンの予感
スコーミッシュツアー
森の雫
フィトンチッド
季節は巡る
土曜は菜種梅雨
春まだ遠すぎ
タイ・プラナンツアー
喧噪避けて



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 タイ・プラナン ツアー(YFクラブ主催)

暑くも快適な、日本の初夏のようだった、今年のプラナン。 昨年までに比べたら人数少な目、その分動きやすく ゾウに乗るのと同列に、手厚く現地の支援を受けている クライミングリゾートの一週間が始まった。
今回初めての宿は朝食バイキングの質が過去最高で 考えるのは、どう登るかだけ。 岩と同化することに専念すればよい。 いつも混んでるこのエリアだけは相変わらずだったが
この期に及んで、まだ新ルートが追加され 他のエリアは例年に比べるとクライマーが少な目で 辺鄙なエリアに足を運ばなくても 変なところから登らなくても
誰もいないエリアがあったりした。 炎暑な近所は遠慮して 分かるようで分からない果汁を飲んで 日の当たらないところへ。
もはや普通にいて、お互い気にもとめないが たまに目をあわせたりすると大変なことになる(ってトポに書いてある) マレー半島にしかいない絶滅危惧種のシロマブタサルも 本当にそうなのかと疑うほどの群れが屋根をわらわら渡っていく
リゾートビーチにあるエリアは 雑種多様な人間が好き勝手なことやってるし(壁の中にも人間います) そんな様子を地元のテレビ局が取材にきたり 相模原店長も外岩初12が異国の地という嬉しい成果。
美味しくもツライ目にあったYaYaの跡地にはエレベーター(プラナン初?)完備のホテルが! 下界は変わっても岩場は変わらない。それはプラナンも同じ。 何万年もかかって垂れ下がったツララが この地独特のムーヴと景観を与えてくれる
DWSは若干下火の気配で今回もやらず 前傾マルチは帰りもまたスリリングで面白く 達成感と新たな課題をそれぞれの胸に 海上スラックラインもここに発見、来年のレスト日は決まった