cliff

Top Page
About Us


スクール TOP
コース
スケジュール
料金・お申込み
予約フォーム
Photo Album
・ヨセミテツアー
騒めく山々
息吹く山々
オーストラリア・ツアー
岩肌吸着月間
三宅島ツアー
粉舞う季節
タイ・プラナンツアー
光る岩肌
↓2012年
厳冬期仕様
萌えて燃える
シーズンの予感
スコーミッシュツアー
森の雫
フィトンチッド
季節は巡る
土曜は菜種梅雨
春まだ遠すぎ
タイ・プラナンツアー
喧噪避けて



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 Yosemite Tour (YF Club主催)

4年ぶりに訪れた
ヨセミテ
なにひとつ、まるで昨日のことのように変わらず安心した 今回は初の試み、貸別荘。
快適すぎて
キャンプに戻れないと思いつつも、キャンプもやっぱりいい
仰ぎ見る先にあったものは 想像をはるかに超えていたようで 何度も訪れているメンバーも 初ケンサン組も
音を立てて弾ける何かを感じた 違う何かに近づいていく この地が与えてくれる 課題はマコトに
辛くも楽しく もっと大きければ
きっと
まずは最初の一歩から 36ピッチの
さわりにさわる
かぶった壁に
おさえられて
かぶっている場合じゃない マルチはプランAが満員、ウランBに変更 返ってそれが良くて心もハズミ
宿も天気も
言うことはない
すき間をぬって
DNB
ぬうほど
短いルートではなく
無限バックアンドフットの魅ワコのトラッド
エル・キャピタンのハートははるか下に トポが脅かす
Kat Walk
暗くなる前に左端に移動した 強い日差しから逃れて
東と北を向いた
壁を追う
30メートル*6人で
こうなる
一週間を振り返って 新たな日は
新たな場所へ
そしてまた来る日を願う 観光客の種類は変わっても ここにあるクラックは、初めて来た28年前のまま 血と汗と涙にまみれたこれらの壁は
幾多の人に生きる意味を与えてきた たまには厳しかったり おちゃらけたりするが 大らかに迎えてくれる
2週間の真ん中で降った大雨の翌日 YSARが
頂上に向かっていた
やっぱり
リスクはあるが
それにきちんと
立ち向かっていきたい
雨を境に気温は
急降下
天気は再び安定し 見上げる壁の中には ワラワラとうごめく
人と荷物
花崗岩の大海原で 晴れも三日、リンとして 日陰は逆に寒くなった 真夏から晩秋へ
後半の間隙に
ドスラブと
ルーフクラックに
感激する
70年代に初登されたこれらのルートは 今もこの地のクラシックとして君臨し
いつでも迎え入れてくれる 私たちがこの地を訪れた理由 答えはすべてこの中にある
ちょっとやってみたパラパラ