cliff

Top Page
About Us


スクール TOP
コース
スケジュール
料金・お申込み
予約フォーム
Photo Album
・三宅島ツアー
粉舞う季節
タイ・プラナンツアー
光る岩肌
↓2012年
厳冬期仕様
萌えて燃える
シーズンの予感
スコーミッシュツアー
森の雫
フィトンチッド
季節は巡る
土曜は菜種梅雨
春まだ遠すぎ
タイ・プラナンツアー
喧噪避けて



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 三宅島ツアー(YFclub主催)

(写真をクリックすると拡大します)
初の試み、三宅島ツアーの始まりは、レインボーブリッジ通過から。 下見で一日早く出航し、別パーティのスクールOBメンバーと合流。 欠航が少なくないこの時期だったが、無事に着岸でき一安心。 自然は戻りつつあるも、噴火の傷跡がまだまだ残る。
天候にも恵まれた。
PO壁と三宅島フォールを望むアプローチ。
聞いていた通り
、雰囲気も岩質もほぼ城ヶ崎だが、
玉砂利ビーチはここならではの気持ちよさ。 登る人が少ない分、クラックのワイルドさは数段うえで、
海も波も岩も人も
ワイルドです。
山野井さんたちが拓いた冨賀浜にも行ってみた。ここは城ヶ崎そのまんま。
ビードロ模様(5.10b/c)
翌朝、本体メンバーも無事着岸し、 さっそく登りに行くも
南風強く海は大荒れ。
ただでさえシオシオのクラックはヌメヌメに。 易しいルートから慎重にトライするメンバーたち。
積み木くずし(5.10a)
関東が黄砂で黄色くなった日。ここは波しぶきで霞んだ。
海苔弁(5.11a)
大潮の満潮と重なり、登れるエリアが狭まってきた。
下部が崩壊して取りつけなくなってしまったルートが残念。 頭から波をかぶろうとも、 そんなことは
知りませんと、
岩場まで歩いて10分の薄木荘を拠点に、
翌日は、となりの黒潮壁へ。 乾燥した北風に変わり、絶好のコンディション。
オーストンヤマガラ(5.10b)
高さはないが、個性的なクラックが並ぶ。 難しそうに見えるが確かに、
見かけ倒し(5.10c)

背後に浮かぶは御蔵島。 朝晩、新鮮な魚をたっぷり頂き、身体に力をみなぎらせ、 波風穏やかになった最終日、 二日前より1m以上も取付が上がっている部分もあってビックリ!
カラスバトの糞地獄(白いのがそれ)も経験。 ジャミング技術が試される
見返り御蔵(5.10c)
天気もコンディションも良くなる一方で、 しかし、出航の時間も迫ってきて、
ギリギリまで登って、岩場をあとにした。 そこには、お手本にすべき成果が。 多くの人に
この船に乗って来て欲しい。
登るのに忙しく、島のクライマーに会いに行けなかったのが心残り。
海の上では
かなりヒマらしい
三宅島の岩と皆さん、ありがとうございました!