cliff

Top Page
About Us


スクール TOP
コース
スケジュール
料金・お申込み
予約フォーム
Photo Album
・スコーミッシュツアー
森の雫
フィトンチッド
季節は巡る
土曜は菜種梅雨
春まだ遠すぎ
タイ・プラナンツアー
喧噪避けて
北風吹けど
いつのまに伊豆



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 カナダ・スコーミッシュ ツアー (YFクラブ主催)

(写真をクリックすると拡大します)
昨年に続き
またまたやってきた!
予約していたホステルが急に営業停止になってしまい、 あてがわれた
宿は一軒丸ごと自由に使える貸別荘風B&B
初日は身体慣らしで
スモークブラフスの
TOP100を巡り、
早くもメンバーたちは果敢なトライを繰り出した。 日本でクラックを登り込んできた成果を見せる。 混んでいたエリアもいつしか私たちだけに。 切削抗をホールドにするこんなルートもあったりして。
宿は貸し切りだし、無いモノは無いほどモノに溢れている。 郊外なので静かだし周りは緑に満ちたいいところ。奥にチーフの左端が見える。 今年は気温が低めで、木陰ではジャケットが要るほど。
登るにはベスト!
しかも平日ともなれば貸し切りとなるエリアも多くて、
回転したり 潜り込んだり きれいなルートを
登り放題
気がつけば8時。
でもまだ明るい
これだけ立派なキッチンがあると、いろいろ作れるので、 夕飯は各自で勝手に食べたいものを食べたい時間に、 食べる 雨予報の日は全天候型のチアカマスキャニオンへ。
ジャミングができると11cになってしまう12cのボルトルートがあったりする。 順延になっていたマルチの日 4パーティに分かれて、隣り合った3ルートを登る。 そんなことができるのもスコーミッシュならでは。
10cのバリエーションピッチを登ると、 ずいぶん高度感も増してきた。バックは太平洋から続く入り江。 やったー頂上 これは別の日。チーフのクラックの質はヨセミテクラス、いや以上かも。
残り少ない日数を
やり残した課題にかけ、
一本一本、大事にジックリ取り組んで
ものにしていった。
やっぱり来年も
行きたくなってしまいました。