cliff

Top Page

・ラッペルステーション
・チェーンタイプ
・リング付ハンガー
・ダブルリング
・V字アンカー
・他いろいろな終了点
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 終了点の種類と使い方

type-1 FIXE社製ラッペルステーション

構成

FIXE社製ラッペルステーション
(別名「ビレイステーション」または「ビレイラッペル」)

ステンレスカラビナがセットになっているタイプ(右)や、ハンガー部分がグルーインアンカーのタイプ(右端)もある。
また、リングやチェーンにカラビナが残置されている場合も多い。


ロワーダウン/ラッペル時のロープセット

ロープをリングに通す。
(ロワーダウンの場合は結び換え。)

注意:この状態でのトップロープは、アンカーを独占してしまううえ、リングが摩耗するので不可。
(残置カラビナでのトップロープも同様)

注意!

誤ったロープセット。
ロープがリングに通っていない。
このようにセットすると、上下どちらかのハンガー(アンカー)が外れたらOUTだ。


トップロープのセット

ロープの通るカラビナ部分は2枚掛けが基本。ロックビナ*2がベスト。岩に当たらず空中に垂れているなら必ずしもロックビナである必要もないがゲートは互い違いに。
スリングとカラビナを使って荷重分散した例。
下のハンガーにカラビナが通らなければリングにかけてもかまわない。
ヌンチャクとカラビナを使ったシンプルな例。
この場合なるべくゲートの高さが揃うように調整する。
左にロッキング・カラビナを併用し岩と擦れにくくした例。 アンカーを独占しないように、リングはロープを通せる状態にしておきたい。
これなら他のクライマーがリングを使える。


施工例
(左)小川山「タジヤン4}
なるべく残置カラビナはこのようにかけた方が良い。(ロープの流れも良く、リングひとつに荷重が集中しないため)
ただ、施工の具合によっては下のハンガーにカラビナが通らない場合もある。

(左)小川山「蜘蛛の糸」
このようにカラビナが残置されている場合、ロワーダウンするとロープが岩に擦れやすいので注意。

→このページのトップ