cliff

Top Page

・ラッペルステーション
・チェーンタイプ
・リング付ハンガー
・ダブルリング
・V字アンカー
・他いろいろな終了点
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 終了点の種類と使い方

他いろいろな終了点

カラビナ付き
FIXE社製ビレイステーション
片方はチェーン+マイロン
片方はハンガーとマイロンのみ

目立たないように迷彩を施してある。

ダブルリングにロアーダウン用残置ビナをつけた例
イージークリップアンカーとして使えるだけでなく、
残置カラビナがなくなってもリングで下降可能。
ラッペルハンガーとダブルリングによるアンカー
衝撃荷重のかかる可能性のあるマルチピッチの
アンカーなどに使用される。

エル・キャピタン、サラテのアンカーのひとつ。
かなり太目のチェーンと、下はラッペルハンガー。
やはりサラテのもの。
構成は、JFAチェーンタイプと同様だが、
全体的により頑丈なものが使われている。

ラッペルハンガー。これは直接ロープを通してもかまわない。
肉厚エッジ無しハンガーで、ロープが痛まないように作られている。
マイロンをチェーンのようにつなげて使った例。
これはスチールだが、ステンレス製でこの使い方を
するとかなりコストがかさむ。

ヨセミテでみつけた変わったアンカー。
特に下の2連ボルトがすごい。
でもこれはいくら何でも近くに打ちすぎと思われる。
かなり旧式のチェーン一体型アンカー。

初期型のダブルリング。
チェーンのひとコマとラッペルリングを使用している。
カラビナ2連残置のイージークリップアンカー*2。
これでも終了点としての機能ははたしているが、
いずれ取られてしまうだろう。

これまた立派なチェーン型アンカー
(Tuolumne Meadowsのルート)
先端には工業用フックを用いて、
イージークリップアンカーとしている。

マイロンとラッペルリングの結合型。
節理の全くない花崗岩だからボルト間が近い。
城山南壁のチェーン一体型アンカー

グルーイン(手製品)をふたつ並べただけのシンプルな
アンカー。ラッペルでの使用を前提として設置されている。
岩が硬いためボルト間が近い。
(オーストラリア Arapiles)
こちらは既製品のグルーインを使用。
ロープの流れを考慮し、斜めに設置されている。
(オーストラリア Arapiles)

JFAのチェーン直付けタイプとほぼ同様な構成。
雨が少ないため素材は鉄。最下段にはシャックルを使用。
(オーストラリア Arapiles)

エル・キャピタン、サラテ、マンモスレッジからの下降点。
ロープが通しやすいようにチェインのコマが工夫されている。
エル・キャピタン、ハートレッジからの下降点にあったアンカー。
頑丈なチェインにプラスしてダブルリングが2個。
なんとも贅沢な構成。

レイクタホ・ドナーサミットの
イージークリップアンカー
こちらはハンガー直づけタイプ

右は引っかけるだけのフック型。2本ともフック型の場合もある。スポートルートに多い終了点。
El Capitan,Lurking Fearの旧型ラッペルハンガー

チェーンの先のリングがさらにマイロンで連結されている。
マイロン一個が不安な人はリングにロープを通せばOK
El Capitan,Noseにあった複雑な構成のアンカー。

マイロン+チェイン+リングのシンプルな構成
右はダブルリング、左はラッペルハンガー。
その両方に通して下降する。

マイロン+チェイン+リングのシンプルな構成だが、ちょっと離れ過ぎか。
チェインを止めるために大きめのワッシャーが使われている

マイロン+チェイン+リング *2
チェイン + フック型アンカー

おそらく自家製だが、強力な材質にしてシンプルな構成
これは珍しい。FIXEチェイン型にリングをもうひとつプラスしたもの。
「カナメがリングひとつ」というFIXEチェイン型の欠点を克服している

ユタ州のインディアンクリークの終了点。
柔らかい砂岩のためボルト3カ所で構成。
中央はロープをダイレクトに通せるラッペルハンガー。
明細を施した形跡がある。
同じく砂岩のもの。
チェイン*2と、リング付きハンガーのミックス。


スコーミッシュの人気マルチルートのアンカー。
立派すぎる!?

スコーミッシュの、Petzl製バチノックス*2で構成されたシンプルな終了点。コリノックスより大型で、ロープを直に通してラッペルOK。


→このページのトップ