cliff

Top Page

・ラッペルステーション
・チェーンタイプ
・リング付ハンガー
・ダブルリング
・V字アンカー
・他いろいろな終了点
sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 終了点の種類と使い方

type-4 FIXE社製ダブルリング

構成

FIXE社製ダブルリングを2つ使用(左上)。
衝撃荷重のかかる可能性のある終了点(マルチピッチのビレイ点や、ルートの途中にあるアンカーなど)に設置するために作られた。
上側のリングに残置カラビナをつけると、非常に使いやすい終了点となるため、最近は良く利用される。
リング付きグルーインボルトにマイロンをつけた例も同様(右上)。



ラッペル/ロワーダウン時のロープセット

ロープを両方の下側リングに通す。(ロワーダウンの場合は結び換え。)(左上)
この際のセルフビレイは両方からとること。
カラビナを残置する場合は上側のリングにかけ、カラビナが岩と垂直になるようにする(右上)。
ラッペルでの使用を前提としているが、ロワーダウンも可。
しかし、ロワーダウンは場合によりロープのキンクや傷みが発生するので注意。

注意:この状態でのトップロープはアンカーを独占してしまううえ、
ロープの傷みも激しいので不可。


 トップロープのセット
スリングとカラビナを使って荷重分散した例。
他は、リング付きハンガーと同様。


施工例

小川山、兄岩、「お掃除上手」
残置カラビナで、そのままロワーダウン可能。
残置カラビナがなくなったとしても、リングで
結び換えをすれば問題なし。

→このページのトップ