cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚 (2014年)

14/12/13



次は、あかねの浜。

出尽くした感のあるエリアだが、
誰もが目にしておきながら、まだ登られていないラインがあった。

ホタテクラックの右、縁側部分の顕著なワイドクラックをたどり、
直上してハングを乗り越すライン。

出だしのワイドは期待していたムーヴにはまったくならず、残念。
適度なホールドがあるけどちょっとずつ遠い、ハング部分が核心となった。
ルート名は、そのまんまでなんだけど

えんがわ (5.11d)

ハングの根元には水平クラックがあり、スモールカムがきまるし、
リップのフレアー部分にも赤キャメがはまるので、
見た目ほどプロテクションは悪くなかった。
ワイド部分には最大サイズのカムがあった方がいいだろう。
城ヶ崎でフレンズのデカ緑を使ったのはこれが初めて。

今の季節、例年なら暖かいこのエリアも、西風吹きまくってシーズン早くも酷寒だった。
そんな中ビレイしてくれたスクール卒業生在校生のみなさん、ありがとう。


トポ




14/12/6



シーズン早い城ヶ崎に新ルートを追加した。
場所は「シュリンプ」のある、ながねケイブ。

シュリンプの2本右にあるクラックで、
はるか昔、25年以上も前に、大岩さんたちとトライしたことがあった。

今回、それを新たな視点でトライしてみると、
核心のフェイスは、現代風のムーヴでこなせることが解り、
本日、リードして完成した。

アバロニ (5.12d)

シュリンプに比べると、見た目は相当ショボくて、簡単そうに見えるが、
クラックはリップで閉じてしまうため、スローパーを使うパワフルなムーヴを強いられる。
核心はわずか4,5手で、ここが1級から初段くらい。
実質ここだけなので、デシマルにすると12+といったところだろう。

プロテクションはオールNPだが、
核心に入る前にスモールカムが完璧にきまるので思い切ってトライできる。


ラインはこんな感じ。登ってるのは、シュリンプ(H塚さん)



これが、その大昔トライしたときの蔵出し写真






14/11/18



今シーズン初の城ヶ崎シーサイドで。
もういないけど、
ますます「プレッシャー」




こっちは今期初の幕岩正面壁で。
ルートのど真ん中



14/11/4





東海地区で仲間と研修中



14/11/3



瑞牆末端壁の少し上、
未公開だったプロジェクトが、先日公開の運びとなって、
さっそく、クロヒゲ&矢崎くんが完登した。

ルート名はすでに決まっていたらしく、
グレードもプロジェクトだったわりには、それなりの、
Freedom (5.13a)

数日遅れで自分もトライし、本日完登した。
瑞牆らしいフェイスから、長くて細いコーナークラック、
最後は傾斜は落ちるものの、油断できないフェイスの三部構成。

大量のスモールカムを携えて下部の微妙なフェイスをこなすのも、
このルートの難しさの一部となっている。

見栄えのする35mのラインで、カッコ良くも美しい。

このところ瑞牆各地で、新ルートが次々誕生しているが、
また★★★★が加わった。



14/10/29



新潟CAMP4でルートセットしてきた。
大ルーフを持つメインウォールと、それに連結した前傾壁に
5.11cから13bまで、10本。

在庫ホールドが各メーカー多彩に揃っていたので、
創作意欲が沸いて面白かった。
お近くの方はぜひトライを!



14/10/17





小川山のプロジェクトに一人で試登しに行った。

17年前にボルトをうってトライしたときは全然できず、そのまま放置していた。
それをふと思い出して、
新たな視点でやってみたら、できるんじゃないかと思ったのだが、
やっぱり無理だった。

我ながら凄いところにボルトをうったものだと感心した。



14/10/11



瑞牆ガイドブック撮影合宿メンバーとともに



14/9/23



Tideline (5.11a)
Olmsted Canyon
Tuolumne Meadows




Western Juniper




Lizard on granite




Load Caffein (5.10d)
Olmsted Canyon
Tuolumne Meadows




14/9/22



Desparado (5.11d) and Desperate Straights (5.10a)
Pat and Jack Pinnacle Area
Yosemite Valley



14/9/19



La Escuela (5.11b)
El Cap Base
Yosemite Valley



14/9/18



Space Invader (5.12a)
Wide crack locateded near Ahwahnee Hotel
Yosemite Valley



14/9/16



OZ + Gram Traverse (5.10d 6p)
Drug Dome
Tuolumne Meadows




Fairview Dome
Tuolumne Meadows



14/9/15



Twilight Zone (5.10d)
Cookie Cliff
Yosemite Valley



14/9/12



Silly Willy Crack (5.12c)
Lover's Leap



14/8/13



David Lama & ユージ
 チーム・マムートたちと
瑞牆ウェルカムクライミングで
小ヤスリの頂上へ。




ジム・ブリッドウェルが「不可能」と断言した
セロトーレのフリー化に成功しただけあって
不思議な能力を感じたクライマーだった。
どこに行って何をやっても、最後まで生き延びるだろう。


14/7/28



「トワイライト」と「春うらら」2ピッチ目を、リンクしてみた。

70mロープじゃないと足りないと思ったが、
実際には57mくらいで、60mロープでも問題なし。

ワイドから始まり、ハンド、フィンガーを経由し、
レイバックなんぞを織り交ぜながら、指先しか入らない(自分の場合)フィンガーを越え、
さらにフレアーハンドから、快適ハンド、
細くなってまたレイバック、最後は駄目押しのスクイズチムニーで全長60m近く。

こんなに長くてきれいなワンピッチのクラック、国内はもちろん海外にだって滅多にない。

ただ、トワイライトの終了点で、その気になれば何時間でも休めてしまうので、
持久的なグレードを加算することができず、結局、リセットされて技術的には12aのまま。

そうは言っても、プロテクションの量やロープの重さ、精神面などを考慮すると、
充実グレードはその2倍、気持ちよさは3倍だった!

(写真は別の日のもの)

後日、ガメラに聞くとルート名までちゃんとあって
「ウォーク・オブ・ライフ」
というそうだ。



14/4/16



プライベート期間も終わり、ツアー参加メンバーが合流して、4日目。
レスト日という名の本気トライの日、
再度ギャラリーに来てみると、かもし出す雰囲気が常人でない熟年クライマーが。

聞けば、やっぱり、マルコム・マセソン(HB)だった!
思いがけず、かの地のレジェンドに会えて嬉しかった。

写真がそう。本人初登のMonkey Puzzle (28/5.13a)を軽々と登っていた。
昔のトレーニングデイには、一日10回登ったそう。

近隣の町、ホーシャムに住んでいて、
ニックネーム「HB」の由来は、「Horsham Brute」(たしか)
今でも凄いが、若かりし頃はさぞかし凄い身体だったのだろう。




真後ろからHBにガン見されつつ、同ルートを負けじと登る。



14/4/12



オレンジ色の岩肌の、アラピリーズ
なんとも言えない独特のフリクションが心地よい。

どう見ても普通のフェイスなのにボルトがない。
わずかな節理を見つけてスモールカムをこじ入れ、
時には、この地で生まれた極小ナッツ「RP」の細いワイヤーに我が身を託す。

だから、ここで登るクライマーは、クライミング技術よりも
プロテクション技術やアンカー構築技術に長けている。
ヘキセントリックを鳴らしながら、本当に楽しそうに
オーストラリアグレード10 (デシマルで5.5)のルートを登っている。

写真は、アラピリーズ到着一本目に何気なく選んだ(22/5.11a/b)のルート。
オージーグレードには「R」とか「X」の記述はなく、
イギリスの様にプロテクションの悪さを示すEグレードもない。
だから見た目で判断するわけで、
プロテクションが悪そうに見えても、
登ってみると要所要所にナッツを受けつけるスロットがあったりするものなのだが、
その期待は見事に裏切られた。

だから、このグレードでも頭も身体も否応なしにフル回転する。
つまりは、それが面白くてたまらない。

写真はないが、この次に登った(24/5.11d/12a)にはやられてしまった。
スモールナッツの連続するプロテクションセットに疲れ果て、核心ムーヴを起こせなかった。
ハングドッグせずに、とっとと降りて、
プロテクションの分かっている2回目はなんてことはなかったが、
その充実感たるや、デシマルの数字ひとつ分上のグレードに匹敵した。



14/4/10



到着早々、雨のぱらつく日が三日続いた。
こういうときは、グランピアンズの全天候型エリアへ。




ギャラリーの (28/5.13a)はこの通り、
雨の当たる余地なし



14/4/8



地平線から日の昇る国にやってきた



14/2/25



傾斜はないけど、秘めたるポテンシャルを感じつつ
Discover Japan !



14/2/24



帰れずエリアは、帰れない時間に行っておけば帰れる。



14/2/21



噂に違わず、世界レベルの岩質と内容だった。
Secret Agent Man (5.11a)

「日本BEST100」の中でも上位ランキング間違いなし。




それよりも何よりも、周りを見渡せば、
まだまだ手垢のついていないラインだらけ。



14/2/19



大堂海岸のプチ・グランドイリュージョン
大ルーフ (5.11c)

グレードの割りには一手たりとも油断できず、
短い分、中味濃厚。好かった。



14/1/24



クライマーとリゾート客、野猿、その他諸々がごっちゃになって
不思議な雰囲気をかもし出すプラナンビーチ。
「Human in the Hole !」 と驚く人も



14/1/20



ビーチバレーのコートの上に
次々と飛んでくるベースジャンパー




→ 2013年「今日の一枚」
→ 2012年「今日の一枚」
→ 2011年後半「今日の一枚」
→ 2011年前半「今日の一枚」
→ 2010年版「今日の一枚」