cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚 (2013年)

13/12/22



イガイガ根近所で
ハヤブサの散歩!に遭遇
自分の手にも大人しく乗ってくれた。



13/12/14



バンブー北の磯

ここも磯が上がっているのでは、と心配だったが、
それほど台風高波の影響は受けない地形のようで、変化はなかった。
むしろ、ほんの少し磯が下がったのか、ルーフボルダーの奥は
いつもほど狭苦しく感じなかった。

ならばということで、
以前から一度やってみようと思っていた
水平ルーフボルダーに走ったクラック課題「イッカク」(初段?)から、
スパニッシュダンサー(5.11c)にリンクするラインにトライしてみた。

それぞれを一度登ったあとに、リンクトライを行い、一回で成功した。
ロープとギアをぶら下げて「イッカク」を登るのは妙だったが、あえてそうしてみた。

デシマルだと 5.12c/dに感じたが、ボルダー課題とのミックスなので参考までに。
これが地上10mのところにあったら、世界を代表するルーフクラックになっていただろう。
実に惜しい



13/12/13



次のターゲットは、城ヶ崎 門脇崎の「もずがね」にあるライン。
有名な「スカラップ」を有するこのエリアには
もうかなり前になるが、何者かによって大量のボルトが打ち込まれた。

クラックの横や、以前からTR課題として登られていたラインにも、打たれてしまった。
それが、いつしか、やはり誰かによってハンガー部分が撤去され、
現在は心棒のアンカーだけが、あちこちから飛び出した、ひどい状況になってしまっている。
スカラップの左5mほどの所には顕著なハンドクラックが伸びていて、これも、その昔にトライされていた。
しかし、上部がハング帯となり、プロテクションも取れないことからラインとして完成しなかった。

それを知ってか知らずか、このクラックの横にもアンカーが埋め込まれ、
途中の浮き石は金属プレートで固定され、事実上、不自然なホールドとなって残されていた。

「もずがね」に来る度に、このラインを苦々しい思いで見上げていたが、
今回、このルートにある人工物をすべて撤去し(または目立たなくし)、NPでリードしてみることにした。

金属プレートを外すと、その浮き石は簡単に外れた。
核心となるこの辺りにはプロテクションは取れないが、
足下の水平アンダークラックには、スモールカムを固め取りできた。

一日を整備と試登に費やし、 当初は、5.12+はくだらないと思っていたが、
使えないようなホールドが使えることが分かり、
その数日後のトライで成功した。

リバイバル (5.12b R)

初見でリードするには少々先が見えにくいので、
UK方式のヘッドポイント狙いが普通になるだろう。
左からブッシュの斜面を登れば、終了点の灌木からトップロープを張ることができる。
 ルート図



13/12/09



少々極端だけど、見ておいて損はしません。
というか、見ておきましょう。


13/12/04



こんなところで一度登ってみたかった。
今のコンペティターがうらやましい!


13/12/01



城ヶ崎 門脇崎の「かどかけ」エリア。
いつもは湿っぽいこのエリアも、今シーズンは早くから状態が良く、
以前、TRで登っていたキングコング(5.11a)のダイレクトフィニッシュを
リードしてみた。

キングコングバンディ (5.12a)

キングコングの下部核心を抜け、右上の顕著な逆V字クラックから
フェイスを右上に抜けるライン。

効きのいいカムが、しかも固め取りできるので、
思い切ってフェイスの核心ムーヴに突入できる。
ムーヴはダイナミックで、かなり面白い。
これはオススメ
ルート図


13/11/23



季節は巡り、またやってきた城ヶ崎
今シーズンは早くから、多くのクライマーの姿が見られる。

秋の台風は大量のゴロタ石を海から運び上げ、
ファミリークラックエリアの標高は、昨年より、1メートル以上高くなった。

特にシスタークラックの辺りが顕著で
近くにあった石のテーブルは完全に埋まって跡形なく、
周辺のルートは、残念ながら、ずいぶんと短くなってしまった。



13/11/3



浜松スクエア・マムートカップ当日

毎度のことながら、
ジュニアクラスの選手のムーヴの切れに驚かされた。




そして無事終了。
各カテゴリーの結果もしっかりと出て、
チーフタケシの見事な見積りに感心した。

長らく続いているこの大会。
今年が8回目に当たる。

実力を出せた選手も、悔しい思いをした選手も、
それを糧に、再来年の10周年大イベントを見据えて
コンペに出続けてほしい。



13/11/2



浜松スクエアで開催するマムートカップのルートセットにやってきた。

最近は壁作りでも創造性を発揮しているタケシ君、
ルートセットに東奔西走するプロアキト、
ついにワールド表彰台の一番高い所に立ったレイ君、
地元出身全日本のココロ君
と、強力なセッターが揃ったので、自分は監督と思ったが、
そうも行かず、数本セッティング。

久々のセットはグレードを出すのに手間取ったが、楽しかった。
メンバーの妥協しない仕事ぶりに、プロ意識の高さを感じた。



13/10/29



小川山、屋根岩V峰、南陵レモンで
新たな技術を習得中の仲間たち



13/9/25



Fresno側からバレーに向かい、もう少しでバレーが見渡せるといった辺り、
道路の右側に見えるシャープなアレート。

ずっと気になっていたので、初めて登ってみた。
Spinal Tap (5.11b)

てっきりアレートの前傾側を登るのかと思っていたら、
反対側の寝てる面にボルトが打ってあった。
その分、デリケートなカンテムーヴが楽しめた。




続いて、「クッキーの上」エリアに移動。

10年ぶりの、「力の尻尾」 (5.12b)を登ったあと、
続く、2ピッチ目?に当たる
「分離した現実」 (5.12a)をリード&フォローで登った。
連続する☆*5ルートは、終日貸し切り!

写真は、Separateの抜け口にフックを決めたアベミ



13/9/23



派手なようで、景色に溶け込んだこのバンは
宣伝カーでもありながら、
YSAR (Yosemite Search and Rescue)の実働カーだった。

先日の悪天で、エル・キャピタンに要救がいる模様



13/9/22



メンバー入れ替わりの送り迎え、SF空港往復のタイミングで、激しい雨となった。
その翌日の、不思議な景色。

エル・キャピタン頂上にいるクライマー達には、何が見えているのだろうか。



13/9/19



Outer Limits (5.10c)

やっぱり、このクラックは、こうまでしても登りたいよね。



13/9/14



4年ぶりに戻ってきた!
Yosemite

山火事あとは痛々しかったが、
バレーの中は何も変わらず
4年前のまま。

いや、どころか、大方は初めて訪れた28年前と変わっていない。
いつまでもこのまま、変わらぬ姿のままでいてほしい。



13/7/3



小川山から一番近い小学校、川上村第二小学校にボルダーができ、
お披露目会と、高学年の体験会を手伝った。

こんな時代が来るとは!



13/6/13



ホールド替えの季節
今回はピオレドール受賞者も動員



13/5/30



梅雨入り



13/5/8



収穫の多かった、瑞牆トポ撮影会
瑞牆奥のそのまた奥のクラックエリア

ロプロス 85.11c)
右の逆くの字クラックが、ロデム(5.12a)
どちらも☆☆☆だった!



13/4/16



Enter Sandman(22) ,Bundaleer ,Grampians
Climber: Hideaki Shimizu





Blimp (20) ,Bundaleer ,Grampians
Climber: Miwako Abe




Angular Perspective (28) ,Bundaleer ,Grampians
Climber: Tamotsu Sugino




Dagons Temple (22) ,Bundaleer ,Grampians
Climber: Tamotsu Sugino



13/4/14



The Tyrant's Grasp (22) ,Amnesty ,Grampians
Climber: Miwako Abe



13/4/13



Out of the Blue (24) ,Arapiles
Climber: Tamotsu Sugino




No Future (21) ,Arapiles
Climber: Miwako Abe



13/4/11



Pilot Error (20) ,Arapiles
Climber: Hideaki Shimizu




Togrul Khan (19) ,Arapiles
Climber: Miwako Abe




Orestes(23) ,Arapiles
Climber:Miwako Abe




Debutantes and Centipedes(25) ,Arapiles
Climber:Tamotsu Sugino



13/4/7



今期最後の城ヶ崎
嵐が呼んだ青空に
残った波浪は新記録


13/2/13



城ヶ崎 門脇崎南の磯で講習中、大昔に放置された公開プロジェクトを登りました。

古いチョーク跡や残置ビナがありトライされていたようですが、初登のようです。
とりあえず仮名で、

目眩 (5.13a)

としておきます。

「キムチラーメン」(5.11d)の下にある前傾部分をボルト3本で左上し、「キムチ・・・」に合流するライン。
外傾エッジを両手で挟みこんでいくようなムーヴが続き、手順も考えさせられ面白い。
ムーヴはすぐにできたので、数回で登れました。

12dから13bのどこかと感じたので、間をとって13aくらいかと。
なんだか最近の初登ルートは13aが多いけど、いい加減な訳ではなく、実際にそのくらいなんです。
古いプロジェクトですがボルトはしっかりしていました。

こんなライン


13/1/29



タイから帰国しました。
成田から、マムート展示会に直行


13/1/26



初めて遭遇したイラスト顔の猿。
ダスキールトンというらしい。
和名は、そのままシロマブタザルだそうで。


13/1/22



フィギュアエイト蛇
大人になればたぶん猛毒


13/1/1

謹賀新年
みなさん、今年もよろしくお願いします!




2012年締めくくりの昨日、城ヶ崎あかねの浜で、プロジェクトだったラインを初登しました。

スーパーキョロちゃん (5.13a R)

広目天(5.8)と毘沙門天(5.9)の間にある短い前傾壁をダイレクトに越して
真上のクラック、キョロちゃん(5.9)に合流するライン。

核心は、前傾カンテからバルジを抱え込んで乗り越す、
ありがちなボルダー課題のようなルートです。

初めは、せいぜいトップロープ課題かと思いつつ、試登してみると、ビックリ、
なんと前傾壁のど真ん中に、NPを受けつけそうなポケットがふたつもある!
しかも、アンダーポケットや、かすかなスプーンカット、外傾エッジなどが絶妙に散らばっていて
これはまさに、「ここを登れ」と言ってるとしか思えない!





ただ、NPの効きが良さそうに見えたポケットは
中が広がっていてカムを受けつけず、ナッツもいまいちすわりが良くない・・・。

仕方なく、飛び出しそうなナッツの通路にカムで蓋をするという小細工をしたりで、
今回は、プリセットのピンクポイントとしました。
まあ、ボルトを打つよりは、はるかに良いので、自分的にはこれでも満足しています。
なので、この「R」は、ランナウトではなく、NPセットのし難さについています。

ムーヴができてしまうと、ずいぶん簡単に感じたけど、
昨日は雨上がりの適度なモイスチャーでフリクションがかなり良かったせいもあるだろうと、
このエリアでは珍しい5.13台としてみました。

こんなライン




→ 2012年「今日の一枚」
→ 2011年後半「今日の一枚」
→ 2011年前半「今日の一枚」
→ 2010年版「今日の一枚」