cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚 (2012年)

12/12/18



城ヶ崎でボルダーの取材。
城ヶ崎のボルダーは滅多にやらないが、こういう機会にと、二日間あちこち登って回った。
数こそ少ないが、ポツポツと面白い課題が散らばっている。
城ヶ崎の良さを再認識。


12/12/4



ベテランインストラクターに囲まれて登ってきた人は!


12/11/23



母校明治大学で、私の担当2回目となるクライミングの講義をおこなってきた。
講義と言うからには、実技ではなく座学で
日本クライミング界の現況について解説してきた。

総合大学の一般教養選択科目に、「フリークライミング」があるのは明大だけ。
20数年前、工学部の学生として講義を受けていた自分が、
こういう形で教壇に立とうとは、夢にも思わなかった。
形はどうあれ、OBとして役に立てるのは、しみじみと嬉しい。

そして、これは文学部の体育の授業の風景。
そういう時代になったことも、
やっぱり、しみじみと嬉しい。


12/11/9



娘と人生ゲームをやっていたら、こんなコマがあってビックリ!


12/10/14



瑞牆カンマンボロン、イクストランへの旅 1p目(5.12c)と2p目(5.13a)がオンサイトできた。

待ちに待ったパリパリのコンディションも手伝って、
今年一番の会心のトライをすることができた。

ドローを掛けながら、しかもチョーク跡皆無のリアルオンサイトだったので、余計嬉しい。

いや、それにしても、ウワサ通り、素晴らしいルートだった。
この界隈(瑞牆/小川山)では、ベスト3に入るのではないだろうか?
ガメラ、やるねー。

登っている写真はないので、取付からの甲斐駒。


12/10/10



秋休みその2
遅いかと思ったら、今年はちょうど良かった


12/10/9



秋休みその1


12/10/01



今年から公募になったフリークライミングインストラクター資格制度の、
レスキュー研修に参加してきた。



自分はオブザーバー兼、要救役だったけど
講師がレスキュー講習のベテラン二人なので、今回もいろいろと勉強になった。


12/9/29



小川山クリーン・クライミング
今年でなんと13回目。地道に続けるスタッフに頭が下がります。


12/9/3



最終日は、やり残したルートを片づけに、チアカマス・キャニオンへ。
知り合い2名も合流し、一緒にガイド協会の親方(写真奥で登ってる)も現れた!
内緒にして驚かそうとしていたらしいが、実はバレバレ


12/9/2



ナイトメアのTOP100、Sentry Box(5.12a)をRPするアベみ。
自分は、ダイレクトスタートを登ってみたけど、プロテクションが悪くて緊張した。


12/8/30



4組に分かれ全員でマルチ



きれいなクラックやフレークをつなげて行く



いつも混雑するエプロンは、雨上がりのためか貸し切りで、やりたい放題


12/8/29



チーフのThe Grand Wal、6ピッチ目のスプリット・ピラー(5.10b)
40メートルのシンハンド〜ハンドクラック


12/8/27



メンバー5人が合流し、ツアー初日はMurrinへ。
ここも今年のトポから収録されたエリア
きれいなクラックが並ぶ。


12/8/25



昨年のトポには出ていなかったMurrinのニューエリア
特徴的なクラックが二本並んでいる。

Coitus Interruptus (5.12b)


12/8/24



参加メンバーが合流するまでの三日間はプライベートで登りまくり。
初めてのエリア、サンクチュアリは全天候型で、突然の雨でも大丈夫。

TOP100のひとつ、The Crescent (5.12b)


12/8/22



今夏のスクールツアー(YFクラブ主催)も、昨年に続き、カナダのスコーミッシュ
シアトルから乗り継いでバンクーバーへ
久々のプロペラ機



予定していた宿が営業停止!となってしまい、
代わりに割り当てられたのは、貸別荘風B&B、ティファニーズ
オーナーの趣味で、中にはこんな部屋まで。


12/7/31



塩原ボルダーの近く


12/7/22



激しい雨に見舞われた小川山から転戦。
岩塔があることは知っていたが、許可を得て開拓されているとは知らなかった。
いまいち脆い部分もあるけど、まあ何もできないよりはいいかな。


12/7/20



小川山「ninja」のボルト4本を打ち替えた。
時間をかけて慎重にリボルト位置を決める再登者カネゴンとトキオ。


12/7/9


Happy Anniversary !
Mammut 150th






Video letter from free climbers sponsored by Mammut


sponsored alpine climbers


12/6/6



最終日は末端壁で、再度トラッド研修総仕上げ。
と同時に、リボルト研修をかねて、7本のルートの終了点を整備交換した。

ここの終了点は、アルミハンガーやら、リベットアンカーやら、ぐちゃぐちゃスリングやらで
汚い上に、強度の弱いモノの組み合わせだったので、早くどうにかしたかった。

今回、もっともシンプルで目立たたないタイプを採用して、
終了点まわりは一気にスッキリ!
そして、今までとは比べものにならないほど頑丈になった。
資材提供してくれたJFAに感謝。



これは春うらら1p目の終了点。

「調和の幻想」の辺りは、残置ビナをつけると持って行かれそうなので、
なくても下降可能な、リング付きハンガータイプにした。



12/6/4



今年から公募となった検定&研修合宿会の一コマ。
今回はメンツ的に少し難しめのルートを設定して、まずはトラッド能力の検定。

上下から鋭いチェックが入る。
やりにくいだろうなあ。



12/5/30



「ユージの部屋」に、5人目のゲストとして出演してきた。
ほとんど、昔話と雑談だったけど、かえってそれが良かったみたい。
ユージと久々に、エルニーニョやトラッドの話がたっぷりできて楽しかった。
それにしても、あっという間の一時間だった。

ユージの部屋 by F-STYLE

ベースキャンプは初めて行ったけど、ボルダーもルートも広くて、
到着するなり、ユージと組んで駆けつけ7本登ったけど、どれも面白かった。
また今度、たっぷりと登りたい。



12/5/7



取材第2弾、今回はカサメリと不動。
この日、とんでもない大失態をやらかしてしまいました。
15mくらいの大フォール。

無事でした。
ロープバーンだけで済みました。
ジャンボ君がガッツリ止めてくれたから助かった。

大反省です。
二人とも驚かせてスミマセンでした。



12/5/3



恒例春のセントラル、ホールド替え。

一年分のチョークとソール痕を洗いおとして、あとは楽しくつけるだけ。
今回は大勢手伝いに来てくれて、ボルダーのホールド密度は過去最高レベルに!
ルートの方は、自分一人で行ったり来たりのぶら下がり作業で内腿がヒリヒリ。



12/5/1



取材で瑞牆の奥地にやってきた。
いつも下から見上げていて、早く登りたいと思っていたクラック。
オーバー・ザ・レインボー(5.12b)
こういう機会でもないとトライできないので飛びついた。

初登者Gメラの案内で取付に着くと、あれ、思ったよりも短かった。
でも内容は良かった。終了点が中途半端だったので3m上のレッジまでオンサイトで伸ばして終了。

写真、登るは今回のパートナーのジャンボ君、撮るはGメラ。




続いてはコレ。やはりやってみたかった、2ピッチのクラック「黄金狂時代」
1p目は12a、2p目は12bということで、リンクして登ってみた。

しかし、残念ながら、2p目のハングを越したあとのムーヴに失敗してしまった。
ムーヴは探らずに、そのまま1p目の終了点まで戻って登り直す。
左足の位置を修正したら、今度はうまく行った。

オリジナルは、その上のダイクを左にトラバースして、左から巻くように抜けるらしいが、
すでに40m以上伸ばしたロープが重く、ロープの流れの良い直上ラインを登ることにした。

ここにはボルトが一本あり、それにクリップすれば直線上にロープが流れる。
岩はコケコケできれいとは言えなかったが、ムーヴはそれほど悪くなかった。
左から巻いても直上しても、グレードはそれほど変わらないようだ。

ただ、この上の緩斜面が意外に長く、終了点の灌木まで、重いロープに苦しめられた。
ブッシュのテラスに這い上がったときは、ロープがちょうど60m出ていたようだ。
重いわけだ。
なかなかエキサイティングなリンクで楽しかった。



12/4/25



今日の講習生は、なんと、ユージ!
先生は、Gメラに山下ガイド。
そして貸し切り予定の現地に到着すると、山野井夫妻が登ってた!

同窓会か?



12/4/22



予報通り、午後から雨になってしまった。
こんなときは浮山橋へ。

乾いているとは言えなかったけど、
ゲルニカに触れたのは返って良かったようで。



12/3/27



城ヶ崎ファミリー
吊り橋の工事も終わり、やっと解禁となった。

夏の台風は、それまで自分が運んだゴミを今回は持ち帰ったらしく、
今までにないくらい、きれいな磯になっていた。

デルトイド側は1m近く磯が下がって、いきなりボルダームーヴ。
石を積まずにスタートすれば、ここが核心となって5.12かも。



12/3/20



春分の日は、プライベートでアカネの浜へ。
もうそろそろ城ヶ崎もクライマーの姿がまばらになるかと思いきや
アカネには続々とクライマーが集結。

そして、なんと驚いたことに、そのうちの11人が、うちの講習会に参加してくれた人たちだった。
みな、それぞれのギアを携えて目標のクラックに挑んでいる。
教えた側にとって、このうえなく嬉しい光景であった。



そして自分は、
「持国天」の右にあるフェイスをリードしてみた。
これは以前からTRでは登られていたが、リードの対象とは捉えられていなかった。
しかし
名物だった「アカネの目」は崩壊して、もう崩れるものもなくなり、
よくよく見ると核心手前のスロットはカムをふたつ受け入れることも分かり、
ならばとやってみた。

ちょうど「ほお骨」にあたる前傾部分が核心。ムーヴは短いながらも面白く、
さらに上のカンテも露出感があって気持ちよかった。
実際リードしていたときはそう感じなかったが、写真で見ると「あれ、こんなに」といったロープの出具合。

ホラーマン(5.11d R/X)
目があった頃はそんな顔が大島を眺めていた。

さらにもうひとつ、興味深いラインを発見!まだまだ遊べる。



12/2/18



ホシナクラックとスカイラブが見える



ちなみに、ここも城ヶ崎(今朝)



そして、ここも城ヶ崎(の近く)



12/2/9



昨晩はマイナス4度まで気温が下がり、心底冷えた。
最終日の本日は、暖かさを求めてシーサイドへ。

短い期間ではあったが、学生たち、NPの使い方に関してはかなり慣れた模様。
そうはいってもジャミングはまだまだこれから、
フェイスの倍以上の経験量が必要だ。
ジムのイントラを目指すにしても、指導者としてフリーを伝えるのであれば、
トラッド(クラック)は必須科目。
妙高に帰ってからも、この経験が生かせるように頑張って。



12/2/8



朝方、まだ太陽は雲に隠れていたが、「漁り火」エリアは
昨日あれだけ降ったにもかかわらず、カラカラに乾いていた。

今回の授業内容は、クラックとナチュラルプロテクション。
寒さと雨で凝り固まった身体を伸ばすように、
学生たちはトライにトライを重ねた。



12/2/7



二日目も雨…どころか、ほとんど暴風雨。
ここまで降ればあきらめもつき、
今日は宿泊地でそのまま、机上講習や指導実習などなど。

いつもは登ることに集中して、
こまごまとしたロープワークなどは教える機会が少ないが
実際はこういうことを伝える時間はもっと必要と、あらためて思った。

午後には雨も止んで、やっと明日はまともに登れそう。



12/2/6



今日から4日間は
i-nac(国際自然環境アウトドア専門学校)のクライミング合宿に講師として参加。

雪深い妙高から遠路はるばるやってきたスタッフと学生たち
陽光降り注ぐ城ヶ崎でクライミング、のはずが
初日から雨…。

そうはいっても専門はアウトドア、
土砂降りだろうが登れるところで登りますよ。



12/1/26



一日フルに登れるのは今日が最後。
午前中は、貴重な日陰エリアのムエタイで、
各自、宿題になっていたルートをトライした。

自己最高グレードを更新した人もいれば、今後の課題がハッキリした人もいるし、
中には、自分のクライミング観が変わった、と言う人も。

確かに、毎日登るだけでなく、
あらゆる国のクライマーが、色々な登り方しているのを間近で見ていると、
いろんな気づきがあったり、新たな刺激がもらえる。

それがまた海外ツアーのいいところでもある。



12/1/25



今回のイベント参加者は9名、それにスタッフと研修生が3名、
それに私を加えて、合計13名もの大所帯となった。

この大人数では、まずは場所の確保が大変だけど、
午前中に行ったダンカンズ・ブーツは貸し切りで何の問題もなし。

帰りはこの通りだけど、タイらしくて大変よろしい。



12/1/24



中日の本日は自由行動、休みたい人はレストとなるわけだが、
やっぱり今回も全員登りに行くことに。

自分もダムズキッチンの奥にあるジャングルエリアで、
まだ登っていない7台のトライを楽しんだ。

写真は、かなり辛目の7aにトライするS水君。



12/1/23



二日目の午前中は人気エリア、ダムズ・キッチンへ。
と、覗いてびっくり!この人だかり。
まあ、全員がクライマーではないにしても、ここだけで、50人。
ということは、プラナン全体で言ったら500人以上のクライマーがいるのかもしれない!

ちょうど今日は春節に当たるので、
中国、台湾、シンガポール辺りの人が多いのは当然だと、あとから気づいた。

というわけで、となりのチロリアンウォールで登る。
ここも大混雑だったが、ちょうど各レベルにあったルート3本が空いていた。

壁に日が当たり始まる時間まで、メンバー全員、熱いトライを繰り返した。



12/1/22



今年も始まりました恒例のタイ・プラナンツアー
今回でめでたく10回目を迎えた!

そして初日はやっぱり、近場で日陰のワンツースリーエリアで登り始める。
9時半を過ぎると地元の体験クライミング集団がやってきて、
ものすごい人口密度になるのは相変わらずの風景。

毎年毎年、
同じ人が、同じルートを、同じように登っている。(自分もそうだけど)
昨日までここにいたような不思議な感覚にとらわれる。




→ 2011年後半「今日の一枚」
→ 2011年前半「今日の一枚」

→ 2010年版「今日の一枚」
→ 2009年版「今日の一枚」
→ 2008年版「今日の一枚」
→ 2007年版「今日の一枚」
Back