cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚(2011年前半)

11/12/30

年末の片付けをしていたら
クライマーのあこがれが出てきた。
けっこうでかい。
やっぱり横須賀は亜熱帯なのか?



11/11/12

日本最大のローカルコンペ、浜松スクエア・マムートカップに
セッターで参加してきた。


カテゴリーは4つに分かれているけど、
オープンやマスターに特別出場したユース(特に女子)の登りっぷりには圧倒された。
毎度のことながら、そのしなやかな動きには学ぶところが多い。



そしてコンペ自体は、メインセッター、タケシの活躍で
しっかり順位も出て、大盛り上がりのうちに無事終了。
オープン決勝でのユース女子の頑張りは感涙ものだった。




11/11/9

史上最高に混雑する屋根岩5峰の小川山庭園
全国各地からインストラクターが集結した



そして、背負われていく…



夜は夜で、筆記試験に取り組む珍しい図



翌日は、これまた、ワールドカップ現役選手の珍しい図




11/11/2


10数年ぶりにゴジラ岩に行ってきた。
アプローチがすっかり変わっていて(良くなっていて)驚いた。
とはいっても登ったわけではなく、ちょっとした整備。

開拓時のハンガーは鉄製だったことが気になっていて、今回それをステンレスのものに交換してきた。
でもアンカーが鉄で錆びてるものもあったりで、中途半端な整備になってしまった。

真ん中の「黄河」は、ホールドが欠けたと聞いていたけど、
初登時と何も変わっていないように見えた。
確かに、欠けたと思いたくなるほど、今思えば、グレード辛目だったかも。


11/10/28


川上村の小学校の企画によるクライミング体験会が
岩根山荘の室内ウォールで開かれた。
「源流」Tシャツを着た子供たちは大喜びで、ルートとボルダー、2時間登りまくり。

川上村の子供たちがクライミングをする、
こんな日がやってくるなんて!


11/10/27


母校明治大学の和泉校舎にこんな立派な壁ができていた!
在学中は、石垣登ったり校舎登ったり(当時、ビルダリングと呼ばれていた、本当の話)
してトレーニングしたものだけど、

こんな時代になるなんて!


11/10/25


日本山岳ガイド協会フリークライミングインストラクター委員会で行う
マルチピッチの「模擬」検定会の一コマ。
模擬被検者に鋭い視線が集中する。



搬送されていくガメラ


11/10/11


金峰山頂上からの小川山。
こう見ると屋根岩本峰はやっぱり遠い。



同じく瑞牆。
この角度からだと大ヤスリがやたら立派。


11/9/23



前日までの台風にもかかわらず、末端壁は不思議なくらい乾いていた。
トワイライトの内部までカラカラだった。

みな、それを知っているかのように大勢のクライマーで賑わっていた。
中には卒業生の顔もチラホラ。
こういう場所で、たのもしくなった彼らに会うのは嬉しいものだ。

今日はペガサス1,2pをリンクして登る人も多かった。
50m以上続くクラックを一気に登るラインが何本も取れる、
本当に貴重な岩場だと思う。


11/9/13



帰国日。長期滞在したホステルをあとにする。
天気を気にしなくていいこの日だけ、今にも降り出しそうな雲が広がっていた。
コワイほど天気に恵まれたツアーだった。


11/9/12



今まで登っていなかったペト・ウォールの下部へ。
高差30m、ジャスト垂壁の似たようなルートが並んでいるが、
エリア自体は特徴的で、様々なエッジをつなぐテクニカルなフェイスから成っている。

同じ花崗岩でも、これだけバラエティに富んだエリアをいろいろ楽しめるのも
スコーミッシュの凄いところだ。
写真は5☆の5.11a、Pleasant Pheasantを登る永野さん。


11/9/11



今回の最大の目標は、Zombie Roof (5.13a)をオンサイトすることだった。
これは、私が尊敬するクライマーの一人であるピーター・クロフトが1982年に初登したルーフクラックで、
この手のクラックが好きな自分としては、ぜひとも良いスタイルで登りたかった。

好天が続いたおかげでルーフのコンディションは良く、
ムーヴもうまい具合にまとまってリップに到達、
しかし、細かいミスが重なって腕が限界になってしまった。

あと一手で立ち込むところまで行ったのに、
あーあ、自分で言うのもナンだけど惜しかった。。。

結果、ノーハングドッグの2回目で完登。
完登の喜びよりオンサイトを逃した悔しさの方が勝っていたけど、
まあまあ納得のいくスタイルで登れたので満足。いい時間が過ごせた。


11/9/10



残り三日間はYFスタッフとプライベートクライミング。

体がスコーミッシュに馴染んだところで、
今回の目標その1
Murrin、ペトウォールの、Fright Of the Challenger (5.12c)にオンサイトトライ。
これはボルトルートが多いペトウォールにあってオールNPの異色なラインで、
とにかくライン自体が美しくて、そそられる!

下部の前傾フェイスを越えて、きれいなフィンガークラックに合流し、
細いクラックの入った浅いコーナーに身体を入れるまでが核心。

節理が多いわりにはプロテクションが取りにくく、
核心のムーヴをこなす頃にはすっかり疲れてしまった。
結果、初見のトライは核心でフォール。
そのままノーハングドッグで降りて、2回目に完登した。

下で見ていたローカルたちが拍手してくれたのが嬉しかった。


11/9/9



そして好天は続く。今日も快晴だ。
結局3週間の滞在中、雨が降ったのは初日だけ、それが最初で最後の雨だった!

雨の多い印象のあるスコーミッシュだが、
地元の人によると、今の時期は、このように好天が続くのは珍しいことではないらしい。
スクールツアー最終日は、5.10台の個性的なルートの揃うMurrinの高台エリアへ。

クライミングは経験量がモノをいう。特に花崗岩の場合はそれが顕著に表れる。
参加メンバーも、みんなそれぞれ、いいモノを持ち帰れた模様。


11/9/7



本日のアフター5はボルダー。
参加メンバーのエノッキーがあちこち案内してくれた。

7年前に来たときに登った(と日記に書いてあった)課題の目の前に立っても
何も覚えていない。
ここまできれいさっぱり忘れてしまった自分が恐ろしい。


11/9/2



スコーミッシュから車で30分ほどのチアカマス・キャニオンへ。

ここは徹底してスポーツクライミングを楽しむ場所。
メインエリアは、ほとんどのボルトにチェインかワイヤー製のドローがフィックスされていて、
カムはもちろんヌンチャク類も不要なほど!

壁からダラダラとドローが垂れている図は美しいとは言えないが、
まあ、ジムだと思えば登ることだけに集中できるので、それもまたいいかも。

実際、午後遅くなると、平日だというのにワラワラとローカルクライマーが集まってきた。
ウィスラー辺りに住んでて専門は滑り系といった風体の兄ちゃんが多い(全部推測)。
14cまであるから、当分楽しめるだろうし、まったくもってうらやましい。


11/8/31



スコーミッシュと言えば、The Chief
その大岩壁の5ピッチのマルチから下降後、
そのベースにある超人気ルート、Exasperator(5.10c、2p)も登った。

ヨセミテにだって、こんなにきれいなクラックはそうそうない!
「岩に筆で書いたような…」という表現がピッタリ。
2ピッチの設定だが、無理なく1ピッチ50mでリンクできる。


11/8/30



YFクラブのスクールツアーがスタート。参加メンバーも全員合流した。

「小川山レイバック」を3段重ねたような、きれいなコーナークラック、
MurrinのA Little Testis(5.10b/c)をオンサイトするY川さん。


11/8/27



MurrinのNightmare Rockで登る。
ここは岩の構成が複雑で3D系のルートが多く、どのルートもラインが一目で分かる。

トポとさんざん見比べてやっとラインが判別できるようなルートと違って、
どれも主張のある個性的なルートばかりで、圧倒的に面白い!

上の写真は、Big Daddy Overhang (5.12b)
サーカス(城ヶ崎)のようにルーフ下をトラバースして、そのままダイレクトにルーフを乗り越す。
ボルトとNPのミックスのうえ手順がわかりにくかっただけに、オンサイトできて嬉しかった。



その下部に位置するGreat Grandaddy(5.11a)を登るK子さん。

エリアにもよるが、ここは全体的にボルトはミニマムで、RX系の恐ろしいトラッドラインもある。
クライマーの左上に見えるカンテを登るルート(Sugardaddy 5.14)がその典型で、
ソニー・トロッターによって数年前にヘッドポイントされた。
(「レッドポイント」ではなく「ヘッド…」。意味不明の人はこの用語集でチェック)

カンテのフレークにきめたカムを2m足下にしてマントルを返し、先の12bに合流するらしい。
グレードが5.14ってアバウトなところもいいなあ。


11/8/24



Murrinの各エリアを、登りながら一通り見て回る。
ここは最も高台にある「Up Among the Firs」エリア。
Firは「モミ」の意味らしいが、確かに周りを巨大なツガに囲まれている。

終了点からの景色はまるで高原の湖のよう。
でもこれはバンクーバーの内海から続く入り江。
水面が穏やかだから海には思えず、当然標高も低いわけで、なんだか不思議な感じがする。


11/8/23



朝から晴れた!
今日から4日間はプライベートクライミング。
乾きの早いSmoke Bluffsで登る。

写真は、Supervalue(5.10c、35m)を登るミワ。
駐車場から見上げると、ちんまりしたエリアに見えた CragX だけど、
実際取りついてみると、どれもロープが足りないほど長くて面白かった。

周りの景色がデカイから小さく見えてしまうんですね。悪いクセが出た。


11/8/22



カナダのスコーミッシュにやって来た。
ここは7年ぶり2回目、でも前回はバンフ方面に行った帰りに数日ボルダーしただけなので
ルートを登るのは実質初めて。

その時も雨が多かったが、今回もバンクーバーからずっと雨…。
先週まで雨が多かったらしく、シャノンフォールズの水量も派手。


11/8/18



お盆まっただ中、日曜日の小川山、
ここまで混んでる廻目平を見たのは久々、もう無理!

講習は混雑を避けて、久々の砦岩へ。
案の定、貸し切りだった。(あとから二人組が来ただけ)

しかし、開拓当時からワイルドさがウリのこのエリア、
蜘蛛の巣と岩茸と風化した岩くずを払いながら登ると、
自然に還るはずのない終了点が自然に還っていて笑った。

中味がかなり良いだけに、
今後もたまに足を運んで、少しずつ生き返らせていこうと思う。

写真は、隠し砦の三悪人5.11a)を登るY野さん。


11/8/4



ヤマケイから出ました!

自分も、ロープ、カミングディバイス、パッシブの項を担当しています。
クライミング用具全般から、ビッグウォール、アイス、沢登りのギアのほか、
ボルトやピトンまでカバーしていて、かなりの大作。
ミノリンガー、よく頑張った!

クライミング用具大全


11/7/24



二日続けて、不動沢のプライベート。
今日はちょっと気になっていたフェイスを登ってみた。
グランドアップで拓かれたルートがほとんどを占める不動沢で、
これらラップルートの存在は少し奇異な感じはする。

でも登ってみると、どれもかなりよく出来ていて
小川山のその辺のルートより、はるかに面白かったりするので困ってしまう。

これは「タンジェリンクラウド5.12b」
トポには出ているが、終了点が文字通り終了していたので、
まったくといっていいほど登られていないと思われる。

寒々ルートのワイドを登り、途中から派生するのだが、
うまい具合にホールドが続いていて、しかもリップに立ち込んでノーハンド終了という
かなり合理的なライン。リップ周辺のムーヴもなかなか優れもの。

写真左のカンテも12aくらい(未発表)
ブラックリバー右にあるボルダーの頂点から始まるライン(2pに分けているが無理なくリンク可)も
コーナー混じりの3Dムーヴが出てくる好ルート(12bくらい)。

作れば作ったで、登れば登ったで、面白いのは事実で、悩ましい限り。
でもやはり、これらを手本にしたラップルートが今後不動沢に増えることは、
あってはならないことだとも思う。
ここが日本に残された最後の砦であることは間違いないから。


11/7/23



危ないらしい。
だったら、何で作ったのか?まったく意味不明。
不動沢にて。




本日、ファミリーで瑞牆登頂。
不動沢コースには、せいぜい7,8人の登山者しかいなかったが、
頂上に着いたら40人以上もいて、娘もびっくりしていた。
本当にブームなんだ。

帰り道、弁天岩へ寄って、あなどりの報酬(5.11a)。
弁天岩自体には、かなり人が入っている形跡があったけど、このルートには皆無だった。

最初の数メートルは、ジャミングするそばから岩が崩れていくほど風化していたが
核心は不動沢らしいフレアージャム、しかも長いし、いいルートだった。
ギア一式持ってきた甲斐があった。


11/7/13



MAMMUTの展示会。
今年は創立150周年に当たるため、特にウェアに目を引くモノが多かった。
それを記念した、奇抜なデザインのウェアがてんこ盛り。
この左右非対称のウェアは「Peaks Collection」というモデルで、
同じカラーリングのウェアを来た数人が一列になって肩を組むと、
一本のロープが浮かび上がって見えるらしい。

他にも、超お気に入りロープ「Infnity」に新色「Gold」が加わった。
現物を見ると本当に金色!これは早く使ってみたい。


11/7/3



最近たまにヘキセンを使っている。
回収不能になりにくいので、スクールでトップロープの降られ止めにするのに便利。

しかし、個人的なクライミングでプロテクションとして使うことはない。
このサイズのナッツになると、もはやその利点は、ノスタルジーに浸れること以外はないから。
確かに、極めてシンプルな金属片からその機能を十分に引き出せたときは、妙に職人魂が満たされる。

でも、登るために使っているのか、使うために登っているのか、わからなくなることがある。
セット自体に楽しみを見いだすよりは、セット自体が不要になるよう自分を高めたい。


11/7/2



土曜日のスクールは「瑞牆周辺」
末端壁に行こうかと思ったが、雷雨がありそうなので近場の不動沢で行う。
カサメリ駐車場には7,8台の車がいたが、不動沢にはやはり誰もいなかった。

屏風岩とエンペラータワーには質の高いルートが揃っているのに、
いつも空いているのは、お気楽に取り付けるルートがないからだろう。

これは「エンペラークラック」の直上バージョン(トポには未掲載)。
グレードは10bだが、直上する部分にキャメロット#6などのワイドギアが必要で
しかも、セッティングも単純とはいえない不動沢らしい渋いルート。
今後も混むことはないだろう。


→ 2011年前半「今日の一枚」
→ 2010年版「今日の一枚」
→ 2009年版「今日の一枚」
→ 2008年版「今日の一枚」
→ 2007年版「今日の一枚」
Back