cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚 (2011年前半)

11/6/28



平日クラック講習で今シーズン4回目の末端壁へ。
午前中はガスに包まれていたが、午後から日も差し雨の心配もなくなった。
シミ出しと結露で状態はいいとは言えないものの
参加者のみなさんは果敢なトライを繰り出していた。

濡れてるクラックというのは
頼りないジャミングを体全体を使って効かせる練習に最適なんじゃないかと
強引に思った。


11/6/26



日本山岳ガイド協会主催のファーストエイド講習会に参加してきた。
これは、一泊二日の講習会のうち最後に行われた総合実習の一コマ。
足の開放骨折の設定で、その応急処置などを模擬で行っているわけだが、
注射器を使って実際に出血までさせるので、かなりリアル。
実際、開放骨折の応急処置はどうすればいいのか疑問点が多かったので、大変勉強になった。

各先生方による講義も充実していて、フリークライミングインストラクターとしては
知っておかなければならない内容ばかり。
しかし、もっとも興味深かったのは、金田正樹先生による「凍傷」の講義だった。


11/6/17



「日本山岳ガイド協会フリークライミングインストラクター委員会」の
第二回研修会に参加。
梅雨時期にもかかわらず天気に恵まれ、2泊3日の研修&模擬検定を
予定通り終えることができた。



濃いメンツによる濃い研修会。
全国各地から集まったインストラクターは総勢17名。
検定員の鋭い目が光る。



これは指導法検定の一コマ。
みんな、普段登っているときよりも目が真剣なんじゃないの?



来年度に向けて、なかなか良いものに仕上がっていきそう。


11/6/13



「瑞牆周辺」講習は、週末としては珍しく末端壁へ。
幻想的な「幻想」でアップを済ませ、各自目的のルートにトライ。
前日の雨で状態は良いとはいえない中、
メンバーは「アストロ」や「エアウェイ」をクリア!


11/6/1



ホールド替え第二弾完了。
いっそのこと、残ったホールド全部つけてみた。



UKCのサイトを(スレートか、なつかしいなあ)と、思いながら見ていたら
自分が出てきたからびっくりした。


11/5/18



セントラル溝ノ口のホールド替え第一弾完了!
だいぶ付いてるように見えるけど、これでもまだ半分。

とりあえず次回休館日まで、この状態で楽しんでください。


11/5/16



今年度発足した
「日本山岳ガイド協会フリークライミングインストラクター委員会」
第一回研修会。

全国から濃いメンバーが集まった。
来月からますます本格的になっていく。


11/5/15



カムテスト風景その3。
前回の正解者はいませんでした。

正解は
不動沢蛇岩の「スネーククラック左(5.11a)」(R&S51号でトキオ君が発表)。
今回のは簡単なので賞品はありません。


11/5/9



カムテスト風景その2。
このクラックのルート名が分かった人、
私のお気に入りのカムを差し上げます!
ちゃんと発表されてるルートです。


11/5/6

連休後半は、NOSE三郷店で課題セット。
ダッチ力作の壁に、二日間で36本のテープ課題を作った。
カラフルな壁がますますカラフルに。
ヒリヒリな指はますますヒリヒリに。



NOSE三郷店は、いよいよ明日5/7(土)オープンです!
お近くの人はぜひ足を運んでみてください!


11/5/1



ただいまテスト中。
食わず嫌いのモノもあったけど、探せば長所はあるものだ。
こんな機会でもなければ気づかなかった。
埋もれさせておくのはもったいない。
これからはもっと活躍してもらおう。


11/4/22

昨日は、今シーズン最後の城ヶ崎講習だった。
例年だと4月ともなれば、日向は真夏なみ、クラックからはブッシュが顔を出し、
昨日行ったフナムシエリアなんて、それこそフナムシがワラワラと壁面を這い回るのが普通だが
今年の4月は本当に涼しく、どこのエリアも真冬なみに状態が良かったようだ。
今回も上着が離せないほど冷たい風が吹いていた。

昨日あらためて思ったが、城ヶ崎はつくづくNP講習に向いた岩場だ。
クラックの数はもちろん、ナッツを多用するフェイスとのミックスも多いし、
自分で言うのもなんだけど、非常にためになる。
来シーズンからは、NP講習の数をもっと増やしていこうと思った次第。





11/3/24

昨日、城ヶ崎の「あかねの浜」を見に行くと、やはり「あかねの目」は崩壊していた。
11日の地震発生直後、イガイガ根の付近で轟音がしたという情報があり、
おそらく、そうなんだろうと思っていたが、やはりそうだった。



下の写真が目があったとき(今年の2月)のもの。
頭の部分がごっそり消えてなくなっているのが分かる。

すぐ左には「持国天」「増長天」などのクラックルートがあるが、それらに影響は及んでいないようで、
10mほど左の「コモドドラゴン」などにも変化は見られない。
崩落した大量の岩は海中に沈んだのか、波打ち際にもそれほど大きな変化は見られなかった。
既成ルートの消滅という自体にまでは至らなかったようで、その点は安心した。

城ヶ崎シーズンも終了間際なので、どちらにろ周辺ルートを登る人はいないだろうが、
余震や高波があると小規模な崩壊が再発する可能性もある。
せめて来シーズンまでは、この周辺には近づかない方がいいだろう。





11/2/22



平日シーサイド講習。
まだまだ週末は混んでるようなので、シーサイドでの講習は平日に行っている。
しかし、本日はざっと見20人以上のクライマーが集まり、
週末なみににぎやかなシーサイドだった。

うちの卒業生や講習会に来てくれた人も数人いて、
ボルトNP問わず、果敢なトライを繰り出していた。
そういった光景を見ると、教えた側としては、とても嬉しくなる。

さて、帰りの登り返し。
さすがにこれだけの人数なら、待ち時間は大したことないが、
不慣れな人も見受けられた。
確かにビレイは必須だが、何も長いロープの末端どうしで登ることはない。
しかも、わざわざ遊歩道まで上がってビレイしようとしていたから、さすがに声をかけた。

ガメラが、たまにはいいこと書いているので、
シーサイドに行く方はぜひ参考に。
ガメラのHP(Hot Rocks 2/20)



11/2/7



月曜日は、平日シーサイド講習。
ところが降り口に着くと、大勢の防災レスキュー隊員が搬出訓練中。
静岡県では、年に数回、ここシーサイドでレスキュー訓練をしているが、
ばったりと出くわしてしまった。

今回はいつもより大がかりで、人数も15人くらい、
ストレッチャーも数台見え、記録映像も撮ってるし、ヘリまで来るらしい。

別エリアに変更しようかとも思ったが、
他の場所から降りるのはかまわないということなので、アイロンヘッド辺りから下降した。

聞けば、「クライマー想定の救助訓練」とのこと。
まあ、そりゃあそうでしょうが、そうハッキリ言われるとね…。

でも逆に言えば、防災はここでのクライミングを認知しているということ。
今までも数人の隊員と話したが、
みなさん感じ良く、クライミングに対して寛容で、ある意味、無関心ですらある。
何かあるとすぐに禁止をちらつかせる警察とは、この点が大きく違う。



静岡県防災ヘリ「オレンジアロー」が、
キャデラックランチをかすめて(ローターが当たるかとおもった)、
シーサイドサンライズエリアに接近し、搬出シミュレーション中。

頼りにはなるけど、頼ることにならないように。


11/2/6



インフルエンザでキャンセルが数人出て、参加人数が少な目になったので
滅多に行かない門脇崎のホシナクラックエリア(大テラス)へ。

連休前なので、そんなに観光客は多くないのでは、と思ったが、あまかった。
ボラ納屋クラック(5.9)、スカイラブ(5.10a)、シャンプー(5.10c)、ホシナクラック(5.11d)と、
上に抜ける度に、観光客の好奇の目にさらされる。
すごいストレス。

テラスにいても、上から覗き込む人、人、人。
動物園の猿にでもなった気分。

興味を持って話しかけられるだけなら、まだいいが、
中には終了点のスリングやビナをいじくりまわす人も…。

まあ、悪気はないのは分かっているのだが、
フィックスをユマーリングして上がっていくと、
酔っぱらったオジサンが、
「なんだ、人が上がってたのか!このヒモ外そうと思ってたよ!あーあぶない」
って・ ・ ・

過去にも、通報されたり(密漁と思われた?)、
レンジャー(自然保護管)に「クライミング禁止だ」と言われて、もめたり(もちろん禁止ではない)、
観光客に「許可は取っているのか!」と、すごまれたり、
とまあ、そういうこともあったので、

このエリア、行かれる方は気をつけてください…


11/2/1



というわけで、タイから帰国し、やっぱり海辺の城ヶ崎でNP講習。

覚悟はしていたけど、やっぱり寒かった。
日陰だと手がかじかんで感覚がなくなってしまうほど。

以前アシナガバチに顔面を刺されてから出るようになってしまった
寒冷ジンマシンが、極端な気温差で久々にお出まし。
ジンマシンとはいっても、手足末端がピリピリしびれるだけだけど、気色悪い。
そのあとジバチに刺されてから、しばらく出なくなっていたのだが、
まだ変な抗体が体に潜んでいるようだ。


11/1/27



今日は朝から晴れたので、日陰のタイワンドウォールへ。
ここは爽やかな風が吹き抜けて快適。
どのくらい快適かというと、9月の小川山みたい。
こんなプラナンは初めてだ。だいたい今回は水の消費が少ない。

と思ってたら、後半行ったファイアーウォールでは、
名前の通り、空気に熱気がこもっていて汗だくに。
そうはいっても、いつもは持てないスローパーが今回は持てる。
コンディション的には過去10回のツアー中、最高かも。


11/1/26



昼からスコール、いったんやんだが夕方からまた土砂降り。
そんな中、7a+にトライ中のメンバーN村さん。

夕食中は上着を着るメンバーもいるほど涼しい!
こんな涼しいタイツアーは初めてだ。
スコールには滅入るけど、暑さにやられていないおかげで身体は元気。


11/1/25



三日目はレストで自由行動。
とはいっても、ほとんどの人はレストしないので、恒例のカヤック&DWSツアーへ。
今回は、比較的近いSunset Wallに行ってみた。
6bくらいのルートがあるらしいがどれかわからず、まあそれっぽいのを2本ちょこっと登ってみた。



帰り道、またしても激しいスコールがやってきた。
例年この時期はスコールに当たることは滅多にないのだが、
ラニーニャの影響はこの地まで及んでいるらしい。

途中のビーチに上陸して、暖かい海水に身を沈め、雨がやむのを待つ。
ぬるい温泉に浸かっている気分。
なかばやけくそで、スノーケリングや釣りに興ずるメンバーたち。



11/1/24



二日目はタイワンド・ウォールと、ザ・ネストへ。
どちらのエリアでも、邦人クライマーと会った。
こんなタイの奥地で見知った人とバッタリ会うのもツアーの楽しいところ。

夕方、スコールが突然襲来するも、
ほとんどのエリアが全天候型なので、それに気づかないほどだった。



ネストへのアプローチ中、猿に襲われた。
まさしく、とびかかってくる瞬間。



11/1/23



今年もYFクラブのツアーで、タイのプラナンにやってきた。
初日は今年の混雑状況を把握するためにも、恐る恐る123エリアへ。

9時の時点では貸し切りだったのに、10時を回ると例年通りの大賑わい。
毎年見かける現地ガイドが、毎年同じように、クライミング体験者に檄を飛ばす。
タイに来たなー、と感じてしまう。

写真の登っている3人は今回のメンバー。




というわけで、喧噪を避けて奥のエリアへ。
そしたら帰りは大変なことになっていた。
ちょうど満潮でしかも大潮だったみたい。



11/1/16



参加メンバー総入れ替えのため、今日のスクールもあかねへ。
昨日とはうってかわって大混雑。YFのメンバーも来ていて、多いときで30人はいたような。
グレードは高くないもののプロテクションの悪いルートに果敢に取り組む人たちもチラホラいて、
なんだか嬉しい。

こんな時、空いているのは奥のクラック。
時々波をかぶりながらも、ワイド系の5.9から、ホタテ10bや、コモドドラゴン10dまで
様々なサイズのクラックをトライしてもらった。
気づけば、今日はクラック講習の設定ではなかったのに、クラックしか登らなかった…。
まあ、クラック講習なのにフェイス登ったりすることもあるし、ね。

今日はバランス・オブ・パワー2011をロースタートで登ってみた。
こうすると立体的なムーヴに拍車がかかり、ますます面白い。
これに新生部分のムーヴをプラスすると、12bくらいでしょう。

写真は、それをトライ中のYFヨッピー。


11/1/15



今日のスクールは、あかねの浜。
寒波の予報が出ていたので暖かいランキング上位のエリアにきてみたものの、
寒風吹きまくりの凍える一日となった。
本当に今シーズンの城ヶ崎は寒い日が多い。

そんな合間、
先週キーホールドがごっそり欠けた、バランス・オブ・パワーに取りついてみた。
グレードが、かなり上がっているか、もしくはムーヴすらできないのではないかと
期待に胸ふくらませていたのだが…、

なんのことはない。壊れたブロックがなくても、アンダーを取りにいくのは難しいことではなかった。
そのまま登れてしまい、拍子抜け。
グレードはせいぜい1ランクアップで、5.12aといったところだろう。

と、ここで気づいたのだが、確かこのルートを初めてRPしたときも、
このムーヴで登ったような…。

というわけで、新生「バランス・オブ・パワー2011」
普通にトライできますよ。
(JFAのサイトには「取りつかない方がいい」みたいなことが書いてあったけど問題ないでしょう)
今までトライしてきてRP間近だった人、ぜひ再トライしてみてください。


11/1/10



ちなみにここは伊豆高原の高原。
朝の短時間でここまで降った。



あかねのバランス・オブ・パワーの下に、
3手分の貴重なホールドが転がってた。


11/1/9



連休中日のスクールは、「なみだち」へ。
寒風吹き荒れ、大粒の波しぶきを全身に浴びた。
マイナスイオンが体に良さそうだけど、ギアには良くない。

隠れ名クラックその2「欲望」11b。
ちょうど干潮時の夕方、ようやく風も止んだので上級生にトライしてもらった。
パラレルなオフフィンガーとしては城ヶ崎随一と言ってもいいこのクラック、
アメリカンサイズの指の人(私とか)にはフィンガーロックが効いてしまうのだが、
スカスカな人にとっては最悪サイズで、ごまかしの効かないシンハンドジャムを要求される。
そんなクラックにチョークがまったく付いていないなんて…。


11/1/8



スクールで城ヶ崎「おとじろう」。
このエリアは午後早くに日陰になるため、今の時期は寒いけど、
なかなか味のあるルートが揃ってる。
写真は、波打ち際にある「栗の道」(5.10c)。登るは講習生Hさん。
フェイスとクラックのミックスで傾斜もこの通り。
久々に登ったけど、いいラインだと再認識。
干潮のタイミングでないと取り付けないところが、さらにいい。


11/1/5



城ヶ崎、浮山橋で新ラインを初登しました。
スコーピオンの前半部を、そのまま直上するライン。
スコリア(5.12d)

開拓当初に試登されたようですが、ツルツルだし迫力ないしと、放置されたままでした。
今回あらためて掃除して試登してみると、確かに最初のトライでは絶望的に感じたものの、
岩が冷えてくると、とても持てそうもなかったホールドが使えるようになるもので、
二日目のリード一回目でRPできました。

核心はコーナー状のリップに這い上がるまでの一連のムーヴ。あつらえたようなガバをつかんで終了。
短くて、見た目も簡単そうなのに、けっこう悩まされました。
核心は少々ランナウトするけど、ルーフ部分にカムをいくらでもセットできるので安心です。
13はないけど、12ノーマルってこともないだろうし、5.12dということで。
こういうムーヴは城ヶ崎には珍しいです。まるで花崗岩のボルダーのようで面白かった。

派生とは言ってもオールNPなので、オリジナルには影響をまったく与えていません。
これもトラッドのいいところです。





11/1/4



プライベート初登りは、「しりいだし」でした。

1988年、ここで、故 森正弘さん主催による
「S&Dボルダリングプロブレム発表会」と銘打ったコンペが開催されました。
今日はそのときに登れなかった課題を、実に23年ぶりに再トライしに行ったのです。

ボルダーといっても高さ4-6mのハイボールで、下地も悪いためどれもトップロープ課題です。
(あの当時はトップロープの課題もひっくるめて「ボルダリング」と呼んでいました)
コンペ決勝で登れなかった4課題中の2課題、
すんなりとは行かなかったけど、なんとかクリア。
大昔の宿題が片付いてスッキリしました。
それにしても、当時のグレーディングはどちらとも「5.11+」となってるけど、
5.12cまたは「1級/初段」といったところが妥当でしょう。

短いながらもムーヴが面白く、なかなかの充実感。
このまま埋もれさせておくのは惜しいかも。
(「関東周辺の岩場」には掲載されてます。TR張るのがちょっと面倒だけど…)


11/1/3



新年初のクライミングはYFイベントの助っ人で「あかねの浜」でした。

年々参加者のレベルが上がり、
上級者の課題は、バランス・オブ・パワー(11d)やら、ディープ・フォレスト(12a)やら!
インストラクターも大変ですよ。

そして今年も、参加者のみなさん、
インストラクターが筋肉痛になるくらい、さらなる上を目指していきましょう。



→ 2010年版「今日の一枚」
→ 2009年版「今日の一枚」
→ 2008年版「今日の一枚」
→ 2007年版「今日の一枚」
Back