cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚 (2010年)

10/12/24



10/12/1


土曜日はスクールで湯河原幕岩へ。
ざっと数えて岩場全体で100人超!さすが「国民の岩場」。

込んではいるけどルートも多いので、そんなに順番待ちもなく、
群馬のM女王率いる軍団で活気にあふれ、なかなか良い雰囲気でした。


10/11/16


月曜は二子弓状で平日スクール。
参加者が少な目だったので、合間に、
好き勝手にリンクシリーズ第?弾、「藍より青く」から「ジョナサン」へ。
これは途中で休めてしまうので、グレードは12bと変わらないけど、
ロープの流れは自然で無理なくリンクできます。

今まで最も良かったのは、ホコラの、
「ムササビ小僧」終了点から「鬼ごろし」の核心経由で「ダースベーダー」につなげるライン。
自然なライン取りで核心がつながるので、13aの超三ツ星となります。

ババージュからブローストのババースト(13a/b)も素晴らしいし、
「ペトルーシュカ」の終了点から「ようこそTwall」の上部につなげるのも
グレードこそ変わらないものの、オリジナルよりはるかに面白く、オススメです。


10/11/15


岩場探しの旅。
ダメとは分かっていても今の目で見れば登れるんじゃないかと思いきや
やっぱり使えない。


10/11/14


スクエア浜松で行われたマムートクライミングコンペに、
今回もセッターで参加してきました。

今回はボルダーとルートの複合競技となり、予選決勝もないので、
参加者全員が一日楽しめたようです。

やっぱりこの方式は参加者にとってもセッターにとっても充実します。
オープンクラスのルート二本目は、全日本クラスの選手3名のパフォーマンスで
会場は熱狂の渦に巻かれ、大成功のうちに幕を閉じたのでありました。

リザルトはこちら。

寝不足&筋肉痛でヘロヘロだったけど、今回のコンペもいろいろと刺激をもらいました。


こんなハリボテも出現。


このバーゲンセールだけを目的に来た人もいたような。


10/11/9


月曜は二子東岳で平日スクール。

今期初めての二子は染み出しが心配だったが、
朝方は黒い部分の多かった壁も、午後には写真のように、乾いた白い壁に変身。
そして、誰もいない。
聞こえるのは峠を走る車の音と、鹿の鳴き声だけ。

そんな中、講習生のN村さんは、SVP(5.12b)をオンサイト!
気持ちの入ったすばらしいトライだった。
しかし、講習生が12bオンサイトするんだから、先生は大変ですよ。

いつもはこんな難しいルートはやらないので
みなさん、安心してご参加ください。


10/10/29


木曜日恒例セントラル。
キャンパスボードが追加されてた。

ハンギングボードは、☆野さんからの提供で、
ラダーは、廃材利用をしたイントラ吉原の力作。

これでキャンパスボードがみっつも並ぶことになり、
超大手スポーツクラブの中でも異色だったこの一角は
ますます、そのマニアック度を高めていくのであった。

せっせと懸垂系トレーニングにいそしむbuwa君を見習って、
自分もルートの合間にロックオフのトレーニング。
そのあとすぐにルートを登ると、前腕にかなり効くので、トレーニング効果絶大。

このキャンパコーナー、ますます重宝しそう。


10/10/6



今年は、10年連続で続いたヨセミテツアーをお休みして、
ユタ州のモアブに砂岩のクラックを登りに行ってきました。



モアブからダートを30分ほど走ったところにある、Long CanyonのMaverick Buttress。
有名なエリアではないけど、きれいなクラックが目白押し。



これは11dのシンハンド。
中途半端なサイズのジャミングが数手。傾斜は垂直なのでリングジャムがかなり使える。



モアブと言えば、インディアンクリーク。
その入口にあるチャーチロック。こんな冗談みたいな形の岩にもちゃんとルートがあるらしい。



ここインディアンクリークには、10数年前に来たことがあるけど、
その時は足の指を脱臼していて登れずじまい。なので実質今回が初めて。
こんなに立派な(違和感がある…)駐車場もできていて、人気の高さがうかがえます。



Battle of the BulgeのCrack Attack (5.11-)
自然に、ニヤけてしまうくらい気持ちよく、面白いルートでした。



取りつきでくつろぐは、ジム・ドニーニ親父。
アラスカやパタゴニアの開拓で有名な凄いクライマー。いろいろ教えてもらいました。



Supercrack ButtressのCoyne Crack (5.12-)
インディアンクリークを象徴する一本。
今回、自分にとって最悪サイズのこのクラックを、
しかも炎天下でオンサイトできたことは、大きな成果でした。



そして、インディアンクリークで最も有名な一本がコレ。
その名も、Super Crack (5.10)
延々と続くワイドハンド。同じムーヴの繰り返しなので面白いかどうかは別にして、
砂岩独特のジャミングを満喫するには外せないクラックでした。



とはいっても、9月下旬のインディアンクリークはやっぱり暑すぎでした。
午後は日陰を求めてモアブ近郊のWall Streetに移動。
ここはアプローチゼロ。車に寄りかかってビレイ可能。
そんなお手軽エリアだけど、壁はでかい!



振り向けば、コロラドリバーがゆらゆらと。
これが、はるかグランド・キャニオンまで流れていくなんて、
ちょっと信じられません。



ジム・ドニーニ大絶賛のThink Pink (5.11-)
自然が作り出した造形美を登る幸せ。



そんなルートを抱えたエリアがまだまだ延々と続きます。



インディアンクリーク最終日、夕闇の中登ったフィンガークラック、Swedin-Ringle(5.12-)
これを左のカンテに出て直上すると有名なAir Swedin(5.13R)となります。
カンテ部分はドランナウトになるので、かなりしびれそう。
もっと涼しい季節にあらためてトライしてみたいです。



10/10/4



この辺から帰国しました。


10/9/19



ちょっとこの辺に行ってきます。


10/9/8

撤去交換されたくず鉄の山

8/30-31で、カサメリ沢の支点整備に参加してきました。
メンバーはここを開拓した「チームたわし」の面々と、JFAからの整備職人として私。

久々の整備仕事で初日は背中がバリバリになったけど、
二日目は体も慣れて、しかも、ドリルとレンチで肩のインナーマッスルを刺激できたようで、
傷めていた肩の痛みが消えました !?

ここカサメリは、人気ルートもいまだにスリング終了点だったり、ハンガーがひしゃげていたりで
早く整備したいとずっと思っていました。
今回、モツランドを除くほぼすべての人気ルートが整備されて、
見た目もきれいになり、スッキリした気分です。

整備ルートの詳細はJFAのサイトに載ってます。


10/8/26



夏休みは家族でオーストラリアのブルーマウンテンズに行ってきました。
オーストラリアは2回目だけど、ここは初めて。

ブルーマウンテンズと言えば、この一枚ですね。
スリーシスターズとユーカリの森。
でも、はっきり言って、これ以外は私、恥ずかしながら何も知りませんでした。

で、当然、オーストラリアは今、真冬です。
標高1000mもある、どちらかといえば「夏の岩場」のイメージの強いこの岩場で、
果たして真冬に登れるのだろうか?という不安もありましたが、
結果は、やはり寒かった…。



でも、まあ、雪が降るわけじゃないので、ほぼ毎日登ってましたけど、
参考までにわかりやすくいえば、
「1月の城ヶ崎ファミリー」とか「2月下旬の二子」。
無風の日向なら暖かいけど、風が吹くと岩が氷のように冷たくなってしまう感じ。
とにかく風があるとないとでは体感気温に雲泥の差がありました。



いやしかし、ブルーマウンテンズってこういうところだったんですね。
南部のアラプリーズやグランピアンズみたいな、
もうちょっと荒涼としたところに岩場が広がっているのかと、
勝手に思ってました…。

実際は、真冬でさえも緑豊かで瑞々しく、
広葉樹(ほとんどユーカリ)と、美しいシダとコケに覆われちゃったりして、
なんだかとても落ち着く環境でした。



しかも、岩壁はすべて町の「下」にあるんですね。
つまり町が台地の上にあって、それを取り囲むようにユーカリのジャングルが
町より一段低い平原に広がっている。
その段差に岩壁があって、それが延々何キロも果てしなく続いているわけです。



ルートは、ほとんどがボルトルート。
オーストラリアのボルトと言えば、キャロットハンガー方式
(アンカーの軸だけが飛び出していて、自分でハンガーをかけながら登る)
だったのですが、スポーツ比率90%のこの岩場は、
もはや、ほとんどが立派なケミカルアンカーに打ち替えられていました。

だから必要なのはヌンチャクにロープだけ。
岩は出だしがえぐれている形状が多く、超前傾ルートもけっこうあります。



26(オーストラリアのグレードは単純な数字だけで表す。26=5.12c)以上になると、
核心はボルダームーヴになることが多く、そのムーヴがけっこう悪い。
特に垂壁になるとなおさら。



これは28(5.13a)のルート。
長さ25メートルで、降りてくると取りつきから15メートル以上離れてしまうほどかぶってます。



だから、アトラクションにはことかきません。
岩場の下は平坦で快適に過ごせるエリアが多く、子連れでも大丈夫。



今回の宿はキャラバンパークのキッチン付きキャビン。
オーストラリアはどこに行ってもコレがあるので便利です。



残念ながらオーストラリアらしい動物とは遭遇できませんでした。
アラプリーズではキャンプ場にカンガルーがいるのにね。

でもブルーマウンテンズ、けっこう気に入りました。
今回寒くて行かれなかったエリアもあるので、また行ってみようかと思います。


10/8/5


先週の土曜日は、プライベートでカンマンボロンの新エリアに行ってきました。
暑いのは覚悟だったけど、午後は本当に暑かった…。
壁自体が南西面なので、もうヌメヌメを通り越してベトベト。
そんな中、Eternal Wish(5.12b)とか登ったけど、これは面白かった。

しかし、ここでハプニング。
オンサイト狙いで取りついた最初のトライ、ボルト2本目でいきなりホールドが欠けて不意落ちし、
ひたいにロープバーンを作ってしまいました。
顔にロープバーンしたのはクライミング人生で初めて。
まあ、このルートの下部は、「ボロンボロン(11c)」っていうくらいだから、
もうちょっと慎重になれば良かった…。

下部はボルトで上部はNP。前傾フェイスとジャムの両方の技術が要求されて、しかも全長35m。
ユージの作ったその右のライン2本も気になるし、まだ瑞牆にこんな壁があったんですね。
写真は帰りがけに取りついたJoker(5.12c)
これは古くからあったガメラ/ヤマシタ合作のクラック+スラブ。
クラック部分は快適だったものの、核心のスラブで暑さに負け敗退しました。

悔しいけど、次回は…、やっぱり秋かな。


10/7/13



今日は、MAMMUTの展示会へ。
春夏の展示会はギアやシューズの新製品が発表されるので楽しみ。
今回も期待に応えるモノがありました。



仮設ウォールでハーネスやビレイ器などの使い心地をチェック。



ダブルロープ仕様になったビレイデバイス、新「スマート」、通称スマスマ。
フォローのビレイもOK。オートロックで流れもスムース。
特筆すべきはダブルロープでのラッペルが可能になって、オートロックで仮固定できる点。
この機能を持つのは現在この新「スマート」だけ。



昨年に引き続きハーネスも新機種が登場。
現在愛用中のTogil Light、その流れを組んだ上位モデルも数種出ました。



ここ数年はヘッドランプも続々と新機種が。
こんなかわいいアクセサリーライトまで。



さらにフットウェアまで充実してきました。
シューズだけで何種類あるかわからないほどでしたが、これは気になった一足。
カカトがつぶれる超軽量シューズ。底はビブラム。ペッタンコになるので下降用に使えそう。
他にもワクワクさせてくれるギアやウェアがいろいろ。
早く使ってみたい!


10/7/7



この週末も予報はしっかり梅雨空でしたが、やっぱり来てみれば登れるもの。
これは月曜の末端壁クラック講習での一枚。

雨は降らなかったものの、風がないうえこの湿度ではさすがに状態悪く、真っ黒なスジがあちこちに。
それでも、写真の取りついているルート2本とアストロドームは登れる状態でした。
ときおりガスに包まれて徐々に湿り気を増す岩肌。
それでもみんな、ジャミングの経験量を増やそうと、果敢なトライを繰り返しました。


10/6/29

今年の梅雨は梅雨らしい。
そんな中、半分あきらめモードの小川山講習でしたが、
なんと土日とも、ほとんど一日登れました。
「ほとんど」じゃないのは二日とも2時間くらい。
降るとはいってもシトシト雨なので、風が吹けば乾きも早く
マラ岩なんて日向のときよりフリクションがいいくらいでした。

特に日曜日。午前中はシトシト降って、ほとんどの人が帰ってしまったけど
午後から急速に回復。いつもは混んでるマラ岩のフェイスも登り放題でした。



土曜日のマラ岩、雨宿り中にマラ岩ケイブの「ケイブ・キーヘッド11a」にトライするY本さん。
雨でも登れる貴重なルートです。
雨足が強いとクラックからしみ出してくるけどこの程度の雨なら問題なし。
ただ、暗いのでカムの状態が確認できず、ヘッ電は必携です。

私は調子に乗ってケイブキーヘッド・エクステンション(11d?)にもグラウンドアップでトライ。
ほこりだらけで出口でテンションが入り初登はならず、でも小川山にはないタイプのルートなので面白かった。
晴れてる日にわざわざ登るルートではないので、また雨が降ったらトライしましょう。



そして月曜日の末端壁。
「T&T」あたりはビチョ濡れかと思いきや、なんとパリパリに乾いてる!
むしろ「アストロドーム」の方がしみ出しあり。いつもと逆。なんで?
しかも午後は梅雨明けのような空に。
本当に梅雨時期の小川山/瑞牆は来てみないと分からない。それを実感した三日間でした。




10/5/6



またまた更新が遅れてしまいました。
写真にうつっている毒舌カメラマンからも「コンゲツの一枚、更新まだですか?」
と言われてしまった…。

このGWは小川山方面で講習と取材でした。
写真は次号Rock&Snowで取りあげるルートの一本、小川山涸沢岩峰の流れ星(5.12c)。
このクラックは取りついたことがなかったので、今回が初見のトライ。
これをオンサイトすることは、ずっと昔から暖めていた大きな目標だったのだけど、
結果は、あと半手でフォール…。

自分で言うのも何だけどホントに惜しかった。あーあ。
ムーヴは探らずすぐに下からやり直して、2回目にRP。
ちょっとしたムーヴの違いだったけど、ジャミングにこだわりすぎたのがいけなかった。

でもまあ、ノーハングドッグで登れたし、そういう意味では満足満足。


10/3/30


久々の更新です。
春休みのプライベートクライミングは山の方にと思いきや、
季節外れの寒波襲来で、行き先はやっぱり海となりました。
昨晩はグランパル公園周辺の国道がアイスバーンと化しABSが効きまくり、
今朝見た大室山は一面雪景色、伊豆大島も雪を抱いてました。

さすがのアカネの浜も風が冷たかった。
で、今回は、「ライトレイン」と「ラッキーストーン」の間にあるルーフカンテをNPでリードしてみました。

以前からTRでは登ってはいたけど、リードは初めて。
懸念のプロテクションは、ハングの真ん中にあるガバに黒エイリアンが決まるのを発見、
実際に持ちこたえるかどうかはわからないけど、気分的には楽になり、無事に完成しました。

ラインは、ライトレインを登ってルーフ下を右にトラバースし、右側のカンテからルーフを直上。
フックを多用するひも付きボルダー。ムーヴはかなり面白い!

でもルーフを越したあとのプロテクションは片効きの青エイリアンだけなので絶対に落ちられません。
このエリアに多くのTR課題を人知れず設定した、故森正弘氏。

いまだにアカネの浜で新たなラインが初登できるのも、ここがボルトに埋まるのを最後まで阻止した彼のおかげです。
ルート名は、ディープ・フォレスト(5.12b R)


10/2/12


11日はプロジェクトのあるアストロドームへ。
午後は本降りになったものの、さすが全天候型。湿っぽいのはしょうがないけど登れるだけヨシ。

今回は、以前に一度だけ試登したマリオネットの下部バリエーションにトライ。
135度の前傾壁に走る薄いフレークをトラバースして、マリオネに合流するラインです。
プロテクションはオールNP。でもマスターで登るほどの余裕はなく、
2回目のトライは、ピンクポイントで勘弁してもらいました。
スーパーマリオ(5.13a)、いちおう完成。

写真はマリオネットに合流したところ。真上を向いて撮った写真なので、
上下関係が??ですが、実際は右が上方向です。

核心は合流地点。それまで豊富だったホールドがパタッとなくなったところを
右膝を壊しそうなムーヴで入り込みます。

オリジナル部分は短いながらも、ムーヴが面白く(5.12+くらい)、
合流してからもマリオの核心が控えているから油断ならないし、
かなり面白いルートなんじゃないかと思います。誰かトライしてみて!


10/1/7



プライベート二日目は「こばい」へ。
シビアなトラッドの並ぶ貴重なエリアです。

短く傾斜こそないものの、一手目から難しいルートがほとんどで
しかも、リードとなるとちょっと考えてしまうようなラインばかり。
ここでは、左側のTR課題グリセリン11cを初リード。
わずかな節理にHBがくらいついてくれました。


10/1/5



あけましておめでとうございます。

今年の初講習会は「なみだち」、
初プライベートクライミングは「あかねの浜」でした。
「なみだち」では、久々に欲望11bにもロープを張ってみました。
オフフィンガーの秀逸課題で、波が高いと取り付けないのですが
今回は干潮のタイミング良くしかもカラカラ。

となりのタコ12aも滅多に見られないほど乾いていたので思わず登ってしまったけど、
やっぱり何度登っても気持ちいいクラックです。
ホーイチさんが120回?登った気持ちもわかります。

プライベートの「あかねの浜」では、
バランスオブパワー下からバージョン12aをボルト無視で登ってみたけど、
これもクラックとフェイスの核心が入り混ざった名課題。
現代のカムを使えばオールNPでも無理なく行けます。
新たなボルト設置ができなくなった城ヶ崎。
結果的に、ますます面白くなっていく予感。



→ 2009年版「今日の一枚」
→ 2008年版「今日の一枚」
→ 2007年版「今日の一枚」
Back