cliff

Top Page
About Us

Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚

19/6/7

少し時間が経ってしまいましたが、
カサメリ沢にちょっとしたルートを拓いたので報告します。

ミルキーDX (5.12b)

モツランドの既存ルート「ミルクミルク 10b」の延長ラインで、
終了点手前のボルトから右上にあるルーフを乗り越し、
「メトロノーム」の最終ボルトへと合流します。
5月26日、オリジナル部分にボルトを2本追加し、完成しました。

写真の登っているのが、それ。
上から見ているのは「メトロノーム」にトライ中のクロヒゲ。



「メトロノーム」を登ったとき、ルーフ左側のリップに、
あつらえたような見事なガバがあることに気づき、
ミルクミルクから自然に延長できるラインが浮かびました。

今までここにルートが引かれなかったことを不思議に思いつつ、
ほとんど掃除をすることもなく、試登してみると、
ダイナミックなルーフのムーヴから一転、リップの乗り越しは頭をひねり、
内容は濃い!

しかも「メトロノーム」に合流するのは、それぞれの核心が終わったあとなので、
各ルートの独立性も高く
(注:一カ所だけメトロノームのリップガバを足で使いますが)
これはボルトを追加してでも延長する価値があると考えました。



「ミルクミルク」の最終ボルトに長目のドローでクリップしルーフに突入。
そこからはボルト2本。終了点は「メトロノーム」と同じ。



完成一時間後に、第2登をフラッシングで決めたクロヒゲ。
グレードは協議のうえ、こんなところかと。



19/6/3




令和の息吹
令和の息吹



6/1~2にかけて開催された
「川上村×クライムオン!! 2019 in OGAWAYAMA」の体験プログラムとして
「トラッドクライミング講座 supported by MAMMUT 」
を、遠藤由加とともに担当してきました。

各回定員10名のところすべて満員御礼!
土日とも天気に恵まれ、3時間という短い時間のなかでしたが
トラッドの楽しさ、厳しさ、奥深さを
実感してもらえたのではないかと思います。



19/5/2



令和になってすぐの5月2日に
瑞牆で新ルートを開拓、初登しました。
大駐車場から30分ほど歩いたところにある「ダイワハウチュ」
エリアの看板ルート「石触エレジー」の右奥です。

息吹 (5.13b)

トップダウンによる開拓の、実質スポートルートでボルトは8本。
ルートはチムニー状になっている左の側壁からスタートし、
100度ほどの前傾フェイスを越して、レッジを左にトラバース、
さらにスラブフェイスを抜けて、最後はフレアードクラックになるという
まさに登攀のすべてが詰まったルートです。
最後のクラック部分はキャメ0.5か0.75がひとつ必要になります。



4本目にクリップしたあとラインは少し右回りとなり、
ロープが弛んだ状態で落ちると、右側の斜面に背中を擦るかもしれないので、
ビレイヤーともども最新の注意を!



掃除やボルト設置を含め、4日間かけて完成しました。
成功した当日は、アップなしで取りついたので、
核心を抜けたあと息が上がって酸欠状態に。
そんなことがあったのと、新年号の幕開けを兼ねてのネーミングとあいなりました。

岩のコンディションにかなり左右されそうなルートだけに、
グレーディングは悩みどころですが、
まあ、瑞牆の同じような性格のルートと比較すると
このくらいなのかと思います。

令和の息吹
令和の息吹



19/4/30



Rock in Japan vol.14
湯河原幕岩 正面壁
スパイダーマン (5.12a)

幕岩からは、このルートをセレクト。
このルートをちゃんと登ったのは実に31年ぶり!
当時と何も変わらず(たぶん)、いいルートでした。



19/2/3



Rock in Japan vol.13
城ヶ崎 浮山橋
スコーピオン (5.12b)

朝まで雨が降っていて、ぬめぬめ状態での撮影となりました。
特に抜け口のクラックがなかなか乾かず、
それでもリード5回、フォロー回収2回、ユマール回収2回で
強行撮影、なんとか完了しました。



19/3/27



ヤマケイ登山学校 フリークライミング」発刊しました!
2005年に出した「登山技術全書 フリークライミング」の改訂版です。

改訂とは言っても、自分の担当分、クラック編とマルチピッチ編は
ボリューム的に倍増! いちから書き直したページも多く
この二章で全ページのほぼ半分を占める勢いとなりました。

豊富な写真をもとに、最新のクライミング技術を分かりやすく解説しています。
フリークライミングの幅を広げるには必読書です。
ぜひご覧下さい!



19/2/3



Rock in Japan vol.12
城ヶ崎 シーサイド
シンデレラボーイ (5.13a/b)

ハイプレッシャーと同日撮影、
トラバースでおもいきりパンプしてます。。



18/12/25



Rock in Japan vol.11
城ヶ崎 シーサイド
ハイプレッシャー (5.12a R)

当初の予定は「プレッシャーダイレクト」でしたが、
やっぱりルーフの状態がいいとは言えないので
こちらを取りあげることにしました。



18/12/20



ドーンウォールにたどりつくまで、すでに時間オーバー。
時間を忘れて解説させて頂きました!



18/12/4



12月20日(木)に、クライミングスペース「Ledge」で
映画【THE DAWN WALL】上映会が開催されます。

当日は上映に先立って、その解説をさせて頂くことになりました。
その偉業を理解し、より深い観点から映画を楽しんでもらえるよう
話をしようと思います。
詳しくは
【THE DAWN WALL】上映会
ぜひご参加下さい!



18/11/12



一度は行ってみたかった盛岡のジム「One Move」
東北伝説のクライマー加藤毅氏による
数少ない老舗の道場系。

自分がはるか昔に作ったワンフィンガー各種が現役で使われていた。
感激!



18/10/27


Rock in Japan
vol.10
小川山 屋根岩Ⅱ峰
蜘蛛の糸 (5.11c)

今度は風でドローンがゆらゆら



18/10/19



Rock in Japan
vol.9
小川山 お殿様岩
スーパーイムジン (5.12b/c)

霧が濃く、岩の状態もイマイチでしたが、
結果的には「イムジン河」の雰囲気とマッチして
いい感じに仕上がりました。



18/9/25



Rock in Japan
vol.8
瑞牆山 十一面岩末端壁
 T&T (5.10d) + トワイライト (5.11c)

(どちらも末端壁特有の風により、ノーカット撮影はかなわず、
各ルートのダイジェストと相成りました・・・。)



18/09/8



ドロミテ、セッラタワー群にある巨大フェース
Piz Ciavazes(ピーツ・シアーヴァツェス)にある
Rovert 83 (7a / 9ピッチ)を登った。

登りは各ピッチ変化に富んでいて、とても面白かったのだが、
60m一本しかなかったので下降が大変なことに・・・。



18/8/14



Rock in Japan
vol.7
瑞牆山 十一面岩末端壁  春うらら 1p目  (5.11b)

登る度にムーヴが変わってしまい
編集者泣かせの2画面構成と相成りました・・・
一緒に登アサギマダラに注目!



18/07/25



たまには、いろんなシューズ履いてみるもんだ。
どれもこれも良くて驚いた。
この企画に感謝。
詳しくは、次号R&S「クラックシューズ・レビュー」で。



18/07/17



R&Sシューズテストで
キューピーママの頂上へ。
真っ平ら



18/07/16



水平移動 (5.12a)

不動沢屏風岩「おしん」から「不動沢愛好会ルート」に
水平クラックをトラバースするルート。
半ば冗談のつもりでやっていたら、意外に難しく、しかも面白いので
リードしてみた。

水平クラック出だしにカムを固め取りしたあと、トラバース完了までとれないが
振られ落ちしてもぶつからないので、[R]指定にはならなそう。
核心は一手。
なのでグレードも参考程度で。



18/06/25



もとスクール生がオーナーの
クライミングジム「TRIP
で、ボルダーのセッティング。
(久々のセット、スラブで尻が筋肉痛)



18/06/18



でもって結局、最後はここで
Massone , Arco



18/06/16



こっちも近々



18/06/15



アルコ城から、この前登った岩場が眼下に見えた。
Carvario , Arco



18/06/14



まるで奥多摩にでもいるような、でも
Comano , Arco



18/06/13



アプローチゼロに慣れすぎてやばい。
Zambana , Arco



18/06/11



クラックとは無縁のここになぜか。
はっつけてるのではなく掘り出している、ヒップラインが見事。
Coltura , Arco



18/06/8



普通の本屋だけど、この一角、全部トポ
Arcoにて



18/5/2



Rock in Japan
vol.6
城ヶ崎シーサイド ホワイトシャーク (5.11c)



18/04/25



リード壁のセッティングは引き続き、うちが担当。
一人黙々と二日間で30本セット、
日をあらためて試登するが26本で挫折。
グレーディングはあくまでも参考程度ということで。



18/04/24



セントラル溝ノ口のクライミングエリア
ノボロックが委託運営(ボルダーのみ)することになって改装中。
5/1にリニューアルオープン!



18/4/14



Rock in Japan
vol.5
城ヶ崎シーサイド サーカス (5.12c)



18/3/28



ドローン撮影開始。
ドローンがここまで壁に近づいて撮影することは普通ないらしい。
こうご期待!



18/3/25



Rock in Japan
vol.4
城ヶ崎シーサイド 風に吹かれて (5.11a)



18/2/14



Rock in Japan
vol.3
城ヶ崎シーサイド パンピングアイアン2(5.12b)



18/2/13



またやってきた



17/12/17



ヒゲをはやしているように見える
「PEAKS」 12月15日発売号



17/11/6



Unknown (5.12d) , Nakasato



17/10/27



Rock in Japan
vol.2
瑞牆山十一面岩末端壁 アストロドーム(5.11a)



17/10/18



Rock in Japan
vol.1
瑞牆山十一面岩末端壁 エアウェイ (5.12a)



17/9/16



Alpaca Wool (100%)
Grampians , Australia



17/9/13


Middle Path (28 : 5.13a)
Muline , Grampians , Australia
Climber: Tamotsu Sugino






17/9/11






Eye of the Tiger (29 : 5.13b)
Muline , Grampians , Australia
Climber: Tamotsu Sugino

今回のオージーツアー、最大の目標のひとつ。
そのルックスから一目惚れしていたルート。
変な先入観を持たずにムーヴを作れたことが効をそうし、
2回目でレッドポイントすることができた。



17/9/9



Blue-Eyed and Blonde (24 : 5.11d)
Mysteries Gully , Arapiles , Australia
Climber: Tamotsu Sugino



17/9/8



Kachoong (21 : 5.10d)
Arapiles , Australia
Climber: Tamotsu Sugino



17/9/7



Dial-A-Lama (24 : 5.11d)
Spurt Wall , Grampians , Australia
Climber: Miwako Abe




Mr Joshua (25 : 5.12a/b)
Taipan Wall , Grampians , Australia
Climber: Tamotsu Sugino

トポに「オーストラリアでもっとも面白い25」とある。
実際登ってみると、オーストラリアどころか「世界で」、
と言ってもいいくらいの内容だった。
何がどうと聞かれると、
何もかもとこたえるしかない。



17/9/4



Organ Pipes , Arapiles
Australia



17/6/30



Le privilege du serpent (7c+)
Ceüse , France

セユーズ修行ツアー3週間、
外れルートのないこの地において
もっとも面白かったルート。



17/6/22



Ceüse
France



17/5/5



Un Petit Pas Sur La Luna (5.10a)
biwakubo-sawa



17/4/13



ガメラの力作が出た!
関東周辺の主要な岩場、特に、小川山、瑞牆、城ヶ崎、二子などの
クラシックエリアは、かなりの意気込みが感じられる。
主要ルートには、ガメラらしいマイナスオーラいっぱいのコメントが載っていて、
主観に偏っているところが気にならないでもないが
今後出版されるガイドブックには、こういった解説文は必須になるだろう。

自分もグレード改訂やルート解説に声を上げさせてもらった。
誰もが「このグレーディングはちょっと・・・」と思うルートは
良くも悪くも改訂されていることに気づくと思う。
ただ相当、賛否両論ありそう。

自分のルートについては口は挟まなかったが、
コロッサスとスプラッシュはそこまではと思うのだが・・・

表紙はなんと若かりし頃のピープ佐藤



17/3/18


 
Giant Step (5.12c)
Mikura , Hiroshima
Climber: Tamotsu Sugino



17/3/10





17/2/16


 
Deep Inpact (5.13c)
RP on my 3rd try
Hiwasa , Tokushima
Climber: Tamotsu Sugino



 
Saudade
(5.12c)
Hiwasa , Tokushima
Climber: Miwako Abe



 
Saudade (5.12c)
Hiwasa , Tokushima
Climber: Tamotsu Sugino




→ 2015-16年「今日の一枚」
→ 2014年「今日の一枚」
→ 2013年「今日の一枚」
→ 2012年「今日の一枚」
→ 2011年後半「今日の一枚」
→ 2011年前半「今日の一枚」
→ 2010年版「今日の一枚」