cliff

Top Page
About Us

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 今日の一枚

17/4/13



ガメラの力作が出た!
関東周辺の主要な岩場、特に、小川山、瑞牆、城ヶ崎、二子などの
クラシックエリアは、かなりの意気込みが感じられる。
主要ルートには、ガメラらしいマイナスオーラいっぱいのコメントが載っていて、
主観に偏っているところが気にならないでもないが
今後出版されるガイドブックには、こういった解説文は必須になるだろう。

自分もグレード改訂やルート解説に声を上げさせてもらった。
誰もが「このグレーディングはちょっと・・・」と思うルートは
良くも悪くも改訂されていることに気づくと思う。
ただ相当、賛否両論ありそう。

自分のルートについては口は挟まなかったが、
コロッサスとスプラッシュはそこまではと思うのだが・・・

表紙はなんと若かりし頃のピープ佐藤



17/3/18


 Giant Step (5.12c)
Mikura , Hiroshima
Climber: Tamotsu Sugino



17/3/10





17/2/16


 Deep Inpact (5.13c)
RP on my 3rd try
Hiwasa , Tokushima
Climber: Tamotsu Sugino



 Saudade (5.12c)
Hiwasa , Tokushima
Climber: Miwako Abe



 Saudade (5.12c)
Hiwasa , Tokushima
Climber: Tamotsu Sugino



16/10/12



カナダから帰国後はルートセットの日々。
海老名に新規オープンするクライミングスペース「Legde」と
遠藤ユカ監修の「スポドリ」でインパクトを鳴らしてきた。

Ledgeでは、グレードと安全確認作業もおおせつかり
疲れ果てて指先がヒリヒリになりつつも、70本ほどの設定ルートをすべて試登した。
豪華セッターたちが創作したルートの数々はさすが、
どれもセッターの個性が色濃く出ていて面白かった!
プレオープンは10月18日で、今月いっぱいは経験者のみ利用可能とのこと。
クライミングスペース「Legde」

スポドリではもっとも前傾したボルダー壁を担当。
ここには各面にテーマがあって、今回のテーマは「北アメリカ大陸」
特に狙ったわけではないが、できあがってみれば
コロラドにある、典型的にアメリカ(大味)な岩場「Rifle」な仕上がりに(こじつけ)。

どっちのジムでも、仲間の元気な顔が見られたし、なつかしい人との再会もあって
有意義な時間を過ごすことができた。



16/9/25



 Mike's Link (5.13a)
Cheakamus Canyon , Squamish , Canada
Climber: Tamotsu Sugino




 The Yorkshire Gripper (5.11b)
Smoke Bluffs , Squamish , Canada
Climber: Miwako Abe




 Chromatic Suspension (5.11d)
Rogues' Gallery , Squamish , Canada
Climber: Keiko Hirayama




Popeye and the Raven (5.10c)
Smoke Bluffs , Squamish , Canada
Climber: Yoshiko Shigiya



16/7/10



MAMMUTと、北海道「秀岳荘」のタイアップ企画
「トラッド講習」+「安全技術のスタンダード」講習会vol2
昨年に引き続き講師として参加してきた。

土曜日はトラッド講習で、石垣山。
ここは初めての岩場だったので、楽しみにしていたこともあり、
その前日、下見をかねて様々なサイズのクラックを片っ端から登らせてもらった。
一直線のハンドから、登りにくいワイド系、フィンガーや直角ルーフまであって
道内有数のクラックエリアを満喫!
当日は定員15名を超えるたくさんの方が参加してくれて、
とてもやりがいのある講習会となった!

翌日は、美唄工業高校の体育館で行われた
ビレイ技術を中心とした安全技術のスタンダード研修会。
内容は多岐に渡りつつも実践的なものだったので、
参加者のみなさんは終始真剣そのもの。

なんとなく漠然としていたひとつひとつの技術が明確になれば、
今後もっと自信を持って取り組んでいけるようになるはず。
クライミングの大衆化が加速するこれからの時代、
このような機会はますます重要になっていくことでしょう。



16/6/7


写真=Kaori Yoneyama

残った2日間は、ユカの5ピッチ目トライに費やしてもらう。

リラックスできない環境から蓄積する疲労。
ワントライごとに薄くなっていく指皮。


写真=Manabu Yoneyama

しかし、ユカはこれらのマイナス要素をすべて取り払い、
最終日の、しかもその日6回目に、ついに登りきった!

なんというモチベーション、
不屈の精神、
そして、すべてをポジティブにとらえる思考。
見習わさせてもらいます!




このスプラモンテでは、本当に貴重な経験を得ることができた。
そのきっかけを与えてくれたユカに感謝。

そして、毎晩美味しい夕飯を作って待っていてくれたカヨさん、
長いアプローチやユマーリングをものともせず、
たくさんの写真を撮ってくれた米山夫妻にも大感謝。
ありがとうございました!



16/6/3

スプラモンテ6日目


(5ピッチ目、8b/5.13d) 写真=Kaori Yoneyama

スプラモンテに費やせる残り日数は三日。
残された5.13台後半3ピッチを、一日1ピッチずつ完登しなければならない。
天気に恵まれたとしてもギリギリだと思っていた。

まずは、もっとも登りやすいと思えた、5ピッチ目から。
これはムーヴ核心なので、条件さえ揃えば登れると踏んでいた。

ユマーリング直後は身体も動かず、壁はまだ熱気を帯びていたが、
午後になると風が吹き始め気温も下がってきた。

この日2回目のトライで、5ピッチ目をレッドポイント。


(4ピッチ目、8a+/5.13c) 写真=Manabu Yoneyama

そして、次は4ピッチ目。
順番がおかしいが、全ピッチレッドポイントという最低限の目標に向かって、
下(?)へと進んでいく。

そして、ここも今日最初のトライ(通算2回目)で、すべての核心を通過、
さっきまでいた5ピッチ目のビレイ点に落ちずにたどり着くことができた。


写真=Manabu Yoneyama

ユカも、5ピッチ目を全ムーヴ解決し、あとはつなげるばかり。
しかし、リーチのいる核心のポケットに左手がヒットしない。

自分としては、今日はもう十分満足だった。
残った2日を残り1ピッチに費やせるという楽しみも感じていた。
そして、フィックス下降の途中、ムーヴ確認だけでもしておこうと、
3ピッチ目に触ってみることにした。

すでにアップは充分。
そのせいなのか、それとも気負わずに取りついたからなのか。
核心ポケットの保持感は格段に良く、身体も軽く感じた。
いったい今までの苦戦は何だったのか、パンプすることもなく核心を通過。

そして、過去3回落ちたそれぞれの地点も余裕で越えることができ、
気がつけば、先ほど4ピッチ目の取りつきに残置したブランコが、
目の前で揺れていた。

最後の空白が実線でつながった瞬間だった。
まさか、残った3ピッチを一度に完登できるとは夢にも思わなかった。

理想の「ワンプッシュ、フィックスなし」からは、ほど遠いスタイルだったが、
チームとして、そして個人としての、
全ピッチ完登という目標は達成することができた。

そして何より、限られた時間の中で、
同じ目標を持つ者どうしが、お互い影響を与えつつ、
全力を出せたことがとても嬉しい。



16/6/1

スプラモンテ5日目



スプラモンテに費やせる残り日数もわずかになってきた。
このさい、先に6ピッチ目以降を登っておこうと、
5ピッチ目終了点まで120mのユマーリング。

ここまで来ると峡谷は、はるか下。
取りつきは内側に隠れてまったく見えない。


(8ピッチ目 7b+のトラバース)

6ピッチ目から上は
7c (5.12d)、7a+ (5.12a)、7b+ (5.12c)、7b (5.12b)、7b (5.12b)

今までのピッチからしたら簡単とはいえ、ルートの性格は一変してワイルドに!
それまで付いていたチョークは皆無、
岩も脆くて欠けやすく、しかもボルトが一気に遠くなった。
特に最後の2ピッチは、ビレイ点から次のボルトが確認できないほど。

まあ、それでも核心の手前にはさすがに打ってあったので、
個性的な各ピッチを堪能しつつ、
オンサイト、もしくは2回目で完登できた。
(7a+のピッチはフォロー)


(10ピッチ目終了点から谷を見下ろす)

残すところ、あと3ピッチ。



16/5/30

スプラモンテ4日目



本日もアップ代わりの大空中ユマーリング大会からスタート。

そして、3ピッチ目(8b)にいきなりトライするが、
核心を越えたはいいものの、
そこで出し切ってしまった前腕は途中でパンプアウト。
やっぱり朝一にやるものではない。

作戦変更。
順番は前後してしまうが、
「全ピッチ完登」という最低限の完登の定義を満たすべく、
先に4ピッチ目以降をトライすることにした。

とは言っても、グレード的には大して変わらない
4ピッチ目(8a+/5.13c)と、5ピッチ目(8b/5.13d)が簡単なはずもなく、
今日のところは全ムーヴを解決したところまで。


写真=Kaori Yoneyama

写真は5ピッチ目にトライするユカ。
ここまで登ってきても、まだまだ頭上には延々と壁が伸びている。



16/5/28

スプラモンテ3日目


(ビレイ点、ユカの隣にいるのは写真を撮ってくれた米山さん)

2時間歩いて、40m空中ユマーリングして、
はい、どうぞって、アップもなしにいきなり、8b(5.13d)。
しかも、11時まで日が当たっているので壁はホカホカ。


写真=Manabu Yoneyama

そんな中、2回目のトライ。
すべての核心を抜けて、あと一手のところ、
ちょっとしたミスで痛恨のフォール。
あー、疲れのたまってこない今のうちに登っておきたかったのだが・・・。



写真=Manabu Yoneyama

そして、ユカは2ピッチ目の7c+(5.13a)にトライ。

風もなく蒸し暑い、けして条件がいいとは言えない中、
(全体を通してもっともヌメった日だった)
ユカはこの日2回目に見事完登!

よくまあ、あんな状況でプレッシャーにも負けずに登れるもんだ。
これには自分もパワーをもらった。



16/5/26

スプラモンテ2日目


写真=Manabu Yoneyama

前回やられた2ピッチ目(7c+/5.13a)はラインが違っていたことが判明。
正規ライン?をたどっていくと、確かにそこは難しくなく、
そこを越えたところに本来の核心があった。

でも、事前情報がなければ、あれはどう見ても真っ直ぐに行こうとするだろう。
その方向に誘導するような位置にボルトがあるし、チョークも乗っていた。
バーバラの記事を見たら「2ピッチ目でちょっとしたトラブル」と書いてあって、
どうやら彼女も間違えたようだ。


写真=Manabu Yoneyama

ムーヴを確認して、今日の2回目でレッドポイント。



写真=Manabu Yoneyama

そして頭上には早くも全体の核心となるピッチが現れた。
3ピッチ目(8b/5.13d)

強度の高いボルダームーヴから、石灰岩らしい持久系の40mからなるピッチ。
今日のところはムーヴ解決まで。



16/5/25



サルディーニャのゴルップ渓谷と、
ホテル・スプラモンテのことを知ったのは、
オーストリアの女性クライマー、バルバラ・ツァンガールが
完登した記録の原稿を書いたのがきっかけ。
それは、ROCK&SNOW#55(2012年春)に載った。

そのときから、いつかはトライしてみたいルートのひとつになっていた。

昨年夏くらいに遠藤ユカにあったとき、なにかの話の拍子から
「ホテル・スプラモンテにトライしたいんだよね」
という言葉を彼女から聞き、
(自分のほかに、そんなこと考えていた人がいたんだ!)
となって、すっかり意気投合。
そして、今回の計画へとつながったという訳。



実質10ピッチ中、4ピッチが5.13台、残りはすべて5.12台。
特に下部5ピッチは傾斜がきつく、
取りつきから終了点まで合計50mも張りだしている!


ところで、ゴルップ渓谷の入口には意外なことに
受付小屋(テント)があって入谷料(一人5ユーロ)が必要になる。
受付スタッフはとても親切で、ここでのクライミングは制限されているどころか、
むしろ優遇されている感じを受けた。

 

三国同盟って訳じゃないけど、日本人もクライマーも歓迎されてる。



16/5/24

一日半、ショートルートを登って、
サルディーニャの岩質とグレード感を理解したところで、
(実は全然わかっていない)
いよいよ、今回の目的地であるゴルップ渓谷へ突入。

アプローチは、滞在先(カーラ・ゴノネ)のアパートメントから車で30分、
さらに、気持ちのいいトレイルを歩くこと、約2時間。

そして、ついに、
自分の生涯目標マルチピッチルートリストの上位にランクされたひとつ、
ホテル・スプラモンテ(Hotel Supramonte 8b [5.13d]、10ピッチ)と対面した。



ヨーロッパ有数の規模と急峻さを誇る深い峡谷から、
高差約400mもの前傾壁が頭上に覆い被さっている。
ここまで巨大な前傾壁は見たことがない!

この写真で確認できるのは10ピッチ中8ピッチ目まで。
(このときは、どこがラインかさっぱり分かっていない)




初日は挨拶代わりに、1ピッチ目(7b+/5.12c)を、ユカともども完登したが、
2ピッチ目(7c+/5.13a)で、早くもやられる始末。

それにしても、
ハイカーはおろかクライマーすら滅多に訪れない
険しくてワイルドな峡谷を想像してたけど
こんなに一般的なトレッキングコースになっていたとは意外だった。

何も調べずに来たので予想外なことの連発で、ある意味面白いけど、
これだと落石はおろかドローひとつ落とせないなと、余計な心配事が・・・。



16/5/23



まずは、サルディーニャに身体を馴染ませる。

クライマーにとっても非日常的な形状と規模の、
その名も「ミレニアム・ケイブ」へ。




このケイブ、でかすぎ。
無数のコルネに紛れて、どこにいるかわからない。



16/5/22





一年前、ひょんなことから決まったこの計画。
それを実行に移すべく、この国にやってきた。




今回のパートナーは、
チームMAMMUTの、遠藤ユカ。



ユカと海外でロープを組むのは、
1999年のラオス開拓ツアー以来、実に17年ぶりになる。

そして、背後にたたずむスキンヘッドの人物は
知る人ぞ知る、大野牛。
なんと、私が20歳のときの初ヨセミテ(初海外)ツアーメンバーの一人!



16/2/26



本体が到着する2日前に、大堂海岸に先乗り。
ハーバーエリアの大ルーフ(5.11c)
これは壁の途中の水平クラックが実質の終了点となっていて、
どうもその中途半端な終わり方が気になっていた。

で、今回
その水平クラックからフェイスを直上してリップに抜ける
ダイレクトフィニッシュにトライしてみた。

水平クラックから顕著なカチまで遠いブランクに見えたが、
指先がかすかにかかるアンダーが使えることがわかりムーヴ解決。
そのあと、リード一回目で完成した。

大ルーフダイレクト (5.13a/b)



過去にもトライされたことがあるようだが,
ホールドの状態からして、たぶん初登だろう。

プロテクションは水平クラックにカムが完璧に効く。
リップを取るときはかなり足下になるが、そんなにランナウト感はない。

もうひとつの核心は、ロープドラッグをいかに防ぐか。
このクラックは形状的に、ルーフの出口にロープがスタックしやすい。
ダブルロープを使う手もあるが、
今回はきつめのカムでフタをしてロープが入らないようにした。

しかし、リップにデッドした瞬間、そのフタは弾け飛んでロープが入り込んだ。
あやういところだった。

登りにくいルーフクラック + レスト + ボルダームーヴなので
グレードはよく分からないが、
12台ってことも、13後半ってこともないので、このくらいで。
動画もある。






こっちのプロジェクトは思ったより難しく敗退。
またいずれ。



16/2/25



Nameless Roof crack (5.10c)
Odo-kaigan
Climber: Miwako Abe



16/2/11



話題の一冊
一足先に届いて一気に読んだ。
おもしろかった!
個人的に疑問だったことの答えが、全部書いてあった。

発売日はまだだけどもう出てる。
アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡



16/2/8



今春発売予定の新型カムいろいろ

キャメロットはウルトラライトの新シリーズ
フレンズは大幅にモデルチェンジ
マスターカムもリニューアル
さらに、すでに発売中の
エイリアンイボリューション(ほとんど映画タイトル)
謎のトーテムカム fromスペイン
(ドラゴンはサンプル間に合わず残念・・・)

どれもこれも凄い進化を遂げていた。
詳しくは次号Rock&Snow 誌面で!



16/2/2



国際自然環境アウトドア専門学校(i-NAC)
の合宿に参加してきた。
久々に会ったクライミングコース専攻の学生たちは
ますます、たくましくなっていた!



3年生は今年で卒業。
フリークライミングインストラクターの資格を取得した学生もいて
北海道、九州へと旅立っていく。

世の中にここまでジムが増えてくると
彼らのような学生は、今後ますます引っ張りだこになる予感。



16/1/26



2nd Pitch of Musang (7a)
Cat Wall , Pra-Nang Peninsula
Climber: Miwako Abe







Rappeling from top of Cat Wall







Might As Well Hurl (7c+)
Pra-Nang Beach




Pra-Nang , Thailand
Climbing Tour



16/1/9



城ヶ崎の隅から隅まで登り続けてウン十年経つが、
まだ、こんなルートが残っていたとは!

これはヨシーダにより、ちょうど30年前となる1986年に登られたルート
チークボーン (体感 5.11a)

この写真は、カメラをほとんど真上に向けて撮ったもので、
見ての通り、大ルーフに走ったワイドクラック。
出だしからワイド、抜け口もワイドのルーフ、
こんなルート、そうそうあるものではない。

これだけ乾燥した晴れ間が続いているのに下半分に浸み出しがあったが、
逆に言えばこれでもいい状態なのだろう。
このクラックが人の手に触れるのは20数年ぶりだろうか?

途中のチムニーにすっぽり入り込むと
暗くてヘッデンがないと何も見えず、かなり不気味。



吉田さんが頭をスタックさせて大変なことになった最後のルーフワイドは、
同じはめにならないよう身体を控えめに入れつつ乗り越す。

ワイドクラックとは言っても、ワイド特有のムーヴになることはほとんどなかった。
しかし、プロテクション的には大型カムがどうしても必要で、
今回はキャメ#6サイズを4個持って行ったが、すべて使い切った。



発表グレードは10+だが、大量のギアを携えてオンサイトした体感だと5.11aといったところ。
何よりも、これだけの体験ができるルートは貴重だ。

場所は「あかねの浜」の少し南側。
「あかねの浜」から遊歩道を南下すると「あかね」の標識が出てくる。
その少し先、海側に名木何選に指定されそうな立派な黒松があるので、
それを目印にブッシュ帯を降り、下に見える磯へとロープをフィックスし下降する。
巨大なケイブだが、上からはまったくその存在に気づかない。

降りてビックリ!一登の価値あり。



15/12/19



前回に続き、ながねケイブ。
重箱の隅をつついて、最後に残った節理に新ラインを引いた。

吹雪ジュン (5.12b)

ケイブのもっとも深いところからスタートし、ビッグジュン(5.11c)に合流するライン。
浸み出しの影響を受けやすい部分にあるが、今回はきれいに乾いていた。
先シーズンの試登も含め、3回目のトライで完成。

強傾斜のオリジナル部分には、ポジティブかつ形状様々なホールドが配置されていて、
このエリア独特のムーヴの面白さを作り出している。



核心のプロテクションは決めにくいナッツや片開きのカムで少々頼りないが、
その手前のルーフに開いた大穴にも固め取りできるので、それほど不安感はない。
この日はコントラストが強すぎて大穴の中がはよく見えず、
カムをセットするのにヘッドライトを使った。

核心を抜けクラック沿いに登れば右側のビッグジュンに合流するが、
このルートも滅多に再登されない渋いルート。
最後にあったボルトは腐ってなくなっているので、現在はオールNPで登ることになる。

ビッグジュンの核心は最後。
水平クラックに固めたカムを足下にして最後のトリッキーなムーヴをこなすと
気持ちのいいリップに立つことができる。

こんなライン(トポ)



15/12/1



始まったばかりの城ヶ崎シーズン、
気になっていたラインに2日間の集中トライを仕掛け、
新ルートを完成させることができた。

エビデンス (5.13b)

エリアは、シュリンプ(5.12c) のある「ながねケイブ」で
シュリンプと、昨年の同時期に初登したアバロニ(5.12d)の間をたどるライン。
ふたつの水平クラックを経由しながら、約120度のハングを抜け、
上部の浅いコーナーとカンテを使う前傾フェイスへとつなげる。



誰かにより2本のボルトが打たれた古いプロジェクトで、
たまにトライされることもあったようだが完成には至ってなかった。

シーズン始めで浸み出しもあって完璧なコンディションとは言えなかったが、
ライン上には草や土も詰まっていず、掃除もほとんど不要なままトライを開始した。

まるでルートセッターが配置したかのような切り返しや、
絶妙な位置にあるフットホールド、スローパーを組み合わせてムーヴを解決。
左隣にあるシュリンプのエビムーヴと同様に、このルートの核心も体幹フル動員だった。

現在ボルトは外されているが、水平クラックやスロットにカムを固め取りすることができるので、
最終的に「R」表記の必要もない、オールNPで登ることができた。

上部は、右隣のアバロニと一部ホールドを共用するが、
それを使って各ラインを混合できるような代物ではないので、それぞれの独自性は保たれている。

試登を含め2日間、リード2回目で完成。
プロテクションはすべて登りながらセットした。



1回目のリードトライでは、あと2手のところから落ちた。
プロテクションは足下になるが、
大きなスロットにキャメ#5(旧サイズの)と、エイリアン(ゴールド)の固め取りで問題なし。
全体的に、スモールカムよりも、キャメ#3周辺を多く使用した。
動画もある。



このエリアにはムーヴの面白いルートが揃っているが、
その中にあっても、内容はダントツに濃い。
ムーヴ的には13- クラスだと思うが、プロテクションのこともあるのでワンランクアップで。
トライされた方は、ぜひ感想を聞かせてください!


こんなライン
(左の顕著なクラックがシュリンプ)



15/10/24





Mammut Cup
Square-Hamamatsu



15/9/29



America's Cup (5.12b R) 
Cookie Cliff
Yosemite Valley




Velvet Gloves (5.10b)
Wrights Lake
South Lake Tahoe
Climber: Keiko Hirayama




Grenade Launcher (5.12c)
Puppy Dome
Tuolumne Meadows




Sparkling Give-Away (5.11a)
El Cap Base
Yosemite Valley
Climber: Izumi Hayashi




Chipmunk (3.10c)
Eagle Creek Canyon
South Lake Tahoe




Lazy Bum (5.10d)
Sunny Side Bench
Yosemite Valley
Climber: Makoto Nagano




Lightning Bolt Roof (5.11c/d)
Black Wall
Donner Summit




Cookie Monster (5.12a)
Cookie Cliff
Yosemite Valley
Climber: Miwako Abe


]

Bell Bottom Blues (5.12a R)
Snowshed Wall
Donner Summit




Red Zinger (5.11d)
Cookie Cliff
Yosemite Valley
Climber: Keiko Hirayama




Wailling Wall (5.11d)
Medlicott Dome
Tuolumne Meadows




Hauling to Heart Ledge (6.1)
El Cap Base
Medlicott Dome




Lake Tahoe 〜 Yosemite Tour ★★★★★



15/7/10



梅雨の晴れ間を狙って、小川山で一本、開拓初登した。

しのび (5.12a)

場所は、お殿様岩。イムジンから左上に上がった大貧民ルートの途中にある。
裏(ニンジャ側)から、「しぐれ」チムニーのトンネルをくぐれば、取りつきへと出ることができる。

ボルト3本+NP少々の短いルートで、5.12aくらい。
一本目のボルトにクリップしたあと、12、3手で右上にある岩茸だらけのテラスに立ち込んで終了する。

当初は、このきれいな壁を上まで抜けるラインを想定していたが、
ブランク部分が多いのと、その一カ所にあきらかなチッピングも認められたこともあって、断念。

壁の一部を登っただけで新ルートというのも気が引けるが、
いちおう、レッジtoレッジで、ルートとしての意味はあるので、発表することにした。

フェイスを右上する部分は、見た目より傾斜があって
なかなかパワフルなムーヴを強いられる。

ほとんど試登もせずにボルトを埋めたあと、リードしてみたが、
最後のテラスにマントルするところで、岩茸に足を滑らせて落ちてしまい、次のトライで完成した。
(そのあと岩茸掃除はしておいた)

グレードはあくまで参考で。ムーヴのルートなのでよくわからない。
(再登した人の意見お待ちしてます)


トポ




15/6/28

翌日は、同じくMAMMUT&秀岳荘コラボ企画による
トラッド講習で、層雲峡へ!



ここは、11年前にロクスノの「Old But Gold」取材で登った、
「蝦夷生艶気蒲焼」(=写真岩峰にある顕著なコーナークラック10c)と
「ロングナイト」(=その左側壁のフィンガークラック12b)、




そして翌冬、アイスジャパンカップ参戦後に
コンペ用の靴で登って凍傷になりかけた
「銀河の滝」以来だ。




秀岳荘の奥野さんと小田クンが、事前に踏み跡をつけ、再開拓してくれた
「うぐいす谷」エリアへ、急登のヤブをかき分けて向かう。




そこには、短いながらもシャープで印象的なクラックが並んでいた!

写真左の「うぐいす谷ダイレクト」(5.10c)が、ここで最初に開拓されたルート。
クラック初級者でも気持ち良く進んでいけるハンド〜フィストジャムがしばらく続き、
上部は傾斜の強いフィンガークラックとなる、変化に富んだ☆☆☆だ。




印象的な弓形クラック(5.10c)
リード経験者は、まだ数登しかされていないクラックを次々と再登していった。




途切れたクラックをつなげた10+くらいのライン。
これは二日前にグラウンドアップで初登させてもらった新ルートで、名前は未定。

プロテクションが取りにくいものの、上級者は初見リードの果敢なトライを繰り出す。
都合第4,5登まで記録され、早くも人気ルート?になった。




講習というより、登り方を見てもらって、一緒に登っただけだけど、
参加者全員、楽しんでもらえたようで良かった。

参加してくれたみなさん、ありがとうございました!



15/6/27



北海道の美唄工業高校の体育館で行われた
MAMMUTと秀岳荘のタイアップ企画、
「安全技術のスタンダード」研修会に講師として招かれた。

これがうわさに聞いた「美工ウォール」
現在は高校自体が統廃合され、行政が管理しているが、
ドライツーリングの練習もできるこんな立派な壁が、高校にあったとは驚きだ。

今回の目的は、状況に応じた適切なビレイ技術を伝えること。
参加者のみなさん、経験やレベルは違えど
いろいろと引っ掛かっていた部分が取れたように見えて、
こちらとしても、大変やりがいのある研修会だった!

(ウン十年ぶりに会った元同志会ロストアローAAさんも参加してくれてビックリ!)




15/6/5



妙高のiNAC (国際自然環境アウトドア専門学校)で、出張講義。

クライミングコース専攻の学生を対象に、メインは机上講義だったが、
二日目はルートセット研修を行った。

ホームウォールでもあり、学生たちのセッティングは手慣れたもの。
なかなか味わい深いルートを創作し、
評価する私としては、この壁が始めてだったこともあり、すっかり楽しませてもらった。



15/5/2



瑞牆、植樹祭エリア、しじま谷で
前から気になっていたルーフクラックを初登した。

ルーフクラックは3本ばかり見えるのだが、汚かったり脆かったりで
実質、対象となるのは真ん中だけ。
しかし、真下から登ろうにも、やはり風化が激しく
どっちにしてもプロテクションが取れない。

そこで、左上にランペを上がってから
ルーフ付け根の水平クラックを、右へ右へとトラバースし
目的のルーフクラックに合流するというライン取りにした。




できあがってみれば、
この手つかずだった岩全面を、贅沢に使って弱点を縫う
ユニークなラインに仕上がった。

終了点はあらかじめ作っておいたが
試登なしのグラウンドアップで
オールNPの、ノーハングドッグと
理想的なスタイルで登り切って、完成した。

十文字(5.12a/b)

グレードは再登者の意見を聞くまでは、参考程度ということで。

クラック自体は、いっさい掃除してないが
多少濡れてたり、苔がついてたりするものの、岩は固く安定している。

ただ水平クラックまでの下部と、ルーフクラックが終わってフェイスに移る部分は
かなり脆いので、トライされる方は、くれぐれもご注意を!




ルート解説

場所は「刃こぼれ」の左20mにある顕著なルーフ帯。
全長15mほど。プロテクションは一般的なカムのみでOK。

ワイルドな斜面を左上し、ルーフの付け根に出てから、実質スタート。
フィンガー〜シンハンドの水平クラックを、真右にトラバースし
(ここは濡れている部分がある)

ハンド〜フィストのルーフクラックを越え
最後は脆そうなブロック状ホールドを使いつつ、右上に立ち込んで終了。
(ここの奥にムササビの巣がある)

終了点はボルト2本。回収はフォローしないと無理でしょう。



15/4/26



ついに出た!

本日、瑞牆ガイドブック出版記念パーティがあって
この特別バージョン、上下巻が一冊になったプロトタイプ(厚さ約3cm!)を頂戴してきた。

中味は予想以上の超満載、期待以上の大充実。
本当に、よくぞ作ってくれました!

過去国内で出版されたガイドブックの中では、ぶっちぎりのダントツ
というか、比べるものもないほどの出来ばえ。

値段が高いという人もいるが、海外のトポにくらべたら全然普通。
そもそも中味を見れば納得するでしょう。

自分も協力できて、とても嬉しい!



15/4/12






岡山 矢掛 ボルダーイベント



15/4/11



Open Class Final Round

rocks倉敷
Mammut Climbing Competition


Setter





15/2/19



最果ての岩場の、最果てのエリアへ。
きれいな前傾クラックが並んでいるのに、どれも無名。
これは、典型フィストの11b

大堂海岸、前傾壁エリアにて



15/1/26



プライベート居残りで、新エリアにやってきた。
ジャングルの奥深くにあるそのエリアは、見事な水平ルーフが連なっていた。
その名も、Gibbon Roof

Gibbonは、あのスラックラインの「ギボン」と同じで、「テナガザル」の意味だと知った。
確かに、辺りにはテナガザルの雄叫びが響き渡り、ワサワサとジャングルを渡っていく姿が見えた。




ここを開拓したオーストラリア人、グレンによれば、
なんでも、まだプロジェクトの段階でトポに載ってしまったということ。

この、Captain Crunch (8a+/5.13c)は、数日前に完成したようだ。
今回、ありがたく第2登?させてもらった。

朝夕は蚊が凄いが、逆に昼間でも日陰で涼しいから問題なし。
来る度に発見のあるプラナン、またひとつ面白いエリアが加わった。
来年までに、さらにルートが増えていることだろう。



15/1/20



プラナンツアー、レスト日はカヤック漕いで海上ボルダーへ。
シューズもチョークもなかったけど、落ちる度にムキになっていった。
あつらえたような終了ガバは、もちろん天然もの。




10mくらいありそうなルーフ課題。
水で重くなったパンツを海面から引き剥がして取り付くのが核心。
10回くらいトライして、あと数手で断念。
サンダルのフックは痛いので、今度はシューズを持ってこよう。




→ 2014年「今日の一枚」
→ 2013年「今日の一枚」
→ 2012年「今日の一枚」
→ 2011年後半「今日の一枚」
→ 2011年前半「今日の一枚」
→ 2010年版「今日の一枚」