cliff

Top Page
About Us


スクール TOP
コース
 ・必要なギア
スケジュール
料金・お申込み
予約フォーム
Photo Album



CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23

 必要ギア(装備)リスト

講習会各コースに参加されるうえで最低限必要になるギア(装備)の一覧です。

すべてのコースで必要なギア
クライミング
シューズ
クライミングするうえで必要不可欠な道具です。
シューズ以外の道具ほとんどは安全確保のために使われるのに対し、シューズはクライミングの善し悪しに直接影響します。そのため、クライマーがもっとも選択に悩むアイテムのひとつです。
マムート・ゴブリン
マムート・カルマ
通常履いている靴より小さめのサイズを履くのが普通で、目安としては足の指先が若干曲がった状態で靴全体が足に心地よくフィットしたものを選びます。
写真上はベルクロ、下はそのまま履くスリップオンタイプ。最初はベルクロかレースアップ(紐締め)タイプがオススメです。
ハーネス
ロープを装着するためのベルトです。ウェストを締めるベルトと足を通すレッグループ、そのふたつを連結するビレイループから構成されています。 マムート・ニューウェーブ
安全装備のカナメのひとつでもあるのでサイズ選びは重要です。お店では試着するだけでなく、できれば実際にぶら下がってみてピッタリフィットするもの、座り心地のいいものを選びます。
チョーク
バッグ

滑り止めの粉(チョーク=炭酸マグネシウム)を入れて腰の後に装着します。指や手の汗を取って摩擦力をアップさせるために登りながら手にチョークをつけるためのバッグです。 マムート・チョークバッグ
サイズやデザインなどいろいろなものがあるので、気に入ったものを用意してください。
ビレイ
デバイス

確保をする道具のことです。
「ATCタイプ」と呼ばれるシンプルな形のものが一般的です。オートロック機能のついた「グリグリ」などもよく使われますが、最初はビレイの原理を学ぶために「ATCタイプ」の方がいいでしょう。
ATC-XP
+
ロッキングカラビナ
現在はエイトカンをビレイで使うことはほとんどありません
必ず「ロッキングカラビナ=安全環付きカラビナ」とセットで用意します。
ザック
それほど立派なものは必要ありませんが、自分の装備類をクライミングエリアまで運ぶための背中に背負うパックです。 マムート・Flight
最低限で30リットル、ゆくゆくは45リットル程度ものが必要になります。

マスターコースで揃えたいギア
(講習会のときはこちらで用意しますが、そろそろ揃えておいてもいいと思うギアをあげてみました。アドバンストコースの方は必需品です)
クイック
ドロー
通称「ヌンチャク」と呼ばれる、リードをする場合の必需品です。
ボルトなどのプロテクションとロープをつなぐ役割をします。
カラビナふたつと、その間のソウンスリングを自分で組み合わせて作ってもいいのですが、最初からセットになっているタイプも多く出回っています。
講習会ではこちらで用意しますが、いずれは自分のギアを使ってリードをするわけですから、5-10セットくらいは用意しておいてもいいでしょう。
スリング

テープスリングを縫い込んでループにしてあるものです。
アンカーを作ったり、セルフビレイをセットしたり、プロテクションに使ったりと用途は様々。
長さは60cmと120cmのものが主流で、それぞれ2本ずつくらい用意しておくと便利です。
ロッキング
カラビナ

やはりトップロープのアンカーやセルフビレイで必要になります。 ロッキングカラビナ
ビレイデバイスとセットにしたものとは別に2枚ほど用意しておきます。最初はスクリューゲートタイプがオススメです。
ロープ

講習会ではこちらで用意しますが、自分たちで登りに行くようになったら絶対に必要になるものです。 マムート・インフィニティ
長さは50mか60mが主流、太さは最近では10mm以下のものが多く使われています。
ロープはほこりや湿気をきらうため、ロープを保管し保護するためのロープバッグもあるといいでしょう。

ナチュラルプロテクション関連のギア
(講習会のときはこちらからお貸ししますが、いずれ揃えるとなるとこのようなギアが必要になります)
カム
ナチュラルプロテクションとしてなくてはならないのがコレです。正式にはカミングデバイス(SLCD)と呼びます。 キャメロット
キャメロットとスモールサイズのカム(エイリアンやマスターカム)を組み合わせて使うのが主流です。
少なくともフィンガーサイズからフィストサイズまで8-9種類のサイズのものが必要になりますが、高価なものなので、まずは使用頻度の高い中間サイズ(キャメロット赤、黄)あたりから徐々に揃えていくのもいいでしょう。
ナッツ
金属片をクラックに引っかけてプロテクションとする簡単な原理のギアですが、正しくセットできれば絶大な信頼感を得ることができます。 マイクロストッパー
スモールカムでも受けつけないような極細クラックで必要になります。
フィンガーサイズより下、ロックス(ワイルドカントリー)で言えばサイズ#7から#1まで計7個あればとりあえずは十分です。
ナッツキー
ナッツと共に忘れずにセットで揃えたいアイテム。ナッツを回収するために使います。 ナッツキー
カムがスタックしてしまったときにも威力を発揮するのでナチュプロ指向の方は必需品です。
ギアラック
肩にかけてギアをラッキングするための道具でギアスリングとも言います。ハーネスのギアラックでは一杯になってしまうためこのようなラックを両肩にかける場合もあります。 ギアスリング
ラックするためのループがいくつかに別れているものが使いやすく便利です。

マルチピッチ関連のギア
(講習会のときはこちらからお貸ししますが、いずれ揃えるとなるとこのようなギアが必要になります)
オートロック
ビレイデバイス
セカンド(フォロー)で登ってくるクライマーを上でビレイするためのギアです。オートロッキング機能のものが主流で各メーカーから数種類発売されています。
Petzl社「リベルソ4」、Black Diamond社「ATCガイド」など。
ATCガイド
セルフビレイ用
スリング
セルフビレイをセットするときに使うスリングです。小さなループがたくさんつながった「PAS」(=Parsonal Anchor System:メトリウス社の商品名)のようなタイプを使うのが便利です。
・無段階に長さを調整できるタイプのものもあります。
デイジーチェーン
ヘルメット
マルチに限ったことではないのですが、落石の発生する可能性が高い岩場では必要なギアです。 シモン・バンパー
特にマルチの場合は、先行パーティがものを落としたりする場合もあるので状況に応じて用意します。

→Back