cliff

Top Page
About Us


魅惑のトラッド
・Yosemite 編
・城ヶ崎 編
赤沢港
浮山橋
アストロドーム
八幡野港
シーサイド
おたつ磯
ファミリー
プールロック
かさごね
さいつな周辺
こばい
びゃくび
あか根
あかねの浜
しりいだし
おとじろう
ながね
あぶなね
かんのんがね
オーシャン
なみだち
にちょう
日蓮崎
石切場
びしゃご
門脇南の磯
門脇崎
海亀
漁り火
カメノテ
バンブー
フナムシ
・湯川 編
・小川山 編

sponsor
Mammut


CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002 / 1 / 23


魅惑のトラッド 城ヶ崎 編

・自分が完登したトラッドルートだけを載せています。
・不定期に増殖中 (16年1月 あか根 更新)
★=ルートの質、面白さを示すグレード。★★★が最高。
(Pro) =プロテクション (NP) =ナチュラルプロテクション (B) =ボルト (終) =終了点 (初) =初登者

JFAからの注意事項です(必ずお読みください)
城ヶ崎について全般
赤沢港の注意点
アストロドーム、浮山橋の注意点
シーサイド、ファミリーの注意点
富戸エリアの注意点

赤沢港
ル・ミニマム 5.11a
名前の通り恐ろしく短い。10mロープで行ける。でもボルダーとして登るには高い。ネーミングに時代が垣間見える(初登はビュークス全盛の時代だった)。

Pro:NP / 終:なし / 初:浜井祐治
オカシュカー 5.11b

短いルーフ越え。ルーフ部分はハンドジャムにガバ、ステミングも使えるのでそんなに大変ではないが、最後のブロックの風化がひどく耳に粉が入る。
これもシュカ(ビュークスの有名ルート)と岡シュウ(JMCCの名クライマー)をかけたもの。

Pro:NP / 終:ボルト*2
ジェニュイン
リスク
5.12a

★★
スラブから180度オーバーのルーフクラック。ダウンクライムで足から先行。プロテクションもよく効くので思い切って飛び出せる。最後は上記ルートに合流。
こういうルーフクラックはありそうで、なかなかない。

Pro:NP / 終:上と同じ / 初:浜井祐治
パックマン 5.11c

ダイバーズルーフの左端。ここはダイバーや釣り人が多く視線が少々気になるが、見てる向こうもすぐ飽きる。近くで声がすると思ったら海中のダイバーだったりする。
かわいいルーフクラックで、カムの効きもいい。発表は11-だが実際にはこんなところ。終了点はないのでエイドダウン。

Pro:NP / 終:なし / 初:吉田和正
サイレント
ピアノ
5.11d

★★
2段ルーフ越えの超3Dルート。それぞれのルーフに個性的なムーヴを持つ。ご期待にもれずロープがスタックするので、ダブルロープで登るのがベスト。

Pro:NP / 終:残置スリング+ビナ / 初:岡田&BUN

浮山橋
スコーピオン 5.12a/b

★★★
山野井三部作の中では最も人気のある一本。初めて見上げる人には、これが12aとはとても思えないだろう。ルーフでの3Dムーヴが連続。プロテクションはいいので思いきりトライできるが、ムーヴの解明にもおもいきりが必要。一時期完全に自然に還っていたがここ数年人気再燃で順番待ちまで。

Pro:NP / 終:ボルト*2 / 初:山野井泰史
I川君のブログから拝借
スコリア 5.12d

★★
スコーピオン前半部の左上クラックから、そのままツルツルのコーナーに抜ける。見た目はパッとしないが登るとハッとする。あんなホールドが使えるなんて。
'11年1月初登。別名「シリアゲムシ」 トポ。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:ボルト*2 / 初:杉野保
タランチュラ 5.13a

★★★
'09年、このルートも生き返った。若き日のユージの名作。ムーヴ的にはなかなか深くルーフで体を反転し足からスコーピオンに合流する。この辺りがルート名の由来か。当時にしてみたら斬新なムーヴだった。

Pro:NP / 終:灌木に長スリングをプリセット / 初:平山ユージ
タランピオン 5.13a

★★
このふざけたネーミングからライン取りは想像できよう。タランチュラを登るつもりで取り付いてなぜかこうなった。

Pro:NP / 終:ボルト*2 / 初:杉野保
アッパロウ 5.11c

腐ったボルトが数本打たれているが残置無視のオールNPで登れる。オリジナルラインは「ラウンド…」から上がって左にトラバースし、ハングの切れ目を抜ける。
このエリアに関しては、どこのトポもいい加減だったが、100岩場改訂版でまともになった。下部のルーフをダイレクトに越えるTRのバリエーションは12bくらいで楽しい。

Pro:NP / 終:ボルト*2 / 初:大岩純一
ラウンド
アラウンド
5.11c

★★
完全なフェイスだが、使えるところには徹底してNPを使う、初登者がガンクスのクライミングに影響を受けた一本。上部の腐ったボルト2本も使わずにNPで問題なく登れる。
'14年シーズン、取り付きすぐのフレークが剥がれた。ワングレードアップか?

Pro:NP / 終:ボルト*2 / 初:山下勝弘
ラトル
スネーク
5.13a R

★★
「ラウンド…」上部のカンテ状前傾フェイスをダイレクトに越える。
腐ったボルトが2本あるがこれはどっちにしろ無視でNPで登る。
この部分はマスターでは厳しく、HBの1番と2番を固め取りのプリセットとした。ライン的にはかなりカッコ良くそそられる。
吉田和正初登のTR課題を'09年1月にリードした。トポ。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:上に同じ / 初:吉田(TR)、杉野(リード)
トラベル
チャンス
5.10c

★★
全天候型エリアが誇るハードグリッド入門ルート。これも完全なフェイスで、ギア・セッティングがなかなか味わい深い。下半分は現代のスモールカムなら受けつける。
途中にクリップできるハンガーがあるがオリジナルはオールNP。
ちなみに隣接ルートのアルミハンガーは腐食により指でちぎれた。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:加藤泰平
ストップ・ザ・
トマホーク
5.10d

下部のフレアードシオシオクラックが核心。ゲルニカとムーヴ的には同じくらいで、これまた登りにくい。中間から上のオリジナル部分はかなり脆く抜け口も不安定。登るなら上部はゲルニカに合流した方がいい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
ゲルニカ 5.10d

★★
そう見えるような見えないような、素晴らしいネーミング。
下部のきれいなクラックには、こんな登り方やあんな登り方があってクラックの醍醐味を感じる。中間は多少シオっぽくなるものの、ラストはまた豪快なムーヴが楽しめてやっぱりクラシックはいい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:池田功

アストロドーム
メリーゴーラウンド 5.12d

★★★
これまた吉田和正の隠れた名作。特にマリオネに合流する手前、左上クラック部分の一連のムーヴは面白い。浸み出しの多いアストロドームにおいて乾いていることが多い貴重なライン。でも波が高いと取り付けないこともある。初見だとプロテクションセットに悩むがこれがまた面白いところ。

Pro:NP / 終:グルーインボルト / 初:吉田和正
炎の
メリーゴーラウンド
5.13b / c

★★★
半分以上は吉田さんのルートだが、超自信作。純正トラッドではないが紹介したい。
山岸氏がすぐに第2登したが、再登してくれる物好きは何人いるのだろうか。なんといっても腰をおろせるテラスに這い上がって終わるところがいい。リアル「登攀の全て」。トポ
詳しくはこちら

Pro:NP+B2 / 終:ボルト*2 / 初:杉野保
マリオネット 5.12a

★★★
ロクスノOBGに取り上げてから再登者が相当出て、いまやポピュラーなルートとも言える。ラインは超3Dなのでプロテクションもムーヴも良く考えないとハマってしまう。
ルート中間部にある巨大ブロックは何度か動いては安定しを繰り返している。簡単に外れることはないと思うが・・・。

Pro:NP / 終:グルーインボルト初:山野井泰史
スーパーマリオ 5.13a

★★
マリオネットの下部バリエーション。メリーゴーラウンドとの中間にある顕著なクラック / フレークシステムをたどって、マリオのレストポイントに合流する。薄いフレークは意外にしっかりしていてカムも受け付ける。合流ムーヴはかなりトリッキー。トポはこれ。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:グルーインボルト / 初:杉野保
モーター
ドライブ
5.12b / c

★★
終了点は腐り、クラックは草まみれだったが'08年3月に再生。
中間のレストポイントからダウンクライムでルーフ越え。ここにフィンガージャムのチクタクムーヴが出てきて楽しい、けど痛い。
ブロック状の外れそうなホールドが数カ所あるが意外にしっかりしている。染み出しの少ない貴重な一本。

Pro:NP / 終:リング付ハンガー / 初:吉田和正
ブリザード 5.12d

★★★
素晴らしいの一言につきる。
(詳しくはRock&Snow39号[Dig It]をご覧あれ)
ヒレヒレ状前傾フェイスに走った節理を弱点にたどった好ライン。濡れていることが多く、登れるシーズンが限られるのが残念。
'15/16シーズンは、ブリザード側の下地が夏の高波の影響で2〜3mも上がってしまい大変残念なことになっている。

Pro:NP / 終:リング付ハンガー / 初:吉田和正
あの娘と
いい気分
5.11d

洞穴状の奥から這い出て前傾クラックへ。ダブルロープを使って這い出たら片方を外す方法がオススメ。オリジナルの終了点は完全に腐っているので左にあるプロジェクトのアンカーを使うのが良い。

Pro:NP / 終:左プロジェクトのスーパーシャット / 初:吉田和正

八幡野港
ビッグ
マウンテン
5.11b

★★
洞窟の奥からスタートし、大ルーフの下をステミングで海に向かう。
珍しい2pのルートで、1p目は5.10c。(城ヶ崎のマルチは他に「赤道ルーフ」くらいしかない)
塩シオホールドとカモメ糞地獄の1p目は以前よりさらに激しくなっている。しかも核心の畳大のフレークを右に回り込むところは、そのフレークが動いたという情報あり。なんだかえらいことになっている。となりの磯(シーサイド)と同じ遊びとはとても思えない。

Pro:NP / 終:たしか灌木 / 初:檜谷清
ビッグ
マウンテン
ダイレクト
5.12a

★★
山野井三部作のひとつ。城ヶ崎でも最もマニアックな一本。例の大フレークを巻かずに直角ハングに入ったワイドクラックを直上する。こっちの方が安全か?
これも2pの設定だが、私は地面から1ピッチで登った。終了点を作ってロワーダウンし登り直しで回収。さらにその終了点は上から回り込んで回収。と面倒くさいがとても充実する。

Pro / 終:上に同じ / 初:山野井泰史

シーサイド
リトルジョン 5.8
波打ち際に隠れた短いクラック。
この左にも何本かあるが、よっぽど干潮じゃないと行かれない。この辺り「100岩場」の図はいい加減。

Pro:NP / 終:「美しき日本」の終了点 / 初:竹本俊博
イントロダクション 5.9

名前の通り、シーサイド開拓初期に登られたクラック。
ジャミングはそんなに必要ないが、出だしはハンドが決められれば楽。上部は少々脆いので中間のアンカーで終わりにすることが多かったが、最近は上まで入ってる人もいる模様。

Pro:NP / 終:中間はチェーン(スカッドのを共用)、上は灌木にスリング残置 / 初:小川武志
フライング
シーガル
5.9

スカッド右の顕著なクラック。中間でイントロに合流する。合流手前がボロボロだったが、'11年に浮き石を撤去して登れるようになった。

Pro:NP / 終:スカッドの終了点 / 初:竹本俊博
アーリー
タイムス
5.10b

★★
なかなかに個性的で通な一本。中間のコーナーにはいろいろなムーヴがあるが、チムニー登りが意外に楽だったりする。上部、面に入ったワイドハンドは見事。

Pro:NP / 終:ラペルステーション / 初:小川武志
ホワイト
クリスマス
5.10c

★★
シーズン初めはたいてい草まみれだが、物好きクラッカーによっていつもまにかスッキリきれいになっている。浸みだし多く、泥っぽいことも多いが、内容は濃い。上部はナッツ有効。

Pro:NP / 終:リングハンガー / 初:小川武志
プレッシャー 5.11b

★★
数年前に左のルーフが大崩壊を起こした。その後しばらくは誰も取り付かなかったが、今はルーフの浮石、落石に気をつければ登れないこともない。崩壊の影響でハングを右上する部分はプロテクションが取りづらくなってしまった(しかも効きも良いとは言えない)ので注意が要る。
なんといってもハング上のコーナーが見事なので、そそられるものがあるが、状態が状態だけにとにかく慎重に登りたい。
上部バリエーションのダイレクト(11c)もトラッドの香り高くとても良い。

Pro:NP / 終:ボルトアンカーあり / 初:松江良三、保科雅則
ハイ
プレッシャー
5.12a

★★★
下部を直上(コロッサスと同ライン)してプレッシャーに合流する。崩壊部分は通過しないのでそういう意味では安心だが、プロテクションの取れる部分が限られているのでランナウトを強いられる。初見リードする場合は、それなりの準備と自信を持って行おう。

Pro:NP / 終:ボルトアンカーあり / 初:山下勝弘
お子様ランチ 5.11c

キャデラックランチ1ピン目より右に派生するほとんど忘れ去られているルート。細いアンダーフレークにプロテクションを決めるのだがスモールカムが必要。初登時はナッツだった。ナイフのような鋭いガバで指を切れそうになる。
下からダイレクトに登るTR課題(12a)も面白い。

Pro:NP+Bolt / 終: リングハンガー / 初:平山ユージ
ストロベリー
ティー
5.10b 下部と上部をボルトルートに侵食され完全に葬り去られた不遇なルート。きれいなコーナーのオリジナル部分は左右のルートの逃げ道として使われてしまっている。
それでもトラッドとしてリードしたいならハンガーの横にカムを決めていく残置無視スタイル。上部はプアプロ。

Pro:NP / 終:近隣ルートのを / 初:小林敏
ウッドペッカー 5.10a

実質ハング越え5メートルだが、このグレードにしては大きなハングでムーヴも豪快。混んでるときでも、まずあいている。

Pro:NP / 終:リングハンガー / 初:竹本俊博
ドラゴン
フライ
5.11c

★★★
ボルトは一本あるものの、これぞトラッド。
下部のブリッジングから、ハンドジャムの一手、ルーフを越えて最後はマントル。短いながら中味は濃い。やってる人をほとんど見ないがもっと登ってほしいルート。

Pro:NP,B*1 / 終:リングハンガー / 初:大岩純一
気分は最高 5.10c

★★★
シーサイドでは、長さ的にも質的にも最高のクラック。
ジャミングもプロテクションも一筋縄ではいかない。じっくり取り組みたい一本である。気分が最高になるかどうかはあなた次第。

Pro:NP,B*1 / 終:ラペルステーション / 初:小川武志
サイクロン 5.11c

★★★
これまた滅多に取り付いていないが、素晴らしいクラック。スモールカムのない時代はナッツを強引に入れていた。フックを多用するムーヴが斬新だった。このクラックを登ってホワイトシャークにつなげるホワイト・サイクロン(12a)という幻のルートもある。

Pro:NP / 終:ラペルステーション / 初:中山芳郎
赤道ルーフ
1p目
5.10c

★★
ワイドのガタガタクラックからルーフ下を右上。クラックの中でカムが開くことが多いのでよく確認したい。最後は大胆なムーヴで、城ヶ崎5.10台トラッドの大傑作。

Pro:NP / 終:チェシャ猫のボルト終了点。 / 初:塩田伸弘
赤道ルーフ
2p目
5.11b

★★
1p目アンカーから、アンダーの数手でリップを抜ければ、あとはボルトフェイス。登ってると注目の的間違いなし。1p目とリンクして11c。リンクする場合はランナーを足していかないとロープがスタックするので注意。 2p目だけを登るなら「人生…」からつなげれば良い。

Pro:NPとB / 終:ラペルステーション / 初:塩田伸弘
Room335 5.11a

幻のルートでトポにも出ていない。
赤道ルーフ1p目の核心手前から左上し、チリコンカーンに合流するライン。シーサイドがボルトに埋まる前に初登された格調高い純正トラッドだが、チリコンができて消滅した不遇のルート。チリコンのボルトは使わず水平ガバの間にカムを決めて登る。

Pro:NP / 終:ラペルステーション / 初:山下勝弘
人生楽ありゃ
苦もあるさ
5.9

赤道ルーフと交差するして本来は上まで抜けているが、中間のアンカーで終わりにすることが多い。シーサイドの初トラッドにどうぞ。

Pro:NP / 終:ラペルステーション / 初:山田仁一
バーチカル
ダイレクト
5.10d

★★
迫力のあるクラックだ。中間のシンハンドが印象的。上部はフィストで進んだはずが、クラック内が変化していてガバが多数出現している。崩壊の前兆か?出だしはプロテクション注意。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林茂

おたつ磯
トポ

カエルクラック 5.9+
短くて見栄えのしないフィンガークラックだが、最初の数手がけっこう悪く、しかも痛い。グレードは信用しない方が身のため。
Pro:NP / 終:灌木
ワンポイント
ジャム
5.10+

元々トップロープ課題だが、地面が高い年はボルダーできる。まあ、名前のとおりのルートだが、これまたかなり決めにくいジャム。発表時はなんと10a。いまだに適正グレードはよくわからない。

Pro:NP or なし / 終:灌木
おたつクラック 5.9

★★
きれいなハンドクラックから右にトラバースして小ハングを越えるのが正規ライン。左に抜ければ5.8くらい。この界隈ではかなり美しいハンドクラック。

Pro:NP / 終:灌木
ウラン 5.10b
短いハング越え。プロテクションはガバの間の隙間にセット。
トップアウトは完全な藪漕ぎになるので普通しない。

Pro:NP / 終:灌木からスリングをあらかじめ垂らしておく。
アストロ
ボーイ
5.11c

★★
顕著な縦フレークを豪快に使って行く。プロテクションは下向きの隙間にとるので慎重に決めたい。
上部に手の切れそうなガバがあり、乱暴に扱うと割れそうなので注意。最後だけアトミック側によってトップアウト。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
アトミック
ハング
5.10c

★★★
これぞトラッド。普通はトップロープだが、ごくまれにリードされている。見た目といいライン取りといい素晴らしい。プロテクションを取る位置は下からだとわかりにくくトラッド上級者向け。
下部のハングを越えて合流するダイレクトスタートはTRながら12+の好課題。
さらに右には、コーナーからフェイスを登る大潮クラック(5.10c TR課題)もある。

Pro:NP / 終:灌木
中山クラック 5.11b

80年代前半に登られたルーフクラック。見事に割れているので目を引く。とはいっても突端にあるので見えないことが多い。波の穏やかな干潮時でないと取り付けない。初登時はボートを使ってたような気がする。発表時は10+だった。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:中山芳郎

ファミリー・クラック・エリア
シーライン 5.7

大潮の干潮時や波の穏やかな春先に取りつける。ラスト数メートルのフィンガーがきれい。

Pro:NP / 終:灌木
ボトムス
アップ
5.9+

見た目、かなりの迫力だが登ってみるとガバガバ爽快のハング越え。そうはいっても下部のプロテクションはとりにくいので注意。
満潮時は不可。この右にあったボルトルート(今はない)の名前を頂いている。

Pro:NP / 終:灌木
新人クラック 5.10a

きれいなフィンガーでスタートするも短く残念。そのあとのアンダートラバースが狭い。ロープの流れが悪くスタックしやすい。
10aでないことは初登者も認めている辛口の一本。

Pro:NP / 終:灌木
梢クラック 5.10b
R
チョークが乗ることは少ない。核心は確実なプロテクションが取れず、初見リードはそれなりの余裕がある人限定。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:檜谷清
アンクル
クラック
5.9

★★★
ハンドジャム入門ルートといえばコレ。クラック未経験の11クライマーも撃退されること多し。年によって取り付きが激しく上下する。その最大差は実に2mに及ぶ。
クラックを抜けたあとの斜面が浮き石だらけなのは昔から変わらない。上からTRを張る場合は下に人がいない確認厳守のこと。

Pro:NP / 終:上部の灌木
ファーザー
クラック
5.10b

★★★
ファミリーの顔。いつ見ても美しいクラック。毎年必ず回収不能カムが残置され、そうかと思えばいつのまにか回収されていたりする。おそらく城ヶ崎で最も多くのカムを飲み込んできたクラック。
核心はジャムでもフェイスでも様々な解決方法あり。

Pro:NP / 終:灌木
ブラザー
クラック
5.10b

★★
ファーザーの下部バリエーション。クラック限定で登るとなかなか良い練習になる。間のカンテ限定なんていうのもあるが、よほど煮詰まった人しかやらない。

Pro:NP / 終:灌木
マザー
クラック
5.10c

★★
岩の胎内にもぐり込んでいくのがルート名の由来。
核心はナッツが良くきまる。指もナッツのように良く効くが残置しないように。

Pro:NP / 終:灌木
シスター
クラック
5.9

下部はフィスト入門。ここを右から巻けば5.8のバリエーション。

Pro:NP / 終:灌木
ベビー
クラック
5.8

なかなか変化に富んだ好ルート、というありきたりなコメントがぴったりなルート。下のフェイスを真っ直ぐ登ると10bくらい。

Pro:NP / 終:ずっと上の灌木
ビギナー
クラック
5.8
名前の通りのクラックであるが、けっこう登りにくかったりする。抜け口が脆いので注意。

Pro:NP / 終:はるか上の灌木
マイクラック 5.10a

意表をつく場所にある短いクラックだがサイズが微妙で面白い。
アンカーを作るのが面倒なので、ハイボールとして登る人も多いが、マットはあった方がいいだろう。

Pro:NP / 終:灌木
Jフェイス 5.9

上部はプロテクションとりにくく、プアプロトラッド入門ルート?
抜け口は脆く、土と松葉斜面で滑りやすい。立ち枯れ二本松もついに折れたので奥の灌木を使う。

Pro:NP / 終:灌木
奔馬 5.10c

★★
滅多にやっている人を見ないが、実は見た目より面白い一本。最後の一連ムーヴは城ヶ崎には珍しい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:森正弘
風ニモマケズ 5.9+

トポには出ていないが昔から登られているクラック。見た目よりあちこちが使えるので登りやすい。

Pro:NP / 終:灌木
ちーちゃん
ガンバレ
5.10c R

★★
ボルトが09年に撤去されたが、それなりの覚悟でやればリードできる。核心の少し下にナッツがバッチリ効く。
スロットの石は昔からカタカタ動くままで、取れもせず固まりもせず。
百万人化の進んだ核心のスメアはシューズテストに最適。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:檜谷清
サムクラック 5.9

中間部のシンハンドが印象的なクラック入門ルート。
上部はほとんどフェイスとなりNPセットは考えさせられる。

Pro:NP / 終:灌木

プールロックガーデン
岬クラック 5.10a
突端にある短いフィンガークラック2本のうち右側。本当に短いが、なかなかきれいで登りたくなる。このエリアは明るくていいのだが、まともなルートはほとんどない。他のエリアがどこも混んでるときなど観光半分で来るのがいいかも。

Pro:NP / 終:灌木
橋立クラック 5.11c

★★
そんな中でもこれは登る価値のあるクラック。実質わずか5,6手だがなかなかの充実感。
ロケーションと見栄えも大変よろしい。
「関東周辺の岩場」だと10cになっているがとんでもない。
(TR課題だけど載せました)

TR課題 / アンカー:灌木
イカリヤハング 5.11a

顕著なハングをただ乗り越すだけのルート。とはいっても下は荒海。最初はテラスからトラバースしてリードしたらしいが、私はロープで降りてディープウォーターソロした。DWSの走りだが荒波にもまれてえらいことになるのは必至なので落ちることは許されない。

Pro:NP or DWS / 初:保科雅則
入口クラック 5.7 プールエリアに降りると最初に目につくクラック。簡単だけど、階段を下りてくる観光客の目の前なので、それなりの覚悟で登りましょう。

Pro:NP / 終:灌木

かさごね
雷神 5.11a

トップダウンでテラスへ。波がなければ快適。顕著な右上クラックを目指す。途中から左に行くと5.10の風神となるが、その手前が小核心。チョークなんぞついているわけもないから、その上も迷えてなかなかだ。

Pro:NP / 終:岩角 / 初:山野井泰史
ダルマ落とし 5.9

見栄えのいいまっすぐなクラック。見た目よりは簡単。
アンカーは岩角にスリングを巻くしかない。この辺り発表から「関東周辺」にまとめたさい、のきなみグレードダウンされているが発表時の方が適正だ。

Pro:NP / 終:岩角 / 初:千脇淳
神風 5.11b

★★
見晴らしのいい遊歩道から、快適なテラスに下降して取りつく。山野井泰史のルートで「スコーピオン」、「ビッグマウンテンダイレクト」といっしょに発表された。当初は確か11+だったが実際には他の2本に比べ登りやすく、こうなった。
3.4mのルーフをアンダーとジャムで豪快に越える。

Pro:NP / 終:岩角 / 初:山野井泰史

さいつな周辺
忍者 5.10d

★★
「こさいつな」の入り江左側、海沿いにポツンとあるなかなか見栄えのするクラック。この左、海面からそそり立つ大アーチは表面が崩壊した。
初登後すぐに再登('85年)したが、当時はすぐ左に白い岩のワイドクラック(10d)があった。今やそれは幻であったかのように跡形もない。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:富井雅義
パイク 5.10c

★★
「こさいつな」から「こばい」方面に遊歩道を歩いていくと、狭い入り江によく目立つきれいなクラックが見下ろせる。テラスはないので海面ギリギリまで下降してハンギングビレイというかなり面倒くさい手順を踏まないとリードできない。当然フォローしてくれる人も必要。小ルーフの乗り越しはハンドサイズで快適。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:池田功
5.10b

「パイク」の先には快適なテラスがあり(ラッペルで下降)、そこには4本の似たようなクラックが並んでいる。その中でもっとも充実する一本。とはいってもほとんど登られることはないので潮とホコリにまみれている。中間はきれいなフィンガー。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
5.9 中間に大テラスがあって分断されてしまうのが残念。上部のチムニーは見た目よりも広い。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏

こばい
ルート図

王様クラブ 5.10d

★★
「こばい」先端の大テラスにはアラピリーズ系の渋いトラッドが並んでいる。クライマーにとっても釣り人にとっても貴重な場所で、波が穏やかな晴れている日なんぞはとても気持ちいい。そのテラス右端に伸びたきれいなシンクラック。ナッツ連打でなんとも心もとないムーヴが続く。

Pro:NP / 終:岩角 / 初:吉田和正
グリセリン 5.11c R

★★
テラス左端。ハングを左にかすめ、顕著な縦の段差をレイバックで登る。プロテクションはHBの連打。オンサイトリードはお勧めできないのでヘッドポイント狙いで。
この右にもTRの課題が2本ある。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
5.10d

★★
指の入らないシンクラックからスタート。この一帯はのきなみ離陸が悪いのでリード時はビレイヤーとも細心の注意を。
柱状節理の地面は固いよ。

Pro:NP / 終:灌木
砂時計 5.10b

傾斜がなく短い分、プロテクションにもムーヴにも頭を悩ますことだろう。
取りつきは水たまりになっていることが多い。

Pro:NP / 終:灌木
六角 5.10c

前ルートの下部バリエーション。
こういったラインがナチュラルな状態のまま残されている貴重なエリアだ。

Pro:NP / 終:灌木
こばい
チムニー
5.10a

★★
エリアの最弱点をついたライン。
登って分かるルート名。

Pro:NP / 終:灌木
メジナ 5.10d

★★
いやがらせのように滑りやすい下部のステミングコーナーから、すっきりしたフェイスの弱点を突く好ルート。プロテクションも見た目よりはいい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
共同通信 5.11b

★★
「こばい」の北にある小さなケイブ状入り江にある。なかなかに見応えのする前傾ハンドはルーフクラックと言っても良く、ほとんど、いや全く人の触っていないワイルドさも手伝って、一桁上のグレード同等に充実すること間違いなし。城ヶ崎の磯を調べ尽くした吉田和正ならではの一本。浮き石とシオシオに注意。となり?の「サマルカンドブルー」はラインがよくわからん…。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正

びゃくび
エキノコックス 5.11c / d

「びゃくび」には短いクラックが所狭しと並んではいるものの、どれもクラックと言える部分があまりに短く、それほど興味の引かれるラインは多くない。
その中でも、最も手応えを感じる一本がコレ。出だしの数手がせめて倍あったらわざわざ足を運んでもいいのだが…。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
無名
フィンガー
5.10c どれも短く、きれいなのは出だしの数メートルだけなのだが、なかなかに前傾しているのであなどれない。
コレは左側で目を引くクラック。

Pro:NP / 終:灌木
無名
ハンド
5.10b ペラペラの薄いフレークが欠けそう。かといってクラックだけで登るというわけにもいかず。

Pro:NP / 終:灌木
無名
シンハンド
5.10d
どれも似たようなクラックだらけの中、波打ち際にある比較的明瞭なライン。
登り切ると遊歩道に飛び出すので偶然居合わせたハイカーがびっくりすることがある。

Pro:NP / 終:灌木

あか根
イルカ 5.10c

紛らわしいが、「あかねの浜」の南側には「あかね」というエリアがある。南を向いた大テラスに降りると傾斜はないが個性的なクラックが並んでいる。
イルカフレークをアンダートラバース。唇は割れそうなので使わない方がいいだろう。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
オルカ 5.10b

ルーフ状になったチムニーからガバッと出る。抜け口はワイルドなので最後までプロテクションをとりたい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
小アジ 5.10c

あかねテラスの右面。テラスからのアプローチはしにくく、立派な黒松付近から下降する。磯の奥には大ケイブが口を開けている。
ケイブ入口左からスタート。下部はシオシオだが、ラストの左上ハンドはなかなか気持ちいい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
チークボーン 5.11a

★★★
初登者がTRソロで試登中、頭がナッツ状態になって遭難しかけたルート。詳しくはクライミングジャーナル23号に書いてある。
大迫力のルーフに伸びたワイドを15m以上もたどる特異なルート。出だしは晴れている日でも暗いのでヘッデンがほしくなる。下部は濡れていることがほとんど。最大サイズのカムが複数必要。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
大味 5.10a
磯の右面。顕著なクラックから、大雑把な構成の岩の隙間を上がっていく。最後は右から回り込むとチムニーとなって終了。途中からチークボーン上部に合流することもできる。
頭上にある黒松の勇姿に見とれる。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏

あかねの浜
ルート図
左エリア 右エリア
ゴミ
ステーション
5.11c

★★
地味で寒いところにあり、名前もあいまってイマイチ人気がなかったが、最近はよく登られている。
確かに核心のフィンガーは「バターボール」を彷彿とさせる(いいすぎか)。

Pro:NP / 終:残地スリングあり / 初:大岩純一
宇宙
ステーション
5.12a R

★★
ゴミステーションの下部バリエーション。核心手前にスモールカムやナッツが良く効くので、そこに固めてあとは突っ込む。フィンガージャムとフェイスとのミックスでムーヴはゴミステより面白い。
グレードはTR課題時のもので、リードすると12bかも。若干「R」指定。

Pro:NP / 終:上に同じ / 初:飯塚くん
ビギナーズ
コーナー
5.10a R

TR課題の揃ったサンスポットエリアにあるルートのひとつ。
中間は水平クラックにスモールカムがきまると言えばきまる。

Pro:NP / 終:灌木
バランス
オブ
パワー
5.12a
or
5.12b

★★
'11年1月に核心のキーホールドがごっそりと欠け右トラバースのムーヴが難しくなった。
オリジナルは岩の上からハンドジャムを決めてスタート(届かない人は石を積んで)だが真下のクラックから登った方が面白い。これで12bくらい。
上部を左に抜けるバリエーションもあるが脆いので注意。
2011バージョンになってからはボルトレスで登られていない。

Pro:NP+B*1 / 終:灌木 / 初:森正弘
カーム
フライデー
5.10b

★★★
このエリアいちおしルート。
でも、いきなり核心となるのでここのNPは確実に決めよう。フィンガーからオフハンドのジャミングに慣れるのにもいいクラック。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
カムカム
フライデー
5.10d

★★
カームフライデーの取りつき左にある顕著なルーフフレークをトラバースしてカームに合流する。フレークまではプロテクションがとれないので精神的な核心となる。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
ラッキー
ストーン
5.10a

実質は短いが見た目より面白い。下部はフレークが動きそうなうえ、プロテクションも取りにくいので注意。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
ディープ
フォレスト
5.12b
R / X

★★
'10年新作。TR課題をNPでリードした。
ライトレインを登りルーフを右のカンテから直上する。極小カムがルーフ中央のガバ端にとれるが、これが持ちこたえるかは?その下のカムはラッキーストーン側に固め取りした。フック多用のボルダー系。R / X指定。
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
ライトレイン 5.8
ハング下をアンダーでトラバース。グレードのわりには登りにくい。下部のプロテクションは注意。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
小虎 5.10b R

ライトレイン右側の顕著なハング帯を抜けるフェイスライン。2本のTR課題が設定されているが、右の「小ハング越え〜コーナー」が「小虎」で、NPでリード可能。
左の「大虎」は11bくらいでTR。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
ツワブキ 5.10a

★★
実質上部の5mだけだが、きれいなうえムーヴもあるので登っておきたい一本。でも抜けたあとはひどいガレ場となり、たまに岩雪崩を起こすので注意。トップロープにするなら、かなり長い補助ロープを使わないと落石を誘発する。

Pro:NP / 終:灌木
イソギク 5.9
上部は細いクラックのコーナーとなりステミング駆使。
指が太い人はまった使えないのでけっこう登りにくい。
上部は石を落とさないように。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
キャンドル 5.9 下部はフェイスで上部は易しいクラック。これもオリジナルは5.7となっているがそんなに簡単ではない。特に下部はプロテクションも取りにくくホールドも欠けそうなので注意がいる。

テラス右端のブロックは微妙に動くので注意!

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
ホタテクラック 5.10b / c

★★
なぜか昔からトポに出ていないので、勝手にこう呼んでいる。100岩場で初登は自分になっているが間違い。個性的なムーヴが上下にあり捨てたもんではない。
テラスのブロック(写真の左足先)は微妙に動いていたが、2015年春に崩壊した。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
えんがわ 5.11d

★★
ホタテの縁側ワイドから始まり、上部のコーナーハングを抜ける。プロテクションはよく観察すればあちこちに決まるのでR指定はなし。シオシオしてるのはしょうがないとしても全体的に岩はしっかりしている。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
広目天上 5.11b

抜け口は崩壊を起こし浮き石が積み重なっている状態なので注意。ルーフ下には鳩が住み着き汚れていることも多い。
核心のルーフ越えはプロテクションも良くムーヴも面白いだけに残念。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:中山芳郎
広目天 5.9
このエリアでもっともシオシオのルートで、浮き石も多く抜け口も脆かったが、登る人が増えて安定してきたようだ。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
キョロちゃん 5.9+

これはトポには出ていないが以前より登られている。取付は毘沙門天と同じでハングを右に回り込んだあと左のコーナークラックに入る。コブシの小さな人には辛いフィストサイズ。終了点付近は脆く乗り越しに注意。

Pro:NP / 終:灌木
スーパー
キョロちゃん
5.13a R

★★
2012年の大晦日に初登。上ルートのダイレクトバージョン。中間にある前傾壁を左のレッジから直上していく。
鋭い二本指や一本指のアンダーポケットがありその意外性に驚くが、一本指の方はまったく使う必要がなく残念。NPは前傾壁ど真ん中の穴にプリセットで固め取り。ナッツの方が効く。ムーヴがわからないうちは13cに、分かったら12cに感じたので間を取って13a。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
毘沙門天 5.9+

上記ルートの途中から右上。中間にはブロック状の浮いた岩があるので注意。抜け口はハングを右から巻くようにして上がる。写真のようにコモドの左のクラックから登った方が独立性があっていいかも。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
コモド
ドラゴン
5.10d

★★★
若き日のユージの作品。中間のフェイスにボルト2本あるが、オールNPでも十分登れるので取り上げた。下部の浅いコーナーはシオシオのうえプロテクション取りづらい。テラスから上は岩質良いきれいなクラック。抜け口で確実なジャムを要求される玄人好みのルート。

Pro:NP / 終:かなり上の灌木 / 初:平山ユージ
帝釈天 5.10c

中間のワイドは格好良く登ろうと思っても登れない。
上のワイドも味がある。
この一帯はシオがつきやすくいつ登っても体中ほこりまみれ。
発表は10aだったがグレードアップ。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
増長天 5.8

下半分ザラザラ、薄いフレークは割れそうで注意。上のタイトなコーナーはいい。反対向いて登ると楽しい。でも、8だと思って取り付かない方がよろしい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
持国天 5.9

波が荒いと全く取り付けない。取り付けても突然高波にビレイヤーがさらわれる恐れがある。
中間のワイドは初心者にはいい練習になるが、きらいになるかもしれない。震災当日、右にあったアカネの目が崩壊した。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
ホラーマン 5.11d
R / X

★★
2012年3月、持国天右のフェイスをリードしてみた。以前よりTRでは登られていたがリードは初。きれいなフェイスでムーヴもある。
あかねの目が崩壊し安全になった?のでやってみたのだが、とても安全とは言えない内容になった。でもプロテクションの効きは悪くない。下記ルートを登ればTRセット可。
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
砂時計 5.7 あかねの目があった頃は危なすぎて登れなかったが崩壊して復活。
海側にグルッと巻いてワイドを越え、再度左に戻る。
この右にあった望遠鏡というルートは消滅している。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏

しりいだし
きょうりゅう
クラック
5.9

シオシオなワイド。アメリカンフィストサイズなので、普通はワイド登りになるだろう。
発表時のグレードは5.6だった。やはり昔の人はクラックがうまかった。

Pro:NP / 終:灌木
れいちゃん
クラック
5.8

★★
短く簡単そうに見えるが、シンハンド部分はごまかしが効かず、あなどれない。

Pro:NP / 終:奥の灌木
ミーちゃん
チムニー
5.8

★★
後半部のフレアードチムニーが城ヶ崎には珍しいものの、やはりあっという間に終わってしまう。このエリアではもっともいいクラック。

Pro:NP / 終:灌木
はったりクラック 5.7

遊歩道からも見え、その見栄えの良さに磯に降りてみると、あらこんなもんだったのね、というのがネーミングの由来か。とはいってもクラックはまあまあきれいなのでNPの練習などに良い。

Pro:NP / 終:ボルトor灌木
中潮クラック 5.7 よっぽど潮が引いて波が穏やかでないと取り付けない。きれいなクラックではあるが短かすぎるのが残念。取付ではカメノテほか磯だまりの生物観察ができる。

Pro:NP / 終:ボルトor灌木。

おとじろう
おとじろう
ルート図
おとじろう
ハング
5.11a

★★
おとじろう南面の薄暗い入り江にある。なかなか目を引くフィンガークラック。
フィンガーにしては傾斜もきつく、11は普通にあるような気がする(発表は10d)。左右にも高質のTR課題が多い。(絶対にボルトなど打たないように)

Pro:NP / 終:リング付ハンガー / 初:山下勝弘
あみだ 5.10d

クラックをぬってテラスに乗り越すだけなのだが、なんとも登りにくい。
この一帯、いくらでも足があるかと思えば一転皆無になったりする。
抜け口と草付きは不安定なので要注意。

Pro:NP / 終:はるか上の灌木
届け指先 5.10b

下部はノープロのフェイスを登りレッジから細いクラックに合流。リーチのない人はルート名通り歯がゆい思いをする。

Pro:NP / 終:ハンガーあり / 初:小林敏
ビッグマウス 5.10c R

★★
前ルートのすぐ右。縦フレークの並んだフェイスから上部のコーナーを登る。
スモールカムをフレークのあちこちに決めれば、それなりの感覚でプロテクションが並ぶが、ハッキリ言ってどれも頼りない。

Pro:NP / 終:ハンガーあり / 初:杉野保
ハバネロ 5.10a

★★
入り江の海際には個性的なルートが並ぶ。
ここが城山だったら50本を越えるボルトが打ち込まれていただろう。想像しただけで恐ろしい。
ハッキリしたクラックではないがNPで安全に登れる。
この右の「シーター」はTR課題で10b。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
塩辛 5.9
少々シオシオのクラック。誰も登っていないからしょうがない。
写真の左がコレ、右が栗の道。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
栗の道 5.10d

★★
かぶったフェイスからきれいなハンドクラック。出だしのプロテクションはセットしにくい。
下部右の細いクラックはTRバリエーションで11cくらい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
春雷 5.12a

さらに右にある前傾フィンガー。
干潮じゃないと登れないが、そのタイミングを計る価値あり。
TRでしか登っていないが参考までに。

終:灌木 / 初:杉野保
デイビース
クッキー
5.12b R

★★
北側の入り江の側壁に走ったシャープなクラック。最後、クラックはカーブしてなくなり完全なフェイスムーヴになる。下にテラスあり。
TRの課題(大岩氏)だったが、吉田さんがプリプロでリードし、のちに私がRPした。当時(91年)のプロテクションはスリーカム黄と、その下にフレンズ#1。核心を越えたあとはランナウトする。これもまた隠れた名ルートである。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:大岩、吉田、杉野
南の国の
ピリカ
5.10d

おとじろう北東面(かもめ島対岸)の磯にポツンと一本ある。下部は直上するバリエーションもあるがオリジナルは右側の前傾ハンドで、この方が確かに面白い。
このネーミング、なかなか良いね。

Pro:NP /終:灌木 / 初:小林敏

ながね
ながね
ケイブ

ルート図
ハミルトン 5.11c

★★
ノートンの下部バリエーション。
きれいな前傾ハンド〜フィンガーを経てノートンに左から合流し、さらに満足度アップ。
この左上部に打たれたボルトラインは誰のプロジェクトなのか不明。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
ノートン 5.11b

★★★
濡れていることも多いが、このグレードで超3D系が楽しめる、まさに城ヶ崎的な好ルート。知られざる三ツ星代表格。
ルーフ部分のプロテクションはよく観察すればカムを受けつけるポイントがみつかる。
足を開けない人はこのグレードにはならないかも。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林茂
吹雪ジュン 5.12b

★★
'15年12月に初登したビッグジュンの下部バリエーション。
ケイブの奥にある洞窟に顔を突っ込んでプロテクションを固めてからスタート。大小様々なホールドが方向様々に並んでいて、カムやナッツを決めながらもムーヴは完全なフェイス。オフセットエイリアン(黄赤)を使った。
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
ビッグジュン 5.11c

下部シオシオ、上部浸み出し、エリア中もっともワイルド。
現在核心のボルトは腐って外れているが、近くにスモールナッツ、その下の水平クラックにカムの固め取りで問題なし。
取り付きはシュリンプ左の顕著な前傾クラック。ウキやペットボトルがよく挟まっている。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:西村豊一
シュリンプ 5.12c

★★★
城ヶ崎、大岩クラシックのひとつ。
マニアックなイメージが強かったため「第2登がない」など噂も流れる時期もあったが、逆に現在は多くのクライマーを迎えている。
前傾部分のシンハンドと最後のフェイスが核心。プロテクションもいいのでますます人気になりそう。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:大岩純一
エビデンス 5.13b

★★★
ボルトが打たれたオールドプロジェクトを'15年11月に初登した。ボルトは現在ないが、節理が豊富なのでオールNPでもR指定なしで大丈夫。レストポイントを挟んで、苦しくも爽快なボルダームーヴが2連発。それぞれのムーヴ中はカムが足下になるので固め取り絶対推奨。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
アバロニ 5.12d

★★
’14年12月初登。
簡単に越えられそうに見えたハングはきれいにブランク。そんな中、かすかな弱点をつないでムーヴをみつける楽しみが得られる。珍しく花崗岩チックなムーヴで日当たりにも左右されそう。
核心手前はスモールカムを完璧に受け入れるのでムーヴに集中できる。
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保


あぶなね
対岸ハンド 5.7

磯に降りると右側に短いクラックが数本並んでいる。濡れていることも多いが、その中でもすっきりしたハンドクラック。あまりに短いのが残念。

Pro:NP / 終:潅木
対岸フィスト 5.9

こちらは顕著なフィストクラック。上部はそれもスカスカになるのでワイドの心得がないと登りにくい。

Pro:NP / 終:潅木
トロピカル
フィッシュ
5.10b

熱帯魚に見えなくもないヒレヒレの壁面に走ったフィンガークラックから、上部は左上して細いクラックをたどる。見た目ほどプロテクションは悪くない。
この周辺には数々のTR課題やトラバース課題があるので適当に遊べる。

Pro:NP / 終:灌木
くちばし 5.9

有名なボルトルート「悪夢13c」の左に走ったクラック。快適なレイバックから、なんとも不安なセッティングのブロック下に潜り込み、それを抱えて乗り越す。実際はびくともしない。むしろ終了点直下のもろもろ溶岩地帯に注意。

Pro:NP / 終:灌木
電光クラック 5.7 傾斜のないワイドクラックをたどる。
取れそうなチョックストーンに注意。

Pro:NP / 終:灌木
うなじ 5.9
干潮時に取りつけるフィンガークラック。短いがきれい。
この右側、特徴的な岩肌のフェイスにはいくつかのTR課題が設定されている。

Pro:NP / 終:灌木

かんのんがね
かんのん
クラック
5.10a

巨大ポットホールの裏手にある小さな磯には短いが良質なクラックが数本ある。その中でもっとも目につくワイド。短いが一手目からしっかりジャミングするので充実する。

Pro:NP / 終:潅木
パットホール 5.10d

前傾ハンドからフィンガーロックでバルジを乗り越す。岩質がいいのでスモールカムの効きもいい。ボルダーで登るには下地がイマイチ。

Pro:NP / 終:NPアンカー構築
Hクラック 5.8
海際のテラスにはかわいいクラックが2本。これは左側のダブルクラック。15mロープでも下りてこられる。

Pro:NP / 終:灌木
マルトクラック 5.9
奥に大島、手前に大島ヶ根が見えるクラック。
岩質はいいのだが、いかんせん短すぎる。

Pro:NP / 終:灌木

オーシャン
カラス 5.9

実質は短いが、岩も硬くてトラッド入門にいいクラック。
スモールカムが有効。

Pro:NP / 終:残置スリングあり / 初:鈴木広道
ボクサー 5.10a

★★
なかなかきれいなフィストクラック。登ってみるとルート名に納得?このエリアでは最も登られているルート。

Pro:NP / 終:残置スリングあり / 初:篠原富和
ホッテントット 5.10a

快適な原人テラスから始まる、かわいいルーフクラックを越えるルート。その上にもかわいいワイドがあるがほとんどフェイスムーヴ。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:篠原富和
ミストレル 5.9+

辛めのワイドハンド。結局クラックは引きつけが重要ってこと。突発的に波が来るので、ビレイヤーは全身ずぶ濡れってことも。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:鈴木広道
新石器人 5.9 ミストレルから右にトラバースしてコーナーへ。
この辺、抜け口のブッシュ帯は倒木と浮き石が多く不安定なので注意グレード高め。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:鈴木広道
ストレート 5.9 この辺からはトップダウンのルートとなるので気楽に取り付けないが、ここから下記4本は登る価値がある。
快適なボトル岩テラスからスタートする正面の顕著なコーナークラック。
上部抜け口は浮き石が積み木のようになっていてある意味核心。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:三浦謙一
スクリュー
ドライバー
5.11a

★★★
知る人ぞ知るフィスト〜ワイドのルーフクラックという珍しい一本。実際はフェイスを積極的に使う。遠目で見るより立派なルーフクラックだが、トライする人は皆無のようで実にもったいない。
クラック限定で登れば、両足フットカムとリービテーションというワイドボーイズムーヴとなる。
私の初5.11という個人的記念ルート(1984年)。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:篠原富和
はしご酒 5.10c

★★
ハング下の海面すれすれでハンギングビレイ。波が高いと取り付けない。
いきなりのシンハンド核心で、なかなかのバッドサイズ。昔むかし、山野井泰史がフリーソロして、たまげた。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:篠原富和
ホッピー 5.10c

★★
シャープできれいなフィンガークラックだが、左のクラックが近すぎて少々限定くさい。
「はしご酒」下部からリンクすると充実する。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:篠原富和
ウォッカ 5.10c

★★
この辺り短い間隔できれいなクラックが並んでいる。
短くて簡単そうに見えるが、実はこしゃくな核心を持つ。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:篠原富和
バーボン 5.10b

これも一見簡単そうに見えるのだが・・・。
この一帯、手頃な10クラスが並び、磯から取りつけたら人気エリアになっていただろう。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:三浦謙一
オーシャン
トラバース
5.10a
3p

遊び心満点のマルチピッチトラバース。ホッテントットのテラスからスタートし弱点を縫ってトラバース。最後は矢羽根(5.7)から上に抜ける。リードよりフォローの方が緊張するかも。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:山野井夫妻

なみだち
トポ

フックでGO 5.7
完全なフェイスなのでチョック類は使えないがテラス手前にフックが効く。
この右のカンテに直上してくるラインは、TR課題で5.11bかc。

Pro:NP+フック / 終:灌木
ヘッド
オポジション
5.11a

★★
名前の由来はそういうムーヴをすると登れるから。でも意味がわからないと難しい。
ピトンが一本残置されているが使わなくても登れる。
けっこう目を引くルート。

Pro:NP+ピトン / 終:灌木 / 初:篠原富和
シンクロックス 5.9+

きれいなコーナーのシンクラック。スモールカムがよく効くのでトラッド入門に良し。

Pro:NP / 終:灌木
アルタミラ
フェイス
迷いルート
5.10d

最小限のボルトなので仲間入り。ボルトまでのプロテクションは悪く、スモールナッツが有効。これもグレード通りに登るのは難しい。はまりやすいルート。
トポでは10bになっているがそんなことはない。

Pro:NP+ボルト / 終:灌木
ナッツオンリー 5.8
やさしいが、最後はプロテクションのセットに悩むかも。
抜け口の溶岩帯はかなり脆いので注意。

Pro:NP / 終:かなり上の灌木
グッドサミング 5.9

となりのタコの圧倒感のなか、ほとんど忘れ去られているクラック。登りにくいワイドからコーナー。
でも登って損はない。

Pro:NP / 終:かなり上の灌木
タコ 5.12a

★★★
上級クラッカーの登竜門。
トラッドとしては日本初の12。135度の前傾クラックはなかなかの迫力だ。タイトハンドからシンハンド部分が核心となるので、手の薄い人はかなり有利。
大工ヒデアキのフリーソロ、西村ほういっつぁんの150回?以上のレッドポイント記録など、いろいろな逸話が生まれた。
濡れていることも多いが、何度登っても面白い。でも名前が「タコ」か…。
海産物シリーズトラッドとしては、他に「シュリンプ」「スカラップ」「ひおうぎ」などがある。

Pro:NP / 終:残置スリングあり / 初:堀池清次
なみだち
ハング
5.11b

1985年に登ったきりなんで何も覚えてないが、出だしのハングが11bにしては難しく苦い印象が残っている。日記を見たら2ピッチに分けて登っていた。
今は登っている人を見たことがない。何と初登はこの人。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:戸田直樹
欲望 5.11b 出だし数メートルのきれいなオフフィンガー / シンハンドが核心。レッジからスタートするが波の荒い日はビレイヤーは波をかぶることになる。シオのつかないきれいなシンハンドなので貴重。でも濡れてること多し。以上3部作の完登者は少ない。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:檜谷清
猿人
トラバース
5.10a 波をかぶりつつ、バンドを右にトラバースしてそこでビレイ。さらにリード&フォローで登るのが一般的。波の穏やかな日にプチ冒険気分でトライしてみるのもいい。

Pro:NP / 終:灌木

にちょう
レンガ 5.10b

確かにレンガっぽい岩だった。このエリアはすべてトップダウンで取りつく。フレアーしたワイドから抜け出て左にトラバースするまでが核心。その上は快適なコーナー。

Pro:NP / 終:灌木
エアロビサイズ 5.10b テラスから直上するクラック。中間のプロテクションの取れないコーナーはステミングで越える。

Pro:NP / 終:灌木
ビターソルト 5.10c 比較的広いテラスから取りつくが日によっては波をかぶる。白っぽいコーナーが目印。わざわざ降りてまでというルートでもないか。

Pro:NP / 終:灌木
いいちこ 5.10d 「にちょう」の突端のテラスに下降して取りつく。
左側がスラブ状のコーナーからステミングで遠いホールドを取るまでが核心。上部は脆そうなフェイス。

Pro:NP / 終:岩角

日蓮崎
アダム 5.8 イブの左の、これまた短いクラック。アップルートのなかった日蓮崎において貴重な一本?上部は脆いフェイスになるので注意。

Pro:NP / 終:灌木
イブ 5.10d

★★
びっくりするくらい短いが、内容の濃さに登ってまたびっくり。
前傾シンクラックだが人によってはオフフィンガーになるので、そういう人はますます楽しめる。

Pro:NP / 終:リング付ハンガー / 初:戸田直樹
インディアン
ドール
5.10d

★★★
素晴らしい前傾クラック。見た目よりもかぶっているので気軽に取りつくと息苦しくなるが、あっという間に終わってしまうのが残念でならない。
プロテクションはよく効くので思い切りトライできる。

Pro:NP / 終:リング付ハンガー / 初:戸田直樹
スーパー
シリアス
ジャム
5.10c

★★
この3本がみっつ重なっていたら日本を代表するクラックになっていたことだろう。ああ残念。3本続けて登ってその気分に浸るしかない。
フェイスっぽいムーヴで取りついたあと、きれいなシンクラックが現れる。ネーミングそのまんま。

Pro:NP / 終:リング付ハンガー / 初:内藤直也
ゴリラPartV 5.9+ 石囲いの広場右側の潅木からテラスにラッペル。
波が高いと取りつけない。
体感5.10ノーマル。かなりワイルド

Pro:NP / 終:NP
かもめの
空中飛行
5.9

見事に割れた見栄えのするクラックだが、この周辺に多い波波ホールドも見事に割れるので注意。

Pro:NP / 終:NP

石切場
洞穴ルート 5.10d


故森正弘氏によるリッパートラバース始めハイボール的な課題も多かった静かな磯が、10数年前、クラックを無視したボルト乱打やルート名ペイントにより無残に荒らされ変わり果てた。そんな中でも洞穴の左から始まる二段ハングは意欲をそそる。下部は太め上部は細めのクラックをたどる。

Pro:NP / 終:灌木
秘密の花園 5.11a

右側の小ルーフ帯にCHIZURUという10台のクラックがあるが、こちらの方がきれいなラインなので自然に目に入る。登りだしてしまえばクラック左右のボルトは目に入らない。

Pro:NP / 終:灌木

びしゃご
びしゃご
クラック
サウス
5.10b
かなりマニアックな3本が並ぶこのエリア。トポもいい加減だし、ほとんどというよりまったく登られていない。
アプローチもわかりにくく上から覗いてよく探そう。かなり前傾しているのでカムを入れながらラッペルダウン。快適なテラスに5人はビバーク可。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:西村豊一
びしゃご
クラック
センター
5.11c

★★
核心は意外なところ?それとも見た目通り?なかなか考えさせられるホーイチさん秀逸ルート。
わざわざ降りた甲斐があるってもんです。
発表は11aになっているが実際はこんなところでしょう。

Pro:NP / 終:灌木or岩角 / 初:西村豊一
びしゃご
クラック
ノース
5.10c

★★
特徴的なワイドを持つこれまた個性的なライン。どっち向きで入るかはよく考えて。でかいカムがあると安心。

Pro:NP / 終:岩穴or岩角 / 初:西村豊一

門脇南の磯
学生気分で 5.10a


上部で次のルートと分かれたあとにボルトが2本出てくるがNPで問題ない。
この左側エリアはボルトがグチャグチャで訳分からんが、そんな中でもホッとするライン。
Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
チャーム
ポイント
5.10c

★★
前のルートの直上ライン。
コーナーに入ったきれいなフィンガークラックになるのだが、あっという間に終わってしまうのが惜しい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏
おまつりさわぎ 5.10d

なかなかプロテクションに考えさせられる。上部は左のハンガーに手を伸ばさずにランナウトで抜けよう。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
Xの悲劇 5.10d

★★
顕著なクラックに沿って左にトラバース。
ムーヴが先かプロテクションが先か。
この上は原始の状態のまま。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
July・ザ・ダディ 5.11b

ケイブに入った短いルーフクラックから這い出てきたら実質終了。わずか数手のジャムだがムーヴが面白い。どういう体勢で抜ければいいのか本能の赴くままに。
ルーフ最奥からシットダウンスタートすると12aくらいになる。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
海が見える 5.10a

★★
目立たない所にあるが、なかなかきれいで登りごたえもある。
波の穏やかな時でないと取り付けない。発表時は5.8、トポには510aとあるが実際には10bくらいつけてもいい。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:小林敏


門脇崎
グッドハート 5.10a

★★
灯台下エリアの左端。核心は上部のきれいなシンクラック。
取りつきのテラスはとても居心地がよく大の字になって昼寝でもしたくなるが、ここは「…の名所」でもあり、勘違いした観光客が通報するおそれがあるので注意。

Pro:NP / 終:岩角
ストマック 5.9

★★
唯一無二のルートとはこういうのを言うのだろう。見事なネーミングである。
その下っ腹は、城ヶ崎でもっともツルツルの前傾壁。人類がどんなに進化しても、これを登れるようになる日は来ないと思われる。

Pro:NP / 終:岩角
ナボナ 5.8
テラス右端のコーナー。右も左も登れる。
この上には、ブダイ狙いの釣り人が竿をふるっていることがあるので釣られないように。

Pro:NP / 終:岩角
ホシナ
クラック
5.11d

★★★
昔は土日だけだったが、今は平日でも観光客の絶えない門脇崎。そんなところで下降の準備などしてようものなら質問攻めになること間違いなし。「岩登りの練習です」と答えて、とっとと降りよう。そんな絶悪な環境の中だが、テラスに降りてしまえばこっちのもの。
そこには見事なフィンガークラックがお出まし。短いけど城ヶ崎にはそんなにないサイズで、中級フィンガー卒業課題といったところ。上に支点を作る場合は観光客にいじられないように注意…。名前とは裏腹に初登は84年塩田氏。昔はいつ行ってもトライ中のクライマーがいたものだが…。

Pro:NP / 終:岩角 / 初:塩田伸弘
スカイラブ 5.10a

テラス正面の顕著なクラック。きれいなハンドクラックから鳥の糞だらけのテラスに這い上がり、上部2本の右側を登る。初登のころは2pに分けて登られていたが、今思うとなんでわざわざ?である。

Pro:NP / 終:岩角
ジェラシー 5.10b
上ルートの左バリエーション。
この辺のルートはリード&フォローで登るので上でビレイすることになる。壁からいきなり顔を出すと観光客がびっくりする。

Pro:NP / 終:岩角
ぼら納屋クラック 5.8 上部はふたつに分かれているがチムニーがオリジナル。
波の高い日はビレイヤーの方が緊張するかも。

Pro:NP / 終:岩角
シャンプー 5.10c リードするにはトップダウンで波打ち際ギリギリでハンギングビレイするのだが、わざわざそこまでして登るほどではないかな。
テラスから面白いトラバースで入ることもできる。

Pro:NP / 終:岩角
イクスプロージョン 5.10b 燕島を正面に見て真下に小さなテラスがある。そこからスタートするのがコレと以下2本。
連続するフィンガークラックをジャムとレイバックで登る。

Pro:NP / 終:岩角
天の声 5.9 ハンドジャムから中間のハング越え。
ここも観光客多く、下から顔を出すと驚かれるが、わざとやらないように。

Pro:NP / 終:岩角
ソング・オブ
ウェーブ
5.9 取付はテラスからトラバースして右のクラックへ。上部はフェイスを直上。
Pro:NP / 終:岩角
ゴリラクラック 5.10a

かどかけの入り江エリアの波打ち際。これまた登ってるとよく目立つ。
ハング下をフィストでトラバース。ハングを抜けたあと右上にある巨大なブロックは完全に浮いているので大注意。波が高いと取りつけない。ワイルド。

Pro:NP / 終:岩角
キングコング 5.11a

やはり振り返ると対岸に観光客が山鳴りになっている。でも話しかけられないだけまだいい。
11aとしては、かなりクラシックな一本なので現在のギアを使うと、グレードのわりに登りやすい。

Pro:NP / 終:岩角 / 初:池田功
キングコング
バンディ
5.12a

★★
キングコングのダイレクトフィニッシュ。顕著な逆V字クラックに入り右上の肩に抜ける。オリジナル部分は短いがムーヴは爽快、岩は安定、プロテクションも確実と言うことなし。'13年12月初登。この辺のトポ
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:岩角 / 初:杉野保
グリコ 5.8 観光客に向かって登っていくルート。この辺り昔に比べると崩壊が激しい(ような気がする)。

Pro:NP / 終:岩角
トリトン 5.10a

遠めにもきれいなクラックで登りたくなるが取りつくのが面倒。テラスはないので上から水面ぎりぎりまでラッペルし登りなおす。

Pro:NP / 終:岩角
スカラップ 5.12d
/ 13a

★★★
前に雑誌に書いたことがあるが、たぶん13aでいいと思う。
ってことはこのルートが実質日本初の13となるので、とても歴史的な一本ということになる。核心に打たれたリングは未だ健在なのが不思議。いろんな意味で池田功偉大なり。
あれからけっこう再登者が出たようだ。
ルーフの形状がネーミングそのまんま。

Pro:NP+Bolt / 終:灌木にスリング / 初:池田功
スクラップ 5.11b

★★
内容が相当いいだけにルート名が残念。周りに打たれたわけのわからないボルトはもっと残念。
乾燥した日が続かないと乾かないことも、さらに残念。

Pro:NP / 終:灌木にスリング / 初:大岩純一
秘奥義 5.13b

★★
スカラップと、このルートに一人ずつ取りつくと、両側からこのホタテフレークに乗ることになるので、なんともいやな感じがしたものだ。
派生ではあるけど内容は濃い。ムーヴはかなり面白く、奥が深いよ。
ヒオウギ貝はホタテの仲間。山岸さん第2登この辺のトポ
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木にスリング / 初:杉野保
リバイバル 5.12b R

★★
誰かによってクラックの脇にボルトが打たれ、中途半端に回収され、そして放置された不遇なライン。
'13年12月に人工物を極力撤去し、NPでリードし、トラッドルートとして再生した。
顕著な前傾クラックから、上部はアンダーの水平クラックにスモールカムを固め取りし、核心のフェイスムーヴとなる。ランナウトはするがカムの効きはいい。
この辺のトポ。詳しくはこちら

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保
リサイクル 5.11b 大昔のTR課題のひとつ。
この一帯あちこちにアンカーだけが埋まっていて訳がわからないが、このルートもNPで普通に登れる。
最奥からボルダースタートし、ルーフを抜ける手前からリードに切り替え、テラスに這い上がって実質終了。
あと、5m地面が低かったら見栄えがしただろうに、悔やまれる。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:杉野保

海亀エリア
ダイモス 5.13a

★★★
吉田和正が開拓した、城ヶ崎屈指の大ルーフを持つエリア。以前アプローチに使っていたマンションは現在立入禁止なので注意。
内容的には良く効くジャムと豪快なフェイスムーヴ。もっと多くの人に登ってもらいたいが、ほとんどというか、まったくトライされていない模様。
世界初の14?クラック「マーズ」はこのルートから派生する。詳しくはRock&Snowの「Old but Gold」を。
写真の黄がマーズ、緑がダイモス、水色がフォボス。
マーズは登れなかったのでここには載せられず残念。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正
フォボス 5.12d

★★
吉田和正、海亀3部作の二本目。
こちらはルーフのシンハンド。ルーフの後半、体がすっぽりおさまる大穴に入ったり出たりするところが悪かった。大穴でレストしつつ、いろんな意味で「思えば遠くに来たもんだ」と思った。
Pro:NP / 終:灌木 / 初:吉田和正

漁り火
サンデー
クラック
5.10a

見た目かなりしょぼく、ほとんど忘れ去られているものの実は・・という典型ルート。これを10aで登るのはかなり難しい。

Pro:NP / 終:灌木
北ウィング 5.10d R

短いがうえに確かに上半分はRかも。下はナッツが効かせて完全フェイスムーヴ。この周辺の抜け口は、どこも岩と土と草付きのミックスになるので注意。

Pro:NP / 終:灌木
イサリビ
クラック
レフト
5.10d

★★
中間のクラックに挟まったフレークはとてもフレキシブルでしびれる。
プロテクションは意外にこまめにセットできるが、抜け口の草付きミックス部分は岩も脆く緊張する。

Pro:NP / 終:灌木
イサリビ
クラック
ライト
5.10c

★★★
これはいい。下からホールドの位置を教えてもらっちゃったりすると一気に興ざめするので、講習会中でも上級者にはグッと口を閉ざす。
ジャムもフェイスムーヴも適度でプロテクションも良く、トラッド初10cにお薦め。

Pro:NP / 終:灌木
無名
シンクラック
5.11a R

ライトの右にあるシンクラック。よほど煮詰まった人しかやらないがけっこう面白かったりする。下部はナッツを効かせにくく、滅多にリードされない。

Pro:NP / 終:灌木
ジャムウェイヴ 5.9

★★
何でこんな名前がついちゃったのかわからないほどジャムはしないが、変化のあるいいルート。

Pro:NP / 終:灌木
フットアップ
ルーフ
5.10a

名前の通りそれが核心ムーヴ。ちびっ子の方が有利。
抜け口は脆いので、TR張るときはスリングで浮き石を誘発しないように右にずらしたい。
さらに頭上の大松が立ち枯れ状態、強風時は落木にも要注意だ。

Pro:NP / 終:灌木
ホワイト
サタデイ
5.9

★★
城ヶ崎最難5.9の呼び声高いが、ここの核心ハンドジャムで足ブラできるようになればハンドジャムは卒業。

Pro:NP / 終:灌木

カメノテエリア
トポ

バンブー対岸
フィンガークラック
5.10c

★★
カメノテエリア手前のパッとしない磯だが、短いながらもしぶいフェイスとクラックがいくつかある。その中でも秀逸の一本。短いがフィンガーロックの練習になる、といいんだけど。

Pro:NP / 終:灌木
分水嶺 5.11b R

★★
「関東周辺の岩場」ではイソギンチャクボルダーエリアにあることになっているがこれは間違いで、前ルートの対面にある。城ヶ崎特有の皿ホールドが並ぶ前傾フェイス。ムーヴに特徴はないがリードとなるといろいろ考えるのでけっこう充実する。スモールナッツが必要。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:森正弘
ゴジラの頭
その左
5.10b TR課題だがリードもできる。というよりハイボールとして登った方が早い。

Pro:NP / 終:ハンガーあり
ゴジラの頭
その右
5.11c

これもリードするにはノープロで登るしかない。つまりはハイボール。シーサイドのフェイスのような水平カチの数手。

Pro:なし / 終:ハンガーあり
暑中見舞 5.8
カメノテテラスに入る手前にある。満潮時は登れない。けど、登れないと困ると言うほどのものでもない。シオシオ。

Pro:NP / 終:灌木
イソカイメン
/ ニコちゃんジャム
5.6
/
5.9
柱状節理大テラスの左端。
出だしが違うだけなので2本まとめた。
このエリアのグレーディングは私の体感。

Pro:NP / 終:灌木
せみしぐれ 5.9

このエリアではもっとも目を引くクラック。
岩も固くプロテクションもいい。
テラスも快適だし、すいているし、メジナも釣れる(らしい)。
トラッドじゃないが、この左のフェイスもなかなか。

Pro:NP / 終:灌木
晦日 5.8 下部はダブルクラック。「ステミングの練習に適している」というありきたりの解説がぴったり。

Pro:NP / 終:灌木
ノーズハング 5.10d

特徴的な三角形のルーフを越える。プロテクションはハングの下にしかとれないので自信のある人以外は普通TR。オリジナルは10bだが返しにくいマントルにグレードをつけるとしたらこんなところだろう。

Pro:NP / 終:灌木
ドラゴンフライ 5.10a

某トポに「ゴンフライ」とあるのは誤植。
ちょっとワイドっぽく当エリアではもっとも登りごたえのあるクラック。
どのルートも抜け口の草付グレード低く、終了点は太い灌木が利用できるので安心。

Pro:NP / 終:灌木

バンブー北の磯
トポ
注意事項:アプローチについて
民家の庭を通過するアプローチは、絶対不可!
上記「カメノテエリア」のいずれかのルートを登り、壁の上部を歩いて右へ回り込めば下降点へと到達することができる。

MU 5.9
左端。見た目よりは登りやすい。
一時期かなり上部が荒れていたが、再登者が増えるにつれ安定してきた。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:チームイカロス
MO 5.10a 岩も固く、それなりにジャミングしやすいクラックが続いているのだが、
核心は抜け口の岩が土に変わるところ。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:チームイカロス
MOJO 5.10d


「MO」のバリエーション。顕著な灌木に向かって登るのでルートとしての完成度がある。
斜めったチムニー状の奥にざらざらのフィストを決めてモジョモジョと入り込む。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:チームイカロス
バイオミン
クラック
5.10d

見た目とはうらはらに何気に前傾していて、手ごたえのあるオフフィンガー。
抜け口は岩も草付きも不安定なので慌てず慎重に。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:西田康二
スパニッシュ
ダンサー
5.11c

★★
84年に登られたクラシック。
出だしのルーフが核心だが、そのあとのフェイスもプロテクションが取りにくく緊張する。最近はずいぶん登られているようで草もなくきれいになった。

Pro:NP / 終:灌木 / 初:竹本俊博
イッカク
ダンサー
5.12c/d

★★
ルーフボルダー奥からシットスタートするクラック「イッカク(初段?) 吉田和正初登」から、「スパニッシュ」につなげたライン。ロープをつけギアをぶら下げて、狭い洞窟の奥におずおずと入り込んでスタートする。これが地上10mにあったら凄い迫力だっただろう。
初段プラス11cで、デシマルにするとこんなところか?
詳しくはこちら

Pro:NP / 終:上に同じ / 初:杉野保 ?
熱川ダンサー 5.12b/c

★★
きれいな左上ルーフクラック。
スパニッシュに合流するまでの5,6mがオリジナルだが中味濃厚。
ボルダーとしてやるにはちと高いが、ロープを使うにもちと低くビレイ注意。ハンド、フィスト、フィンガーロックともテクニカルでムーヴも考えさせられる。
写真の黄色ラインがそれ。取りつこうとしているのはスパニッシュ…。

Pro:NP / 終:上に同じ / 初:吉田和正

フナムシ
5.8

明るい南面には短いながらもきれいなクラックが2本並んでいる。初心者がジャミングやNPを体験するのにいい。
終了点も作りやすい。

Pro:NP / 終:灌木
鬼ごろし 5.8

いかんせん短いがフィンガーからハンドのきれいなクラック。

Pro:NP / 終:灌木
パープル
シャドウ
5.8

★★★
おそらく5.8クラスではもっとも登り込まれているクラック。ステミングする両側の壁はソール痕で黒く変色しているほど。
山岳会系の人たちがよく練習で使っているようだ。上がりきればテラスだし、あつらえたように灌木がある。

Pro:NP / 終:灌木
無名フレーク 5.10a 上ルートのすぐ右にあるフェイスからフレークを右に回り込む。ムーヴはそれなりに面白く、プロテクションもスモールナッツを使うので短いわりには登りごたえがある。

Pro:NP / 終:灌木
ネッシー 5.8 なかなかにチムニーでフィストなワイドクラック入門編。どっちを向くか?

Pro:NP / 終:灌木
フラッシュ
ダンス
5.10a

★★
シンハンドから途中のワイド部分をどうこなすか。
オリジナルは左に抜けるが、直上して顕著な前傾壁をそのまま越すと5.11aくらいのトラッドフェイス。テラスには終了点用のハンガーがふたつある。

Pro:NP / 終:灌木
メルトダウン 5.9

短いがなかなか濃い。上部はフェイスとなるがナッツが使えるので、トラッド風味が味わえる。

Pro:NP / 終:灌木
無名ルーフ
クラック
5.10b

リードするには短すぎるので通常はTR。ルーフ右上に大穴があるが、これを限定するかどうかはお好みで。そんなにグレードに大差はない。

Pro:NP / 終:灌木

→このページのトップ
→Back