cliff

Top Page
About Us


魅惑のトラッド
・Yosemite 編
Arch Rock
Cookie
Pat and Jack
Cascade Falls
This and That
New Diversions
Knob Hill
The Owl Area
Five and Dime
Reed's
El Cap Base
Schultz's Ridge
Manure Pile
Camp4 Wall
Five Open Book
Sunny Side
Church Bowl
The Royal Arches
Washington Column
Glacier Point
Chapel Wall
Sentinel Creek
Cathedral Spire
Middle Cathedral
Lower Cathedral
Wawona Tunnel
The Rostrum
Elephant Rock
・城ヶ崎 編
・湯川 編
・小川山 編

sponsor
Mammut
CLIFF
Copyright 2002
Tamotsu Sugino
All right reserved.
since 2002/1/23
魅惑のトラッド Yosemite 編

・不定期に増殖予定(なかなか進まない)。
・自分が完登したトラッドルートだけを載せています。
★=ルートの質、面白さを示し、★★★★が最高。
2015/10/16更新

Arch Rock
Entrance
Exam
(2p)
5.9

★★★★
2pのチムニー60m。チムニー天国となるか地獄になるかはあなた次第。
これがヨセミテワイドの入学試験ということか?
ここまで長く見栄えのするチムニーもそうそうない。どっちを向いて登るかに悩むところもまた楽しい。

English
Breakfast
(2p)
5.10c

★★★★
ランペ状のフィンガークラックがオフウィズスを経由してチムニーまで広がる様はこれまた見事に美しい。
2p目は傾斜の強いフィンガーとなり、最後は太めの指にはちと辛い狭いコーナーに入ったフィンガーをたどる。
60mなら2pリンクも可能だが、ロープの重さは覚悟した方がいい。

Midterm 5.10b

★★★★
クッキーに次いで良質のクラックが多いアーチロック、ここで登るべき一本はコレ。
フィンガーから始まったクラックはすべてのサイズを経由し最後はチムニーまで広がる出来過ぎルート。
全長40m、終わり間近と思いきやツルツルチムニーとだめ押しポイズンに最後まで飽きさせないところは見事。初登は私の生まれた年。

Sidetrack 5.11a

Midtermの2ピッチ目にある地味なルート。
フィンガーのレイバックからルーフ下をトラバース。ここで実質終わりかと思うと、やっぱり出てくるワイドセクション。スクイズチムニーを4mもがくオマケつき。

Gripper
(2p)
5.10b

★★★★
こんなに素晴らしいクラックがあったのに、登ったのはごく最近。なんだか損していた気分。
チムニーからチムニー内のハンド、それがワイドになってまたチムニー。最後はフレアーとなり、ほとんどヨセミテの不動沢。2p目は一転して高度感のあるトラバースから見事なハンド/フィストとなる。

Leanie
Meanie
5.11b

★★★
リニミニ。名前の通り傾いたコーナーで、途中のハンドはけっこうかぶっている。アーチロックには、もれなくワイドがついてくる。例外にもれずやっぱり最後はオフウィズス。

New
Dimensions(4p)
5.11a

★★★★
アーチロックを象徴するマルチルート。簡単に言うとクレイジージャムが4ピッチずっと続く感じで、ワイド好きはやらねばなるまい。

1p (5.10b) フレアー度合いが、ほとんどクレイジージャム。トポの[awkward]をかみしめる。

2p (5.10a) シンクラックのコーナーからチムニー。チムニー自体は5.8になっているが例によって登りにくい。

3p (5.10a) またしてもクレイジージャム。かなりタイトなコーナーで体はすっぽり入ってしまう。

4p (5.11a) 核心ピッチだが最も登りやすく感じるかも。フレアーしているがサイズが細いから。
やっぱり左半身を入れて登ることになる。いい加減うんざりしてきたころ最後の核心が・・。

Anticipation
(2p)
5.11b

★★
趣の変わった渋目のルート。1p目(5.9)は少々汚く適当に上がってすぐにビレイ。
閉じたコーナーのピンスカーを使うフェイスムーヴでヨセミテらしからぬと思いきや、意外にこの手は多いのでやっておくと役に立つ。
かなり辛目。上も下もポイズンだらけで体感グレードはさらに上がろう。


Arch Rock 周辺
Short Circuit 5.11d

★★
川沿いの巨大ボルダーに走った見事な前傾クラック。
10メートルにも満たない短いクラックだが、タイトハンドからオフフィンガーのサイズなのでとにかくジャムを決めにくい。手の薄い人は10に感じるかも。
昔のトポには「普通はトップロープで、たまにソロされる。リードされるのはまれ」と訳の分からないことが書いてあるが、現在のギアを使えば普通にリードできる。

Roadside
Attraction
5.12a

★★
これは普通トップロープの課題で、私もリードしてないが、というかリードするにはフリーソロしかないようなのだが、面白い課題なので取り上げてみた。
名前の通り、道路のすぐ脇にある露岩にルートがある。下部のステミングが印象深い。
核心はトップロープを張りにいくときの、群生ポイズンに顔を突っ込みながらの草付きマントリング。


Cookie
Hardd 5.11b

★★
クッキーでは渋目の部類に入るクラック。いきなりワイドから始まるので敬遠する人が多いが実の核心は段々細くなっていった最後のフィンガー。ワイドをそのまま登っていくとハマルので注意。70mロープなら降りてこられる。

Crack A-Go-Go 5.11c

★★★
ロン・フォーセット若かりし頃の置きみやげ。
出だしの一手目からハード。プロテクションは見た目より良くスモールカムも効く。中間に動く巨大フレークがあったがいつの間にかなくなっていてその点も安心。
なぜか終了点に日本のクラブ名が刻印されたハンガーがあった(今はない)。
ネーミングでやる気が出るか否かは、あなた次第。

Outer Limits 5.10c

★★★★
これを登らないことには始まらない登竜門其の一。車がとまっていたら大抵ここにクライマーがいる。
トポには11aとあるが、それは2ピッチ目のことを指している。最初の30mは10c。
2ピッチ目もこれまた素晴らしいクラックへと続くわけだが、最後は横向き外傾クラックの右トラバースとなって意外なエンディング。珍しくマイルドなグレーディングもここによるもの。
2ピッチリンクすると50m。

Elevator
Shaft
5.8

見事なネーミング。まさにそんな感じの大迫力チムニー。
30メートル以上も続くチムニーに挟まっていると孤独感にさいなまれる。
最後は巨大なチョックストーンの上に立ち上がって終了する。

Twilight
Zone
5.10d

★★★
Yosemiteでもっとも有名なワイド。
初登はなんと1965年。もちろんワイドギアなどある訳もない。初登したチャック・プラットは初見で、しかもたった3つのプロテクションで登り切ったという。凄すぎ!
同スタイルは無理なので、でかカム使う代わりにせめてもと、ニーパッド、テーピングなし、クルブシ出しのスリッパで登って敬意を込めた。
残置終了点はないのでそのつもりで(Cookie Cutterのを使うこともできる)。

America's
Cup
5.12b
R

★★
取りつきからフェイスとのミックス。クラックの閉じた左上部分は残置ピトンがひとつ。この前後にNPも固めて、初見だと分かりにくいムーヴをこなす。トライされることは滅多になくチョーク痕もないのでムーヴ解明力が試される。
後半は徐々に登りやすいサイズへと広がっていきワイドを抜けて終了点。しかし貧弱で使えないのは今後もそのままだろうから、Meat Grinder2p目のアンカーまで上がった方がいい。全長55m。出だしのフェイスにボルトが一本ある。

Red Zinger 5.11d

★★★★
やっぱりクッキーといえばこれでしょう、其の二(一番はOuter Limits)。
コーナーからオレンジ色の垂壁へと移り、シャープなフィンガークラックをたどる。指の太さによって核心は変わるが不公平がないよう、うまくできている。
終了点から右に入りMeat Grinder2p目に合流、リンクすると、55mの「Red Grinder」となってクラックの全てを堪能でき充実感満点。

Meat
Grinder

1p目

5.9

★★
Cookieのトラッド入門ルート。
ハンドからワイドになるが、ワイド内にもホールドがけっこうあるので登りやすい。
ちなみにトラッドではないが、この終了点から始まる「Meat Grinder Arete(5.13b)」は、30mもの美しいアレートを、ネチネチしたカンテムーヴと豪快なランジで登る☆☆☆だ!

2p目

5.10c

★★★
1p目からリンクできる。ロープは60mでほぼいっぱいになる。
恐ろしいこのルート名の由来は、このピッチにあるらしいが、見た目ほどのワイドムーヴにはならないので、そんなに心配しなくても大丈夫。

Beverly's
Tower
5.10a

★★★
ナビスコウォールへのアプローチピッチとして登られることが多いが、かなり内容の濃い一本。
下部はプロテクションが取りにくいので慎重に行きたい。最後は傾斜の強いチムニー状になるので、股下すっぱりの空間を楽しむことができる。

Aftershock 5.11b

★★
アンダーとレイバックでフレークを左上するラインだが、1985年に一度登ったきりなので何も覚えてない。
回収するときにプロテクションが外れてたことだけ覚えてる。

Waverly
Wafer
5.11a

★★★
ここから続く3ピッチを「ナビスコウォール」というが、クッキーを語るにはこれを登っておかねばなるまい。
お菓子の名前ばっかりだけど、やっぱりそんなに甘くない。でも昔10cだったのにいつのまにやらグレードアップ。
コーナーのハンドからワイド、さらにオフフィンガーへと続く登りごたえのある一本。60mロープで、2p目のButterbollsにリンクできる。

Butterballs 5.11c

★★★★
ナビスコウォールを象徴する前傾フィンガー。Waverly Waferの終了点から始まる。
ちょっと広めのフィンガーなので華奢な指にはきついかも。こんなクラックが普通にあるところがクッキーのすごいところ。
80年代前半にジョン・バーカーがフリーソロし、世界中に衝撃をもたらした。

Butterfingers 5.11a

★★★
そしてさらなる3ピッチ目がコレ。今度は一転して細い右上フィンガー。私はこっちの方が下より悪く感じる。
ラストは右から来るLadyfingersと合流してシンハンドになる。
この3ピッチを登るだけでもヨセミテに来る意味がある。

Wheat Thin 5.10c

★★★
まだまだナビスコウォールの目玉は続く。これは[Butterballs]のすぐ右にあるフレーク。ぺらぺらの薄いフレークをレイバックで登るのだが、こっちの方が有名かも。
プロテクションは珍しくボルト。さすがにこのフレークはエクスパンドするからか?

Ladyfingers 5.11a

★★
さらにこれがオプションに付く。Wheat Thinからそのままコレにつなげることも無理なく可能。名前の通り太い指は辛くも面白いムーヴとなる。
左から来るButterfingersに合流すればあとは快適。

Anathema 5.10b

ブッシュに隠れ目立たないところにある日本的な香りのするクラック。扇状の岩からスタート。上部のフレークは左右どちらからでも行ける。Catchyが順番待ちのときはこちらへ。

Catchy 5.10d

★★★
クッキーに上がると最初に目に入るクラックがコレ。
Outer Limitsの次に人気が高い。グレードの割にはけっこうスタスタ登っていけるが、やっぱりそれなりのワンムーヴが待っている。グレードの割には登りやすいと思われる。

Catchy
Corner
5.11a

★★★★
Catchy の上にある長いコーナー。これを登るには上の2本どちらかを登らなければならない。三つ星ばっかりだけど、来てみれば分かる。
これも大昔にジョン・バーカーがソロした。

The Enema 1p目

5.9

★★
1P目はアプローチピッチ。ワイドっぽいダブルクラックからスクイーズへと続くチムニーワールド

2p目

5.11b

★★★★
ハンドクラックなのにこのグレード。つまりはそういう傾斜。
露出感の高い側壁に飛び出たチキンヘッドとハンドジャムのミックス。クッキー意外性ナンバーワンのクラック。これはぜひ登っておきたい。
遠目の写真にルート名も納得!(調べてみよう)


Pat and Jack Pinnacle
Sherrie's
Crack
5.10c

★★★
エリアの端の方にあって目立たないが内容はなかなか。核心は出だしのフィンガーで、傾斜はないけど、足もない。
このグレードが登れる人でも手こずる人が多い。

Nurdle 5.8

見た目はワイドなので引いてしまいがちだが、取り付いてみればプロテクションもとりやすく、グレード通りなので安心。

Knob Job 5.10b

★★★★
このエリアの看板ルート。見事なダブルクラックから上部でさらに右のクラックへと移るゼイタクなルート。このエリアの特徴であるチキンヘッドも惜しみなくホールドを提供してくれて、ますますゼイタク。

Desperate
Straights
5.10a

段々狭くなるチムニーから始まる。日陰なので暑い日にはいいが、みんなに勧めるとあとでひんしゅくを買うかもしれない。まあ、それだけグレードのわりに登りにくいということ。上部の右フレークをまわると10cになる。

Cat's Squirrel 5.12a

★★
短いフェイス状クラック。いつ見てもチョークがついてないが、やってみれば面白い。ライン自体もなかなかきれいな隠れた好ルート。
リーチーなムーヴと、ルート名の発音が核心。
さらに上までつなげると12bになるらしい。

The Tube 5.11a

★★★
このエリアの看板その2。コーナークラックが段々細くなり、しかも段々閉じてくる。そこで「Tubing」というテクニックを使うわけだが、なんのことはない、両手のステミングのこと。でも11aにしては手強く、プロテクションもそんなによろしくないので自信のある人向け。

Babble On 5.10a

★★
きれいなワイドが一直線。さらにルーフ下のトラバースへ続くなかなか印象的な一本。このあたり巨大チキンヘッドの宝庫なので、(トラッドではないが)周辺のボルトルートはなかなか楽しい。

Rocky Horror
Show
5.12a

★★
45メートルもあって最後の数メートルが核心、ずっとステミングで足が張ってきたころ、ちょっと脆くて、チョーク皆無のデリケートなムーヴをこなす素敵なルート。このルート難しかった・・。ボルトとNPのミックス。

Suds 5.9

そこそこナチュラルなラインだが、なんと初登は2001年。ということは、たぶん掃除して掘り起こしたんでしょう。どこにでもそういう人はいるんですね。ボルトとのミックス。トラッドかどうかは微妙なところだが、いちおう入門ルートということで。


Cascade Falls
Fish Crack 5.12b

★★★
カスケードクリークのすぐわき。これと次のルートを登るだけでもヨセミテに来る意味がある。
フレアーしたオフフィンガーとフェイス。短いけどその分ムーヴが悪い。ヨセミテの12の中ではけっこう登りやすいのでは。
ちなみに写真はハタチの私。(これが記念すべき初トゥエルブ)

Free Press 5.10a

★★
両隣の12のアップになんて軽い気持ちで取り付くと、これが本番になったりする。
ワイドに慣れない人は上より難しく感じたりして。

Crimson
Cringe
5.12a

★★★★
12の中では最も有名な一本。
簡単なフェイスを少し登ったところでハンギングビレイする。核心のフィンガーを越えると延々続くシンハンド、上部は徐々に広がり、レイバックもまじえつつ、最後はチキンヘッドのフェイスと盛りだくさんで全長50m。
このあたり登っておくと、ヨセミテを語れるようになる。

The Phoenix 5.13a

★★★★
ヨセミテ3大サーティーンの一本。
カスケードクリークの上側、とてもわかりにくい所にある。2ピッチのラッペルで取り付きに降りるのだが、そこまでたどり着くのがまず核心。
レイ・ジャーディンがカム(フレンズ)を発明するきっかけになったクラックがコレ。確かに中間にある下向きの水平クラックはナッツではどうしようもない。
ジャミングはもちろん、ムーヴも濃いのでかなり面白い。 一時期忘れ去られていたが最近はけっこうトライされているようだ。
しかし、70年代後半に初登されたというから驚き。

Separate
Reality
5.12a

★★★★
正確には「Above The Cookie」というエリアにある。
おそらく世界で最も有名なルーフクラック。
この辺、4ツ星ばかりだが本当にそう!
これも上からラッペルして取りつく。下は大テラスといえどもその下は300メートルくらいの空間で、ここをフリーソロするギュリッヒの写真は衝撃的だった。
私がヨセミテに行くきっかけとなったルート。

Tales of
Power
5.12b

★★★★
Separate Realityの下にある前傾シンハンド。これもスーパークラシック。
手の薄い人は簡単に感じるのかもしれないが、私にとってはジャストシンハンドでグレード通りに楽しめた。出だしのフレアードチムニーも、最後のワイドも悩ましい。緑キャメ多用。ぜひSeparate Realityとセットで登りたい。


This and That Cliff
Cramming 5.10d

★★★
核心はアプローチ。このエリアはほとんど人の入った形跡がなく終わりかけているようだ。そんな中で唯一存在価値を主張する一本。
ハマグリが口を開けたような、そんな形状の中に身体を入れていく。これがネーミングの由来か。
ちなみに、この右のScrumもなんとか生きている。ボルトルートだが花崗岩らしからぬホールドが続き楽しい。


New Diversions Cliff
New
Deviations
5.9

★★★
目立たないがかなり特徴的なエリア。たぶんヨセミテで最もノブの発達したところ。バスケットボールが壁にいくつもはりついているようだ。
フェイス部分はボルトは打たれているが、グラウンドアップだろうから立派にトラッド。ノブにスリングを巻いてプロテクションをとろう。

New
Diversions
5.10a

★★★★
このエリアの目玉。とにかく面白くエキサイティング。40mと長さも充実。
クラックとフェイスのミックスでグレードも辛め。ここに来たらやるべき一本だ。

Burst of
Brilliance
5.11b

★★
心許ないフットホールドでデリケートなムーヴが要求されるスラブフェイスとクラックのミックス。
ボルトメインなのでトラッドとは言えないだろうが参考まで。

Chicken Pie 5.9

★★
右の岩にある。フレアードチムニーから上部ノブノブフェイスに続く長いルート。
終了点もちゃんとある。
Generator
Crack
5.10c

★★★
New Diversions Cliffの駐車スペース、そこにある岩の裏にあるワイドクラック。アプローチ20秒のTR課題で簡単にロープを張れる。
下部はリービテーション、チムニーに入り込んでからも、傾斜もあればムーヴもあって、とにかく辛い。でかカム2個でリードしようとしたが敗退した。あとで突っ込まないで良かったと思った。


Knob Hill
Pot Belly 5.8

★★★
ヨセミテのガマスラブ。
駆け上がれそうだが、出だしの数メートルでヨセミテ花崗岩の先例を受ける人も多い。
クラックは快適。アンカーはないのでNPでアンカーを作ろう。

Unnamed 5.9

下部は左からアンダートラバース。上部は左のシンクラックに入る。傾斜は無いが指も入らない。リードは見た目より緊張する。


The Owl Area
Mirage 5.12a

★★
特徴的なOwl Roofの右側壁にあるフィンガークラック。そのむかし、名前に引かれて登りに行ったなあ。
地味なロケーションとそのたたずまいは小川山のローリングストーンにそっくりだが、こちらは指がしっかりかかる。
核心は下部のフェイスっぽいムーヴ。

Color
Purple
5.11b

このエリアは近くに見えるわりに人が入っていないのかトレイルがなく、なかなかたどりつかなかった。
これもほとんど登られていない様だが面白いフレークなので載せてみた。
この辺は、9.11の影響で帰れなくなったときに登ったので妙に印象深い。


Five and Dime Cliff
Keystone
Corner
5.8

エリアで最も易しいコーナークラック。ここのエリアはアンカーがないので灌木を支点にしてリード&フォロー、または長いスリングでTRにするのが一般的。
左端にあるボルトルートは、この地にあるまじき間隔の短さ。幕岩にでもいる錯覚に陥る。

Copper
Penny
5.10a

★★
太いフレークをガシガシとレイバックで登っていくのもいいが、フレークに身を入れて、もがいていると秘密の弱点が現れる(私は気づかなかったけど)。

Five and
Dime
5.10d

★★★★
看板ルート。
ストレートイン前傾シンハンド。こういう真っ当なクラックは実は珍しかったりする。
5.10クラックの卒業課題。

Whack and
Dangle
5.11b

あんまり登られていないようだが、核心だけは下向きのフィンガーで、やっておくとタメになるのではないでしょうか。


Reed's Pinnacle
Phantom 5.13a

エリアの左端、コリドー状の場所にある一見目立たないクラック。とはいってもほとんど指が入らないサイズなのでプロテクション悪くほとんどリードされていない。私もトップロープで登っただけだが参考までに載せた。「R」指定。
ムーヴ的にはほとんどフェイスで、リードしなければ単純に面白いの一言ですまされる。
ロン・コークが作った13のボルトルートが近くにあるはずだが、ボルト抜かれたり何だりが繰り返されたらしくラインがよくわからない。

Reed's Pinnacle
Direct
5.10a

★★★
悪名高き10aの一本。メインが2ピッチ目にあるので面倒なのだが、これはやっとかないといけないでしょう。
アメリカ人の拳のサイズを痛感させられる。ワイド嫌いにならないでね。
このエリア一番の人気ルートで先客がいるかどうかは道路から確認できる。正確には全3ピッチになる。

Lunatic
Fringe
5.10c

★★★★
素晴らしいの一言につきる。ヨセミテの10台では「Outer Limits」に並び、一二を争うクラック。
10mほどのアプローチピッチ(5.7)があるが、地面から問題なくつなげられる。下から見るとたいして長く見えないのに全長45mであることに登って初めて気づきヨセミテの目の錯覚に驚くのである。
よくわからないけど名前の響きが昔から気に入っている。

Stone
Groove
5.10b

★★★
なんとなく日本にありそうなクラックで親近感がある。もう少し長さがあれば満点なのだが。
途中から左のフェイスに派生するけしからんボルトライン(5.11d)があるが困ったことに面白いので許してあげよう。


El Cap Base
Center
Route
5.11c
R

ダイヒードラルウォール手前、Delectable Pinnacleというエリアにある。ピンスカークラックからボルトを一本経由してシンクラックを左上する草付きB面ライン
指がほんの少ししか入らないスカーをジャリジャリ足でつなげていく。
トポでは「R」指定。それほどランナウトしないが、NPセットがしづらいのは確か。

La
Escuela
1p目

5.11b

★★★
シュイナードが初登したありがたいルート。
Cosmosの1p目に当たる。
フレアーしたクラックをあんな技やこんな技を繰り出しジワジワ進む。しかし嫌がらせのように登りにくい。

2p目

5.11a

★★★
きれいなコーナークラックだが残置ピトンが多く、見た目悪く残念。しかし助かったりもする。
暑い日には日陰の時間が長いので貴重なショートマルチ。

The Slack 5.10d

★★
チムニーワールドへようこそ。
出だしのフィンガーをこなして各種サイズの内面登攀を堪能できる好ルート。
終了点は下のルートと同じ。
ちなみにさらに3p登ることもでき、グレード的には簡単(5.4/5.8/5.7)だが、さらに内面ワールドが続く。

Sacheler
Cracker
5.10a

★★★★
ヨセミテ最強の10a。
ワイドに始まり、フィンガーに戻り、徐々に広がっていって最後はスクイズチムニー。全長45m。数々のドラマがあった。
ここに来たことを試されているようなルート。
レベルを問わずやらねばなるまい。

The Mark
of Art
5.10d

★★★★
サッカラーのワイドに突入する手前で右のクラックに移り、さらに延々と進んでいくルート。地面からつなげて全長60m。
ここまで腹一杯になるショートピッチもなかなか無い。2セットのカムで行ったら全然足りずにどうなることかと思った。

Short but
Thin
5.11b

★★
うってかわって短いが、これまたよくできたルートである。
この辺を登り尽くしてしまった人にオススメ。プロテクションはこまめに。ナッツが有効

La Cosita,
Left
5.9

★★
このエリアで日陰時間の長い貴重なルート。ダブルクラックだが最後は右を登るのが普通。
トポだと5.7になっているが、それは左のワイドを登った場合の話のようだ。
普通に登れば体感5.9。

La Cosita,
Right
5.9

★★★
100万人フットジャム。
まあ、見事につるつるん。
この辺りエルキャップ登ってる連中が落とす物がなぜか集中するので注意。御法度だが、う○こバッグも落ちてくる。

Little John,
Left
5.8

★★
横にはたいてい、ハートレッジからの下降用フィックスが垂れている。人が降りてきたり、フォールバッグがズリズリ上がったりしている横を登る。

Hardly
Pinnacle
5.10d

★★★
上記ルートの2p目に当たり、Jolly Rogerという難しいエイドルートの出だしにも当たる。
すぐ横のフィックスをわしわしと登っていく人が多いので、なんとなく陰が薄いが、なかなか濃い内容を持っている。そのままハートレッジまで登って行ければいいのにと思う。

Moby Dick 5.10a

★★★★
よくぞここまで割れてくれました。
実質核心は下だけど、延々続くフィスト〜ワイドは見事。サイズに寄るけど前腕ジャムが良く効く。
ヘッドウォールが真上に見えるところもいいね。
2p目もきれいな5.9くらいのクラックでぜひやりたい。

Ahab 5.10b

★★
スクイーズチムニー。
TRでしか登っていないが載せてみた。
トポには「人工壁の13クライマー100人中99人が撃退される」とある。確かにそうかも。勘弁してくれといいたくなる。

Salathe
pitch 1&2
5.10c

★★★★
サラテの1p目。いきなり4ッ星!
印象的なダブルフィンガークラック。
50m近く伸ばしてやっとアンカー。
さらに2p目のまっすぐに伸びたフィストクラックにリンクすると充実する。70mロープなら問題なし。
いきなりこんなクラックから始まるんだから、それはサラテ全部登ってみたくなるよ。

Pine Line 5.7

★★
エルキャップを眺めるには最高のテラスからスタートする易しいルート。
ノーズのアプローチピッチとして使う人も多い。こんなルートをNP初リードに取っておくのもいいんじゃないでしょうか。

Nose
pitch 1
5.10d

★★★
上のルートをアプローチとして快適なテラスへと上がっていくと、そこがNoseの取りつきになる。
多くの先人たちがコツコツとピトンを打ち込んでは抜いたことを繰り返したせい(おかげ)で、ピトンスカーを使ったフリーのピッチとなっている。傾斜はないのだが磨かれているので登りにくい。

Nose
pitch 1
variation
5.11a

トポには「not recommend」なんて書いてあって人を遠ざけているが、そんなに悪いものではない。
というより1p目でスタックしているパーティを抜き去るにはかなり使える。
真四角ポケットになってしまったピトンスカーが痛々しいが、それを使うムーヴが面白かったりするので困ったものである。

East
Buttress
5.10b

(13p)

★★★
エルキャピタン右端の支尾根を弱点を縫って頂稜へ抜けるクラシックなロングルート。
ハードなエイドラインがひしめく南東壁を真横に眺めながら登るぜいたくなルートだ。
問題はグレードよりもその中味。10bが数本登れたからって、それは無理ってもの。
アプローチに1時間、下降に2時間以上、ランナウトを強いられる部分も多く、ライン取りは複雑、ワイド系部分も随所にあり、しかもスリッピーな岩質と、想像よりはるかに手強いと思った方が身のため。
かといって、これを登れば「エル・キャピタンを登った」と言えるかというと、そうでもない。



Schultz's Ridge
Superstem 5.11a

★★
アプローチ至近。最初に目を引くコーナーにボルトが3本。しかし、現代のプロテクションを使えば無理なくレトロトラッド可能。
名前の通りのムーヴとなるが、あっという間に終了点がやってくる。

Moratorium 5.11b

(4p)

★★★
Schultz's Ridgeのイーストサイドには、エルキャップの下部岩壁といった方がぴったり来る立派な壁がある。
圧倒的なエル・キャップにおされて影が薄いが、実はもっと注目されてもいい秀逸のコーナークラック。
エルキャップのイーストバットレスのアプローチに使うなんてのも粋だ。

1p目
(5.10d)
ほとんど50m一杯のありがたいコーナークラック。最後の最後で閉じてくる。素晴らしいテラスに出てビレイ。

2p目
(5.10d)
あれ、今度は予想より短かった。でも30mはある。やはり最後にムーヴが集中。

3p目
(5.11b)
あら、今度はいきなり核心で、しかも指の太い人は奮闘必至。その上はチムニー。

4p目
(5.9)
もろいフレーク〜クラックを抜けバンドに飛び出して終了。イーストバットレスの取付はすぐ。

Lycra Virgin 5.11d

当時のトポに、このルートを登るロン・コークの写真が載っていて、なんとなく憧れていたものを、Moratoriumの帰りに発見して登った。しかし、チョークはうっすら、コケも多くて意外に登られていないようだ。
プロテクションが取りにくいストレニ系でジワジワと登るのがよろしい。25mくらい。


Manure Pile Buttress
After
Six
5.7


アプローチ至近。取りつきフラット。熊箱あるしトイレも近い。傾斜のないクラックが並んでいて、ヨセミテ初心者でいつもごった返すエリア。その左端のコーナーからスタートする初心者用マルチルート。
ルート名が示すとおり「5.6の後にどうぞ」ってことだが1p目は磨かれていて油断ならない。

After
Seven
5.8
(6p)

★★
これまた親切なネーミング。見栄えも良く立派なクラックだ。NPリードデビューをこんなルートでやれば生涯自慢できるかもしれない。
Nutcrackerが混んでいたらプランBにどうぞ。
2p目以降は多少ダラダラ感があるが、最終ピッチはバリエーションのハング越え(5.8)から行くと充実する。

Nutcracker 5.8

(5p)

★★★
ヨセミテでもっとも有名でもっとも混雑の激しいマルチルート。DVD「Master of Stone6」に、5分数秒でデュアルソロする映像があるが、渋滞にハマると丸一日かかることも。ライト持ってて良かった、なんてことも。


1p目
(5.8)
これが全体の核心ピッチ。レイバックの数手。
右に5.9のバリエーションがあり混んでると利用されるが、すぐ上で合流するので、うまく抜けないと余計ややこしいことになる。

2p目
(5.4)
走って登れる。

3p目
(5.7)
傾斜がないにもほどがあると思うが、テラスからの一歩がなかなか。

4p目
(5.8)
ビレイはほとんどNPアンカーなので、ビレイ点は自由自在。先行がいたらすぐ下でピッチをきれる。

5p目
(5.8)
傾斜の強い数メートル。ここはプロテクションが下になるので慎重に。


Camp4 Wall
Cristina
1st Pitch
5.10a

★★
本当はこの2ピッチ目が登りたくて取りついたのだが、すっかりルートが終了してしまったようだ。というわけで1ピッチ目のクラックだけとなったわけだが、それでも充分このワイドは楽しめる。
大型カムがなければもっと楽しい。

Henley
Quits
5.10b

★★★
このルートだけのために来る価値あり。
ワイドからスクイーズ、そしてワイドフィスト。大型プロテクションがなければ15mはソロで上がることになるが、先人を尊重してあえてそうしてみたいところだ。


Five Open Book
Commitment 5.9

(3p)

★★★
このエリアにはお手軽ショートマルチが集中している。名前の通りオープンブック(本を立てたような形状のコーナー)が並んでいるが、その中でも一番人気がコレ。下降路の見晴らしも最高!

1p目
(5.8)
コーナーではなく、きれいに割れたクラックを直上しよう。アンカーはなぜか1p目だけ整備されている。

2p目
(5.7)
ここからコーナー。マルチの初リードにいいかも。アンカーもNPだしためになる。

3p目
(5.9)
同じような形状のコーナーを登って、最後はまっすぐ越えるのがいい。抜け口は浮き石ジャリジャリ。後続がいるときは特に注意。


Sunny Side Bench
Lemon 5.9

短くコケっぽい日本的ルート。
アンダーからレイバック。
下の3本が混んでいるときによく登られている。

Bummer 5.10c

★★
きれいなシンクラック。
中間のプロテクションはナッツが良く効く。全体的にフェイスムーヴなので、このグレードにしては登りやすいのでは。

Lazy Bum 5.10d

★★★
このエリアの看板ルート。下部はBummerを登り、右にトラバース、3本並んだきれいなクラックの真ん中を行く。
ジャミングの決まらないフレークのレイバック。プロテクションもとりにくく何度登っても緊張する。
10台の総仕上げにどうぞ。

Jamcrack 5.9

★★★
2ピッチのルートで1p/5.7と2p/5.9。
いつ行ってもガイドがお客さんを登らせているが、確かに初心者にクラックのおもしろさを伝えるには最適。
40メートル以上になるが2ピッチつなげて登ることもできる。


Church Bowl
Church
Bowl lieback
5.8

★★★
アプローチ30秒。このエリアには簡易トイレが設置されている。中は恐ろしいことになっていることが多いので注意。
そんなエリアの人気ルート。
傾斜もないしカムも安定してセットできる。ヨセミテでのリード初体験にいいのでは。

Revival 5.10a

いつも枯葉が詰まっている傾斜の緩いクラックを登っていくと、徐々に傾斜が強くなり、あげくのはてにハングとなって、その上はフェイスで終了する変化のあるルート。
40mもあるのでリード&フォローが普通。他に比べるとかなりマイルドな10aだ。上部はボルトがあるが、まあトラッドに入れていいだろう。

Book of
Revelations
5.11a

★★
11aは2p目についたグレードで、1p目の10dだけを登る人が多い。1p目はいきなり出てくる登りにくいポイントが核心。
上部でトラバースの位置を間違えないように。
快適なテラスから始まる2p目は、ダブルのフィンガークラックを右に移るムーヴが微妙で面白かった(というかすかな記憶)。

Church
Bowl Tree
5.10b

★★★
パーキングから歩いていくと、まず目に入るクラックがコレ。それだけ登り込まれているので、それはそれは見事に一歩目から百万人。この地でもっとも磨かれたクラックかもしれない。
なんとも中途半端なところにアンカーがあるが、オリジナルはここから左にトラバースしてテラスまで登る。
この取りつきでパートナーがPUMAを目撃した。

Bishop's
Terrace
5.8

★★★
通常2pに分けて登られるが、長いロープなら1pで通すこともできる。
下の方はラインが明瞭でなく、なんとなくパッとしないのだが、どんどん登っていくと見事なダブルハンドクラックがお出まし。


The Royal Arches
Space
Invader
5.12a

★★
アワニーホテルの駐車場から徒歩1分。ボルダーエリアの左奥にあるワイドの前傾コーナークラック。
TR課題ということになっているが、現代ワイドカムを使えばリードの方がむしろ安全。せっかくだから両足スタック先行のワイドムーヴで行きたいところが、別ムーヴの方が早かったりする。

Super
Slide
5.9
(5p)


5ピッチの初級マルチ。上部3ピッチがなかなか良いが、それ以外は本チャンっぽい。
古いトポには「Super Slab」となっているが、どちらが正しいネーミングなのか?でもやっぱりスラブではないからスライド?なのだろう。確かに右に左にクラックをスライドする。

Adrenaline 5.11b

超人気のSerenity Crackのすぐ左にある。順番待ちの暇つぶしに取りつくのもいいが、そんなお気楽なものでもない。
滑りをこらえてナッツを入れて、心許ないスラブクラック。確かボルトもあったが、トラッドルートと言っていい。

Serenity
Crack
5.10d
(3p)

★★★
1p (5.10a) クラックというよりピトンスカーのラダー。よくぞここまでピトンを打ちまくったモノだ。タカトリもびっくり。


2p (5.10a) ノブを使って右のクラックに移る。どうやって移れば楽なのか悩むところ。

3p (5.10d) ヨセミテでは珍しく登りやすい10dだと思う。まあ何にしてもきれいなクラックだ。

Son of
Yesterday
5.10a
(5p)

★★★
Serenityの上部に位置する5(6)ピッチのルート。
Serenityから自然につなげられるので、そのまま登れば計8ピッチほどになり充実する。
傾斜のない壁にきれいなクラックが続き、特に最後の2ピッチの割れ方は、アッパレ。ここまで潔く切れ込んだクラックは、ここヨセミテにあってもそうそう目にできない。
でも、とにかく日当たりがいいので、よっぽど涼しい時季でないと干上がってしまう。
Serenity同様混雑は覚悟。


Peruvian
Flake
5.10a

Serenity取り付きの右下にある傾斜の緩いフレーククラック。この辺りは埋もれてしまったルートが多いが、かろうじて生き残っている。
Serenityが混んでたら、これでアップもいい。
終了点はないのでフォロー回収が基本。

Hang Dog
Flyer
5.12c

★★★
ハンドからシンハンドサイズのクラックが前傾コーナーに斜めに伸びている。
これを初登者たちは天井レイバックで登ったらしい。そんな強引なことしなくても登れるでしょ、と思って取りついても、やっぱり天井レイバックになってしまう。
20歳の時、ここで会ったカート・アルベルト様(独)を、とある事情から血まみれにしてしまった苦い思い出がある。


Washington Column
Astroman 5.11c
(12p)

★★★★
2p (5.10a) レイバックとスラブ。実質はこの終了点から。
ヨセミテで、いや世界でもっとも☆の多いと言われるルートの始まり始まり。


3p (5.11c) オリジナルは左。レイバックからガバをつかんで立ち込む数手のムーヴ。右のコーナーの方が実は易しいが、やっぱり左から登らなきゃね。

4p (5.11c) アストロマンの代名詞的50mエンデュランスコーナー。ムーヴ的に難しい所はないのでグレードの割りには登りやすい。足もよく見ればけっこうあるし。サイズもこれまた変化があって、指から全身までくまなく。

5p (510b) これまたきれいなクラックが延々続く。上部に黒々としたスロットが迫り、イヤでも気分は盛り上がる。

6p (5.10c) 手の切れそうなフレークのレイバック。
しつこいようだが本当に見事。

7p (5.11b) やってきました。最大の核心(だと思う)、ハーディングスロット。これがまた11bとは思えないムーヴでエントツに突入。本当に二度と抜け出せないのでは、と思った。ハーネスが引っ掛かり上にも下にも進めない。落ちる心配はない、だって挟まって止まってるから。それよりは顔を横に向けたままこのまま人間残置になってしまいそうで怖かった。
スロットに入らずに外をレイバックすることもできるらしいが、これはこれでもっと恐ろしいはずだ。

8p (5.11b) 中間に力のいるレイバックムーヴがある。
それにしても、どのピッチも長い長い。

9p (5.11b) 短いコーナー部分をそのままダイレクトに登ると11dとなり、かなり難しい。実際は左のフェイスに出てのカンテ登りが正解。その上はナッツ多用で、これがまたセットしにくいときてる。
たびたびしつこいが、本当に美しいクラック。

10p (5.10a) ボルト2本のあるレッジできったが、スーパートポはその上まで伸ばしているのはなぜ?。

11p (5.9) フィストサイズをレイバックしてハング下をトラバース。

12p (5.10d) 最後はピンだらけの草フェイスになってトラッド感なし。あれだけ続いたきれいなクラックどこ行った。

Terminal
Research
5.11c

★★
Astroman 2ピッチ目の右側50mのところにある。
スラブを降りていくのがけっこう微妙。目を引くシンハンドクラックで核心は短いがなかなか手強い。Astromanが渋滞しているときにどうぞ。
ここからQuantum Mechanicが始まる。


Glacier Point
Dr.Feel Good
1st Pitch
5.11a

巨大スラブApronにあって、シンクラックとなる出だしの2,3手が核心。スモールナッツをしっかりきかせてスタートする。
以上、写真を見て分かるとおり25年前に登ったきりなのであいまいな記憶。

Heaven 5.12d

★★★
グレーシャーポイント最上部にある前傾クラック。ロケーションが最高。こんな場所でこんなクラックにトライできるなんて感動もの。
ただトポには出ていないので、たどり着くまでが核心か?
観光客で賑わう「グレーシャーポイント」からおもむろに左方向に降りて行く(私もアプローチはほとんど覚えていない)。
クラック幅は徐々に広くなりラストはパワームーヴ。終了点はない。


Chapel Wall
Gold Dust 5.10d

★★
知る人ぞ知る、雨でも登れるクラック。
なんとなく日本的な雰囲気のエリアで、なんだか落ち着く。
ここはボルトルートが多いことでも知られていて、長いヨセミテ滞在で使わなくなったカチ指を鍛えに、レジデントがやってくる。そんな中によく磨きこまれたコーナークラックが2本ある。

Heathenistic
Pursuit
5.10b

これは上記ルートの派生バージョン。最後はルーフ下を左にトラバースして終了。
このエリアは一日中日陰。雨の日だけでなく暑すぎる日にも重宝する。
ちなみに、周辺の12フェイスはどれも手強くて、かなり面白い。

Controlled
Burn
5.11a

★★
以前は後に木があって、それを少し登ってから取りついた。最近その木が枯れてしまったようで、写真の様に立て掛けてある枯木に乗ってからスタートする。ギリギリ、スタートホールドに手がかかる長さで、ここに立ち込むのが第一核心(これがないと完全ブランクなので無理)。
滅多に登られていないようで苔と蜘蛛の巣を払いながら登る。

Cosmic
Debris
5.13b

★★★
ヨセミテ3大サーティーンその2。個人的にはこれがもっとも難しかった。
長さは15mほどだが傾斜が半端ない。
良く効くフィンガーロックに始まりハンドでレスト、あとはクラックから指がはじき出される前に次の手を出していくような微妙なフィンガージャムが続く。
ユージはサラテ・オンサイトトライの直前にコレをトレーニングで行ったり来たり、5往復していた。


Sentinel Creek
Spiderman 5.11c

★★
下部は10dの効きの悪いフィンガー。ハングをアンダーで右トラバースするが、ここでロープがスタックしやすいので、ダブルロープを使った方がいいかも。
けっこう長くて、40m。

Vanishing
Point
5.10d

★★
ハングをガバとフィンガージャムで越えたあとの、シンハンド。
その上は快適。

Ying Yamg 5.10d

★★
Catchy Corner の逆バージョン。
つまりは、コーナーのフィンガー。
ムーヴは素直でストレニュアスな30m。

Manana 5.10d

★★
マニャーナと読む。
ちょい前傾のフィンガーからシンハンド。


Lower Cathedral Spire
South
By
Southwest
5.11a

★★★
絶対にクライマーしか行けない岩塔の頂上に立てる。ピークの見晴らし最高。
ヨセミテを貸し切ったような気分に浸れる。



1-3p ほとんどアプローチ。ほとんど4thだが浮き石だらけの本ちゃん。

4p
(5.10d)
いきなり露出感のあるフェイスとクラック。来て良かったと初めて思うところ。となりには兄弟のHigher塔がそびえている。

5p
(5.11a)
フレアーしたフィストのコーナーからシンハンド。さらにアンダートラバース。この辺が三ツ星の所以。

6p ピークまで適当に登る。

Middle Cathedral
East
Buttress
5.10c

(11p)

★★★
ミドルカシードラル左端の岩稜をたどる高差約300mのロングルート。
アルパイン的要素が強く、ルートファイディングや支点構築、ワイドクラックの処理、複雑な下降など、総合力が試される。
核心となる5ピッチ目(10c)はテクニカルなフェイスで、なかなか考えさせられる。
ここが厳しい場合は右のバリエーションから巻くことも可能。
後半はグレード的には5.8までとなるが、ラインも不明瞭で登りやすいとは言えず、途中敗退もできないので心して。


Bircheff-
Williams
5.11b

★★
セントラルピラー(昔はこれを中央柱状岩稜と呼んだ)の左コーナーにある長いクラック。
マルチの1p目だが、このピッチだけ登るに十分な価値あり。閉じたコーナーは手足のステミング、それが終わって「もらった」と思いきや、やっぱりもれなくついてくる。
あとは登ってのお楽しみ、というか見れば分かる。

Central
Pillar of
Frenzy
5.9

(5p)

★★★
柱状岩壁の中央を貫いた美しいクラックライン。コーナークラックに始まり、フィンガーからワイドまで変化に富む。トポのグレードは5.8〜5.9が5ピッチという表記だが、最初の3ピッチは全部10aだと思って間違いない。
10時頃から日陰になるので真夏でも暑さを気にせず登れるが、その分混雑は覚悟のうえ。

1p
(5.9)
いやがらせのように滑るコーナー。百万人化の最たるものだが、本当に最後の一歩まで磨かれている。

2p
(5.9)
きれいなダブルクラックをハング下のビレイポイントまで登る。この辺から見晴らしは最高。

3p
(5.8)
シャープなハンドクラックを快適に登り、気持ち良くハングを越すと・・・。
でも、これが弱点っていうものなんです。傾斜はないので落ち着いていけば、でかいカム一個でもなんとかなる。

4p
(5.8)

5p
(5.8)
ダブルクラックやらチムニーやら、ハンドやら何やら。
4,5pは無理なくリンク可能で、ほぼ60m。
5ピッチ目終了点から上もルートは続くが、99%の人がここからラッペル下降する。

Pee Pee
Pillar
5.10a

★★
DNBのすぐ左にある。見栄えのする1ピッチルート。フレンジーを登りに来て順番待ちだったら、下でボーッと待っているよりも、これを登った方がいい。

Lower Cathedral
Sub-Mission 5.10c

広いチムニー状コーナーから始まる。中が脆い。中間でレイバックとなって、かかりも悪くプロテクションも取りにくい。そんな訳で11以上に感じた。
2ピッチ目(5.9?)にリンク可能だがそれほど登られていないようだ。

End of the Line 5.10c

★★
retro
trad
一日中日陰なので暑いときにちょっと遊ぶのにはいいエリア。
この周辺には未発表のボルトラインが多い。このルートも中間にボルトが一本あるが無視してレトロトラッド問題なし。

76Degrees in the Shade 5.10c

★★
retro
trad
オールNPで普通に登れる。それなのにボルトが5本ほども打ってある。どこにでもこういう開拓者はいるんですね。
フェイスからフレークのレイバック。2p目も無理なくリンク可能。いいルートなのにハンガーが残念。

Wawona Tunnel
A Dog's
Roof
5.12b

★★★
バレーから行くと、ワオナトンネルを抜けてすぐ右側に車を駐める。ここから少し下ると、この短いがきれいな前傾クラックがある。
発表当時はTR課題だったが今では普通にリードできる。オフフィンガージャムとジャグを使った豪快なムーヴがウリ。
非難を浴びつつハングドッグを採り入れたレイ・ジャーディンの一本。ルート名にも名残が。
ディーン・ポッターがソロしている。


The Rostrum
North
Face
1p目

5.9

★★
ここから8ピッチにも渡って、きれいなクラックが続くかと思うとワクワクしてくる。途中にバリエーションピッチも、わんさかあるので、先行に詰まったら、それらを登ったりするのもいい。
味のあるクラックが続くという意味ではアストロマンを凌ぐ内容を持つ。
このピッチは身体慣らしだが、最後のチムニーの登り方に、ちと悩むかもね。

2p目

5.10d

★★
いくつかのバリエーションがある。オリジナルは、ビレイ点から少しクライムダウンして左に微妙なトラバース、きれいなフィンガーから、ざっくり割れたフレークへ。
アレックス・オノルドが全ピッチ、フリーソロしているが、そういう気分になってトラバースすると盛り上がる。

3p目

5.10b

★★★
50メートルの長いピッチ。でも、このピッチが、全ピッチ中、もっとも素直で登りやすいかも。いやがらせ的な形状もないし。
快適な大テラスに飛び出してビレイ。
それまで先行がいなくても、このテラスの横から、下部省略隊が続々とやってきてガッカリなんてことも。

4p目

5.11c

★★★
核心ピッチ。「ここを登れ」的なフィンガー。でも意外に、あっという間に終わってしまったりする。後半は快適なハンドとなるが、フィンガーを抜けてすぐのレッジでビレイするのもいい。
荷物を持ってこの辺がサクッと登れる人は、ラストピッチはルーフ・フィニッシュしよう!

5p目

5.10d

★★
これまた見事だけど、ありがちなコーナークラック。
見た目通りのピッチなので解説省略。

6p目

5.10a

★★
こんなグレードだが、実は隠れ核心ピッチと言われている。ダブルクラックを登ると、黒々としたワイドが待ち受けている。
プロテクションがとれないわけでもないのに、核心ワイドの手前にボルトが一本打たれているのが余計不気味。つまりはそういうこと。

7p目

5.11b

★★★
マルチのワンピッチに納めておくのがもったいないほどのピッチが続く。露出感のある前傾ハンド/フィス。
ここもバリエーション多く、右に行けばフレアーした10d。左のコーナーに入ればExcellent Adventureとなる。このクラックは真ん中を貫いている。

8p目

5.10a

洞窟状のテラスから右にトラバースしてワイド。このピッチのためにビッグブローまで用意する人もいるらしいが、軽量化で#4キャメまでしか持ってこなかった人の方が楽しめる。

Rostrum
Roof
5.12b

★★★★
「ロストラム・ルーフ」。いい響きだ。ヨセミテを始めて訪れた頃の、あこがれのルートである。
ルーフを越えると、線を書いたようなフィンガーが前傾壁に伸びている。しかも大空間を足下にして。もう最高。
自分が登った頃は、ピトンがたくさん残置されていて邪魔くさかった(おかげでプロテクションは楽だった)。しかし、いつしかきれいさっぱり撤去されて今はスッキリ。
力あるクライマーは、ぜひともここからフィニッシュしていただきたい。平らな頂上に抜け出るところが、またいい。
写真の線は延長バージョンのExcellent adventure。Rostrum Roofは中間のルーフの下から始まる。

Alien 5.12b

★★★
上記ルートのすぐ右。というか、North Face7p目を登って洞窟に入り込むと、真上にこのピッチがある。
ギュリッヒの書いた「フリークライミング上達法」の表紙を飾ったありがたいピッチである。
12bにしては意外に登りやすい。核心は、ほとんどフェイスムーヴ。

Excellent
Adventure
5.13b

★★★★
North Face7p目の左にある浅いコーナーから、Rostrum Roofへとつなげる全長50mになるピッチ。ヨセミテ3大サーティーンその3。
ピーター・クロフト初登で、日本人ではレジェンド鈴木英貴が初めて成功した。出だしのコーナーはトポには13aとあるが、実際は12bがいいところ。しかもルーフの下でけっこう休める。でもロープが重かったりプロテクションが大変だったりするのは確かなので、あっても13bくらいなのでは(トポは13c)。
私が書いた、このルートの挑戦記が「岩と雪」151号に載っている。ぜひ読んでほしい。この写真は、その号の裏表紙になったExcellent adventureの英貴氏。

Blind
Faith
1p目

5.11d

★★★
North Face4p目の大テラス右側には、こんな見事なフィンガーが静かに切れ込んでいる。
これを見て素通りするわけにはいくまい。太い指にはシックリとくる個人的快適サイズから、最後はさらに快適なハンドへと続く。このピッチだけはかなり登り込まれていて、アンカーも整備されている。

2p目

5.10b
North Faceが混んでるときに、このルートを3p登って、遅いパーティごぼう抜きと企んだときもあったが、次の3p目、11aワイドでギアがなく敗退した。この2p目もしっかりワイド。
人の通過した痕跡はなく、初登気分が味わえる。

Uprising 5.11c

★★★
North Face5p目の横に伸びたバリエーション(写真右のクラック)。やはり遅いパーティを抜き去るには重宝するし、実際、こっちの方が変化に富んでいて面白い。
核心はフィストのあとのフィンガーだが、グレードの割りには登りやすい。

Kauk-ulator 5.11c

★★★★
4p目のテラスから右下に回り込んだところにある。こんなところにこんなクラックが、と誰もが思うことだろう。それほどキレイなライン。
前傾壁に入った、中にも上にも真っ直ぐなクラックは、フィンガーから徐々に広がりワイドになる。核心は出だしとなっているが、本当の核心はどこか。ここはヨセミテ。わかるね?


Elephant Rock
Hot Line
512a

★★★
Worst Errorの頂上まで抜けると全6ピッチ。2p目が核心で12a。ここのピッチはロン・カウクとジョン・バーカーによってフリー化されたありがたいピッチ。
ずっと「ヨセミテ初の5.12」だと思い込んでいたが実際にはそうではないらしい。

1p (10c) 大きな浮き石のあるコーナーからハング越え、フィンガー数mでハンギングビレイ

2p (12a) クラック部分は向きが悪く11d、核心はこのあとの意外なムーヴ。

3p (10b) 長いハンド。延々と同サイズ。

4p (9) コーナークラック

5p (11d) ここはぜひバリエーションを登りたい。ジャムのきめにくいルーフ越え。ほぼ50m

6p (10a) 短いフェイスでテラスに飛び出る。



→このページのトップ
→Top Page